日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.08.12 Wed
8月8日(土)八溝山巡礼サイクリング~棚倉~久慈川~袋田の滝(一日目)
8月8日(土)八溝山巡礼サイクリング~棚倉~久慈川~袋田の滝(一日目)

輪友のBさん(鎌ヶ谷)が2年ほど前から、自転車(や徒歩)で坂東三十三観音巡礼を始めた。
私も、そのうちの20箇所ぐらいは同道させてもらったように思うが、いよいよ残すはあとひとつになった。

これまでの記録と言えば、例えば・・・、

・「常陸サイクリング~笠間観音・十割蕎麦「泰然」・板敷峠・清瀧寺

・「旧東海道サイクリング~赤穂浪士引き揚げルート~弘明寺

・「日光登山~中禅寺(立木観音)を参る

・「筑波巡礼サイクリング~元気になる

・「相州巡礼サイクリング(坂東三十三観音1番から4番まで)

・・・などなど、いずれ厳しくも楽しい巡礼だった。

「日輪寺」(9世紀初頭創建・茨城県久慈郡大子町)。
常陸(茨城)と磐城(福島)と下野(栃木)の国境に聳える八溝山(茨城県の最高峰)の8合目ぐらいに位置する古刹である。

家を5時前に出発。
日の出前だが、既にあたりは明るい。

松戸駅から常磐線・水郡線を乗り継いで、磐城棚倉駅まで輪行。
松戸駅5時半発の常磐線がえらく混んでいたのには驚いた。

■松戸
|  常磐線(勝田行) 99.6km
|  05:30-06:58[88分]
|  3,350円
◇水戸 4番線着・1番線発 [30分待ち]
|  水郡線(郡山行) 90.5km
|  07:28-09:46[138分]
|   ↓
■磐城棚倉

磐城棚倉(いわきたなぐら)駅頭で自転車を組み立て、先ずは、今晩泊まることになっている宿(「市川屋」)へ。
軽量化のため、不要な荷物を宿に預ける。

IMG_4839_201508121025176c4.jpg
(磐城棚倉(いわきたなぐら)駅)

思えば、ここは奥州。
旅館のおばさんも、道行く人も、柔らかい東北弁であるのが楽しい。

IMG_4918_20150814072538b8a.jpg
(「市川屋」)

さて、いよいよ巡礼の始まりである。
今回は、これまでの「巡礼」に数多く同道した私を含めた輪友3名が、今回も旅の輩(ともがら)。
全員、クロモリロード。

長閑な田園地帯を快走。
頭を垂れ始めた稲穂、黄緑色の煙草畑、杉林の稜線、いたるところで喉を競う鶯の鳴き声。

IMG_4843_201508121025187d6.jpg

緑の海を分け入って、次第に山の懐に入っていく。

今日のルートは、ある意味、単純である。
棚倉(福島県)から八溝山に登り、茨城県側の8合目付近にある「日輪寺」を詣でて、再び山頂へ登り返し、棚倉まで下るというもの。

まったく同じ道を往復するのはあまりにもつまらないので、往復とも、旧道のあるところは、極力そこを走ってみることにした。

実走経路地図;

(累積獲得標高:約1150メートル、距離:約53キロ)

町から出ると、あとは自販機すらないので、先ずはコンビニで飲食物(昼食)を購入。

久慈川の渓流に沿った道をすいすいと登りはじめる。
木漏れ日が風に揺れる。
登るにつれて空気は清涼に。

IMG_4847_20150812102800ecf.jpg
(久慈川渓谷)

最初のうちは、斜度も滑らかで、とても快適であった。
とにかく、何がいいって、クルマが来ない。
たまに、バイクツーリングの御仁が坂を上がっていくだけ。
途中、渓谷に降りて水遊びでもしたい気分ながら、気温の低い午前中に登り切ってしまいたいので先を急ぐ。

IMG_4854_201508121028019b4.jpg
(久慈川渓谷)

ところが、意外にも、突如、未舗装路になる。
歴とした県道(377号)だというのに、砂利道になったのでかなり狼狽する。
しかも、これがなかなか終わりそうもない。
これじゃあ、タイヤがもたないかもしれない・・・。

IMG_4851.jpg
(3キロ弱ほどの未舗装路。まいったぁ~)

結局3キロ弱ほどその未舗装路は続いた。
舗装路(これがえらく滑らか舗装)になって嬉しかったのなんのって。

IMG_4852_2015081308120380d.jpg
(ほっと一息)

斜度はだんだん厳しくなっていくが、標高が上がるにつれて涼しくもなってくる。
標高750メートルぐらいのところに、ぽっかりと広場のような場所が現れた。
そこは、三つのクニを結ぶ旧道の追分。
古を忍ばせるような場所である。

IMG_4857.jpg
(三つのクニを結ぶ旧道の追分)

ここから先の坂がかなり厳しかった。
山頂入口を過ぎて、茨城県側にしばらく坂を下って、やっとのことで「日輪寺」に到着。

IMG_4858_2015081210355951f.jpg
(あまりの激坂にダウン)

日輪寺の境内は、 案外あっさりとした雰囲気。
蕎麦屋ぐらいあるんじゃないか、自販機ぐらいあるんじゃないかという淡い期待も、入道雲の中に消滅。

この観音堂で、坂東三十三観音巡礼を「結願(けちがん)」することになるBさんの朗々たる読経が、緑山に響き渡るようである。

IMG_4864_20150812103601d98.jpg
(読経を終え、「結願」を遂げたBさん)

八溝山の茨城側斜面は、「八溝川湧水群」という名水場所が散在する。
「八溝」というのは、たぶん、八つの沢という意味で、尾根から沢に浸透する湧水が、古来珍重されたものと思われる。

八溝五水(金性水、鉄水、龍毛水、白毛水、銀性水)が「名水百選」に選定されているが、そのひとつが「日輪寺」にある。

われわれは、その名水で顔を洗って、駐車場に座り込んで、麓で購入したコンビニ食を食べる。
行雲流水、蝉しぐれ。

参拝を済ませたわれわれは、山頂を訪ねるべく、先ほど下った坂を登り返す。
これがきつかった。
私の場合、累積獲得標高が1000メートルを越えると、身体がへろへろになるようである。

苦労して上り詰めた山頂は、信じがたいほど涼しかった。
山頂には、展望台のほか、八溝嶺神社(9世紀頃の創建)が鎮座している。
眺望もなかなかなものだが、夏場にてガスっていたのが惜しかった。
それにしても、こうして、10合目(山頂)まで、車輪物で上がれる山も珍しいかもしれない。

IMG_4868_201508121350156d8.jpg
(八溝嶺神社)

IMG_4869_20150812134809278.jpg
(八溝山展望台)

IMG_4870.jpg
(八溝山展望台からの眺望)

八溝山を満喫したわれわれは、湧水をペットボトルに詰めて、いよいよ長い下りの旅を始めることに。
登ってきた道は、下ってみても案外に長く、よくぞ登ってきたものだと思う。

IMG_4875_20150812141217064.jpg

未舗装路は、念のため、全行程、自転車を降りて押し歩く。
タイヤがバーストでもすれば、明日、走れなくなってしまうから。

IMG_4873_20150812141219204.jpg

棚倉の街に降り立ち、コンビニで、多少の糧秣を仕入れ、宿へ。

みんなで風呂に入って、食事をして、反省会&明日の作戦会議。

IMG_4877_201508121413480ab.jpg
(宿の夕飯)

IMG_4876.jpg

IMG_4878.jpg

窓を全開にして、床に入る。
涼しいのを通り越して、寒いぐらいだった。

・この日のBさん(鎌ヶ谷)と均ちゃん(行徳)のブログもご参照。
http://blog.livedoor.jp/kyf01405/archives/45876748.html
http://blog.livedoor.jp/liveokubo/archives/52185749.html

走行距離:58キロ(VIVALOロード)

テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報
旅(自転車)    Comment(2)   Top↑

Comment
Posted by kincyan
楽しくもしんどかったですね。Bさんや断腸さんの誘いがなければ、山には登りませんが、行って良かった。笹子峠と並び思い出に残るでしょう。山には霊気が感じられますね。
2015.08.12 Wed 14:32 URL [ Edit ]
旅は道連れ Posted by 断腸亭
均ちゃん

旅は道連れですね。
今回は、山頂付近に目的地があったので、登らざるを得ませんでした。
霊山というのは、やはりいいですねえ。
また、ご一緒ください
2015.08.12 Wed 17:00 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。