日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.03.26 Thu
3月26日(木)春先の水元公園散歩
「3月26日(木)春先の水元公園散歩」

晴天なれど、北西の風、冷たし。

ラジオ体操。
途中、地震速報で一時放送が途切れる。
千葉県東方沖震源・・・。

昼前に自転車散歩に出かける。
ホットーモットーで弁当を買って、水元公園へ。

早咲きの桜は、もう葉っぱが出ているぐらいだが、ソメイヨシノ系は、蕾(つぼみ)がぱんぱんにふくらんでいるものの、まだ殆ど咲いてはいない。

日当たりの良い水辺のベンチで弁当を使わせてもらうことにする。
幸せの「のり弁」(300円)と漱石の『虞美人草』。

『虞美人草』は、漱石作品のなかでは、ちょっと高踏的な感じで、読みやすい作品ではない。
漱石自身も、かなり苦しんで書いているような気がする。

ともかくも、『虞美人草』を読みながら幸せののり弁食べる。
ページに直射日光が当たって、眩しくて眼が疲れる。

園内を自転車で周遊。
「カワセミの里」で、また、イスに腰掛けて『虞美人草』を読み始めるが、暖かくて良い気持ちになってしまい、しばし昼寝。

公園の中ほどに自転車を停めて、歩いてみることにする。
柔らかい土の感触が、春の訪れを告げているようである。

秋には蕎麦畑だった所は、今は、菜の花畑になっている。
コブシの花は今が盛り。
柳の新芽も吹き出している。
カルガモたちの行列がのんびりと路を横切っていく・・・。

自転車の所に戻って、帰り道に買い物。
「赤霧島」5合瓶(何と1100円)、韓国焼酎「済州」(4合瓶)、豆乳、ペットボトル茶、野菜ジュース、缶ビール、インスタントコーヒーなどをリュックに詰めて帰宅。

味噌汁に、卵焼き、納豆などの簡単な夕飯。

よく歩いたので、心地の良い眠気がやってきた。

走行距離:13キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/673646996078058

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。