日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.03.25 Mon
東都桜廻り~江戸城趾大手門・不忍池・谷中墓地・隅田川・向島百花園・水元公園夜桜~根津「鷹匠」
3月22日(金)東都桜廻り~江戸城趾大手門・不忍池・谷中墓地・隅田川・向島百花園・水元公園夜桜~根津「鷹匠」。

駿河台の職場にて、正午に業務終了。
腹が減ったので、どこぞで昼飯でもと思ったが、昼休み時間帯のお茶の水界隈の店はどこも大混雑なので、気が向かない。

微睡(まどろ)みを誘(いざな)うような、とても気持ちの良い春の日。
帰りがてら、別の街で食べることにしようと思って自転車(ACクロス)に跨る。

そうだ。
今年は、例年になく、桜の開花が早くて、このままだとろくに桜を見ずに終わってしまうので、今日こそ、花見をしておこうと心づく。

駿河台から近い桜の名所と言えば、先ず思いつくのが千鳥ヶ淵と靖国神社であるが、このあたりは何となく行きたくない。

とりあえず、明大通りを下って江戸城趾内堀の大手門に出てみた。
江戸城趾内堀の東側には、ほとんど桜の樹がないのだが、大手門前に慎ましげに咲く小ぶりの桜の樹が美しかった。

IMG_1188.jpg
(江戸城趾大手門の桜)

大手門を眺めていると、内堀に一羽の白鳥が。
これには驚いた。

IMG_1191_20130323050536.jpg
(何と内堀に白鳥が!)

さて、どうしよう。
まあ、上野に出て、昼飯でも食うか・・・。

外濠通りを北上して、昌平橋通りで上野公園。
人出の多さにびっくり。
たまに行く広小路の「餃子の王将」に寄ってみるが、これが長蛇の列。

諦めて、先に不忍池の桜を観賞。
やはり、桜の花は水辺が美しい。
いつもなら、池の周りを自転車で走ってから上野の山に登るのだが、今日は人が多くて走行不能。
自転車を停めて、池端を歩く。

IMG_1193.jpg
(不忍池の桜)

上野山は恐ろしく人が多いようなので、上がらないことにして、動物園通りを上がって谷中を目指す。
空腹はもう限界に近いので、谷中銀座で弁当でも買って(谷中界隈は、安くて美味しい弁当屋が多数あるのだ)、谷中墓地で桜を見ながら食べようという腹づもり。

ところが、根津の路地を走らせていると、実に個性的な店構えの蕎麦屋が目に入ったので、慌ててブレーキを引く。

IMG_1199.jpg
(個性的な店構えの蕎麦屋)

この店、思い出した。
鷹匠」である。
7~8年ぐらい前だったか、やはり根津界隈を散歩しているときに出くわして、入ってみたいと思ったのだが、当時は、確か午前中のみの営業で、結局その後も入店する機会が訪れなかった。

ついに好機、到来せり!
さっそく私は、路地から店に至る、趣のあるアプローチに自転車を停めて入店。
入ってみると、予想よりも広々とした店内。
平日の昼時にもかかわらず、既に、酒杯を傾けている人びともいた。

IMG_1195.jpg
(広々として、ケレンミのない清楚な店内)

初回にて、本道たる「もりそば」を注文。
出てきた蕎麦は、実に美しい。
美味しい蕎麦は、麺に独特の輝きがあるものなので、食べる前から、こいつはすこぶる上等だということがすぐに分かるのである。

IMG_1197.jpg
(見目も麗しい蕎麦。「からみ」付)

ここの蕎麦屋は、私がこれまでの人生で食べた中で5本の指に入る美味しさである(あとの4店は、忘れたが)。
あま~い蕎麦の香りがする。
無農薬栽培じゃないと、この香りは出せないのではないか。
もちろん、この店で出される蕎麦茶も、蕎麦湯も、恍惚たる香(かぐわ)しさであった。

IMG_1201.jpg
(朝の7時半から開店しているので、通勤途中に寄って朝飯として、この美味しい蕎麦を食すこともできる。自転車は、入口通路に置くべし)

大変に美味しい蕎麦に満足して、私は再び自転車に跨る。
「谷中銀座」に寄って、メンチカツを購入。
それをば、谷中墓地の桜を見ながら食べることにする。

IMG_1203.jpg
(谷中墓地の桜)

IMG_1202.jpg
(谷中銀座で買ったメンチカツ。ここのメンチカツは、評判ほどウマイわけではないが、なぜか、つい買ってしまう)

さて、日暮里経由で千住に出てと考えるが、せっかくなので、隅田川の桜も見に行こう。

言問通りを走って、隅田川筋へ。

案の定、墨田堤も大変な人出で、自転車で走るのは無理なので、降りて押しながらそぞろ歩く。
江戸時代以来の桜の名所だけあって、やはり、隅田川堤の桜並木は圧巻である。

IMG_1204.jpg
(墨田堤の桜・言問橋より)

IMG_1205.jpg
(墨田堤の桜・桜橋より)

IMG_1211.jpg
(墨田堤の桜)

IMG_1209_20130326085248.jpg
(墨田堤の桜)

IMG_1212_20130326085255.jpg
(墨田堤の桜)

IMG_1207.jpg
(墨田堤の桜・桜橋より。欄干には、「ちゃんと」都鳥が・・・)

堤のベンチに座って、缶コーヒーを啜る。
時々、南からのそよ風にが桜の花びらが散る。

まさしく・・・、

久方の 光のどけき 春の日に
しずこころなく 花の散るらむ

という風情である。

墨田堤から向島を抜けて、「向島百花園」にも行ってみることにした。
向島百花園は、梅の名所だが、桜の樹も多少あるはずだ。

IMG_1218_20130326152449.jpg
(いつの季節も美しい向島百花園)

IMG_1213.jpg
(向島百花園の桜)

IMG_1217.jpg
(向島百花園の桜。やはり、水があると桜花は映える)

IMG_1219_20130326152512.jpg
(向島百花園の桜)

島百花園の風景と桜を楽しみながら一服。

こうして、私は家路に着いた。
途中、焼き鶏や総菜類を買って帰宅。

〆は、水元公園で夜桜を楽しむつもりだったからである。

呑ちゃんの帰宅を待って、夜の水元公園桜土手に出かける。
土手の桜並木の下に陣取って、ビールで乾杯!

IMG_1222_20130326152520.jpg
(夜桜用の飲食物)

IMG_1232.jpg
(水元公園の夜桜)

暖かな南風が頬を撫でる。
われわれは、「よしないことや拗言(すねごと)」(中原中也)を語り合いながら、桜の樹の下で、夜更けまで酒を酌み交わしたのであった。

・この日の水元公園夜桜については、呑ちゃんブログもご参照。
http://marichandengana.blog80.fc2.com/blog-entry-598.html

走行距離:46キロ(ACクロス)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
小さな旅(自転車)    Comment(8)   Top↑

Comment
Posted by kincyan
これが、先週金曜日の夜桜見物の前段だったのですね。混んでいる場所を避けたのは、大正解でしたね。まさに、しずこころなく、花のちるらむ、という句があってます。蕎麦も、予期せぬ良い店にはいられましたね。
2013.03.26 Tue 18:19 URL [ Edit ]
う~む Posted by やまびこ
春爛漫の空の下、都鳥もちゃんと「いざこと問わん」と止まっているし、鷹匠のお蕎麦も美味しそうだし、夜桜の下で語り合うも浪漫の香りがするし、麗しきかな人生!ですね♪
2013.03.26 Tue 19:43 URL [ Edit ]
「しずごころ」 Posted by 断腸亭
kincyanさん

桜の時期は短いので、どうしても、「しずごころ」が維持できませんね・・・。

根津の蕎麦屋「鷹匠」は、心からお薦めです。
ツツジの頃にでも、根津神社とひっかけて、一緒に行ってみませんか。
2013.03.27 Wed 07:21 URL [ Edit ]
Posted by 断腸亭
やまびこさん

春になると、暖かくなって、花が咲いて、心まで麗らかな気持ちになりますね。

でも、多忙な新年度が迫っていることを思い出すと、いささか鼻白む思いです。

デルタの花見、今年はできそうにありませんが、是非、菖蒲の頃には!
2013.03.27 Wed 07:25 URL [ Edit ]
自転車通勤ならではですね Posted by ワンチャン
断腸亭さん、こんばんは!

お昼に仕事が終わって、そのまま花見ポタっていいですねぇ
土手やCRにはだいたい桜が植わっているでしょうから、どのルートを使ってもお花見ですね。

逆にどのルートにしようか迷ってしまいそうです。
最後に夜桜というのもいいですね。

「夜明けまで」かと思ったら「夜更けまで」でした(笑)
2013.03.28 Thu 00:04 URL [ Edit ]
自転車通勤の楽しみ Posted by 断腸亭
ワンちゃんさん

自転車通勤が楽しいのは、帰路ですね。
往路は、やはり、どこかで仕事のことを考えているので、楽しむ余裕がありません。

でも、通常の勤務では、帰りは夜の時間帯になってしまうので、日が長くなるこれからの時期が最高でしょうか。

私の通勤ルートは、墨東と台東という江戸時代の中心地を通るので、大変に恵まれていると思います。

趣のある地域を自転車で走るのは、実に爽快なことです。
2013.03.28 Thu 10:40 URL [ Edit ]
Posted by テガ
桜の樹は花が咲いて「あっ、あそこにもあったんだ!」が運河道を走って判りました。なにか健気で...

根津ツアーは今から手を挙げます!
何でしたら徒歩でお酒をちょっと呑む、というのも。
2013.03.31 Sun 07:41 URL [ Edit ]
「ここにいるから、忘れないでね」 Posted by 断腸亭
テガさん

その通りですね。
花を付ける樹は、花が咲いてはじめて、その存在に気づくことが多いです。
まるで、「ここにいるから、忘れないでね」と主張しているようです。

花の命は短くて・・・などと言われますが、樹木の場合、毎年咲くわけですから、それを思うと、ちょっと羨ましい気分になります。

今年度は、忙しい役職をやらされることになり、大がかりなサイクリングの企画が難しくなってしまいましたが、根津ツアーぐらいならできますよ。
ツツジの頃にできたらいいなあ・・・。
2013.04.01 Mon 03:43 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。