日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.10.26 Sun
10月26日(日)「荒川知水資料館」の「荒川放水路工事と通水式」展を見にゆく
10月26日(日)「荒川知水資料館」の「荒川放水路工事と通水式」展を見にゆく

「荒川知水資料館」で、「荒川放水路工事と通水式」という展示会(無料)を開催中であることを知り、行ってきた。

本日の実走経路図(岩淵水門~毛長川ルート~水元公園);


水元公園から荒川までは、いつもの抜け道ルート。

荒川CRからは、そのまま正直に上流に遡れば早いのだが、CRは10分も走っていると飽きてしまうので、千住新橋と千住大橋を渡って、隅田川の右岸筋の一般道に出る。

ちょうど腹が減ったので、町屋の「ときわ食堂」で朝食(ニラレバ定食)。
朝の8時過ぎだというのに、他の客のほとんどは、一杯やっていた。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13080522/

隅田川右岸域の路地や国道122号線を走り、岩淵水門から隅田川に合流する新河岸川の小さいが立派な橋を渡ると、「荒川知水資料館」である。

企画展では、そのタイトルの通り、「江戸川放水路工事と通水式」に関する展示物が多い。
写真は目新しいものはないが、蒸気機関で動く掘削機の部品などは珍しい物かもしれない。

また、10年余に渡る荒川放水路掘削の指揮をとった人物・青山士(当時、内務省官僚)のことは、初めて知った。
青山士(あおやまあきら)は、パナマ運河開削工事に技官として参加(決して「視察」ではない)。
そこで学んだノウハウを、放水路建設に役立てたのである。

その象徴的な存在が、岩淵水門(通称赤水門・大正13年竣工)である。
竣工の前年、関東大震災に見舞われ、通水間近な土手などが崩壊したにもかかわらず、この重厚な水門だけはびくともしなかった。
ただ、この水門、現代の建造物よりははるかに美しいものの、当時としては、そのデザインはあまり良いとは言えないのではなかろうか。

そもそもは、江戸期以来の度重なる水害に備える必要があったが、江戸期の土木技術では限界があった。
明治期になっても、決定的な打開策はなかったが、明治43年(1910年)の堤防決壊による大洪水が引き金になって、放水路建設の大事業が始まったのであった。
産業革命後の日本であったからこそ、放水路建設が完遂できたのかもしれない。

なんだかんだで、資料館や岩淵水門で2時間ぐらいゆっくりする。
釣り人をぼぉっと眺めたり。
ちょっと昼寝したり。

帰りは、荒川CRを走るも、やはり10分もしないうちに飽きてしまったので、毛長川を追いかけながら水元公園へ。
途中、「大鷲神社」(足立区花畑)で休憩(七五三の参拝客多し)。

水元公園を周遊(以前「ハンナリ」でお知り合いになったブロンプトンの人にばったり。20分ぐらい話し込む)した後、柴又界隈の路地や街道の復習をして、買い物(牛乳、豚肉、キャベツ、ペット茶など)をして帰宅。

夕飯は、我が家定番の「キャベツ鍋」を食べる。

走行距離:69キロ(VIVALOロード)

http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1380

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。