日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.12.25 Tue
ママチャリ銚子行1(旅立ち)
12月25日(火)・旅立ち

曇り風無し

思い出してみれば、今日はクリスマス。
すっかり忘れていていた。
クリスマスの日に出発とは、縁起がよいのか悪いのか、欧米のしきたりにて知る由もなし。

しかし、今日はその前に、病院に行かなければならない。
出発の日に通院とは、縁起がよいのか悪いのか、これも、前例を聞いたことがないので知る由もなし。

御茶ノ水の日大病院までは、体力温存のため電車で行く。
朝なので満員電車。
すごくストレスを感じ、やはり、自転車でくればよかったとちょっと後悔。

病院は、連休明けにしては空いている。
予定通り、すぐに地下の検査室へ。
ぬるぬるの水飴状の液体を塗りながらの超音波検査。
その液体が冷やっこくて、新たにお腹に塗られる度に、くすぐったいような感じがして、身体をくねらせる(できれば、あらかじめ湯煎しておいてほしいと思います)。
検査が済んでしばらくすると、初診の時の医師が突然現れて(どうして私が来たことが分かったんだろうかと子供のような疑問を抱く)、血液検査の数値表を見ながら、「全然、問題ないですねぇ」と笑顔で言い渡してくれた。
「問題は、お酒ですね。これからも気を付けて下さい。もう、診察に来る必要はありません」ということだった。

病院を出ると、いつもの習慣で職場の方へ歩き出してしまう。
あっそうか、今日は、仕事はないんだった。
急に空腹を覚えて、馴染みの立ち食い蕎麦屋「小諸蕎麦」に駆け込む。
ここは、蕎麦が結構美味しくて、しかも、ネギが入れ放題なのでお気に入りの店。
いつもはたぬき蕎麦(290円)なのだが、今朝は朝食抜きだったので、奮発して、親子丼と蕎麦(温)のセット(530円)を注文。
ネギをどっさりとかき入れて、かなり、がつがつと食べる(まわりの目からは、そう見えたはずだ)。

昼過ぎに帰宅。
エネルギーを得るために、さらに、牛乳とチョコレートと柿の種などを食べて、13時ジャストに出発!
千住から「奥の細道」旅立つ際に芭蕉は、「前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻の巷(ちまた)に離別の涙をそゝぐ」と書いたが、こちとらたかだか三十里の旅だし、とにかく自転車の一漕ぎ一漕ぎが嬉しくて嬉しくて、舞い上がるように江戸川土手に登り、葛飾橋を渡り、松戸に滑り降る。

松戸まではいつも来る道に過ぎないが、ここからが新たな道。
6号から464号に右折し、アップダウンの多い464号を東進。
国分川にぶつかって左折し、川筋を遡る。
071225_1329~01

しかし、閑散とした田んぼの中の川筋の道は、これといった目印がないので、いったいどこから八柱霊園方面への道を右折していいのやら分からず、しばらく道に迷うが、何とか「さくら通り」に行き着く。
071225_1357~01

ここから、できるだけ、464号を避けながら抜け道を通り、鎌ヶ谷消防署の所で再び464号に出る。

ここからしばらくのほぼ一直線に走る464号は、かなり迫力がある。
まるで高速道路のように、4車線が北総線を挟んで左右二本通っているのだ。
しかも、その2本の464号には、それぞれ「途中までは」、比較的立派な歩道が付いていて、自転車も走りやすい。
464

快適に飛ばし、15時20分に「千葉ニュータウン駅」に到着。
たった30キロ余りだし、何よりも、平日の昼下がりで車の交通量が少なかったので、あっという間である。

駅前で多少の買い物をした後で、しゃれちゃん宅を訪ねる。
Qさんは、まだ帰宅していなかったが、しゃれちゃんがビールやら山芋の千切りなどを出してくれる。
たいして走ってもいないのに、何だか一段ついたような気分になって、しゃれちゃんと昔話などしながらビールを飲んでいると、Qさんがスーツ姿で帰宅。

いつものQさんらしく、二台もある冷蔵庫から手品のように、様々な食材を取り出したり、どこからともなく現れた千葉の銘酒などがテーブルに並び、再び、乾杯!
Qさん

メインは、白子と牡蠣の鍋と、三色焼き肉(私が勝手に命名。牛+豚+鶏肉を三種類の肉を鉄板で焼きながら食べる)。
美味しくて楽しい食卓を囲んで話も弾み、かなりたくさん飲む。

一応、Qさんにも、明日のルートについて相談。
車移動が基本のQさんは、さすがに道には詳しいが、私のように土地勘がない者にはすぐにはマスターできないルートもあることが分かる。
道の道は、なかなか深い。

なんだかんだで楽しい夜を過ごした後で、早めに就寝。
やや興奮していたが、寝床に入るなり、寸刻で寝入ってしまった。

----------------------
12月25日の走行距離:34キロ(金町駅往復+水元から印西のしゃれちゃん宅)
今月の積算走行距離:525キロ
11月以降の積算走行距離:992キロ
----------------------
----------------------
朝食:(午前中診察があるため)健康茶のみ(家)
昼食:親子丼と蕎麦のセット(「小諸蕎麦」神保町)
夕食:白子と牡蠣の鍋+三色焼き肉(牛+豚+鶏)など(しゃれちゃん宅)
----------------------

   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/77-b8159e92

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。