日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.01.05 Sat
静かな初詣
8時起床。
曇りのち晴。

今日は、知り合い(土佐出身で生田在住・射撃の選手)と柴又で落ち合って、こぢんまりとした新年会をやろうということに。

いつものように自転車で出発するも、途中で「待てよ」と思う。
自転車ばかり乗っていると、どうしても歩く量が減ってしまう。
なるたけ歩こうではないか。
そう思って、金町駅まで返り、駅の近くに自転車を置いて柴又まで歩く。
と言っても、片道約3キロほどしかないが。

京成金町線の線路沿いに歩く。
柴又までに、踏切が三つある(踏切には、なぜかロマンがある)。
いずれも何だかのどかな造りで、4両列車しか走らないこの線に相応しいものだと思う。
こんな踏切こそ、庶民の道である。

6号踏切

(6号線と交差する踏切)

踏切

(良観寺前のかわいらしい踏切)

タコ焼きとワンカップを買って、参詣を済ませて、江戸川河川敷へ。
江戸川の風景を前にして、ワンカップで乾杯。
タコ焼きをつまみに、江戸川流域で繰り広げられた戦国時代の合戦の話などをする。

その後、金町の「山吹」へ。
久々である。
今日が新年の最初の店開きらしく、おでんの煮え方がまだ「若い」。
モツ焼きを囓りながら、アメリカの経済状況(かなり緊迫しているらしい)や近代小火器の歴史などについて話す。

金町駅で別れ、自転車で帰る。

----------------------
今日の走行距離:3キロ(金町駅往復等)
今月の積算走行距離:76キロ
昨年11月以降の積算走行距離:1360キロ
----------------------
----------------------
朝食:コーヒー+リンゴ+コーンフレーク(家)
昼食:タコ焼き+熱燗(江戸川河川敷・柴又公園)
夕食:飲み屋(金町「山吹」)
----------------------

日録    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
おっ!? Posted by しゃあ あずなぶる
土佐のシューター君は、生田在住ですか。
生田には、ボクの現場があって、4人配置しています。
ボクはクルマを、ゴルフ場のコインパーキングに停めて
打ち合わせ等に行きます。あの辺りも、高低差ありますよね。

ところで今日、身体痛いッス。自転車初心者のボクの脚が疲れているのは、当然ですが
腕も背中、お腹も痛い。たぶん、ハンドルをギュッと握って全身でペダルに力を、込めていた
ンだと思います。
チャリは奥が深そう。トリコマレそう。
2008.01.06 Sun 20:02 URL [ Edit ]
自転車の理論 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

自転車の乗ると、歩行では使わない筋肉を使うことに。
大腿筋と腹筋と背筋と腕の筋肉です。
ですから、あるポイントまで自転車で行って、そこからウォーキングをすると身体にとって非常にバランスがよいわけです。
私も、自転車によく乗るようになってからは、できるだけ少し降りて歩くようにしています。

自転車の理論については、以下のページが参考になります。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/index.html
2008.01.07 Mon 08:54 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/89-7e3f3d26

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。