日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
「小さな旅(自転車) 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.09.20 Sun
9月19日(土)流山ぶらりサイクリング~リハビリ中の輪友との午後~曼珠沙華のことなど
「9月19日(土)流山ぶらりサイクリング~リハビリ中の輪友との午後~曼珠沙華のことなど」

久々に青空。
涼しいものの、空は夏模様。
東の地平線には積乱雲。

9時過ぎに家を出る。
目的地はない。
ただ漠然と、米が残り少なくなっていたので、「かしわで」(柏市の産直売場)あたりで米でも買い出ししようかという感じ。

三郷放水路(埼玉県)まで来て、輪友のJさん(流山)のことを思い出して会いたくなって電話をしてみる。
江戸川台駅(東武野田線)で待ち合わせの約束。

IMG_5380.jpg
(三郷放水路)

Jさんは、4月下旬、筑波をサイクリング中に落車して大腿骨骨折。
長らく入院していたが、現在は退院して、家でリハビリ生活を送っている。

三郷放水路から大場川沿い。
流山橋を渡って、江戸川サイクリングロートを走り始めるが、1キロも走らないうちに飽きてしまう。
たまには直線道を走る練習もしなければならないのだが、どうもツマラナイので、堪え性のない私はすぐに飽きてしまうのである。

流山の100円ショップで買い物をしてから、おおたかの森を抜ける一般道を走って、江戸川台駅へ。
Jさんは、駅前広場のベンチで待っていた。

駅までは自転車(ジャイアントのクロスバイク)で来たという。
まだ、怖くてロードバイクには乗れないとのこと。
お元気そうだが、自転車の乗り降りの際には、まだ患部が痛むらしい。

IMG_5383.jpg
(自転車に乗るJさん)

Jさんのクロスバイクは、そもそもは、マウンテン仕様の3×7段であったが、クランクセットは、ロード仕様(50・34t)に改造してある。
とはいえ、マウンテン仕様のフロントシフターと互換性がないため、FDも取り去られていて、事実上、50tのシングルで乗ってるという。
スプロケが特長的で、今は懐かしいメガレンジ仕様(たぶん14-16-18-20-22-24-34T)で、ローギアが格段に大きい。
メガレンジ仕様は、なかなか良いアイディアで、私もそれらしきもののロード仕様を「自作」したことがある

IMG_5382.jpg
(Jさんのクロスバイク)

少しだけ自転車に乗って、近くの野馬土手に行ってみる。
野馬土手(のまどて)というのは、江戸期に幕府によって設けられた、下総北西部の広大な馬放牧場の囲い土手のこと(ちょっとした長城の趣)。
戦後になって随分と破壊されてしまったが、まだ、所々に残っている。

IMG_5386.jpg
(野馬土手散策)

IMG_5385.jpg
(野馬土手の説明版)

自転車を停めて、二人でそぞろ歩き。
野馬土手には、松、銀杏、栗、椎の木などが植わっている。
そして、あちこちに曼珠沙華(ひがんばな)。

IMG_5390.jpg
(野馬土手に咲く曼珠沙華)

IMG_5389.jpg
(銀杏とどんぐり)

季節柄、今が盛りの彼岸花は、江戸川の土手にも、農道の路傍にも、家の庭先にも咲いていた。

曼珠沙華は、墓や血の色を連想させるので、気味の悪い印象がある。
たとえば、白秋の次の詩のように。

「曼珠沙華」(北原白秋)

GONSHAN.(ゴンシャン)GONSHAN. 何処へゆく
赤い御墓の曼珠沙華(ひがんばな)、
曼珠沙華、
けふも手折りに来たわいな。

GONSHAN. GONSHAN. 何本か。
地には七本、血のやうに、
血のやうに、
ちやうど、あの児の年の数(かず)。

GONSHAN. GONSHAN.気をつけな。
ひとつ摘んでも、日は真昼、
日は真昼、
ひとつあとからまたひらく。

GONSHAN. GONSHAN. 何故(なし)泣くろ。
何時(いつ)まで取っても、曼珠沙華、
曼珠沙華、
恐(こは)しや赤しや、まだ七つ。


註:「GONSHAN.(ゴンシャン)」は、福岡柳川弁で、「娘さん」の意。

でも、私は、あまり含みのない漱石の俳句の方が好きだ。

曼珠沙華 あつけらかんと 道の端(漱石)

そうなのである。
彼岸花は、清々しくも唐突に咲き、あっけらかんと道端に佇んでいるのが良い。

閑話休題。

リハビリのこと、自転車のこと、酒煙草のこと、流山のこと・・・。
いろんな話をしながら野馬土手を歩く。

IMG_5394.jpg
(自転車を停めて散策)

腹が減ってきたので、Jさん御用達の「ココット」(江戸川台駅近く)という洋風レストランに入る。
Jさんはチキン。
私はポーク。

IMG_5396.jpg
(駅前の「ココット」で昼食)

駅前で、ハーフクリップの話などをして別れる。
Jさん、もう一歩、頑張ってね。

帰路も、おおたかの森を抜ける。
そこここに曼珠沙華。
そして、ときたま、萩の花。

主水新田までは、土手脇の道(たぶん、近代堤防が築かれる前の自然堤防)を走り、途中からCR。

IMG_5398.jpg
(江戸川左岸の道・たぶん、元々の自然堤防)

IMG_5400_20150920040842552.jpg
(江戸川左岸のサイクリングロード。正面遠景は松戸の市街地)

水元公園を散策。
野外ステージで、ビートルズのコピーバンドのライブをやっていた。
ちょっと下手だけど、熱意を感じる。

IMG_5404.jpg
(ビートルズのコピーバンド)

買い物(4リットル焼酎、薬用焼酎、ビール、ペット茶など)をして帰宅したのだった。


(本日の実走経路地図)

走行距離:51キロ(VIVALOロード)

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(2)   Top↑

2015.08.25 Tue
8月23日(日) 房州・林道金谷元名線をゆく~マレー作戦サイクリング
「8月23日(日) 房州・林道金谷元名線をゆく~マレー作戦サイクリング」

輪友のBさん(鎌ヶ谷)からまたまたスリリングなサイクリングのお誘い。
房州は鋸山の裏手に、風変わりな林道があるので、そこを「走って」みないかというもの。
何だか悪い予感を覚えつつも、好奇心に引っ張られて出かけてみることにした。

6時半ごろ家を出る。
総武線市川駅まで走って、自転車をばらして輪行。
千葉駅で、8時過ぎ発の内房線(館山行) に乗り換える。

千葉駅構内では、以前から入ってみたかった「湾岸蕎麦」(立ち食い)で、てんぷら蕎麦(400円ぐらい)をすする(可もなく不可もなく)。

IMG_5012_20150825072809396.jpg
(千葉駅構内の「湾岸蕎麦」)

IMG_5013.jpg
(内房線内輪行風景)

9時半過ぎに保田駅(内房線)に到着。
自転車を組み立て終わると、ほどなく他のメンバー2名も到着。

IMG_5014_201508250728122c8.jpg
(保田駅)

IMG_5015.jpg
(保田駅前の案内図)

今日のメンバーは総勢4名。
全員ロードで、内訳は、クロモリ3、アルミ1。
山奥で昼食になるので、先ずは国道沿いのコンビニに寄って、補給食を購入して、10時半前に出発。

いよいよ「林道金谷元名線」(約80%が未舗装路とのこと)を目指して、山の中に分け入ってゆく。
かなり暑いものの、最初の内は、道も舗装されていて、なかなか良い感じの雰囲気。
蝉や鶯の鳴く照葉樹林の森の中を登っていくと、世間から忘れ去られたような「鋸山ダム」がひっそりと佇む。

IMG_5016_20150825072815165.jpg
(山中にひっそりと身を沈める「鋸山ダム」)

IMG_5017_20150825080234d48.jpg
(林道金谷元名線の看板)

IMG_5018.jpg
(元名側舗装路の急坂)

「鋸山ダム」からしばらくペダルを漕いで登っていくと、予想通りというか、残念なことにというか、未舗装路(ダート)が現れた。
この道は、とにかく乾いていて、しかも土台が天然の岩盤。
そこに破砕砂利がたっぷりと積もっているので、とても自転車で走ることはできない。
仕方なく、自転車を降りて押す。

IMG_5020_201508250802375c7.jpg
(元名側のダートが始まったあたり)

ダート道は終わるところを知らず、ただ、ひたすら自転車を引いて坂を登る。
しかも、ここ南国房州では、山が北東の風を遮蔽しているような場所は、無風状態になるので、耐えがたいほど暑い。
時たま、眺望が開けるところで息をつくものの、足元を砂利で滑らせながら、とぼとぼと自転車を押して進む。
こうなると、自転車は完全に「お荷物」と化す。

♪ Boy, you're gonna carry that weight
♪ Carry that weight a long time
♪ Boy, you're gonna carry that weight
♪ Carry that weight a long time
(The Beatles)

それでも、たまに路面状態が良くて走れそうな区間があるものの、30メートルも走ると、また走行不能。

IMG_5021.jpg
(元名側の未舗装路)

IMG_5024.jpg
(元名側の未舗装路)

IMG_5025.jpg
(元名側の未舗装路)

しばらく登っていくと、ついにコンクリート打ちの舗装路が現れたが、これが25%を超える激坂にて、坂と結婚したいほど坂好きな同行のイワさん(柏)ですら、自転車をぶん投げる、いや、匙を投げる。

IMG_5026.jpg
(舗装路が現れるも激坂)

IMG_5028.jpg
(舗装路が現れるも激坂)

IMG_5027.jpg
(激坂舗装路からの眺望)

我慢して、這いつくばるようにして自転車を押して登ると、そこは分水嶺があって、広々とした空間が広がっていた。
この林道敷設の記念碑が建っていて、その傍らにはベンチもある。
ここで大休止として、まだ時間は早いが昼食をとることにする。

IMG_5036.jpg
(昼飯を兼ねた大休止)

IMG_5040.jpg
(おにぎり弁当・300円)

思いついたように、たまに、オフロードバイクのグループが通り過ぎる。
私は、市川駅で買ってきたおにぎり弁当(300円)を頬張る。

同行のグフさん(松戸)が、ここで「魔法の水」と称するペットボトルに入った謎の液体をごちそうしてくれた。
大変に美味しい液体だったが、聞くところによると、ルイボス茶の一種だとか・・・。

案内図があったので、それを見ると、この場所から杉木立の中を通る山道があって、そこを辿れば、「日本寺」の裏手に出られるらしい(徒歩じゃないと無理)。

IMG_5035.jpg
(周辺案内図)

IMG_5037.jpg
(「日本寺」へ向かうトレッキングルート入口)

さて、重い腰を上げて再出発。
しばらくは、舗装路が続く。
と言っても、200メートルぐらいか。
すぐに未舗装路になって、走行不能。
またしても、どこまで続くとも知れないダート道を自転車を押して進む。

風変わりな切通し。
ところどころ開ける濃緑と碧空の眺望。
激しく崩れた崖。

11951921_510375599131798_1979039948585520469_n.jpg
(奇妙な切通し)

IMG_5044.jpg
(またしてもダート道)

11947638_490051751174102_7356700156871364020_n.jpg
(ほぼ全区間が落石注意・化石を探す私)

IMG_5046.jpg
(落石で細くなった道)

われわれは、暑さと疲労で、だんだん口数が少なくなってくる。
まるで、1941年暮れに、真珠湾奇襲攻撃と同時に敢行された、日本軍によるマレー作戦のようである。
「戦い疲れて 日は暮れて」。
さすがにまだ、日は暮れてなかったが、わが「銀輪部隊」も、疲弊し、喉が渇き、ただひたすら密林の細道を行軍するのだった・・・。

しかしながら、金谷側の道は、尾根伝いに展開しているので、不意に眺望が開ける場所があってこれがせめてもの救いである。

IMG_5047.jpg
(金谷側未舗装路)

IMG_5050.jpg
(鋸山の稜線がくっきりと見える)

IMG_5053_201508251004245f8.jpg
(金谷側のダート道)

耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んで「行軍」したお蔭で、やっと麓の舗装路に到達。
あとは、浜金谷の海まで韋駄天降下。

国道をしばらく北上して、「磯料理マルゴ」に倒れこむように入店(われわれの他に、3人の若いロードグループあり)。
この店は、以前、行き当たりばったりに訪れた店で、グルメを気取らない長閑な浜食堂という感じが良い。

IMG_5056.jpg
(国道沿いの「磯料理マルゴ」)

IMG_5059.jpg
(「磯料理マルゴ」)

店の裏手はすぐに内房線竹岡駅。
なので、ここで、本日の打ち上げとして、ビールで乾杯。
地魚の刺盛り、石鯛の塩焼き、カサゴの煮つけ、真鯛の塩焼きなどに舌鼓。
まるで、英領シンガポールを陥落させた銀輪部隊の気分だった。

IMG_5055.jpg
(石鯛の塩焼き)

IMG_5054_201508251019421d8.jpg
(カサゴの煮つけ)

IMG_5058.jpg
(真鯛の塩焼き)

打ち上げて、裏手の竹岡駅までとぼとぼと移動。
内房線・総武線を乗り継いで、市川駅まで輪行。

IMG_5062.jpg
(竹岡駅)

サイクリングの「本体」は、走っているよりも歩いている時間の方が長かった。
また、サイクリングの「本体」よりも、自宅⇔市川駅(輪行基点)の方が走行距離が長かったという、とても奇妙奇天烈なサイクリングであったが、そんじょそこいらのサイクリングロードを走っているよりも、数百倍も楽しい道程だったと言えよう。

実走経路地図;


走行距離:36キロ(VIVALOロード)

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(6)   Top↑

2015.07.16 Thu
7月15日(水)通常自転車通勤~日本が滅亡し始めた日
7月15日(水)通常自転車通勤~日本が滅亡し始めた日

6時前に出発。
いつもの水曜に較べて、なぜか都心の交通量多し。

IMG_4600_20150716181718e71.jpg

始業90分前に職場に到着。
何となく学期末的な雰囲気が漂っている。

自転車ゼミ。
夏合宿(富士五湖)の参加者全員が、自転車を購入。
クロス6、ロード2。
装備品(工具・チューブ・パンク修理セット・サドルバッグ・ボトルケージ)などについて、詳しい解説をする。

16時前に業務終了。
自転車にまたがって、国会へ。

アベ政権が、またまた痴呆的暴挙を犯す。
民意に反するとんでもない法案について、審議を一方的に打ち切って与党単独で強行採決(なぜかNHKは放映せず)。

はらわたが煮えくり返る。
こんな悪法(しかも憲法違反)が通過してしまえば、国民の生命と財産が著しい危険(リスク)に晒されることになるのは明らかである。

アベ何某が、政権をとってからは、とにかく悪いことばかり。

根拠のない増税。
国民全体の実質賃金の低下。
物価の高騰。
民意に反する原発再稼働の動き(公約違反)。
TPPのごり押し(公約違反)。
原発被害とその責任の隠蔽。
杜撰極まりない五輪計画(文科省)。
沖縄基地問題の専制的な態度。
民主主義とジャーナリズムに対する弾圧。

この数年で、日本はずいぶんと醜いクニになってしまったものだ。

取り巻きに、このバカ殿を抑えることのできる人物がいない。
取り巻きもまた、ミニバカ殿ぞろいだから。
このままだと、日本はどこまで崩壊してしまうのであろう・・・。

議事堂へ(「戦争法案強行採決に反対する国会前緊急抗議行動」)。
国道20号線から半蔵門。
議事堂への坂を登る。

IMG_4611.jpg

議事堂を一周するも、歩道は、ぞくぞくと押し寄せる抗議参加者であふれ、交差点は警官だらけ。
しかも、自転車を停められそうな場所がない。

警察官(機動隊や公安も含む)も、ご苦労なこった。
バカ殿が、こんな低能な仕業をやらかさなければ、このような抗議運動も起こらず、のんびりと家でビールでも飲んでいることができるだろうに。
ただ、そのために支払われる特別手当は、国民の税金なのである。

自転車を停める場所がないので、日比谷公園まで行って駐輪(反原発デモの時のノウハウ)。
歩いて、再度国会へ。

IMG_4603_20150716181720ab0.jpg
(反原発テントも健在)

プラカードを持った抗議者がどんどん集まってくる。
真っ黒に日焼けした人は、たぶん、連日、この輪の中にいるのであろう。
ネクタイ姿の若いサラリーマンも、やってきた。
18時ぐらいまで、私はその場に身を置いた・・・。

IMG_4606_20150716181721dd1.jpg

IMG_4609_20150716181722147.jpg

望むらくは、この日の出来事が、未来の人々から呪われることにならなければよいが。
現在に生きる者として、とても恥ずかしく、申しわけない気分になる。

黄昏の江戸城址にクニの滅亡を思う。
隅田川まで出ると、ホッとする。

IMG_4615_201507161822507c9.jpg

明日は、雨降りだというが、さて、今日よりもマシな一日になってくれるだろうか・・・。

走行距離:69キロ(ACクロス)

小さな旅(自転車)    Comment(1)   Top↑

2015.06.25 Thu
6月25日(木)「朝の自転車散歩~「大阪王将」~お好み焼き」
6月25日(木)「朝の自転車散歩~「大阪王将」~お好み焼き」

朝の自転車散歩は、定番コース。
国府台の里見公園でウォーキング。

その足で、本八幡の「大阪王将」へ。
餃子2枚と炒飯のセットを食す。

本八幡の町でアロハシャツを購入し、金町で買い出し(ペット茶とビール)をして帰宅。

午後は、ケーブルTVで、ラグビー日本×フランス(いつの試合かなあ)を観る。
久々に興奮。

夕飯は、近所のお好み焼き屋へ。
大いに食べる。

走行距離:30キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/712709055505185

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.06.24 Wed
6月24日(水)「通常自転車通勤~自転車ゼミ~浅草寺参りなど」
6月24日(水)「通常自転車通勤~自転車ゼミ~浅草寺参りなど」

酒を飲んでしまって職場に自転車を置きっぱなしにしていたので、鉄道で出勤。

自転車ゼミ。
夏合宿(9月半ば)の話し合い。
房総半島一周と富士五湖一周の案を出す。
学生たちの希望は半々。

その後、屋外にて、チェーンの交換をやって見せる。
既に、前輪外し輪行、前後輪外し輪行、チューブの交換等の実習は終了。
今後は、ステムとブレーキの調整、変速調整、ハブの玉あたり調整などを夏までにやってしまおう。

4時過ぎに自転車で帰路につく。
チェーンを交換したばかりなので、走り心地、すこぶる良し。

都心の新宿・四ツ谷付近は蒸し風呂並みの暑さ。
四ツ谷で、食いっぱぐれた遅い昼食。

浅草まで来ると、涼しくなる。
川筋の路地で、仕事帰りの友人(モーちゃん)とばったり。

まだ明るいので、久々に浅草寺を参拝。
参拝客の三分の一が、外国人。
彼らは、ことのほか、仁王門の巨大草鞋に関心があるようだ。

金町で呑ちゃんと待ち合わせて夕飯。

HAKUTAという洋風レストラン。
モヒートとワインで、スペアリブなどを食べる。
なかなか良い。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13093802/

帰宅して、ケーブルTVで映画を見始めるが、眠くてままならず、就寝。

走行距離:32キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/712373648872059

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.06.20 Sat
6月20日(土)「自転車散歩~お話会」
6月20日(土)「自転車散歩~お話会」

夏は朝である。

ラジオ体操。
その足で、自転車散歩。

江戸川堤を走って、千葉街道で橋を渡って、国府台を登る。
里見公園で30分ほどみっちりとウォーキング。

水元公園を周遊して、買い物(豆乳など)をして帰宅。
さて、今日は何をしようか・・・。

蓋し、やはり、夏は朝である。

走行経路地図;


10時から水元図書館で、友人の「お話会」があるというので、呑ちゃんと聞きにいくことに。

ルイガノクロスに乗って行こうとしたが、何と前輪がパンクしていた。

大急ぎでチューブ交換。
パンクの原因は、思った通り、貫通ではなく、バルブ根元の劣化であった。
外したチューブ(ヴィットリアのウルトラライト23C)は、既に5年ぐらいは使っただろうか(パッチ修理跡あり)。
タイヤ(パナのツアラー26C)の方は、まだ使えるが、大分やわやわになっていた・・・。

図書館の2階にある広々とした和室で、珠玉の物語四話を聴く。
人間の声によって語られる物語は、文字を黙読するのとは違うイメージの喚起力がある。
藤沢周平元話の「桐畑に雨の降る日」は、しっとりとした味わいのある物語で、しばし、自分が江戸の昔に連れて行かれるようであった。

その後、中華でランチ(台湾麺と炒飯)を食べて、菖蒲祭り中の水元公園を散策。
花菖蒲はそろそろおしまいかな。
買い物をしていったん帰宅。

ロードに乗り換えて、流山の「角上魚類」へ買い出しに出かける。
岩牡蠣、鰹刺、カワハギ刺(肝付)、スルメイカ刺などを購入。

夕飯は、寅さんを見ながら、刺身大会となったのである。
そうそう頑固な岩牡蠣を剥くのが大変だった・・・。

本日の走行距離:53キロ(VIVALOロード+ルイガノクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/710615382381219

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.06.04 Thu
6月4日(木)「買い物サイクリング in 三郷」
6月4日(木)「買い物サイクリング in 三郷」

最近は、何だか疲れ気味。
4月以来の疲れが時間差で出たものか・・・。

ラジオ体操。

自転車で買い物に出かける。

三郷(埼玉県)の「D2」(ホームセンター)で、軍足(5足セット)、Tシャツ、半ズボン(甚平風)を購入。

次は、最近知った「三郷市とりたて野菜直売所」に向かうが、着くや否や、空腹を覚え、隣接する「ステーキどん」の看板に引かれて、昼飯(サーロイン)を食べてしまう。
味付けはともかく、焼くのが下手すぎる。
私に焼かせてほしいと思う。

満腹になって、再び、隣の「三郷市とりたて野菜直売所」へ。
広い割には、商品が少ない感じ。
吉川産の無農薬玄米3キロを精米してもらう。
他に、自家製蜂蜜、エシャロット、ドジョウインゲンなどを購入。
http://www.ja-saikatsu.or.jp/farmstand/bejitakun.html

南下して、100円ショップの大型店「ダイソー」(三郷)へ。
自転車の鍵、指ぬき手袋、ロープ、ラーメンどんぶり、アンチョビの缶詰などを購入。

その後、水元公園を散策。
明日から葛飾菖蒲祭り。
いい具合に開花している。
http://www.city.katsushika.lg.jp/35/024238.html

菖蒲を見ていると、後ろから自転車仲間に声をかけられる。
しばし歓談。

「アコレ」(葛飾区水元)で、牛乳と煙草を買って帰宅。

米を買ってしまったので、リュックがパンパン。
焼酎他いくつかの物を買えず。

さて、夕飯は何にしようか。

走行距離:30キロ(VIVALOロード+ルイガノクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/704143776361713

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.06.02 Tue
6月2日(火)「通常自転車通勤~会議のない日」
6月2日(火)「通常自転車通勤~会議のない日」

朝の通勤時も暑い。
汗だくになって職場に到着。
もうそろそろ着替えを用意しないとダメかなあ。

今日は、奇跡的に、午後の会議がなし。
ルンルン気分で、帰路に着く。

上野で遅めの昼食(「餃子の王将」)。
不忍池で休憩。

上野公園で、いくつかの大道芸を見る。

夕飯は、タラコとシラスのスパを拵える。

往きは、四ツ木~向島~浅草ルート。
帰りは、上野~根岸~千住ルート。

走行距離:37キロ(VIVALOロード)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/703440913098666

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。