日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.05.05 Tue
5月5日(火)日光登山~中禅寺(立木観音)を参る
「5月5日(火)日光登山~中禅寺(立木観音)を参る」

輪友に付き合って巡り始めた「坂東三十三観音」巡礼。
いよいよ難所の中禅寺(立木観音)を参ることにする。

これまでも、自転車で訪ねてきた以上、今回も自転車で行くのが当然なのだが、なにせ、日光から中禅寺湖まで登る「いろは坂」は、自転車(や徒歩者)にとっては地獄道。

坂なのは仕方ないのだが、交通量が多くて自転車で走ってもちっとも楽しくない。
言わば、環七がそのまま坂になったような酷道である。

ならば、いっそ徒歩で、「いろは坂」よりもましな「登山道」を登ろうではないかということになった。

参加者は、発起人のBさん(鎌ヶ谷)とやまびこさんご夫妻(四ツ木)と私の4人。

7時半過ぎ、北千住駅から東武線特急(けごん)に乗り込んで、一路、東武日光駅へ。

日光市営バス(足尾行)に乗って、「栃木平」でバスを降りる(途中、大渋滞)。

しばらくは、立派な舗装路のつづら折れ道を登る。
これが、「日足トンネル」が開通する以前の、国道122号の旧道であることを途中の標識で知る。

途中から、舗装路とおさらばして、「茶の木平」方面を目指し深山に分け入る。
登山道としては、あまり整備されておらず、クマザサ原の獣道を歩く。
かなりの急勾配の所もあって、普段、徒歩量の少ない私にとってはつらい道のりだった。

それでも、尾根道を辿る旅程は楽しかった。
雪渓をいただく連山の遠望。
間近に並ぶ男体山。
眼下に華厳滝の音を聞く。

「細尾峠」を越えて、「茶の木平」に至った所で、実は、われわれは道を誤ったようだ。
せっかく苦労をして辿り着いた先は、「明智平」だったのである。

ここまでで疲労困憊。
中禅寺(立木観音)までは、直線距離にして3キロほどだったが、地獄の近代トンネルを歩くのはあまりにも馬鹿馬鹿しいので、バス(大込み)に乗って中禅寺湖へ(何と、10分ぐらい)。

バス停から中禅寺(立木観音)まで歩いて、やっとお参りができた。
Bさんも、御朱印をもらって、読経をあげることができた。

一同疲れ果てて、バス(大込み)で、東武日光まで降りて、駅前の寿司屋で反省会。

特急はすべて満席にて、普通列車を乗り継いで帰還したのだった。

やはり、普段から歩いていないので、私にとってかなりシンドイ行程だった。
これからも、努めて歩くようにして、足腰を強くしなければならないと反省。

それにしても、山登りは楽しい。
次は、江戸期の碓氷峠越えをやろうという計画も上がっている。
楽しみである。

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/691959647580126


小さな旅    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。