日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.08.13 Thu
8月9日(日)八溝山巡礼サイクリング~棚倉~久慈川~袋田の滝(二日目)
8月9日(日)八溝山巡礼サイクリング~棚倉~久慈川~袋田の滝(二日目)

ゆうべは、一同疲れ果てていたため、部屋での宴会も、各自焼酎1合ぐらいしか飲まないうちに早々と就寝。
窓を開け放して寝たお蔭で、大変に涼しく熟睡することができた(ただ、相部屋になったイワさんは、私の寝言に悩まされたとか)。

というわけで、時間を決めておいたわけでもないのに、4時半には全員起床(老年性早起き症か)。
宿の朝食は7時からなので、どこかに自転車散歩でも行きましょうということになる。

今回は、怪我で参加が叶わなかったJさん(流山)は、ここ棚倉の出身だが、そのJさんご推奨の場所「山本不動尊」(9世紀初頭創建・福島県東白川郡棚倉町大字北山本字小檜沢)に行ってみようということになった。
距離も10キロ弱なので、朝飯前のミニサイクリングにはうってつけである。

棚倉の街を抜け、長閑な田園地帯を走る。
大気も爽やかで、とても気持ちが良い。
自転車で走っていることの幸せを感じる。

山沿いの集落を抜けると渓谷が現れる。
その渓流沿いの道をしばらく行くと、立派な杉並木が参道のようにわれわれを迎えてくれる。
すごい杉並木だなあと見上げているうちに到着。

IMG_4880.jpg
(宮川渓流)

社殿が建っている。
何だ、これかと思いきや、遠く渓谷(久慈川支流の宮川渓流)の反対側に長い石段が見えるではないか。
あ~、あれか。
なるほど、これはすごいなあ。

われわれは、自転車を停めて、渓谷を下り、赤い橋を渡って見上げるような長い石段(130段)を這いつくばるように登る。

IMG_4883_20150813094321986.jpg
(130段の長い石段を登る)

朝から息も絶え絶えになって石段を登り切ると、そこには、まるで、ネアンデルタール人の住居もかくあらんというほどの、巨大な天然の岩屋があって、そこにご本尊が安置されていた。
ここが「奥ノ院」。
清涼な朝の空気の中に浮かび上がるその威容は、まさに「霊場」の名にふさわしい。

IMG_4888.jpg
(「奥ノ院」)

IMG_4887.jpg
(「奥ノ院」本尊)

IMG_4892_20150813101242b97.jpg
(「奥ノ院」)

IMG_4893.jpg
(渓流に架かった橋・大同橋)

宿の朝食の時間に間に合わせるように帰路に着く。
7時からの朝食は、至って定番。
塩鮭、納豆、海苔、卵など。
昨日は不調であまり食べられなかったBさんは、それを取り戻さんとするかのように、3杯もご飯のおかわりを。

8時出発を目途に出かける支度を始める。
朝は涼しいが、暑くなりそうな一日。

棚倉観光の事始めに、宿の裏手にある「宇迦神社」(8世紀創建・現社殿は元禄期・東白川郡棚倉町大字棚倉字風呂ケ沢地内)を参ることにした(徒歩)。
なかなか古さびた雰囲気が漂っていたので、昨日から気になっていたのだ。

ただ、これまた山の上にあるので、長い石段を登ることになる。
時の流れから取り残されたような静謐な空間。
外連味のない社殿。
苔むした石畳。

IMG_4900.jpg
(「宇迦神社」の石段)

IMG_4903.jpg
(「宇迦神社」の社殿)

IMG_4915_201508131330285ab.jpg
(「宇迦神社」)

「宇迦神社」を参拝したわれわれは、いよいよヘルメットを被って宿を後にする。

先ずは、棚倉藩時代の城跡を訪ねることに。
棚倉藩は幕末時に10万石。
戊辰の内戦では、東軍に与し、奥羽越列藩同盟に参加するも、西軍(板垣軍)に攻められて、城は一日で落城。
よって、城跡はあっても、城そのものはない(緑なす内濠は残っていて、一帯は公園となっている)。

IMG_4919_201508131442476f4.jpg
(平城だった棚倉城のレイアウト)

コンビニで補給飲食物を購入して、いざ、袋田の滝を目指して、久慈川下り。
久慈川サイクリングロードに出る。

まだ涼しい時間帯だし、川沿いを下るわけなので、当然、なだらかな下り勾配なので大変に快適である。
久慈川のせせらぎを聞きながら快走。

IMG_4920_20150813150056b10.jpg
(久慈川サイクリングロード)

IMG_4921_20150813150057770.jpg

IMG_4924_2015081315005882a.jpg
(久慈川サイクリングロードで休憩中)

時間はたっぷりあるので、途中、道の駅「塙」で大休止(この道の駅はなかなか良い)。
ラーメンやトマトやブルーベリーを食べる。

かなり暑くなってきた。
再び自転車に跨って、袋田の滝を目指す。

関岡あたりで、サイクリングロードは終了。
これより先は、一般道を走るしかない。
交通量の多い国道118号をできるだけ避けるようにして、旧道をゆく。

そして、ついに、今日の最終目的地である袋田の滝に到着。
疲れ果てていたわれわれは、滝を見る前に、食堂兼土産物屋に飛び込んで、先ずは休憩。
鮎の塩焼きやコンニャクの味噌田楽などを食べる。

IMG_4927_20150813174837aa9.jpg
(休憩をした食堂兼土産物屋。店先で鮎などを焼いていた)

IMG_4926_201508131748368ec.jpg
(子持ち鮎の塩焼き・450円)

一休みして、袋田の滝を見学。
小学生の頃来たきりなので、約半世紀ぶりの再訪である。
まあ、ほとんど覚えてはいないのだが。

入場料を払って、冷っと涼しいトンネルをくぐると、眼前に滝が現れる。
エレベーターで上がって上の方から眺めたり、沢に降りて下の方から見上げたり。
繊細さと大胆さを兼ね備えた見事な滝であると思った。

以下、涼しげな袋田の滝の風景。

IMG_4935.jpg

IMG_4932_201508131832152f4.jpg

IMG_4934_201508131832167d1.jpg

IMG_4939_20150813183442a96.jpg

IMG_4942.jpg

明日は月曜日だし、大分疲れてきたので、予定通り、水郡線の「袋田駅」から輪行で帰ることに。
滝から駅までは、たった3キロほど。

駅に着いてみると、たった今、登り列車が出たばかり。
次の汽車(ディーゼル)まで、何と2時間ほどもある。

IMG_4945_20150813185603eba.jpg
(ログハウス風な袋田駅舎)

ここでわれわれは観念して、自転車をたたんで、駅前の木陰の路上で酒盛りをしながら待つことに。
幸い、駅前に、別嬪の女主人のいる酒屋もあるではないか。
桜の樹の下で、たまに吹き抜ける涼風を楽しみながら、時には寝転んで酒を飲む。
実に豪勢な時間を過ごすことができたのである。

IMG_4946_20150813185605ec3.jpg
(真夏の午睡)

IMG_4947_2015081318560585d.jpg
(真夏の午睡)

15時台の汽車に乗り込んで、水郡線→常磐線を乗り継いで松戸駅まで輪行。

夏でなければできない盛りだくさんのサイクリング。
振り返れば、昨日からの出来事や風景が走馬灯のように蘇る。

そして、何よりも、Bさんの、坂東三十三観音めぐりの「結願」をお供できてよかったと思う。
Bさん、ありがとう!

この日の実走経路地図;

(累積獲得標高:約400メートル、距離:67キロ)

・この日のBさんと均ちゃんのブログもご参照。
http://blog.livedoor.jp/kyf01405/archives/45891976.html
http://blog.livedoor.jp/liveokubo/archives/52185843.html

・二日目の反省。
常陸大子の池田橋から久慈川橋までは、やはり、久慈川西岸を走るべきだったと思います。
途中、Bさんからそのようなサジェストがあったのですが、聞く耳を持たない私が悪かった。
でも、どうして、池田橋から国道に戻るようにルートを引いたかと思い起こせば、もしかしたら、国道沿いに買い出しのできる店があるんじゃないかという推測があったから(実際はなかった)。
然るべきルート;


走行距離:72キロ(VIVALOロード)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
旅(自転車)    Comment(6)   Top↑

Comment
Posted by kincyan
今回のルートは袋田までで良かったのかもしれません。その先は国道一本道で脇道がないですしね。交通量さえ少なければ、平野に出るまで走っても良いと思いますが、国道118号は交通量が多いですものね。次回はJさん連れて秋ですかね。
2015.08.15 Sat 18:17 URL [ Edit ]
ジャズさん復帰祝い Posted by 断腸亭
均ちゃん

真夏じゃなければ、少し我慢して、国道を下るのもいいかもしれませんが、ああ暑くてはねえ。

ただ、日曜だったので、あれでも、トラックの交通量は少なかったのかもしれません。

ジャズさん復帰祝いに走れたらいいですね。
2015.08.16 Sun 07:28 URL [ Edit ]
ジャズの紳 Posted by
断腸亭さん、均ちゃん、Bさん
ブロクを見させて頂きました。
懐かしさ一杯です。

2015.08.17 Mon 15:30 URL [ Edit ]
Posted by B
>その先は国道一本道で脇道がないですしね。交通量さえ少なければ、平野に出るまで走っても良いと思いますが、国道118号は交通量が多いですものね。次回はJさん連れて秋ですかね。

さっき、ふと、袋田以降をルートラボで見ていたら、袋田直後は少しの間わき道は無いが、それ以南は結構在る、在る。 かなり面白そうなところもありますよ。 これなら、再度、棚倉から水戸まで走っても良いかも知れない。
2015.08.17 Mon 16:45 URL [ Edit ]
ゆったりした良い土地柄 Posted by 断腸亭
ジャズさん

棚倉は、ゆったりした良い土地柄ですね。
ジャズさんも、こういう所で育ったんだなあと感じ入りました。
いずれ是非、ご一緒したいですね。
2015.08.22 Sat 03:38 URL [ Edit ]
棚倉から水戸までのルート Posted by 断腸亭
Bさん

フェイスブックの方に書いてくれたルートはいいですねえ。

ここに、メモしておきます。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=208a2adb8c79a543dae92f9c2754fb88

このようにして、だんだん道の「幅」が広がっていきますね。
2015.08.22 Sat 03:42 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。