日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.09.17 Wed
明鐘岬異聞~この四百年
内房は鋸山(ここぎりやま)の突端に、「明鐘(みょうがね)岬」というとても興味深い場所がある。
この岬は、上総国と安房国との国境でもあって、古来、関東でも有数の難所とされてきた。

徳川光圀は、江戸時代初期の延宝2(1674)年、父・頼房の実母(お万の方)の墓参りのため、その年の旧暦の四月下旬、水戸を出発し、下総・上総を経て、金谷湊から三浦半島に渡った。

その大まかなルートは以下のようなもの。
水戸城を出立~下総神崎神社~成田山新勝寺~酒々井~姉ヶ崎妙経寺。
その後、佐貫、金谷を経てここ「明鐘岬」までやってきたのである。
三浦半島へは金谷から船で渡るとなれば、「明鐘岬」まで来なくてもよいわけなので、光圀は、よっぽどこの岬に関心があったにちがいない。

この旅のことを光圀は、『甲寅(こうしん)紀行』という一冊にまとめているが、その中で、「明鐘岬」越えのことを次のように書いている。

鋸山の出崎の小なる路を、岸に沿いて通る。・・・明金(鐘)の内に、八町(約870メートル)許り難所あり、荷付馬通る事ならざる間、一町半余あり。明金が崎にて、山も石も、皆、南と、北と、西方へ傾き向ふなり。これによりて両国の境界は、自ら分かるなり」(『甲寅紀行』)。

*注:『甲寅紀行』は、以下のサイトで全文を見ることができるが、くずし字が読めないと判読困難であろう。
http://base1.nijl.ac.jp/iview/Frame.jsp?DB_ID=G0003917KTM&C_CODE=XYU1-25813


現在では、国道127号線が通っていて、この1キロ弱の区間は、地獄のような危険なトンネルを抜けさえすれば、あっという間に越えられるわけだが、当時は大変だったようである。

まあ、船で渡ってしまうという手はなかったわけではないかろうが、光圀の時代以降も、この「明鐘岬」越えは大変だったらしい。
しかしながら、それだけに、遠く富士を望むことのできる景勝地として名声を得てもいたようである。

たとえば、光圀から約200年後の江戸後期、安藤広重も、「明鐘岬」を二度訪れて風景画を残している。

富士三十六景 房州保田海岸
(広重「富士三十六景 房州保田海岸」)

房総の名所 房州保田の海岸
(広重「房総の名所 房州保田の海岸」)

つまりは、江戸時代までは、この岬を抜けるには、急峻な鋸山越えをしない限りは、海岸の岩場を歩くしかなかったようである。
馬車も通えるような道らしき道が敷設されるのは、明治の中頃(明治21年)で、現在の国道127号線の元となる幹線道が完成したのは、早くても大正年間になってからのことと思われる。

ただ、江戸期の「房総往還・房総西街道」から現在の国道127号へと変化する道の歴史は、きわめて複雑かつ煩瑣であり、ポット出の私なぞには到底まとめきることができないので、詳しくは、房総往還の旧道をほぼすべて自転車で実走し、克明に記録した次のサイトを参照にされたし(恐るべき労作である)。

「国道127号 旧道及び隧道群」
http://yamaiga.com/road/r127/

そう言えば、学生時代(23歳)の漱石が千葉県一周の旅をしたのは、明治22年の夏のこと。
つまりは、やっと内房にも道らしきものが通ったばかりのことである。
漱石は、保田海岸に長逗留をして海水浴を楽しみ、鋸山の日本寺にも登っている。

*注:漱石の房総一周旅行のルートは以下。
行徳~千葉~木更津~鋸山~保田~鴨川~九十九里(片貝)~飯岡~銚子。そして利根川を船で野田~流山~松戸~小名木川~隅田川。


もしかしたら、水戸黄門も苦労して越え、安藤広重が浮世絵に描き、しかも、明治「新道」の開通が話題になっていた「明鐘岬」に引かれて、房総一周旅行を思い立ったのかもしれない。
しかし、この漱石の房総一周旅行については、今後の課題としよう(漱石は、この時の紀行を「木屑録」という漢詩としてまとめている)。

つい最近、その房州をサイクリングしてきた。
今回は、南側から「明鐘岬」を抜けた。
例の恐ろしい国道のトンネルを通って。
実に味気ないものである。
いや、味気ないどころか、苦痛ですらあった。

この日のわれわれには、目的があった。
「明鐘岬」の突端に建つ「岬」(千葉県安房郡鋸南町元名)という喫茶店にいくこと。
前回、この店を訪れて、みんなでコーヒーを飲んだのは、去年の秋のことだった。

IMG_0143_20140917093432e50.jpg
(去年の秋の写真。外のベンチでゆっくりコーヒーを楽しんだ)

ところが最近、この喫茶店をモデルにした映画が海外で賞をを獲得したという。
吉永小百合が製作・主演をつとめた作品である。

poster2.jpg
(『ふしぎな岬の物語』のポスター)

映画は、本邦未公開にて、まだ当然見たことがないが、時代に乗り遅れがちなわれわれ老年自転車乗りは、たまには流行というもの接してみたいという一心で、外房安房鴨川から自転車で駆けつけたというわけである。

ところが行ってみると、以前は、知る人ぞ知るの寂しい岬の喫茶店だったのだが、クルマが一杯、人も一杯で、騒がしいことこの上なし。
コーヒーを飲む気も失せたが、まあ、岬からの景色だけは抜群である。

IMG_0228_20140917093436a93.jpg
(話題の喫茶店)

IMG_0225_20140917093434e46.jpg
(岬の風景)

そもそも、私がこの店のことを知ったのは偶然で、11年前の夏、国道127号線をクルマで走っていたときに、小さな看板を見かけて入ってみたのが最初である。
その後、ここを通る度に、その当時は、比較的頻繁に通っていた。
話題になるどころか、いったい、この砂利道の先に店があるだろうかという立地だったので、近所の人が数人来ているだけということが多かった。

それで、去年の秋、10年ぶりに、自転車でこの店を再訪したわけである。
ところが、店は、明らかに様子が変わっていたので、その点をママさんに尋ねると、数年前に火事になって全焼してしまい、再建したのだという。
いやぁ~、苦労したんだなとため息がでた。

帰宅して、PCに残っているかもしれない、昔の(店が焼ける前の)写真を探してみたら、数枚見つかったので、その一部を紹介しておこう。

AUT_0063.jpg
(11年前の写真。店。現在とは違って、ベランダのような場所はなかった)

AUT_0064.jpg
(11年前の写真)

AUT_0068.jpg
(11年前の写真・店内)

AUT_0066.jpg
(11年前の写真・店内で煙草を吸う私)

そして、次の写真も11年前にこの岬で撮影した写真に違いなかったが、前回訪れたときは、どこから撮った写真だか分からなかった。

AUT_0061.jpg
(11年前の写真)

しかし、今回行ってみて、あたりを散策していて分かったのである。
これである。

IMG_0229_2014091709343784c.jpg
(同所同アングルの現在の写真)

すぅ~と海に延びている鉄板のような物は、現在は錆び付いていて使われていないようだが、11年前は、船の桟橋として使われていたのである。

江戸期から現在までの明鐘岬の歴史を大急ぎで辿ってきたわけだが、図らずも、最後の11年間に関しては、自分の記憶を辿る「旅」にもなったようである。

しかしながら、房総往還の歴史は、こんなものではない。
今度も、さらに探索を続けていきたいと思う。

*今回の房州サイクリングについては、後日、別途書くことにします。

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(6)   Top↑

Comment
Posted by B
断腸さん、上記のすさまじい房総往還のHPには僕も偶然に遭遇し、明鐘から、富浦まで仕事を蔑にして読みふけっておりました。
偶然にも、裏道、裏道で探して来たルートがかなり旧道に沿っていたには嬉しい限りですが、半分埋もれたトンネル、線路で分断された道路等、地図上では分からないと言うか、多分、雰囲気が見えぬ
部分が相当あります。
やはり、踏破するべきなのでしょうが、件のHPから割り出し引いて見たルートからだと徒歩で一日の行程では無理のようです。
しかし、自転車ですと、『ま、いいか』とついつい端折ってしまいそうでそれもまた、生半可に終わってしまいそうで嫌ですね。
取りあえず、件の文章を元に、再現したルートを示します。 むろん走れない、歩けないルートも含みます。 これを叩き台にしてどう言う方向性で探検してみるか、お知恵の程をお示し願いたいと思います。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c1736b3a3f4258e9b2230d562cc9e5cb
2014.09.17 Wed 17:18 URL [ Edit ]
「内房を自転車でより安全にしかも楽しく走る面白いルート地図を作る」 Posted by 断腸亭
Bさんが引いてくれたルートを叩き台にしましょう。

「国道127号 旧道及び隧道群」の筆者も、自転車を使っていますが、こういう使い方がやはりよいのじゃないかと思います。

房総往還の古今は非常に複雑ですが、荒っぽく整理すると、明治道と昭和道と現国道になりますね。

われわれ自転車乗りとしては、「現国道のトンネルを回避する抜け道の開拓」という視点も盛り込んでみましょう。

つまりは、「内房を自転車でより安全にしかも楽しく走る面白いルート地図を作る」というのを目標にしてみたらいかがでしょうか。

2014.09.18 Thu 06:17 URL [ Edit ]
Posted by kincyan
断腸亭さん、おはようございます。これらの複雑な道の件は、Bさんと断腸亭さんにお任せしますが、ツアーには是非参加させてください。さゆりさんが気に入った喫茶店は、これだけ話題になれば、暫くは近づかないほうが無難でしょう。数年後に人気が下火になったら訪問しましょう。(映画の方は、あまり期待しておりません...^^、そのうちテレビで流れるでしょう。)

それより、興味を引いたのは11年前のお写真。まだまだ髭が黒くて濃く、とても不敵で精悍な感じです。どちらかと言えばラテン系のノリですね。いまは髭が白くなったせいか,丸い感じをうけますが、本質は11年前の写真なのでしょう。良い写真ですね。
2014.09.19 Fri 05:39 URL [ Edit ]
好々爺 Posted by 断腸亭
均ちゃん

東北からお帰りなさい。

私も、映画の方は、あまり期待しておりません。
見る前から、何だか、ツボが割れているような気がして・・・。

北総の里山や、房州の野山や海岸線を走るにつけ、いかに千葉県がサイクリングに適した土地であるかを再認識させられます。
いや、時に感動すら覚えます。

甲信越や奥州もいいでのですが、やはり、房総こそが、自分の帰るべき土地であると思います。
われわれは、幸せです。

若い頃は、喧嘩っぱやくて、随分苦労しました(相手も自分も)。
今では、ほとんどまったく喧嘩をしなくなりましたが。
この写真の頃は、その最後の時期ぐらいでしょうか。
顔つきが違いますね。

まあ、年齢相応の好々爺になるのが一番良いことだと今では思っております。
2014.09.19 Fri 15:28 URL [ Edit ]
荷風と自転車 Posted by 通りがかり
荷風はミシガン州カラマズー・カレッジでフランス文学を専攻していた頃、自転車で頻繁に数十キロ単位の移動(散策+運動)をしていたことが「西遊日誌抄」に出ていますね。
ニューヨークでは横浜正金銀行とメトロポリタン・オペラの間はもっぱら徒歩(駆け足)だったようですが・・・。
晩年の住処だった市川市の京成八幡駅近くの狭い道は、現在、余りの(マナーの悪い)大量の自転車によって「北京通り」と呼ばれています。
2015.02.03 Tue 01:02 URL [ Edit ]
気になるところ Posted by 断腸亭
通りがかりさん

ご返事、遅くなってすみませんでした。

荷風は、ミシガンではよく自転車に乗っていたんですね。
でも、どうして、日本では乗らなかったのでしょうか。
そこが気になります。

貴重な情報、ありがとうございました。
2015.02.07 Sat 05:21 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。