日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.10.24 Sat
10月24日(土)秋の甲州サイクリング 一日目~富士みち(旧道)・河口湖・御坂峠
「10月24日(土)秋の甲州サイクリング 一日目~富士みち(旧道)・河口湖・御坂峠」

かねてより好きだった御坂峠(旧みさか道)と笹子峠(旧甲州街道)を、秋が深まったこの時季に登ってみたい。しかも一泊かけてゆっくりと。

そんなサイクリングを計画すべく、輪友に呼びかけてみたところ、三人が同道してくれることに。

出発の日。
嬉しくて嬉しくて、かなり早起きをしてしまった。

まだ、暗い内に出発して、東京駅まで自走。
7時前の中央線快速に乗る。

高尾駅で乗り換えて、大月駅まで輪行(9時前着)。

快晴。
大月駅に降り立つと、登山客が一杯。
空気はひんやりとしている。

IMG_6018.jpg

自転車を組み立てて、いざ、出発。
総勢4名で全員ロード(クロモリ3、アルミ1)。

先ずは、河口湖を目指して、「富士みち」を登る。
富士みちと言えば、現在では、国道139号線のことを指すのが普通であるが、実は、所々、旧道が存在する。
古来、富士講の旅人が通った道である。

IMG_6022.jpg

今回は、自転車にとっては、かなりの「地獄道」である国道を徹底的に回避して、旧道と抜け道だけを選んで走った。
お蔭で、国道は、うどん屋に寄るため200メートルほど走っただけ。

IMG_6019.jpg

ある時は、長閑な田園の中を走り、ある時は、高速の側道を走った。
どこもここも、富士山から下ってきたであろう水が用水路を勢いよく流れている。
湧水がこんこんと湧き出ている場所(「長慶薬師霊命水」)もあって、しばしの休憩。
湧水をペットボトルに収める。

IMG_6025.jpg

IMG_6026.jpg

IMG_6028.jpg

IMG_6036.jpg

IMG_6037.jpg

昼飯は、富士吉田名物のうどんを食う。
国道沿いの「くれちうどん」(富士吉田市)。
ゴリゴリの極太麺(手打ち)。
醤油っぽくないタレ。
とても美味しかった。
http://tabelog.com/yamanashi/A1903/A190301/19004114/

IMG_6041.jpg

IMG_6040.jpg

旧道からおひめ坂通りを経て、河口湖へ。
靄(もや)っていて、輪郭はおぼろげながら、笠雲を頂いた富士山を拝むことができた。

IMG_6047.jpg

IMG_6053.jpg

IMG_6049.jpg

いよいよ御坂峠を目指して「みさか道」を登り始める。
私は、今回で4回目だが、この季節は初めて。

IMG_6062.jpg

我慢の国道137号線をしばらく走って、旧道(県道708号)に出る。
いつもは沢の奥から聞こえてくる鶯の鳴き声はなし。

IMG_6069.jpg

途中途中で休憩を取りながら登る。
紅葉は、まだ「色づき初め」の段階。
時々、富士の山容が見え隠れ。

IMG_6060.jpg

IMG_6070.jpg

御坂峠には、いつになくたくさんの人がいた。
「天下茶屋」で、甘酒(500円)を啜って、「太宰治文学記念室」を見学する。

IMG_6076.jpg

IMG_6088.jpg

IMG_6081.jpg

IMG_6095.jpg

太宰治と御坂峠との縁などについては、過去のブログ等をご参照のこと。
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-663.html
http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1341

みさか道旧道のくねくね道を下って、新道に出る。
ど迫力の下り走行(ダウンヒル)では、時速60キロ以上になる。

IMG_6102.jpg

17時前には宿に到着。
温泉に浸かって、信じられないほど巨大なヤマメのお造りや、名物馬刺しなどを食べる。

IMG_6110.jpg

IMG_6112.jpg

IMG_6113.jpg

IMG_6115.jpg

疲れも手伝って、私は知らないうちに就寝。
輪友が、布団に運んでくれた模様(感謝)。

宿:「季節のお宿 ひみね」(山梨県笛吹市御坂町上黒駒)
http://www.jalan.net/yad389446/

実走経路地図;


この日の走行距離:71キロ、累積獲得標高:1110メートル(VIVALOロード)。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。