日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.01.21 Mon
ZULLOのロードバイク鑑賞サイクリング
1月20日(日)kincyanのZULLO鑑賞サイクリング

輪友のkincyanさん(行徳)が、半年ほど前にフルオーダーしておいた、イタリアの自転車工房ZULLO(ズッロ)のロードバイクが、先日ようやく納車された。
それを記念して、ZULLOを愛でつつ、ついでにサイクリングもしようという企画を、急遽、FBでの呼びかけで知った10名ほどの自転車仲間が馳せ参じた。

私はFUNAKUBOで、呑ちゃんは、もちろん、パンプキン号(VIVALO)。

ZULLOは、イタリア広しと言えども、一からフレームを作っている唯一の工房と聞く。
ただ、日本では実車が少なくて、私も見るのは今回が初めて。

IMG_0440_20130121073909.jpg
(右側面より)

IMG_0441.jpg
(後方より)

第一印象は、非常に頑丈な造りだなあというもの。
持ち主のkincyanさんご自身は、「貴婦人」と称しておられるが、私の印象では、むしろ、精悍な貴公子といったところか。
それも、社交や色恋沙汰にに明け暮れる軟弱な青年ではなく、戦となればいざ鎌倉と馬に乗って武者と化す、冷静沈着な壮年貴公子である。

仕様は、クロモリ・スレッドで、シマノSTI。
駆動制動系はすべてシマノデュラエース(10速の7900)。
ホイールは、両輪とも、32本手組。
ペダルなしで9キロを切るぐらいであろうか。
TONICAというモデル。

トニカ
(ZULLOのTONICA。スタンダードなクロモリフレーム)

ZULLOのHPによると、マイストロのティツィアーノ・ズッロは、1953年、ヴェローナ近傍の小村に生まれ、10代にして、ロードレースやシクロクロスの選手として活躍。
その後、1970年代にフレーム工房を始め、現在に至る。
鉄フレームが中心だが、アルミやカーボン素材も手がける・・・。

因みに、この日、この鑑賞・走行会に集いし面々の6割程度がクロモリ車。
数年前には考えられなかったことで、私も、通勤途上で遭遇する自転車のクロモリ率は年々増していると思われる。

クロモリが良いかどうかは、その人の好悪に属するものだが、クロモリ車の方が、自転車の「原点」に触れる要素が多いことは間違いないことで、昨今の自転車ブームの中で、ある種の原点意識を刺激することは、それ自体大変に好ましいことだと私は考えている。

案の定、集まった面々は、まるでアイドルの写真撮影会のように、垂涎たるZULLOの実車に釘付けになる。

DSC_0007.jpg
ZULLOに垂涎)

IMG_0439_20130121073856.jpg
(ZULLOと、その奥の呑ちゃんのパンプキン号

さて、何だかんだで、こうして、集合場所の水元公園・噴水広場で、賑々しくも楽しい自転車談議の末、やっと出発の段と相成った。

一行は、ZULLOに跨ったkincyanさんの先導で、水元公園桜道→江戸川CR右岸→行徳橋より左岸(常夜灯)→葛西臨海公園へ。

IMG_0442_20130121071716.jpg
(江戸時代、江戸川を航行する舟の灯台の役目を果たした行徳の常夜灯)

IMG_0444.jpg
(久々の葛西臨海公園)

葛西臨海公園では、別の自転車集団が、自転車談議だけではなく、その場で自転車の改造などを行っていた。

IMG_0443_20130121090100.jpg
(葛西臨海公園では、別の自転車集団と交流)

海辺で大休止の後、荒川河口橋を登って、記念撮影。

IMG_0449_20130121073846.jpg
(ZULLOを囲んで記念撮影・絶景地点たる荒川河口橋上にて)

時間が押してきたので、荒川河口橋からは、「新長島川親水公園」→「親水四季の道」で江戸川CR右岸へ。
そうそう、この途中の交差点で、私は久々の「立ちゴケ」をやらかす。
立ちゴケは 忘れた頃に やって来る・・・。

江戸川沿いでは、テガさん(我孫子)に教えてもらった「足湯」に浸かって身体を暖める(これ、お勧めです。江戸川区の焼却場内。高い煙突が目印)

DSC_0009.jpg
江戸川区の「足湯」でほんわか・・・)

ところが、いわゆる「カミソリ堤防」が終了しての行徳橋以北の江戸川土手は、ものすごい逆風。
ために、土手下の羊腸の路を走る。
その後、「旧佐倉街道」→柴又街道→金町駅で「ハンナリ」。

ほとんど飢餓状態の一行は、「ハンナリ」(葛飾区水元)で暖かい食事にありつくことができて、がつがつと食べる。

IMG_0450_20130121090335.jpg
(飢えをしのがんと懸命に補給する一行)

こうして、この日のサイクリングは終了。

真冬の川筋は、トレーニング目的の場合は例外だが、それが最短距離で追い風でない限りは、走るべきではないという「鉄則」を思い出した帰路であった。

IMG_0446_20130121073256.jpg
(左:呑ちゃんのパンプキン号と、右:私のFUNAKUBO

この記事に、お名前を挙げてない皆さんも含めて、楽しい時間をありがとうございました。

より詳細なこの日の記事は、以下URLもご参照のこと。

・kincyanさん(行徳)
http://blog.livedoor.jp/liveokubo/archives/52057580.html#comments
・dadashinさん(柏)
http://sasa06.blog92.fc2.com/blog-entry-705.html
・呑ちゃん(葛飾区)
http://marichandengana.blog80.fc2.com/blog-entry-575.html
・水元公園で見送ってくれたシャオさん(松戸)
http://blog.livedoor.jp/xiaoxiong/archives/7692054.html

走行距離:53キロ(FUNAKUBOロード)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
小さな旅(自転車)    Comment(21)   Top↑

Comment
Posted by テガ
お疲れ様でした。
後半は爆風でしたね。これも思い出になります。

ZULLOは予想外に逞しく、これなら生涯の伴侶たると羨ましくなりました。

さて、蚊帳の外だった私はじっくり考えてみます。
スポルティーフも想定圏内です。
2013.01.21 Mon 16:11 URL [ Edit ]
重量 Posted by kincyan
お疲れ様でした。なかなかしんどい風でしたね。
快い疲れで、お酒いらずで寝ることができました。

安田さんが重量を測り忘れたというので、本日
体重計で測ったら8.7kgでした。多分私のアルミ
ジャイアントTCR以下ですね。
2013.01.21 Mon 21:58 URL [ Edit ]
Posted by NOB
どうもです
ニアミスでしたね(笑)
それにしても、kincyanさんはよいバイクを手に入れられたみたいで羨ましいですね(笑)
2013.01.21 Mon 22:47 URL [ Edit ]
スポルティフ Posted by 断腸亭
テガさん

テガさんが教えてくれた足湯処、今後、われわれ自転車仲間の「名所」になりそうですね・・・。
感謝。

テガさんの場合、カンパを一揃え持っておられるので、良いクロモリのフレームセットを購入して、乗せ替えれば、素晴らしくカッコイイ自転車が出来上がると思います。

スポルティフ。
完成車なら、たぶん、これが一押しですね。
http://www.rinya-bun.com/raleigh/a01exs.html

ただし、スポルティフの場合、泥除けを着けるためのタボもなければなりませんし、ブレーキアーチもロングアーチ(57ミリ)になるので、手持ちのアーチが利用できないですね。

たとえば、VIVALOにフルオーダーフレームを注文して、イーストリバーでカンパの部品の乗せ替えを依頼すればいいかも。
2013.01.22 Tue 05:29 URL [ Edit ]
TCRとの重量差 Posted by 断腸亭
kincyanさん

日曜日は、楽しい一日を用意してくれて、ありがとうございました。

自転車というのは、こういうものです!というような直球勝負の逸品だと思いました。
本当に良い自転車を購入されたものです。

TCRとの重量差は、たぶん、デュラと105の差もあると思いますが、ただ、ホイールは、TCRの方が軽量でしょうから、よっぽどズッロのクロモリは軽量だということになります。
2013.01.22 Tue 05:43 URL [ Edit ]
ニアミス Posted by 断腸亭
NOBさん

日曜のブログを拝見。
http://nobnojitensyablog.blog.so-net.ne.jp/2013-01-20

103さんたちが水元公園にいらっしゃることは知りませんでした。
時間が合えば、お会いしたかったです。

それにしても、日曜は、チーム東葛のメンバーが、ざっと20人ほど「ハンナリ」を訪れたことになりますね。
2013.01.22 Tue 05:58 URL [ Edit ]
Posted by IWA
ZULLOは美しいですね。やはり日本には無い発色です。何十枚もZULLOの写真を撮っていたdadasinさんも印象的でした。また葛西臨海公園で自転車暦50年の大先輩の話をきけたのも貴重でした。自転車は本当に楽しいですね。「自力で風を感じることができる!」 最高です。またポタよろしくお願いします。
2013.01.22 Tue 10:27 URL [ Edit ]
Posted by テガ
断腸さん

ARAYAはスポルティフに熱心ですね。
NITTOファンなのでこれには参った!悩みが増えた^^
で、これはどうでしょう?
http://www.raleigh.jp/catalog_data/2013/21-22.htm

あの足湯処、夏もいいんですよ。
夕方ビール呑んでひっくり返っていたのは遠い夏の思い出^^; みなさんがご存じなかったのが意外でした。

IWAさん
>「自力で風を感じることができる!」
とは言っても、さすがにあの日の風はキツイし寒かった。
帰路北小金免許センターの田んぼ道は進まなかったもの(笑)
2013.01.22 Tue 14:08 URL [ Edit ]
鉄にぞっこん・・・ Posted by 断腸亭
IWAさん

おっしゃる通り、dadashinさんの写真は素晴らしいですね。
http://sasa06.blog92.fc2.com/blog-entry-705.html

私は20世紀生まれですので、やはり、鉄素材が好きです。
でも、20世紀中にその使用が急発展したアルミも好きです。
フレームは鉄、それ以外はアルミという組み合わせに惹かれます。
また、自転車の歴史は、鉄の歴史でもありますね。
考古趣味の私は、鉄にぞっこん・・・。

自転車は、風や傾斜に敏感な乗り物です。
地形を這うように「探査」するような感覚が好きです。

一生あっても、自転車の楽しさを味わい尽くすことはできないほどだと思っています。

2013.01.22 Tue 19:18 URL [ Edit ]
いずれ劣らず・・・ Posted by 断腸亭
テガさん

いずれ劣らず、素晴らしい自転車だと思います。

一番大きな違いは、ブレーキですね。
アラヤはキャリパーで、ラレーはカンチ(たぶん、効きが悪いと思います)。
レバーは、ラレーのが古風(アウターをテープに巻き込まないタイプ)ですね。

クランクセット(及びBB)は、アラヤのがはるか数段上(シマノの上位機種と互換)で、このあたりが価格の差になっているかと。
どうしてシマノのクランクセットにしないかと言えば、それは経費の問題ではなく、デザイン上の要請であるに違いありません。

また、アラヤのパイプは、カイセイ022(国産)で、旅行車には最適で、乗り味も柔らかいと思います。

価格の差は大きいですが、私だったら、思い切って、アラヤを買うかな。

ただ、いずれもWレバー。
Wレバーは、軽量に仕上がるし、外観もシンプルなのですが、使い勝手の点では、STIに完全に軍配が上がります。

もちろん、後からSTIに変更することは可能ですが・・・。

こういうことを考えていると、私も、一台、スポルティフが欲しくなってしまいます・・・。
2013.01.22 Tue 19:24 URL [ Edit ]
Posted by テガ
断腸さん

勉強になります。
スペックをじっくり拝見しましたらARAYAですねぇ。
NITTOとSUGINOがツボに入りました。

気が早いのでWEBの世田谷の店に聞いてみましたところいろいろあるみたいで2013モデルは扱わないようです。
ちょっとズルっと。

店主は気に入りましたので一度訪ねてみたいと思います。
2013.01.22 Tue 21:27 URL [ Edit ]
アラヤのスポルティフ Posted by 断腸亭
テガさん

私のVIVALOは、カイセイ019を使ってます。
アラヤのスポルティフは、カイセイ022。
019のが軽量だが固い。
022のが重量だが柔らかくて頑丈。
ですから、022は、伝統的にランドナー系(旅行車系)で好まれるパイプのようです。

ラレーは、確かにお買い得ですが、見えないところの部品を見ると、ハブもリムも、アラヤの方が良いものを使用していますね。
ただ、このラレーにしても、製作しているのはアラヤなので、グレード違いの同社製と考えてもいいぐらいです。

10.8キロとは、いかにも重いように見えますが、仮に泥除けと前の荷物乗せを外して、サドルを通常のものに交換し、しかも、タイヤを23cにすれば、9キロ前半台になってしまうので、クロモリ車としては、むしろ軽量であると言えます。

とにかく、「国産」の香りがプンプン漂う雅(みやび)な自転車ですね。

世田谷の「輪屋BUN」(価格破壊と言って良いぐらい安い)。
実は、私の杉並の職場の近くなんです。
一度、行ってみましたが、休みだったので、是非、私も行きたいと思います。
良かったら、一緒に行きませんか?
ついでに、イーストリバーに寄るのもいいですね。
日程は、テガさんに合わせますよ。
2013.01.23 Wed 04:39 URL [ Edit ]
Posted by 相子
自転車は分かりませんが、参加の皆さまの熱気が凄いな~と思います。
20日に沼南道の駅に行きましたら、大勢の自転車愛好家でしょうか、ヘルメットや服装、身につけている品々。同じ様な男性のグループが何組も。
ここにも!凄~い!と娘に「ほらスタンドが無いでしょ」とチョッと知ったかぶりをしました。
様子を見ますと皆さん楽しそうでしたよ。
2013.01.23 Wed 06:43 URL [ Edit ]
おつかれさまでした。 Posted by dadashin
帰路はやはり大変な向い風でしかも昼処も遠くて皆さん大変だったようですね。おつかれさまでした。ズッロとともに呑さんの色鮮やかなパンプキン号も拝見で来てクロモリ車好きな私はとても楽しいひと時でした。パーツの取りまとめがさすが断腸亭さん!というバイクでしたね。テガさんが物欲を喚起されていらっしゃいますね(笑)ラレーもアラヤもいずれもいいスポルティフと思います。私もマッドガード付の快走車にすっと憧れています。
2013.01.23 Wed 07:52 URL [ Edit ]
Posted by テガ
断腸さん

実は行くと決めちゃいそうで怖いのです(笑)
置き場所ないのが致命的、と自分を納得させます。があの大将は電話でも充分面白い人と判りました。
アラヤ関連でも相当面白い話が聞けそうです。

善は急げ。今週日曜日はどうですか?お天気なら。

2013.01.23 Wed 10:14 URL [ Edit ]
Posted by IWA
「輪屋BUN」のホームページをみました。本当に価格破壊ですね。場所を確認したところ通勤経路にあるではありませんか。さっそく帰りに寄ってみます。また購入してしまうかもしれません。。。
2013.01.23 Wed 12:03 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.01.23 Wed 12:29 [ Edit ]
たむろする自転車乗り Posted by 断腸亭
相子さん

沼南の道の駅も、いつも自転車乗りがたくさん集まってますね。
ほかの人たちにはどんな風に映っているだろうとちょっと心配でしたが、相子さんにそのような感想をもっていただいて、ちょっと安心しました。
それにしても、3年ぐらい前から較べても、自転車乗りは倍ぐらいに増えたように思います。
2013.01.23 Wed 16:02 URL [ Edit ]
原点回帰 Posted by 断腸亭
dadashinさん

カーボンバイクの流行りが落ち着いて、もっと物静かな自転車に目が向き始めたように思います。
カーボン的な自転車に飽きたというよりは、ある種の原点回帰の欲求かもしれません。
なにしろ、自転車は、クルマよりずっと長い歴史をもってますからね。
だが、その割には、100年ぐらい前の物とほとんど変わらない。
そこが面白いところだと思います。
2013.01.23 Wed 16:12 URL [ Edit ]
とにかく Posted by 断腸亭
テガさん

「輪屋」、とにかく覗いてきましょうか。
ついでに、都内サイクリングも楽しみましょう!
2013.01.23 Wed 16:14 URL [ Edit ]
内情視察 Posted by 断腸亭
IWAさん

貴重な情報、ありがとうございました。
アラヤ・ラレーは、この2年ぐらいの間に、急に完成車の世界に踊り出ましたね。
増産体制に追いつかないのかもしれません。
とにかく、日曜に、テガさんと内情視察に行ってみます。
2013.01.23 Wed 16:18 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。