日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2000.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2003.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.09.20 Sun
9月19日(土)流山ぶらりサイクリング~リハビリ中の輪友との午後~曼珠沙華のことなど
「9月19日(土)流山ぶらりサイクリング~リハビリ中の輪友との午後~曼珠沙華のことなど」

久々に青空。
涼しいものの、空は夏模様。
東の地平線には積乱雲。

9時過ぎに家を出る。
目的地はない。
ただ漠然と、米が残り少なくなっていたので、「かしわで」(柏市の産直売場)あたりで米でも買い出ししようかという感じ。

三郷放水路(埼玉県)まで来て、輪友のJさん(流山)のことを思い出して会いたくなって電話をしてみる。
江戸川台駅(東武野田線)で待ち合わせの約束。

IMG_5380.jpg
(三郷放水路)

Jさんは、4月下旬、筑波をサイクリング中に落車して大腿骨骨折。
長らく入院していたが、現在は退院して、家でリハビリ生活を送っている。

三郷放水路から大場川沿い。
流山橋を渡って、江戸川サイクリングロートを走り始めるが、1キロも走らないうちに飽きてしまう。
たまには直線道を走る練習もしなければならないのだが、どうもツマラナイので、堪え性のない私はすぐに飽きてしまうのである。

流山の100円ショップで買い物をしてから、おおたかの森を抜ける一般道を走って、江戸川台駅へ。
Jさんは、駅前広場のベンチで待っていた。

駅までは自転車(ジャイアントのクロスバイク)で来たという。
まだ、怖くてロードバイクには乗れないとのこと。
お元気そうだが、自転車の乗り降りの際には、まだ患部が痛むらしい。

IMG_5383.jpg
(自転車に乗るJさん)

Jさんのクロスバイクは、そもそもは、マウンテン仕様の3×7段であったが、クランクセットは、ロード仕様(50・34t)に改造してある。
とはいえ、マウンテン仕様のフロントシフターと互換性がないため、FDも取り去られていて、事実上、50tのシングルで乗ってるという。
スプロケが特長的で、今は懐かしいメガレンジ仕様(たぶん14-16-18-20-22-24-34T)で、ローギアが格段に大きい。
メガレンジ仕様は、なかなか良いアイディアで、私もそれらしきもののロード仕様を「自作」したことがある

IMG_5382.jpg
(Jさんのクロスバイク)

少しだけ自転車に乗って、近くの野馬土手に行ってみる。
野馬土手(のまどて)というのは、江戸期に幕府によって設けられた、下総北西部の広大な馬放牧場の囲い土手のこと(ちょっとした長城の趣)。
戦後になって随分と破壊されてしまったが、まだ、所々に残っている。

IMG_5386.jpg
(野馬土手散策)

IMG_5385.jpg
(野馬土手の説明版)

自転車を停めて、二人でそぞろ歩き。
野馬土手には、松、銀杏、栗、椎の木などが植わっている。
そして、あちこちに曼珠沙華(ひがんばな)。

IMG_5390.jpg
(野馬土手に咲く曼珠沙華)

IMG_5389.jpg
(銀杏とどんぐり)

季節柄、今が盛りの彼岸花は、江戸川の土手にも、農道の路傍にも、家の庭先にも咲いていた。

曼珠沙華は、墓や血の色を連想させるので、気味の悪い印象がある。
たとえば、白秋の次の詩のように。

「曼珠沙華」(北原白秋)

GONSHAN.(ゴンシャン)GONSHAN. 何処へゆく
赤い御墓の曼珠沙華(ひがんばな)、
曼珠沙華、
けふも手折りに来たわいな。

GONSHAN. GONSHAN. 何本か。
地には七本、血のやうに、
血のやうに、
ちやうど、あの児の年の数(かず)。

GONSHAN. GONSHAN.気をつけな。
ひとつ摘んでも、日は真昼、
日は真昼、
ひとつあとからまたひらく。

GONSHAN. GONSHAN. 何故(なし)泣くろ。
何時(いつ)まで取っても、曼珠沙華、
曼珠沙華、
恐(こは)しや赤しや、まだ七つ。


註:「GONSHAN.(ゴンシャン)」は、福岡柳川弁で、「娘さん」の意。

でも、私は、あまり含みのない漱石の俳句の方が好きだ。

曼珠沙華 あつけらかんと 道の端(漱石)

そうなのである。
彼岸花は、清々しくも唐突に咲き、あっけらかんと道端に佇んでいるのが良い。

閑話休題。

リハビリのこと、自転車のこと、酒煙草のこと、流山のこと・・・。
いろんな話をしながら野馬土手を歩く。

IMG_5394.jpg
(自転車を停めて散策)

腹が減ってきたので、Jさん御用達の「ココット」(江戸川台駅近く)という洋風レストランに入る。
Jさんはチキン。
私はポーク。

IMG_5396.jpg
(駅前の「ココット」で昼食)

駅前で、ハーフクリップの話などをして別れる。
Jさん、もう一歩、頑張ってね。

帰路も、おおたかの森を抜ける。
そこここに曼珠沙華。
そして、ときたま、萩の花。

主水新田までは、土手脇の道(たぶん、近代堤防が築かれる前の自然堤防)を走り、途中からCR。

IMG_5398.jpg
(江戸川左岸の道・たぶん、元々の自然堤防)

IMG_5400_20150920040842552.jpg
(江戸川左岸のサイクリングロード。正面遠景は松戸の市街地)

水元公園を散策。
野外ステージで、ビートルズのコピーバンドのライブをやっていた。
ちょっと下手だけど、熱意を感じる。

IMG_5404.jpg
(ビートルズのコピーバンド)

買い物(4リットル焼酎、薬用焼酎、ビール、ペット茶など)をして帰宅したのだった。


(本日の実走経路地図)

走行距離:51キロ(VIVALOロード)

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(2)   Top↑

Comment
Posted by kincyan
Jさん、少し元気になられたようですね。よかった。自転車を跨ぐときに少し痛いというのは、リハビリを重ねればなんとかなるのでしょうかね。また一緒に走りたいものです。ゆるゆると八溝山の麓をはしるツアーをね。
2015.09.20 Sun 07:21 URL [ Edit ]
怪我 Posted by 断腸亭
均ちゃん

Jさんは頑張っておられましたが、まだまだ、ロードにすいすいと乗れるようになるためには、努力が必要なようです。

怪我をするというのは、大変なことだと思いました。
2015.09.20 Sun 17:01 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。