日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
「日録 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.06.05 Fri
6月5日(金)「温泉・整体・散髪サイクリング~『ネレトバの戦い』と『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』」
6月5日(金)「温泉・整体・散髪サイクリング~『ネレトバの戦い』と『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』」

ラジオ体操。
その足で、友人宅(葛飾区)に届け物をする(自転車)。

味噌汁とふりかけとお新香で朝食。

このところ、身体が妙にこわばっている感じがする。

「明神の湯」(足立区)に出かける(自転車)。
ゆっくりと湯に浸かる。
露天風呂4箇所を制覇。

その後、マッサージを40分。
今日のマッサージ師は、私のお気に入りのMさん。
世間話をしながら、すこぶる痛い整体をやってもらう。
かなり凝っているとのこと。
やはり、月に一度は来なくちゃと反省。

ついでに、同施設内の床屋で髪を切る。
久々に、鏡に映った自分と対面(歯磨き中しか鏡を見る機会がない私)。
これ誰?
何だか恥ずかしい気分。

亀有の「ビストロビスク」で昼食を取る。
黒毛和牛のハンバーグの定食(880円)。
私には、味付けがちょっとばかり塩辛いがウマかった。
http://bistrobisque.xii.jp/

「肉のハナマサ」で買い物。
骨付きラム肉がほしかったが欠品。
トマト缶、パルメザンチーズ、タイカレーの素などを購入。

(旧水戸街道中の)中川橋を渡って、水元公園へ。
園内のベンチでしばし昼寝。

水元のスーパーで、牛乳などを購入して帰宅。

午後は、ケーブルTVで映画を見る。
今日は、傑作2本がかかっていた。

・『ネレトバの戦い』(1969年・ユーゴスラビア映画)

独軍とユーゴのパルチザンとの戦いを描いたスケールの大きな作品。
全編、ユーゴスラビア語とドイツ語のみ。
驚くべき力作である。
パルチザン側は、負傷兵と市民を同行する雑居行軍ながら、よくぞ独軍機甲部隊を押しとどめたと思う。

クルト・ユルゲンス:ローリング将軍(ドイツ軍)
シルヴァ・コシナ:ダニカ(パルチザン兵士)
ハーディ・クリューガー:クランツァー大佐(ドイツ軍)
フランコ・ネロ:リヴァ大尉(イタリア軍からパルチザンに参加)
などの好演が目立った。

・『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』(1981年モノクロ作品、熊井啓監督、仲代達矢主演)

いわゆる「下山事件」(占領時代の1949年)を描いた作品。
下山国鉄総裁の失踪轢死事件。
熊井啓の作品は、どれも傑作であるが、この作品は特に質が高いと見た。

仲代扮する新聞記者が、占領軍及び当時の自由党政府による(労組を潰すための)陰謀であることを究明しようとするが、捜査も取材も突然打ち切り命令が出て、迷宮入りとなる。

いずれ、下山国鉄総裁の失踪ルートを自転車で走る「下山事件サイクリング」をやってみたいものである。
http://www.tokyo-kurenaidan.com/shimoyama1.htm

夕食は、呑ちゃんがいないので、ひとりで鰹のたたきを食べる。

走行距離:30キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/705176476258443

日録    Comment(0)   Top↑

2015.05.11 Mon
5月11日(月)連休明けの憂鬱
「5月11日(月)連休明けの憂鬱」

ラジオ体操をしたまではよかったのだが、その後は、どうも心身とも沈滞。

朝食に拵えた麻婆豆腐、食べられず。

昨日、松戸の水戸藩別邸で拾ってきた梅を焼酎に漬ける。

自転車通勤するも虚ろな感じ。

所用を済ませて、早めに帰宅。
疲労困憊。

猛烈にお好み焼きが食べたくなって、呑ちゃんと近所の店へ。

もんじゃ焼き、お好み焼き、焼きそばを食べて、ちょっと元気になる。

やれやれ。

走行距離:34キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/693762607399830

日録    Comment(0)   Top↑

2015.05.01 Fri
5月1日(金)風薫る五月なり
「5月1日(金)風薫る五月なり」

風薫る5月。
何だかウキウキ。

ラジオ体操。
参加者多し。

朝食は、ネギの卵焼きと味噌汁。

職場から業務関係のメールや電話あり。
対処している内に昼になってしまう。

今日のトレーニングは、水元公園で。
4リットル焼酎と500ミリペット2本を背負って塚やスロープを歩く。

薫風、新緑、藤、躑躅。

夕は、自転車仲間と集う(「金町製麺」)。
一杯やりながら、諸懸案事項を話し合う。

走行距離:15キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/690249044417853

日録    Comment(0)   Top↑

2015.04.19 Sun
4月19日(日)里見公園で山登りの訓練
「4月19日(日)里見公園で山登りの訓練」

日曜なのでラジオ体操はなし。

山登り訓練をするために、自転車で市川市の「里見公園」(国府台)へ。

この公園は、凹凸が多い上に、地肌剝き出しの塚がたくさんあって、トレッキングの練習にはもってこいである。
しかも、台地へ登るための急階段も何カ所もある。

今日は、湧き水の出る「羅漢の井」から出発して、早足で小一時間、園内を登ったり下ったりして歩き回る。
これなら飽きなくてよい。
(今日は、まだ店が開いてなかったので、4L焼酎はなし)。

最後の頃には、足ががくがくしてきた。
このぐらいの強度がないと訓練にはならないだろうな。

折を見て、また来よう。

走行距離:18キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/684548314987926

日録    Comment(0)   Top↑

2015.04.18 Sat
4月18日(土)午後編~山登りの準備
「4月18日(土)午後編~山登りの準備」

5月の連休に、30年振りぐらいに、山登りに行く予定なので、その準備と練習をしなければならない。
普段、自転車ばかり乗っているので、普通の人より歩行量が少ないのが、かねてより私の弱点であり、悩みでもある。

最近は、エレベーターを使わないなどの微々たる努力はしているものの、そんな付け焼き刃では追っつかないであろうことは分かっている。

タケノコが茹で上がったので、午後から、さっそくその訓練をすることにした。

先ずは、下駄箱から登山靴を出す。
2足ある。
いずれも20~30年前に買った物。
20代の頃は山登りが好きで、たまに低い山に登りに行ったものだが、最近では、雪の日に履くぐらいで、何だか黴臭い感じがする。

古い方、つまりは、革製の方を履いて、自転車(ルイガノクロス)に跨がる。
ハーフクリップに入るかなあと思ったが、靴底がこんな分厚い靴でもちゃんと入った。

いざ、水元公園へ。
いや、その前にお買い物。
4リットルの焼酎「大番頭」を購入(1600円)。

そうなのである。
ただ、歩いただけでは、運動負荷が弱すぎるので、この4リットル焼酎をリュックに入れて歩行訓練をしようというのである。
しかも、ついでに焼酎の買い出しもできるので、我ながら名案だと思う。

公園の一角に自転車を停める。
「我が愛馬よ、ここにて待て」と、優しくサドルを撫でる。

私は、4リットル焼酎が収められたリュックを担いで歩き出す。
ただ、やはり、平坦な所ばかり歩いていてもあまり練習にはならないのではないかと思い出す。

とは言え、水元公園は、葛飾水郷地帯の公園なので、坂らしい坂は皆無である。
そこで、人工に造営された築山を利用することにした。
スロープと階段がついた高さ4メートルぐらいの小さな塚のようなところ。

この築山を早足で登ったり降りたりを繰り返す。
10回も往復すると、息が上がって、汗が出てくる。
上着を脱ぐ。

ただ、難点なのは、同じ場所を行ったり来たりしていると、飽きてしまうこと。
仕方がないので、自転車に乗って、別のスロープへ移動。
そこで、飽きるまで上り下りを繰り返す。

そして、飽きると、また別のスロープへ。

そういうことを1時間ぐらいやってみた。
結構疲れるものである。

これはなかなか気に入った。
これからも、時間を見つけて続けよう。

ただ、危険なのは、一番好きな物を背負って歩いているわけで、負荷を軽くするために、ちょっと一杯飲んでしまいそうなことである・・・。

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/684198978356193

日録    Comment(0)   Top↑

2015.04.04 Sat
4月4日(土)お茶会~向島散歩~酒場という聖地を求めて・・・
「4月4日(土)お茶会~向島散歩~酒場という聖地を求めて・・・」

朝。
ラジオ体操。
なぜか、土曜日は参加者やや少なし・・・。

お茶の師範(表千家)でもある輪友の女性(ユキムンさん)が、この度、自宅に茶室を拵えたのを記念して、お茶会を開いてもらう運びとなった。

集まりたるは、自転車仲間八名。
普段は、やれカツ丼だ、やれ麻婆豆腐だと汗だくになって走り回っている連中ながら、今回ばかりはおとなしい。

青砥駅(京成線)のシュトラウス二世像の前に集合(10時40分)。
曇天の中を歩く。

お茶会とあって、和装三名。
茶室に通される。

掛け軸の画題(寒山拾得)や、茶器や、お茶の作法について、あれこれ談論をしながら、お茶会は展開する。
桜を象った和菓子が美しい。

案の定、正座に慣れない私は、途中で足がつりそうになって、足を崩すことを許される。
とても楽しいひとときであった。

その後、午餐の蕎麦を食べに、立石(葛飾区)の桜並木の道を散策。
ソメイヨシノは、多少葉桜になりながらも、嬉しい花見を提供してくれた。

歩きながら、句会。
ぼちぼちと句を詠みながら、桜を見上げながら歩く。

駄句百選(お題は「旅」、その他);

蕎麦猪口で 抹茶愉しむ 仲間内  (柄藻房)

喜びも 憂いもありや 旅箪笥  (雪月)

蕎麦喰らい 茶いただきぬ 春の蒜  (手賀花)

野放図も また楽しけり 旅茶かな  (馬鹿橋)

春灯や 類が類呼ぶ 酒場かな  (馬鹿橋)

葛飾の 野に立つ雲や 桜なりけり  (断腸亭)

漫歩(そぞろ)せば 瓢(ひさご)恋しや 旅乙女  (断腸亭)

茶も酒も 人をつないで 花の旅  (美子)

ほのぼのと お茶に心を 和ませて
花の並木を そぞろ逍遥(あるか)ん  (愚兵衛)

茶碗にも 花を散らして 春点前  (望雪)

お粗末様でした・・・。

蕎麦屋「玄庵」で昼宴。
卵焼き、里芋煮物、天ぷらなどに舌鼓。
蕎麦も上等なり。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13018196/

その後、用事のある皆さんと別れて、Bさん(鎌ヶ谷)と二人で、古道「薬師道」を辿って向島まで散策。

散策経路地図(実際とはやや異なる);立石桜道~「玄庵」~古道「薬師道」~向島~「かどや」~「上総屋」。


しゃあさん(足立区)も合流して、道に迷いながら、「かどや」→「上総屋」を梯子酒。

「かどや」(普通。客あしらいはなはだ拙なり)。
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13072744/

「上総屋」(最優良)。
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13069809/

お茶とオチャケを存分に楽しんだ春桜であった。

お茶会を企画してくれたユキムンさん(葛飾区)、ありがとうございました。
次は、「向島百花園」の御成座敷でやりたいものです。

徒歩距離:約10キロ
走行距離:4キロ(ルイガノクロス+ママチャリ)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/677965415646216

日録    Comment(0)   Top↑

2015.03.31 Tue
柴又帝釈天のラジオ体操
「柴又帝釈天のラジオ体操」

私にとっての春休みも今日でおしまい。
明日からのことを考えるだに憂鬱である・・・。

天気もよくて暖かいので、今朝は、ちょっと足をのばして、柴又までラジオ体操に行ってみることにした。

往きは、江戸川CR経由(自転車)。
朝日が川面に映って眩しい。

やや早めに到着。
家から4キロちょっとぐらいだろうか。
当然だが、帝釈天参道は、まだ、どこも店が開いてなくてとても静かな佇まいである。

帝釈天境内には、既に、三々五々、近隣住民が集いつつあった。
どこからともなく、「男はつらいよ」テーマ曲前奏が繰り返し流れている。
いつも私が通っている水元の会場(理科大葛飾キャンパスのサッカーグラウンド)に較べて、大変に賑やかで明るい人々が多い。

「これね、夕べ作ったんだけど、余っちゃったから食べてくれる」と言って、ご近所の人におかずを配るオバサン。
何やら世間話で大笑いしているオジサンの一団・・・。

同じ葛飾区でも、柴又の街は古い。
私の住んでいる水元地区などは、せいぜいが、昭和40年代になって、田圃を潰して住宅地になったところ。
ご近所の親密性の度合が違うのかもしれない。

もう一つの違いは、服装である。
ほとんどの人が、ラジオ体操連盟「公認」的な、白い体操服で身を固めている。

いよいよラジオ体操が始まる。
帝釈天の境内は体操する人で一杯。
入りきれない人は、山門の外でやっている。

何となく落ち着かない気分で、「よそ者」の私も、一緒にラジオ体操をやる。

体操をしているうちに、ちょっと膝が重くなってくる。
気がついてみれば、境内の大半が敷石なので、跳んだりはねたりすると、膝に負担がかかるからであろう。
そういう意味では、水元会場のサッカーグラウンドは人工芝なので、膝に優しいし、体操をしていて気持ちが良い。

体操が終了。
何組かのグループは、これから江戸川土手をジョギングするらしい。
今夜の飲み会の打ち合わせをしているオジサンたちもいた。

私は、最短距離たる「帝釈道」を辿って帰宅。
やはり、ラジオ体操は、いつもの理科大会場のが良いと思った次第・・・。

註:「帝釈道」については、以下をご参照。
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-739.html

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/675880835854674


日録    Comment(0)   Top↑

2015.03.29 Sun
3月29日(日)水元公園で花見~夜は餃子大会
「3月29日(日)水元公園で花見~夜は餃子大会」

天気予報が好転して、朝から晴れ間が広がった。

呑ちゃんと水元公園で花見をすることに。
まだ、3~4分咲きぐらいか。

「ホットーモットー」で、弁当を買って、「アコレ」で、酒類やつまみを買う。

桜の樹の下にゴザを敷いて、酒類やつまみを並べる。
この瞬間が嬉しい。

ビールと日本酒を飲んだところで、眠気がやってくる。
ゴザの上で寝転がる。

気持ちが良い。
野鳥の囀りを聞きながら、しばし昼寝。

昼頃になって、空が曇って風が出てきたので、退散。
ソファーに横になりながらまた昼寝。
昨日のサイクリングの疲れが出ているようだ。

夕方、雨が落ち始める。

買い物に出る。
豚挽肉1キロ弱、泥ネギ、ニラ、卵、缶ビールなどを購入。

夜は餃子大会。
餃子の餡を1キロほど作る。
結構疲れる。

定番のネギ・白菜・ニラ・ニンニク・ショウガのほか、今回は、干し椎茸、シメジ、シラス、そして、隠し味に、とり野菜みそを入れてみる。

ビールを飲みながら、餃子を40個ほど食べる。
お腹がパンパンで苦しい。

床の中で、春の夢を貪る。

走行距離:6キロ(ルイガノクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/675158879260203

日録    Comment(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。