日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.10.07 Mon
歯無しの話~フロントギア交換
歯を磨くのは苦手だが、なぜか歯車(ギア)は好きだ。
自転車の部品の中でも、ギア類が一番好きかもしれない・・・。

ギアの歯は、英語でもtooth(複数形はteeth)というが、というより、toothの翻訳語であるが、そもそも、日本語の「歯」の語源は、何なんだろう。
学術的には「不明」のようだが、やはり、「歯」と「葉」は、同根の言葉のような気がする(もしかして、「刃」や「羽」もそうかもしれない)。
いずれも、ギザギザした形状において、似ている。
「食(は)む(=噛んで食べる)」という言葉も、実は、「歯」から派生したという説もある。

また、「橋」「端」「箸」なども、一番端っこを表す言葉として同源であることが知られている(橋は、陸地の端っこの意)。
さらに、「花」「鼻」「端(はな)」も、突き出ているところということで、これらも同源だろう。
これらは、いずれも、「は」音で始まる単語である。

だとすれば、「はし」の「は」も、「はな」の「は」も、やはり、突き出てとんがっている先という意味ではなかろうか。
たとえば、「山の端(やまのは)」は、山の「稜線」という意味であるうように・・・。

さてと。
歯を磨くのは苦手だが、冬の夜など、炬燵の上に新聞紙を敷いて、映画『赤穂浪士』などを見ながら、ばらしたスプロケ(後輪ギア)を磨くのは、この上なく楽しいのものである。

自転車を始めた頃は、ギア類を枕元に置いて寝るようなことすらあった。

ところが、最近、私の通勤用の自転車のギアに大変なことが起こっていることが判明したので、そのことを書いておこう。

この10日ばかり、雨の日の自転車通勤が重なった。
そんなある日、雨だれが頬を伝っていくのに堪えながら、新宿の交差点で信号待ちをしていた。
新宿陸橋前の交差点は、青になったが早いか、1秒でも早く出走しないと、陸橋を安全に渡り切れないので、いつも心が急く場所である。
だから、右の信号機の右折青が赤に変わると同時に、見切り発車して、立ち漕ぎで俄かに速度を上げて、陸橋に突入するのが慣わしになっている。
ところが、その日、ペダルを踏み込んで発進しようとしたら、ズルズルとチェーンが滑って、前につんのめりそうになった。
慌てて、左足を着いて、再度踏み込んだら、やっと発進することができた。

いったい、どうしたんだろう?

チェーンがギア上で滑るような現象は、稀にあることである。
だが、大抵の場合、フロントギアを変速する際にアウターとインナーのギアの間を、一瞬チェーンが泳いでしまうという現象である。
ただ、発進時には、考えにくい。

そこで、雨のかからない所で、フロント周りを見てみたが、別に異常は見つからなかったし、その後、低速でフロントの変速をしてみたが、何の問題もなく良好に作動した。

再度走り始めて、御茶ノ水近くの靖国通りの交差点で、新宿と同様のトラブルが起こった。
はて、どうしたことか?
雨の影響だろうか?
でも水がかかっただけで、こんな現象が起こるとは考えにくい。
そうか、もしかして、チェーンが伸びたのであろうか。
そろそろチェーンを交換しなくてはならないかもなと思いながら、その日は、そのまま帰宅。

翌日も、何回か、同じ現象が起こった。
それも、発進時と、坂道でペダルを強く踏み込む際にだけその現象は起こって、普通に走っている分には何の問題もなかった。
やはり、チェーンが伸びているんだろう。
そう決め込んでいた。

その後数日も、帰りが遅くて、なかなかチェーンを交換する機会がなかったが、だんだんチェーン滑りが頻発化して、ついには、普通に走行している時にさえたまに起こるようになった。
何回も自転車を降りては、前後のギア周りを点検したり、後輪のクイックの締まり具合を調べたりしてみたが、原因は分からなかった。
とにかく、立ち漕ぎをしたり、強く踏み込まないようにしながら、恐る恐る運転していた。

ところが、ある時、たまたまインナー34tで発進しようとして、いつもの癖で強く踏み込んで立ち漕ぎ体勢に入ってしまって、あっいけねえっ!と咄嗟に思ったのだが、何とチェーン滑りの現象は起こらなかったのである。
あれ~、偶然かなあと思って、何回か試してみたが、34tの場合は、まったく問題が起こらなかったのである。
なるほど、となると、犯人は、アウターギア(50t)そのものに違いないと思って、今度は、アウターギアをつぶさに見てみて、やっと原因が判明したのであった。

原因は、チェーンではなく、アウターギアの歯であった。
つまりは、信じられないぐらいギアの歯がすり減って、ある一定以上のトルクをかけると、チェーンが歯を噛みこむことができずに、空回りしていたのであった。

だが、その後も、ギアを交換する暇がなくて、ずっと34t縛りで、雨の中を通勤していたのだが、やっと本日(日曜日)、アウターギアを交換することができた。

まず、押し入れから補修用のアウターギアを「発掘」する。

PCD110ミリの50tギアは、数枚の在庫があった。

IMG_0103_20131006232334db2.jpg
(在庫のギアたち。これ以外に、46tが3枚見つかった)

同種のギア板(旧ティアグラ)の在庫があったので、すり減ったものとよく比較してみるために、先ずは、古いのを外してみよう。

IMG_0099_201310062323497ff.jpg
(まず、アウターギアを取り外す)

アウターギアのみの交換なら、クランクを車体に取り付けたままで可能であるし、その方がやり易くもある。
5本のボルトを六角レンチで緩めるわけだが、非常な高トルクで締められているので、短いレンチの場合は、ゴムハンマーなどでレンチの柄を叩かないと緩まない。
だが、精確にレンチを入れて、しかも、精確に叩かないと、ネジ山をなめてしまうので、本当は、長いレンチでやる方が良い。
また、フロント周りをいじる時は、怪我をしやすいので、手首まで覆う長袖の服をきて、手袋をはめてかかろう。
アウターギアは、大変な凶器であると心得るべし。

さて、そうして取り外したギアをご覧あれ。

IMG_0101_20131006232350860.jpg
(取り外したギア・旧ティアグラ)

実に頼りないぐらいに、ギアがすり減ってしまっている。
ここまで減るものなのかとちょっと驚くと同時に、ここまで放置していた自分に呆れ果てる。

そして、次は、新品のギアを見ていただきたい。

IMG_0102_20131006232347803.jpg
(新品のギア・旧ティアグラ)

惚れ惚れするぐらいギアの歯が鋭角的に立っている。
凛々しい感じすらして、頬ずりしたいぐらい。
でも、本当に頬ずりすれば、顔は血だらけになるだろう。

新旧のギアを並べて撮影した写真もご参考までに。

IMG_0100_20131006232350d00.jpg
(言うまでもなく、左が新で、右が旧)

スプロケは大抵鉄製だからそんなに極端に減るものではないが、フロントギアは大抵アルミなので、やはり減り易いのは道理である(チェーンは、もちろん、鉄製)。
因みに、ソラからデュラまで、アウターギアは全部アルミ製。
インナーギアは、ソラだけが鉄製。

さっそく新しいギアに交換する。
交換した新しいギアは、現105のものにした。
既にやや使用した形跡があったからである。
因みに、旧ティアグラと新旧105のアウター(及びインナー)は、重量は同じなので、たぶん、材質も同じであろう(46ティアグラは、使ったことがないので不明)。
しかも、完全に互換性がある(ただし、旧ティアグラと旧105の右クランクは、完全互換ではなく、やや工夫が必要)。

さっそく、試走に水元公園へ出かける。
最初は、インナーからアウターへうまく入らなかった。

これまですり減って低くなった歯に合わせて調整されていたのに、新しいギア板は、歯の高さがあるからである。
FDの外側の調整ボルトを2分の1左に回したところで、ドンピシャに変速できるようになった。

IMG_0105_20131006233022fd2.jpg
(新105のギアに交換)

ペダルを思い切り踏み込んでもチェーンが空回りしないというのは、当たり前のことながら、大変に気持ちの良いものである。

IMG_0106_20131006233020191.jpg
(通勤その他に大活躍のACクロス。フォークは事故で壊して交換

それにしても、今回お陀仏となったアウターギア、どのぐらい使ったのだろうか。
確か、当初はACロード(別の自転車)に付いていたものだったか。
詳しく過去のブログを読み返せば、分かるかもしれないが、今は、面倒くさい。

ただ、この自転車に取りつけてからは、ざっと2年半ぐらいになるのではないか。
通勤用なので、走行距離は、推測しやすい。
私が通勤で走る距離は、大体、月に800キロ(週200キロ)。
つまりは、年間約1万キロになる。
2年半前から取り付けた部品で、その前も、しばらく他の自転車で使っていたはずなので、推定3万キロぐらいではなかろうか。

自転車乗りの皆さんも、フロントギアの減り具合などには、あまり注意が向かないかもしれないが、2万キロを過ぎたあたりから、たまに観察されてみてはいかがだろうか。

こうして、私は、晴れ晴れとした気持ちで、市川や松戸の下総台地を走り回ったのであった。

IMG_0098_201310070015146ec.jpg
(矢切の「野菊の墓・文学碑」より江戸川河川敷を望む)

本日の走行距離:50キロ(ACクロス)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
自転車    Comment(24)   Top↑

Comment
使いきってますねー Posted by ワンチャン
断腸亭さん、こんばんは!

久しぶりの更新ですね!お待ちしておりました(笑)

ギアを枕元に置いて寝るなんて、宝物扱いですね~
いつも眺めていたいという思いが伝わってきますが、
ここまで使ってもらえるとギアも嬉しいでしょう!

でも、ここまで減ったギヤは見たことがないです(爆)
スプロケも減ってませんか?

2013.10.07 Mon 00:43 URL [ Edit ]
Posted by kincyan
これに関しては、恐れ入りましたというしかありません。フロントアウターがこんなに減るものなんですね。さすが毎日通勤に使っておられるだけのことはあります。つくづく自転車などは、摩耗する部品の集合体なのだと再認識。
2013.10.07 Mon 04:24 URL [ Edit ]
IWA Posted by
アウターの歯が減るなんて考えもしませんでした。驚きました。さらに通勤で年間1万km走られているというのも驚きました。すごいです。2万km超えたら要注意とのことですが2万km走るのが目標です。1台めのロードがやっと1万km超えたところです。
2013.10.07 Mon 05:02 URL [ Edit ]
Posted by テガ
ここまで擦り減ると鈍器ですね。

踏み込むと滑る感触は想像しただけでも気持ちが悪い。
これで快適な通勤がまた始まりますね。
雨だけはご勘弁と思いますが・・・

お気をつけて。
2013.10.07 Mon 05:56 URL [ Edit ]
Posted by B
いやいや お見事!
実に気持ちが良い。
ここまで使われてアウターギア君もまさに天命。
寿命を使い切るとはなんとも爽快なものですね。

3万キロと言えば、車だったら当たりも取れて一番調子の出る距離。
が、しかしその間に幾度も定期点検はあるのですが。
が、しかし、自転車の場合はどうなんだろう。
点検のためのチェックリスト等あるのだろうか。

過日のギブさんのステム破損などは直接命に係るもの。

どこに落とし穴があるか分かりません。
やはり走り込んだら随所に至るまで、綺麗きれいに掃除をして上げる事なのでしょうか。

いやいや、すごい物を拝見いたしました。
2013.10.07 Mon 06:54 URL [ Edit ]
スプロケは大丈夫でした Posted by 断腸亭
ワンチャンさん

牛久大仏サイクリングの際は、途中、お見送り、ありがとうございました。
可愛らしい小径車に乗っておられましたね。

ギアは、刃物と違って、磨いてもあまり意味はありませんが、ギアの構造が良く分かって面白いです。

スプロケも点検してみましたが、大丈夫なようです。
物によってはちょっと億劫ですが、スプロケは、ばらせますので、痛んだギアだけを交換できますね。

それにしても、今回の出来事にはびっくりしました。
2013.10.07 Mon 08:35 URL [ Edit ]
消耗部品の備蓄 Posted by 断腸亭
kinchanさん

八ヶ岳グランフォンド、お疲れ様でした。
新たなチャレンジを続けるkinchanには、いつも脱帽です。

ロードの部品は、軽量化のため、以前より耐久性が落ちていますね。
アルミのギア板にしても、20年ぐらい前のものに比べると華奢な造りのものが多いです。
また、変速性能を重視すると、どうしても、歯が薄くて繊細なものにならざるを得ないとは思うのですが。

シマノも、ロード系の鉄製のアウターギア(8~10速兼用)を1枚出してほしいものです。
鉄製のフロントギアは、とても重いので、誰が使うのかという問題はありますが・・・。

消費増税の前に、最低限の消耗部品は、揃えておきたいものです。
2013.10.07 Mon 08:44 URL [ Edit ]
チェーンの掃除 Posted by 断腸亭
IWAさん

通勤の場合、天候を選べないので、ギアの摩耗に関しては、雨中走行の影響は、少しはあるかもしれません。

子供の頃、ベーゴマの形状を加工する際、水を使って研磨すると、鉄独楽も比較的容易に削れました。

考えてみれば、フロントギアに関しては、鉄(チェーン)でアルミ(ギア)を、絶えずやすりで研磨しているようなものですから、水や細かい砂利の影響は否めません。

やはり、チェーンの掃除も重要かもしれません。
2013.10.07 Mon 08:50 URL [ Edit ]
フロントの複速の重要性 Posted by 断腸亭
テガさん

そうなんです。
チェーンが滑る。
実に気味の悪い感覚でした。

でも、フロントが複速であることは、実にありがたいことで、今回のケースや、FDやRDのワイヤーが切れたときでも、フロントが2枚以上あれば、どうにか走ることができます。

フロントの複速は、危機管理的にも重要なファクターかもしれないと思った次第。
2013.10.07 Mon 08:56 URL [ Edit ]
眼をかけて、手をかけて・・・ Posted by 断腸亭
Bさん

確かに、フロントギアの摩耗は、想定外でした。
ブレーキシューやワイヤー類やタイヤ周りは、誰でも注意を払うのですが・・・。

今回、思い至ったのは、ホイールのリムです。
ブレーキシューと絶えず「喧嘩」をしているリムは、いずれは薄くなって、テンションが保てずに崩壊することもありうるということ。
まあ、そこまでホイール自体が持てばという話ですが。

いずれにせよ、自転車の部品は、すべて摩耗しますから、おっしゃるように、掃除をしてやれば、それに気付くと言うことだと思います。

眼をかけて、手をかけてやらなければならないようです。
2013.10.07 Mon 09:03 URL [ Edit ]
Posted by nob
どうもです
ios702にしてから、英語の大文字がなぜだがうてなくなっちぃましたの、小文字で失礼します。

ヘェ〜、こんなに減るのですね。 噂では聞いていましたが、半分ぐらいになっちうのですね。 滑るはずですね。

僕のスコットくんも15000ぐらいでしょうか? しかも、ほとんどアウターを使っていますので……
確認して見ねば
2013.10.07 Mon 09:08 URL [ Edit ]
Posted by テガ
なるほど、インナー鉄ですか。

フロント複枚がエマージェンシーも兼ねると考えると我々のようなツーリング主体のライダーにはSORAが一番優れている気もしますね。

シマノはてっぺんと最下位が一番丈夫というラインでしょうか。

2013.10.07 Mon 10:46 URL [ Edit ]
通販の「ちゃりんこ王国」 Posted by 断腸亭
NOBさん

ギアの摩耗は、一朝一夕になるものではないので、たまに点検するのが良いと思います。
ただ、ほんの少しずつの摩耗なので、見た目には気づきにくいというのが難点ですね。

一枚、新品のギアを用意しておいて、たまに、傍らに置いて比較すると気づきやすいと思います。
私のような状態になる前に交換すべきかと思います。
ギアが摩耗すると、どうしても、チェーンと歯との間に隙間ができて、そこに、パワーロスが生じますから。

ギア板一枚から購入しやすいのは、通販の「ちゃりんこ王国」で、私は、よく利用してます。
http://www.chari-o.com/

それはともかく、NOBさんと飲みたいなあ~。
2013.10.07 Mon 11:27 URL [ Edit ]
客は、「市場」ではない! Posted by 断腸亭
テガさん

ロードのRDはトップノーマルで、FDはローノーマルです。
ですから、どちらかのワイヤーが途中で切れても、何とかなるわけで、これは、よく考えられている機構だと思います。

また、長旅の場合、自転車の部品に互換性があるというのも、一つの緊急避難にはなりますね。

ことほど左様に、自転車は、長い歴史の中で互換性や緊急避難的なアイディアが詰まっていたのですが、最近の部品企画の改悪によって、それも、失われつつあります。

昔のように、お爺ちゃんが乗っていた自転車を修復して乗るということができにくい事態になりつつあります。

それは、儲け中心主義的な自転車業界、というか、はっきり言って「シマノ」のようなトップ企業の責任で、自転車の誇るべき部品の互換性と継続性を破壊するような製品を開発しようとしていることにあると思います。

ユーザーのわれわれは、だから、シマノの「新製品」のまやかしに翻弄されることなく、自転車の「本道」から外れないような姿勢が必要かと考えます。

たとえば、11速仕様などは、どう考えても、一般ユーザーとは関係のない世界で、あんなに高価で伸びやすいチェーンや摩耗しやすいギアを買って喜ぶようではいけないということです。

レース機材と同じものを買って喜んでいるようでは、シマノの思惑通り。
しかも、広い意味での自転車世界は、これでは、小さくなるばかり・・・。

34t鉄。
これは、端っこに残されたシマノの良心なのか、販売戦略なのか。
お客さんを「市場」と捉えた瞬間、企業の魅力は枯死していまうと思います。
2013.10.07 Mon 11:45 URL [ Edit ]
Posted by エンツォR
断腸亭さん、こんばんは!
話がシマノの企業姿勢にまで及んで読み応え充分ですね。
しかし、本当に良く使い込まれました。
最近自分もそうですが、まだ使えるものを途中廃棄してしまうことが多いです。
充分使い切る、再利用するなど3Rの重要性を改めて感じました。
そうしないと我々ジイサンも使い捨ての対象になっちまいますからね。
良いものを長く使うということは素晴らしいことです。
















2013.10.07 Mon 23:42 URL [ Edit ]
怠慢でした Posted by 断腸亭
エンツォさん

書き込み、ありがとうございます。

今回の場合は、意図的に「使い込んだ」のはなく、明らかに私の怠慢から出たミスです。

もし、旅先で、こういう事態になったら、それこそ大変ですね。
ずっと34tで走り続けなければならないことになります。

そう言えば、フロント周りの音がうるさいなあと、数ヶ月前から気づいてはいました。
そのあたりが前兆だったのだと思います。

アルミのアウターギアの限界は、もしかしたら、1万5千キロぐらいなのかもしれません。
もちろん、もっと使えはしますが、パフォーマンスは確実に落ちているのではないかと思います。

やはり、気持ちの良い整備状態で走りたいですからね。
2013.10.08 Tue 07:12 URL [ Edit ]
変速プーリー Posted by emo
チェーンリングの歯が減ると、リアメカの変速/テンションプーリーみたいですね。巨大なリアメカ作ってみたくなります。


シマノの最近の互換性の無さは仕方が無い部分もあると思っています。新しいものを開発するのはメーカーとしての性ですし、それを同じ枠に収めようとするとどうしても無理が生じて、どうしても変更せざるを得ない点が出てくる・・・。

ただ、それが全てになってしまって古いものをバッサリ切り落としてしまうことに問題があると思います。
フレームなんて、特に鉄は大切に乗っていれば何十年経っても現役です。パイプが折れたとしても修理が利きます。
それに使えるパーツ、とくに消耗品が手に入らなくなっていくのはとても残念です。多少割高でも、納期が掛かっても入手可能であるなら安心して乗っていられるんですがね。

ただ、個人的には互換性の無さを工夫してなんとかすることも楽しみのひとつであることも事実です。メーカーや自転車店に「勝った!」と思える瞬間でもあります。

しかし色々弄るにはメーカー側からの情報が少なすぎます。先日シマノの新しいハブを購入したのですが、事前に寸法を知ることが出来ませんでした。それどころか物が届いてもどこにも記載されていませんでした。ハブ穴のPCDやフランジ位置が分からないと、スポークの長さが決められないんですよね。バラで売ってて誰でも買えるんだから、これは手落ちとしか思えない。
電話で聞けばいいのかもしれませんが、受付は10:00~12:00、13:00~17:00の平日のみ。メールでは受け付けていない。貧乏サラリーマンは会社を休まなければ質問できない。こんなのカスタマーサポートとは言えないでしょう。

駄文、失礼しました。
2013.10.08 Tue 12:25 URL [ Edit ]
メーカーの義務 Posted by 断腸亭
emoさん

投稿に気づくのが遅くなってしまいました。

おっしゃること、まったく同感です。

たとえば、ブレーキの引き量を変えるのは、製造会社としては「自由」なのですが、これまでの規格製品もちゃんと作り続けなければならないと思います(必ずしも全グレードで展開する必要はなし)。

これは、これまで製品を販売してきたメーカーの「義務」だと思うのですが・・・。

参考になるかどうかわかりませんが、以下のページがシマノ製品の詳細を、比較的よくフォローしています。
http://productinfo.shimano.com/specifications.html

タチアナ号、早く見てみたいなあ・・・。
2013.10.10 Thu 04:34 URL [ Edit ]
怠慢もここまでくれば・・・・苦笑 Posted by たすけ
それほど走っていない私ですが、チェーンリング写真拝見して...あ、やっぱり私のクロスと同じだと^^;
でも、不思議な事に私のアウターギアは均等にすり減ってなくて、ところどころ欠けたように低くなっています。
やはりいかにクルクル漕いでない非効率的なペダリングであるかバレバレですね。

チェーンが滑るというのも日常的で、ますますクロスに乗らなくなって、大仏ポタの後はパンクしたまま
ほったかしで、あれだけ嬉しかった新車購入の喜びも忘れて、自転車乗りとして恥ずかしい限りです。

もう、前後ホイール&ギア関連、全部新しくしようと思いつつも、それより輪行用に新しい小径車買おうかな?
などと、優柔不断&怠慢の極みの私です。とにかく自転車が泣いていますよね(猛省)
2013.10.10 Thu 22:21 URL [ Edit ]
ロードを一台新調すべし Posted by 断腸亭
たすけさん

先日、牛久大仏ポタの際に、たすけさんのクロスバイクの状態を拝見しました。
実によく乗り込んだ自転車ですね。

で、少なくとも、以下の処置をしなければならないと思いました。

・変速系とブレーキ系のワイヤー交換。
・フロントギアの交換。
・前後ホイール(とタイヤ)の交換。

また、今の自転車を素晴らしい走りにするためには、さらに・・・、

・フォークの交換。
・クランクセットの交換。
・RDの交換。

なども必要かと思います。

ただ、たすけさんのクロスは、大枚な費用をかけて大幅な交換や改造をするよりも、一応、乗れるような状態にするに留めておいて、やはり、この際、ロードを一台新調するのが結局は得のような気がします。

例えば、このあたり。
http://www.rinya-bun.com/gios/413fenice.html
http://www.rinya-bun.com/basso/road/07viper.html

小径車よりも、先ずはフルサイズのロードの方が良いのではないかと思います。

われわれぐらいの年齢になると、究極の一台のような自転車を作りたくなるものですが、結局、そんなものはあるわけはありません。

乗って走れればいいのです。

クロスの最低限の改造については、自転車を預けてもらえば、私がやってもかまいませんよ。
遠慮なく、申しつけて下さい。
2013.10.12 Sat 07:20 URL [ Edit ]
Posted by すずらん
断腸亭さん 初めまして、こんばんは。
と、申しましてもたまにblogは拝見させていただいており、次の更新をされたらコメントさせていただくつもりでお待ちしておりました。

語源の話は興味深く拝読させていただきました。

最近はパートにも出て滅多にはしていませんが、永年フリーの司会者をしています。端、橋、箸などは、関西人なのでイントネーションには気をつけてるつもりでも、どうしても関西なまりになります(>_<)
まあ関西拠点なんで、それも売りなんですけどね(笑)

ところで先日のBさん企画の『大人の遠足』は楽しまれたようで、何よりです。

雨降りませんでしたでしょう?(笑)

また たまに覗かせていただきますね。
これからもお気をつけて自転車生活楽しんで下さいね(*^o^*)
長々と失礼いたしました。

2013.10.22 Tue 22:40 URL [ Edit ]
ありがとうございました Posted by 断腸亭
すずらんさん

コメント、ありがとうございます。
しばらく気づかずに、ご返信が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。

私は、関東で育ったので、関東弁のアクセントしか知りません。
「橋」と「端」は、関東では同じ発音ですが、「箸」は違います。
関西ではどうなんでしょう。

日本語は、縄文語と弥生語(=古代朝鮮語)がシンクロして成立した言語だと思っています。
弥生語のアクセントは、たぶん、西日本のそれに近いものだったのではないかと思います。
関東以北のアクセント(東北弁など)は、縄文語を引きづっているのではないかと想像してます。
いずれにせよ、文字がなかったので、証拠はありませんが・・・。

東下の際は、是非、ご一報ください。
kincyanやBさんと歓迎会を催したく。

今後とも、よろしくお願いします。
2013.10.26 Sat 08:04 URL [ Edit ]
実験 しましたよ♪ Posted by すずらん
断腸亭さん こんばんは~ 寒くなりましたね(>_<)
私の10/27~28の記事で実験しましたので…
また結果をご覧いただければ嬉しいです(*^o^*)

2013.10.30 Wed 22:42 URL [ Edit ]
さっそく拝見します Posted by 断腸亭
すずらんさん

ありがとうございます。
さっそく拝見します。
2013.11.05 Tue 07:37 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。