日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.03.31 Tue
柴又帝釈天のラジオ体操
「柴又帝釈天のラジオ体操」

私にとっての春休みも今日でおしまい。
明日からのことを考えるだに憂鬱である・・・。

天気もよくて暖かいので、今朝は、ちょっと足をのばして、柴又までラジオ体操に行ってみることにした。

往きは、江戸川CR経由(自転車)。
朝日が川面に映って眩しい。

やや早めに到着。
家から4キロちょっとぐらいだろうか。
当然だが、帝釈天参道は、まだ、どこも店が開いてなくてとても静かな佇まいである。

帝釈天境内には、既に、三々五々、近隣住民が集いつつあった。
どこからともなく、「男はつらいよ」テーマ曲前奏が繰り返し流れている。
いつも私が通っている水元の会場(理科大葛飾キャンパスのサッカーグラウンド)に較べて、大変に賑やかで明るい人々が多い。

「これね、夕べ作ったんだけど、余っちゃったから食べてくれる」と言って、ご近所の人におかずを配るオバサン。
何やら世間話で大笑いしているオジサンの一団・・・。

同じ葛飾区でも、柴又の街は古い。
私の住んでいる水元地区などは、せいぜいが、昭和40年代になって、田圃を潰して住宅地になったところ。
ご近所の親密性の度合が違うのかもしれない。

もう一つの違いは、服装である。
ほとんどの人が、ラジオ体操連盟「公認」的な、白い体操服で身を固めている。

いよいよラジオ体操が始まる。
帝釈天の境内は体操する人で一杯。
入りきれない人は、山門の外でやっている。

何となく落ち着かない気分で、「よそ者」の私も、一緒にラジオ体操をやる。

体操をしているうちに、ちょっと膝が重くなってくる。
気がついてみれば、境内の大半が敷石なので、跳んだりはねたりすると、膝に負担がかかるからであろう。
そういう意味では、水元会場のサッカーグラウンドは人工芝なので、膝に優しいし、体操をしていて気持ちが良い。

体操が終了。
何組かのグループは、これから江戸川土手をジョギングするらしい。
今夜の飲み会の打ち合わせをしているオジサンたちもいた。

私は、最短距離たる「帝釈道」を辿って帰宅。
やはり、ラジオ体操は、いつもの理科大会場のが良いと思った次第・・・。

註:「帝釈道」については、以下をご参照。
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-739.html

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/675880835854674


日録    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。