日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.03.17 Sat
「砂町銀座」再訪~水路の旅
駿河台まで行く用事があったので、ついでにちょっと大回りして、「砂町銀座」を中心とする江東区内を走ってみた(ACクロス)。

いつもの通勤路で青戸・立石・四つ木を抜けて荒川に出る。

IMG_0210_20120317043338.jpg
(荒川土手・「東四ツ木避難橋」の所。業平橋の新電波塔も見える)

荒川と綾瀬川を仕切るこの中土手からの風景はなかなかよい。

IMG_0209_20120317044649.jpg
(左が綾瀬川、右が荒川。遠景に葛飾名物?「ハープ橋」が見える。ハープ橋のちょっと先の「上平井水門」で、綾瀬川と中川が合流する)

「木根川橋」を渡って隅田川の堤を南下(およそ90年前にこの橋の袂で起こった事件については、過去の記事をご参照)。

大島小松川公園」で土手を上がって、「旧中川」(墨田区)を下る。
この旧中川というのは、荒川(放水路)が大正昭和期に開削されるまでは、葛飾区内を流れる中川とつながっていた一本の川で、江戸期には、重要な舟運流通路であった。

ついでながら、この「旧中川」という名称に一言。
たぶん、「旧」としたのは、近年に開削された「新中川」(「中川放水路」・葛飾区高砂から分流)に対しての「旧」という意味合いだろうが、墨田区と江東区を流れる中川は、その流路も含めて、昔も今も「中川」に変わりはないので、「旧」を冠するのはすこぶるおかしいと思う。

さらについでに言えば、行徳あたりから分流する江戸川の呼び名もおかしい。
「旧江戸川」こそが、本来の江戸川なのに、新たに開削された方を「江戸川」と称している。
「旧江戸川」→「江戸川」とし、新たに開削された方は、「江戸川放水路」(ないしは「新」江戸川)とすべきである。

さらについでながら、現在「荒川」と称している川も、本来の荒川とはまったく別の川なので、「荒川放水路」(ないしは「新荒川」)とすべきではないか・・・。
近年における、この種の地名等(東上線「業平橋駅」を「東京スカイツリー駅」に改変するなど)の改称によって、その歴史性が剥奪されることはきわめて憂慮すべき問題だと思う。

さて、本筋に戻ろう。
この旧中川筋には、ここがかつては要衝の地であったことを示す「中川船番所資料館」がある。

IMG_0253_20120317074045.jpg
(番所風な東屋。旧中川土手)

江戸期には、ちょうどこのあたりに、一種の「番所」(舟運の関所)があったのである。

IMG_0252_20120317105009.jpg
(「中川船番所資料館」)

今回は時間がなかったので、去年の4月に入館したときに撮影した写真を一枚ご覧いただくに留める。

IMG_0126 (11)
(江戸期の「番所」の原寸復元。「中川船番所資料館」の展示)

中川番所
(江戸期に描かれた「中川番所」)

江戸期の舟が通ったのと同じように、私は中川から小名木川に入り、少しだけ小名木川を遡って、「仙台堀川公園」に左折する(小名木川筋の車道は、自転車では大変に走りにくいことを書き添えておこう)。

IMG_0223_20120317115017.jpg
(江戸期の水路を公園化した「仙台堀川公園」)

前回は、自転車を置く場所に困ったので、今日は、「砂町銀座」の真ん中あたりにある「砂町文化センター」に南方から狙いすますように直行した。

IMG_0245_20120317115200.jpg
(「砂町文化センター」)

「砂町銀座」の通りには、特にスタンドの付いていない自転車を止めるのは困難を極めるので、このセンター内に駐輪することをお勧めしたい(公衆便所と喫煙所あり。但し、ゴミ箱は無し)。

IMG_0244_20120317115604.jpg
(「砂町文化センター」の梅の樹)

自転車を置いて清々した気分の私は、さっそく徒歩で「砂町銀座」に繰り出すことにする。
今日は平日なので空いているかと思いきや、さにあらず。
魚勝」という魚屋の特売セールがあったらしく、長蛇の列が道を塞いでいた。

IMG_0228_20120317120319.jpg
(「魚勝」の特売セールに並ぶ買い物客)

IMG_0229_20120317120729.jpg
(魚の数より多いのではないかと思えるほどの「魚勝」のお客さん)

しかし、私は魚屋には目もくれず、先日も行った「銀座ホール」を目指す。
店に入るなり、女将さんが「あらっ、今日はお一人ですか?」。
どうも、もう顔を覚えられてしまったようだ。
何の特徴のない私の顔を、たった一回で覚えるとは大したもんだ。

IMG_0231_20120317122158.jpg
(「あらっ、今日はお一人ですか?」と店の女将さん)

今日は、是非とも、麺類を試してみたかった。
麺類といっても、この店は、蕎麦もうどんもラーメンもあるので困ってしまうのだが、先ずは、普通の「ラーメン」を注文してみることにした。

IMG_0235_20120317122445.jpg
(ラーメン。500円)

う~ん、いかにも昔ながらの醤油ラーメンである。
硬めのチャーシューとシナチク。
お麩が入っているのが変わっている。

そしてこれが大変にウマイ!
すっきりした醤油味で、縮れた細麺もしこしこである。
いじりすぎた最近のラーメンに飽きた舌には、むしろ、斬新なぐらいである。
たぶん、ラーメン類は、他のメニューも美味しいにちがいないと確信する。

IMG_0234_20120317122955.jpg
(店内に貼ってあった昔の写真)

お腹が満たされた私は、銀ブラを始める。
そして、前回目星をつけておいた焼鳥屋で、お土産用に12串ほど購入(ほとんどが1本75円)。

IMG_0242_20120317132728.jpg
(焼き鳥の焼き売り店。私の前に並ぶ作業服の男性は、何と150本も買っていた。職場で宴会をやるらしい)

お土産用に買ったものの、我慢しきれずに、「砂町文化センター」敷地内の公園のベンチで、手羽先焼き1本を囓る。

さて、そろそろと立ち上がって、文化センターの前に近づいてみると、館内2階に「石田波郷記念館」が開設されていることが分かったので、ちょっとだけ覗いていくことにする。

IMG_0236_20120317133802.jpg
(「石田波郷記念館」)

1913(大正2)年、伊予松山(正岡子規と同郷)に生まれた石田波郷は、上京して、明治大学文芸学科に入学(後中退)。
俳句文学活動に専念する中、1946年以降、江東区(北砂町1-805)に転居。
焼け跡を「焦土諷詠」として、多くの俳句を作る。

IMG_0237_20120317141511.jpg
(石田波郷「はこべらや 焦土の色の 雀ども」)

IMG_0241_20120317141819.jpg
(「百方の 焼けて年逝く 小名木川」)

IMG_0240_20120317164505.jpg
(昔の写真と俳句のコラージュ)

「砂町銀座」にいらしたら、是非とも、この「石田波郷記念館」にも立ち寄られるとよいと思う。

さて、だんだん時間がなくなってきたので、自転車に跨って、「砂町文化センター」を後にする。
再度、「仙台堀川公園」に戻って、途中で「横十間川親水公園」で右折北上する。

IMG_0211_20120317165518.jpg
(「仙台堀川公園」から「横十間川親水公園」に曲がるあたり)

500メートルほど北上すると、「横十間川親水公園」は小名木川と交差するのだが、その場所にクローバー橋という十字橋が架かっていて、絶えず自転車が行き来している。

IMG_0250_20120317170311.jpg
(面白い形をしたクローバー橋

私はここで南に引き返して、「岩井橋」(清洲橋通り)で川筋から上がって、「東京大空襲・戦災資料センター」の場所も確認しておくことにした。

IMG_0246_20120317170827.jpg
(「東京大空襲・戦災資料センター」)

IMG_0248_20120317170921.jpg
(「東京大空襲・戦災資料センター」前のオブジェ)

IMG_0249_20120318215600.jpg
(4月8日まで「東方社写真部が記録したアメリカ軍の無差別爆撃」展を開催中)

今回は、入館する時間がなかったが、館内の展示等に関しては、以前に訪れた際に書いた記事をご参照のこと。

こうして私は、再び、「仙台堀川公園」を西進して、駿河台に向かったのであった。

追伸;20日の「砂町銀座~水路の旅」サイクリングの経路図(案)です。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=18dd0d72b67229e826e4644ed65736f7
ご笑覧下さい。

走行距離:61キロ(ACクロス+ルイガノクロス)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
小さな旅(自転車)    Comment(20)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by RossoBianchi
中川船番所資料館の学芸員の方が出演された「ブラタモリ」は非常に面白かったので続編楽しみにしてます。

http://www.nhk.or.jp/buratamori/broadcast/vol014.html
2012.03.17 Sat 10:23 URL [ Edit ]
水路を自転車で走る楽しさ Posted by 断腸亭
RossoBianchiさん

「ブラタモリ」は、私の大好きな番組の一つですが、なかなかあの時間まで起きてられなくて、偶然、再放送を見られることがあるだけです。
教えていただいたURLを拝見するに、見逃したことが悔やまれます。
番組説明であったとおり、明治期までは、特に墨田・江東区では、川や水路が「物流大動脈」であったことは明らかだと思います。
そうした水路やその跡を自転車で走るといろんな発見があって楽しいですよ。
2012.03.17 Sat 17:23 URL [ Edit ]
Posted by NOB
断腸亭さん
どうもです~!
ところで、ハンナリサイクリング参加表明していたのですが、
千葉の田舎方面のツアーが同日にあり、今回はそちらに行こうと思います。
すみませんが、ハンナリサイクリング部は次回以降の出場とさせて下さい。
すんませんですm(_ _)m
2012.03.17 Sat 17:54 URL [ Edit ]
私も(T_T) Posted by たすけ
残念ながら20日は、仕事&家庭内の所用で参加できないことが決定的となってしまいました(T_T)
是非、このご企画がパート2・3と続くことをご期待しております(願)
2012.03.18 Sun 00:16 URL [ Edit ]
房総風土記の丘 Posted by 断腸亭
NOBさん

三郷にお住まいのNOBさんなら、ハンナリの企画にはいつでも参加しやすいでしょうから、是非とも「房総風土記の丘」の方にいらして下さい。
私も何度か行ったことがありますが、「房総風土記の丘」は千葉県の中でも屈指の見所で、古代史好きにはたまらない魅力を持っています。
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-450.html
2012.03.18 Sun 04:48 URL [ Edit ]
「江東」にはまってます Posted by 断腸亭
たすけさん

お忙しそうですね。
また、徹夜ですか。
本当は、木場方面まで含めたルートだと走り甲斐があるので、次もやりますよ。
とにかく、今、「江東」にはまってます。
「墨東」とは違った魅力がある地域です。
2012.03.18 Sun 04:52 URL [ Edit ]
Posted by NOB
どうもです~!
すんません。 わがまま申し上げてしまってm(_ _)m
2012.03.18 Sun 07:51 URL [ Edit ]
南砂町とか木場とか・・ Posted by あき
下町ぶらり、いいですね~。
実は、木場公園の近くに今勤めている会社のオフィスがあり、上京して3年ぐらいは木場に毎日通っていたのですよ~、だから、懐かしいです。
今でも、門仲に事務センターがあるので、たまに打ち合わせで行く時とかは、夕方少し寄り道して帰ったりしています(笑)
あの江東区辺りの雰囲気は、大好きなんですよ~
2012.03.18 Sun 10:57 URL [ Edit ]
ノープロブレム Posted by 断腸亭
NOBさん

まったくもって、ノープロブレムです。
次の機会に是非どうぞ!
2012.03.18 Sun 22:11 URL [ Edit ]
木場 Posted by 断腸亭
あきさん

木場は、ジャズの伸さんが詳しいですよ。
若い頃、お住まいでしたから。

次は、墨東・江東の水路を巡る本格的なサイクリングを企画するつもりです。
季節もだんだんよくなって、自転車で走るのが一層楽しみになってきました。
2012.03.18 Sun 22:15 URL [ Edit ]
Posted by ずん太man
 こんばんわ。

今回の江東区ブラリレポート、興味深く拝見しました。

砂町銀座、いいですね。

私も2~3回訪れた事がありますが、『銀座ホール』は未開の地です。

素朴な醤油ラーメンは是非、食したいところです。


あの辺は『和船友の会』なるボランティア団体が横十間川で和船の無料乗船を実施して申し入れれば櫓漕ぎ体験できます。

以前、私も櫓漕ぎを体験させてもらいましたが、何とも言えない爽快な気分でしたよ。
2012.03.18 Sun 23:01 URL [ Edit ]
和船友の会 Posted by 断腸亭
ずん太manさん

さすが、地元のずん太manさん。
和船友の会の活動、大変興味深く拝見しました。
http://www.city.koto.lg.jp/seikatsu/douro/7476/7477.html
素晴らしい活動ですね。
是非、近々体験してみたいと思います。

明日(20日)は、10人ぐらいの自転車仲間で「銀座ホール」を訪れます。
よろしかったら、そこで合流しませんか。
2012.03.19 Mon 05:38 URL [ Edit ]
楽しみ Posted by kincyan
きのう、小雨の中視察にいってきました。雨にもかかわらず人が沢山いました。
あのゴチャゴチャ感は素敵ですね。明日が楽しみです。
2012.03.19 Mon 05:58 URL [ Edit ]
買い物カゴ Posted by 断腸亭
kincyanさん

さっそくの視察、ご苦労様です。
実に、フットワークがいいですねえ。

砂町銀座に行くと、昔ながらの買い物カゴがいかに便利なものかを思い知らされます。
商店街の小売店で買い物するには、買い物カゴですねえ。
逆に、スーパーで買い物をするようになってから、買い物カゴが廃れたことがよく分かります。
2012.03.19 Mon 06:57 URL [ Edit ]
Posted by ずん太man
 早速のお誘い有り難うございます。
大変嬉しくまた恐縮です。

是非、合流してお会いしたいところなんですが
昨日より軽度のギックリ腰になってしまった様で、歩行は出来るもののヨチヨチ感は否めません。

私も火曜日は1人でポタリングをする予定でいたので丁度良いタイミングでしたが残念です。

次の機会でお会い出来ることを楽しみにしています。

(本日は仕事も休みにしました。自宅から晴天を怨めしそうに見上げています)
2012.03.19 Mon 10:13 URL [ Edit ]
Posted by RossoBianchi
お誘いありがとうございます。
今夜ちょっと深そうな宴があって早起きに自信がないのですが、どこからかJOINさせていただければと思っております。らしき集団を見つけたら声かけさせていただきます。
2012.03.19 Mon 12:48 URL [ Edit ]
パート2に期待して! Posted by bunaibu
明日は仕事で参加出来なく残念な思いでいます。
次回は是非参加したいと思っておりますので、宜しくお願いします。
2012.03.19 Mon 23:40 URL [ Edit ]
お大事に Posted by 断腸亭
ずん太manさん

ぎっくり腰とはついてないですね。
私もやったことがあります。
それも、自転車旅行中の最後の日。
稲妻に打たれたかのような激痛が腰を走りました。
歩くこともままならず、でも、自転車で、残りの35キロを走って帰宅。
1週間は、ほとんど寝たきりでした。
医者に行ったら、筋力不足が原因と言われ、ショック。
しばらくは、自転車持ち上げ体操をして鍛えました。
お大事になさって下さい。
2012.03.20 Tue 03:23 URL [ Edit ]
がっつり飲んで、ぐっすり休んで下さい Posted by 断腸亭
RossoBianchiさん

がっつり飲んで、ぐっすり休んで下さい。

「砂町文化センター」に自転車を止めることになっています。
水元公園→青戸・立石・四つ木→木根川橋→荒川サイクリングロード→小名木川→「仙台堀川公園」→「旧大石家住宅」(トイレ休憩)→「砂町文化センター」→砂町銀座(昼食・買い出し)→「東京大空襲・戦災資料センター」→「中川船番所資料館」→帰路(往路とほぼ同じ)→立石路地探訪→水元公園。
・・・という旅程で、砂町銀座界隈には、11~13時ぐらいまでうろうろしていると思います。

PS.RossoBianchiさんのブログURL、いつも探しまくってしまうので、リンクさせていただきました。
2012.03.20 Tue 03:29 URL [ Edit ]
25日には・・・ Posted by 断腸亭
bunaibuさん

それは残念。
でも、25日にはお会いできますね。
天気がよければいいのですが・・・。
2012.03.20 Tue 03:31 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/730-e50ccc08

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。