日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
「身辺雑記 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.11.04 Sun
公園一周
今日も、うっとりするような快晴。

水元公園と三郷公園を自転車で一周した。
071104_1022~01.jpg

なかなかよいコースでちょうど10キロ。

途中、「水の郷つくりイベント」で、何と、水元公園~三郷公園の渡し舟が出ていて、のんびり往復。
071104_1052~01_20071105153125.jpg


昨日は長瀞で川下り、今日は小合溜をの渡し舟。
連続2日も舟に乗るのは珍しい。

朝飯:抜き
昼食:うな重(三郷「根本」)
夕食:鍋焼きうどん
071104_1210~01.jpg


----------------------
本日の走行距離:10キロ
今月の積算走行距離:83キロ
----------------------

身辺雑記    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2007.02.02 Fri
時空の旅
友人から、めちゃくちゃ面白いページを教えてもらった。
その名ぞ、「Yahoo!地図情報 - 古地図で東京めぐり - スクロール古地図
http://map.yahoo.co.jp/kochizu/maptop

いわゆるスクロール式の地図で、縮小拡大が自由なのは当然のこと。
それだけではなく、何と、江戸・明治・現代・航空写真のボタンを押すと、同じ場所のそれぞれの時代の地図がたちどころに現れるのだ。
確かに以前から、そういう地図ソフトはあったが、これは、無料で使えるのがありがたい。
しかも、名所旧跡の解説付きである。

私は、東京を散歩するとき、江戸時代と現代の地図が見比べられる本をよく持ち歩く。
自分が今歩いている場所が過去にはどうなっていたかを想像するのが好きなのだが、そんな私には願ってもないページである。

欲を言えば、江戸時代よりももっと昔の時代も並載してくれたらいいのに。
たとえば、弥生や縄文時代も。
むろん、道というよりも、地形が中心になってしまうけど。
無理なかなぁ~~~

このページが扱っているのは、ほぼ、江戸時代の四宿(板橋・内藤新宿・品川・千住)の内側ぐらいなので、私の暮らしている葛飾の水元あたりはカバーしていない。

空間上の移動のことを「旅」だとすれば、このデジタル地図は、時間的な旅をまで可能にさせてくれるというものだ。

是非、お楽しみあれ。

身辺雑記    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2005.09.16 Fri
湖水地方
山中湖から帰ってきました。

魚三、福岡の寛さんも、お連れすることができなかったのですが、今度、是非、参りましょう!
門前仲町の魚三は、上に座敷もありますが、葛飾の新小岩の魚三は、カウンターのみで、せいぜい、二三人までの人数が適当かと。
味は、新小岩の方が上のような気がしますが、おばちゃんの愛想の悪さも、新小岩のが上です。

例年、夏になると決まって山中湖に合宿に行きます。
しかも、毎年、やっていることも同じ。
学生たちと大酒を食らって、一緒に映画を一本見て議論し、ほうとうを食べて、「紅富士の湯」につかって・・・。

そう言えば、イギリスの有名な観光地に「湖水地方(the Lake District)」という所がありますね。
日本人がイギリスを旅すると、食事はまずいし、空気も悪いし、緑も少ないし、山もなく景観も単調なので、パブでビールを飲んでいるとき以外は、まるで夢が枯野を駆け巡るかのような不幸せな過客になっていたのが、湖水地方に来ると、何故か、俄然、元気が出るという体験をしたことはありませんか。
理由は簡単だと思われます。
山もあるし、まあ湿潤だし、草木が豊かで、景色がどこか箱庭的で、例えば、日本の山中湖や河口湖や芦ノ湖にそっくりだからではないでしょうか。
イギリスくんだりまで出かけて行って、山中湖みたいだと言って喜んでいるというのは、情けない話ですが・・・。

今回は、一見で入った店のほうとうが見事なまでにまずかったけど、富士が山頂まで見える瞬間があったのがラッキーでした。

身辺雑記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。