日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
「映画の日々 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.09.15 Fri
生涯28回目の引越
終日、霧雨が降ったりやんだりの曇天。

つい先日、生涯28回目の引越をすませた。
親父の権威が失墜して以降、「地震、雷、火事、引越」と言われるほど、引越というのは、煩瑣な手続きと重労働を強いるものである。段ボールとガムテープは、しばらくごめんこうむりたい。
でもその反面、意外な人々の協力や、新転地についての瑞々しい発見があるので、まだしも報われるところもある。
手続きをした不動産屋の人、保証人になってくれるよう頼みにいった親戚とのやりとり、引越そのものを手伝ってくれた人々のありがたい心尽くし、引っ越し屋のお兄ちゃんたちとの啓発的な世間話、隣近所への挨拶等々、定住的日常性からは体験することのできない実相をかいま見ることができる。
新転地を初めて散歩したときに見るごく普通の魚屋も八百屋も、なんと新鮮に映ることか。

夜、裏の鰻屋「すずき」に。
賢治の「注文の多い料理店」みたいに、藪の中に忽然と現れる。
猫多し。
広い店に客はなし。
上うな重(1,800円也)とビール(600円也)を注文。
値段を考慮すれば、75点。
ホール担当のお婆ちゃんは、居眠りをこいている。
勘定の時、松ぼっくりの工作品をもらう。

見た映画
『北海のハイジャック』(米・80年・アンドリュー・V・マクラグレン監督)
アンドリュー・マクラグレン監督でロジャー・ムーア主演という、僕の好きな映画『ワイルド・ギース』と同じチームで製作した作品とあり、期待して見る。
北海の油田がテロリストたちによって占拠され、イギリス政府に対し、天文学的な金額を要求。そこで白羽の矢が立ったのがロジャー・ムーア。
ゆったりと刺繍をしながら作戦を考えるロジャー・ムーアのキャラクターは、ちょっと面白い。
女性に関する偏見と警句も皮肉が効いていて、イギリス的な感じ。
射撃もうまいし、潜水も苦にしない有能ぶりは、まさにジェームズ・ボンド的な色つけで、ここまでやられると、さすがに鼻白むが、観客は、それを期待しているものなのか。
悪役のアンソニー・パーキンスは、サイキックな憎まれ役としてアプリオリに嵌り役だが、あまりにも愚かしすぎて、単純で、憐憫さえ感じさせてしまう。
『ケイン号の叛乱』のハンフリー・ボガートのようなこそばゆくなるほど憎たらしく、見ている者を恥じ入らせるような背徳性を思い出す。
『ワイルド・ギース』には、リチャード・バートンがいた。
それが故にロジャー・ムーアも光ったが、この映画には、リチャード・バートンが不在だった分、予定調和的な軽薄な米国的解決劇になってしまった。

『リプリー』(米・99年・アンソニー・ミンゲラ監督)

>富豪の放蕩息子になりすます貧乏青年の姿を描くサスペンス。原作はパトリシア・ハイ
>スミスの小説『リプリー』(角川文庫刊)で、ルネ・クレマン監督の「太陽がいっぱい」(
>60)に次ぐ2度目の映画化。監督・脚本は『イングリッシュ・ペイシェント』のアンソニ
>ー・ミンゲラ。撮影のジョン・シール、音楽のガブリエル・ヤレドは「イングリッシュ
>・ペイシェント」に続く参加・・・。

ということで、やはり気になっている『イングリッシュ・ペイシェント』と同じ監督脚本なので、見ておかなければと思って、見る。
『イングリッシュ・ペイシェント』の監督の作品だけあって、かなりの傑作で、要所要所の描き方も、堂に入っている。全体に、良質のエロティシズムがある。
結末が、『太陽がいっぱい』とかなり違う。
登場人物の名前も、マルジュ(マリー・ラフォレ)→マージ(グウィネス・パルトロウ)は、まあ、英仏の読み方が違うだけだが、フィリップがディッキーなのは、どういうことなのか、分からない。
いったい、原作はどうなのか、未読にて分からず(パトリシア・ハイスミスの小説『リプリー』を読むべし)。
三角関係の話であるのは新旧とも同様だが、「支点」が違う。
『リプリー』の中心的な力学は、男性同士の疑似ホモセクシャル的な関係なのである。
マルジュあるいはマージの女性も、違う。
マルジュは、古典的な強さを備えていたが、マージは、現代的な弱さを持っている。
ただ、あの無駄のないルネ・クレマンの『太陽がいっぱい』を知ってしまっているわれわれにとっては、冗長なところなきにしもあらずな力作である。

『セイヴィア』(米・1998・ピーター・アントニエヴィッチ監督)
深夜の放映だったにもかかわらず、蒲団から起き出して、目をこすりながら見る。
いわゆるボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の最中、偶然、妻子を爆弾テロで殺され、その復讐のために、セルビア陣営の外人部隊に入隊する米軍将校の話。
感想は、疲れたので、割愛。
鰻屋のお婆ちゃんからいただいた松ぼっくり細工

映画の日々    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.09.11 Sun
スピルバーグの力量健在なり
戦後60年。
しっかり反省したはずの世界だったけど、結局、今も、アメリカが中心になって、同じ誤りを犯しつつある。
何か、違った視点が必要になったいるのかなあ、という気がしております。
夕べ、ビデオで、南北戦争前夜のある一事件を扱った『アミスタッド』(1997年/スティーヴン・スピルバーグ監督)という作品を見ました。
http://www.actv.ne.jp/~yappi/eiga/EC-08amistad.htm
ジョージ・ルーカスが、単なる特撮物の4流監督になりさがってしまったのにひきかえ、スピルバーグの力量は健在です。
テーマは、今や、死滅しつつある、アメリカ民主主義の原点。
なかなかの力作ですよ。

映画の日々    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2003.11.18 Tue
モンティーパイソンってご存知ですか?
モンティーパイソンってご存知ですか?

そう、二日前の「日録」でちらっと言及した『卒業』が公開された翌年、つまり1969年からイギリスの国営放送(BBC)で、画期的なギャグ番組を制作放映し、人気を博したコメディアンのグループ(因みに、日本の「ゲバゲバ90分」はそれをパクったもの)。

そのビデオシリーズ(「空飛ぶモンティーパイソン」/一巻につき、4本分の番組を収録)第一巻に収められた「ギャグ爆弾」という作品が特に傑作で大好きです。

今日は、それをご紹介します。
笑い死なないようにご注意!

こんな話・・・、

時は、第二次大戦中。ドイツ軍のロンドン空襲が毎日のように繰り返されるイギリス。

ある日、ロンドンの某ユーモア作家が、世紀の大傑作ギャグを完成させたのだが、書き終わるやその自分で書いたギャクの可笑しさのあまり、作者自身が笑い死んでしまうという「謎の事件」が起こる。

ロンドン警視庁が、作家の変死を調査するのだが、捜査官も、タイプライターに残されたそのギャグを読んで、次から次へと笑い死にしてしまい、捜査は難航を極める。

だが、多くの殉職者を出しながらも、ついに、その真相を突き止めるに至る。

すると、ある警察の幹部が、これは大変な秘密兵器になるというので、陸軍省に進言。
さっそくこのギャグを「兵器化」する作業が始まった。

何人もの翻訳官が、そのギャグをドイツ語に翻訳しようとするのだが、訳している途中で笑い死ぬ犠牲者が続発する。
そこで、結局、一人の翻訳官が一語ずつ訳すことで、ギャグのドイツ語訳をようやく完成した。
(因みに二語以上訳そうとした者は、現在でも入院中だということ)。

ノルマディーの戦場。

ドイツ軍が、激しい攻撃を加えてくる。

そこで、ドイツ語を「解さない」イギリス兵が、大声でそのギャグを棒読みする。
すると、木の上に潜んでいたドイツ兵が、笑いながら、ばたばたと落ちてくる。
こういう戦術で、至る所でドイツ軍を撃破していく。

焦ったドイツ軍も、負けじと自家製「ギャグ爆弾」を開発しようとするのだが、ドイツ人にはユーモアのセンスがないので、全然効力を発揮せず、ついに終戦を迎える。

さてそのギャグは、あまりにも危険な兵器なので、使用が禁止され、イギリス南部の平原に埋められることとなり、結局、我々には、知る由もないのである。(完)

モンティーパイソンは、なんと日本のNHKに当たるBBC(国営放送)の番組の中で、次々とタブーをうち破っていった。
たとえば、英皇室を揶揄したり、障害者にまつわる今ではとても放映できないようなエピソードを描いたり・・・。
モンティーパイソンもすごいけど、放映したBBCも大したものである。

後のミスター・ビーンの作品もそうだけど、イギリス人には、権威や世間の決まり事に対する、平衡感覚のあるユーモア精神があるような気がする。

映画の日々    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。