日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.12.18 Thu
12月18日(木)自転車通勤~師走の交通事情~バカ殿の田舎芝居
「12月18日(木)自転車通勤~師走の交通事情~バカ殿の田舎芝居」

このところ、関東でもいっきに寒さが厳しくなって、朝夕の自転車通勤はつらいこともある。

しかも、師走も半ば過ぎになると、都心はいよいよ走りにくくなる。
例年のことながら、この時期は交通量が増えて、頻繁に渋滞する。

しかも、搬入搬出が多いせいか、路駐も増えて、いっそう、自転車走行の障害になる。
タクシーを使う人が増えるのか、側道を走っていると、急にタクシーが割り込んで来てヒャっとすることも多い。

加えて、この時期は、何故か、運転がヘタッピーのドライバー率が多くなる。
事実、今日だけで、追突事故を二件も目撃。

路駐車の急発進と割り込みも怖い。

風の強い一日だった。
特に橋を渡っている際などは、寒風に車体がさらわれそうになることも。
とにかく、都内を走るには、一番危険な季節であるのは間違いなさそうだ。

景気の方も、いっそう冷え込んでいるせいか、例年に較べ、街の賑わいが少ない。
大繁華街のネオンサインも、どこか寂しげである。

午前中の業務終了後、久方ぶりに、神田古本屋街を散策。
学生時代は、毎日の日課だったのだが、このところはとんとご無沙汰。
悪い年の取り方をしている証拠であると、反省する。

岩波の「日本古典文学体系」が、店先で、何と二冊で500円で売られていた。
学生時代(約35年前)は、高嶺の花だったシリーズ。
全部買いたいぐらいだったが、重いので、二冊だけにする。
『義経記』と『東海道中膝栗毛』。

久々に明るい内に帰れそうだ。
地元で、買い物(牛乳、白菜、鶏肉など)をする。

買い物をする度に思う。
物価がどんどん高騰している。
買い物をする主婦たちの財布のヒモが、いや増しに固くなっているのが分かる。
消費税が上がったのに、収入は上がらないので、景気も低迷し続ける。
物の道理である。

アベノミクス。
インチキ商法のような経済政策。
耳に心地よい収奪システム。

鶏肉の値段も知らないようなバカ殿が、ヒステリックなかん高い声で、まったく辻褄のあわないデタラメを叫んでいる。
滑稽で、やがて哀しい田舎芝居のような政治。
これでは日本は終わりに近づいていくであろう。

インフレからの脱却と、まともな日本を取り戻せる日は、また、遠のいたようである。

さて、鶏鍋でも拵えるとするか・・・。

走行距離:35キロ(ACクロス)

http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1414

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。