日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.03.14 Wed
「砂町銀座」サイクリング~江東デルタに咲いた昭和の華
まだまだ寒い局面もあるとはいえ、だいぶ春めいてきたのは確かなようで、麗らかな春の日差しが照りつけるサイクリングロードなどを走っていると、うっとりとして微睡(まどろ)みたくなってくる。

さて、先日は、前から気になっていた「砂町銀座」に行ってきた(FUNAKUBOロード)。

砂町(現・江東区)は、戦争中に私のお袋が住んでいた街だが、そもそもが東京の中でも一番の低地帯(江東デルタ地区)なので、ちょっと雨が降ると、床下まで浸水することが多かったと、お袋も述懐している。

東京の低湿地
(東京・低地帯等高図。江東区あたりが一番の低地である)

その後、米軍(を主体とする連合軍)による帝都空爆が激しくなったので、お袋の一家は銚子に疎開することになったのだが、下町を狙い撃ちした、1945年3月の米軍の大空襲によって、ご多分に漏れず、砂町界隈も、ぺんぺん草も生えないような焼け野原になってしまったのである。
もし銚子に疎開しなければ、お袋も、この私も、存在しなかったことであろう。
砂町(現・北砂)にある「東京大空襲・戦災資料センター」は、その惨事の「記憶」を後世に伝えるべく有志によって設立された施設で、砂町を訪れる人は、必ず足を運んでもらいたいと心から願う次第である(ご参照:2年前の記事「東京大空襲の記憶~焦土と化した下町」)。

さて、話しを戻そう。
水元公園から出発し、久しぶりに江戸川サイクリングロードを南下して、葛西臨海公園で休憩。

IMG_0148_20120314092056.jpg
(途中のポニー広場では、巨大な道産子と遭遇してびっくり。江戸川河川敷にて)

葛西臨海公園に来るのは久しぶり。
海辺育ちの私は、海を見ると、それだけで元気になるような・・・。

IMG_0151_20120314092309.jpg
(久しぶりの葛西臨海公園。菜の花畑が満開だった)

IMG_0152_20120314092534.jpg
(daiさんのレイダック[右]と私のFUNAKUBO)

「荒川河口橋」を渡ってしばし絶景を楽しむ。

IMG_0153_20120314095154.jpg
(「荒川河口橋」からの絶景。自転車3台)

IMG_0155_20120314095438.jpg
(もう一枚。これから向かう江東区を一望)

江東区に渡ってからは、適当に幹線道路を走って、「仙台堀川公園」にとりつく。

IMG_0213_20120314151554.jpg
(「仙台堀川公園」。川筋に遊歩道がついている。自転車走行可)

IMG_0212_20120314151347.jpg
(「仙台堀川公園」と「横十間川親水公園」の絵地図)

途中、トイレ休憩がてら、仙台堀川沿いの「旧大石家住宅」に立ち寄る。

IMG_0166_20120314151857.jpg
(「旧大石家住宅」)

過去にも何回か訪れたことがあるが、今回は、地元のボランティアの方が懇切丁寧に説明して下さったので、殊更に面白かった。

IMG_0157_20120314152315.jpg
(囲炉裏端に座しておられるのがわれわれにいろいろと説明をして下さったボランティアの方。元大工さん)

この家屋は、幕末頃の建造物で、当時の砂村で、海苔の養殖を手がけていた大石家の住宅を移築した物。
江戸期は、海苔製造業は、数軒の老舗問屋の独占状態だったのが、明治期になって、砂町辺りの干潟での養殖が認可されたとのこと。

IMG_0156_20120314152555.jpg
(土間に展示されていた海苔養殖の道具類)

さて、いよいよ空腹も極に達したので、今日の目的地「砂町銀座」に向かった。

IMG_0167_20120314161706.jpg
(「砂町銀座」の入口。丸八通り側)

砂町銀座」は、戦前をその起源とするが、なにしろ甚大な戦禍を被ったので、大発展したのは戦後(昭和30~40年代)のこと。
丸八通りと明治通りの間の東西約700メートルの商店街。
そこには、犇(ひし)めくように小売店が並び立つ。
魚屋、八百屋、洋服屋、各種食堂、酒屋、そして、鰻や焼き鳥やおでんをはじめとする、ありとあらゆるお総菜屋さんが道行く者たちの食欲を掻き立てる(店舗マップ)。

IMG_0178_20120314165255.jpg
(まるで縁日のように、買い物客でごった返す「砂町銀座」)

自転車に乗ったまま通行するのは不可能なので、われわれは、自転車を引いて歩いたが、これも失敗だった。
あまりの人出に、自転車を引いて歩くのもままならず、しかも、店先に自転車を止めることはほとんど不可能なので、仕舞には、自転車が邪魔になってくる。
なので、丸八通りか明治通り沿いに自転車を駐めて散策するのが正解である。

IMG_0198_20120314165724.jpg
(苺大福を買うために、無理矢理に自転車を駐めてはみたが・・・)

IMG_0195_20120314165932.jpg
(飛ぶように売れていたうまそうなおでん屋さん。おでん屋は、他にも数軒あった)

IMG_0199_20120314170055.jpg
(涎が出そうな焼鳥屋さん)

IMG_0189_20120314170213.jpg
(別の焼鳥屋さん)

IMG_0176_20120314170326.jpg
(しつこいようだが、また別の焼鳥屋さん。買えなかったので、未練が残る。石を投げれば、おでん屋と焼鳥屋に当たると言えるぐらい多い)

IMG_0188_20120314174703.jpg
(さらにまた別の焼鳥屋さん。しつこさのだめ押し。未練たらたら・・・)

IMG_0177_20120314172821.jpg
(タコ焼き屋さん。店先のカウンターで酎ハイなどが飲めるのがよい)

IMG_0179_20120314172950.jpg
(お総菜屋さん。私はここで、500万個売ったという実績のある煮卵5個を購入。210円也)

IMG_0183_20120314174317.jpg
(なぜか「飴餅(シャオピン)」の露店も数軒あった)

IMG_0191_20120314174528.jpg
(懐かしい店構えの酒屋さん。ここでワンカップや缶ビールを買って、焼き鳥を食べながらそぞろ歩き・・・という場合は、鉄道で来るように!)

IMG_0187_20120314175245.jpg
(八百屋さん)

IMG_0194_20120314175352.jpg
(漬物屋さん)

IMG_0185_20120314175524.jpg
(雑貨屋さん)

IMG_0186_20120314175610.jpg
(洋服屋さん)

日本語の「店(みせ)」の語源は、「見せる」という動詞に由来するが、ここ「砂町銀座」に立ち並ぶ店は、商品が全部「見える」ように、転がり出そうな勢いで道に向かって陳列されている。
商店街というよりも市場に近い(ソウルの南大門市場などを思い出す)。
新宿や渋谷の街を歩いていても、ちっとも面白くないどころか、むしろ苦痛ですらあって、「骨折り損の草臥れ儲け」だが、ここは、そこに「居る」こと自体が、至福の時をもたらしてくれる場である。

思い返せば、砂町一帯は、そもそもが工場地帯と住宅地とがせめぎ合っていた土地柄であったが、近年、工場が移転することで、大々的な再開発が行われた。
そのために、周辺は、消毒され尽くしたような、近未来的な集合住宅街と大型店舗類が増殖することになってしまったが、ここ「砂町銀座」は、いわば、そこから逃れて来たかのような「健全なる歴史性」が濃縮されているようである。
そういう意味では、ここは、殺伐たる砂町の「オアシス」であるが、それであるがゆえに、地域の人々は、夕食のおかずのみならず、失われてしまった何かを求めて、買い物籠をぶら下げてここにやって来るのである。

前回の記事で、「谷中銀座」のことに触れたが、砂町銀座と比較すると、さしもの「谷中銀座」も蒼ざめるほどである。
やはり、徹底的に地元主義に根ざした商店街の魅力は、三ノ輪の商店街などもそうだが、計り知れないものがある。

さて、商店街に並んでいるお総菜の芳香に食欲を刺激されっぱなしだったわれわれは、やっとのことで、昼飯にありつける段になった。
辿り着きたるは、その名ぞ「銀座ホール」(創業70年)。

かなり苦労して横の路地に自転車を駐めた後、店に入ってびっくりしたのは、中央カウンターの卓上が、風呂屋のようなタイルばりだったこと。

IMG_0170_20120314204531.jpg
(タイルばりの中央カウンター)

店のあちこちには、メニューの他に、ユーモアの効いた注意書きが貼ってある。

IMG_0172_20120314204838.jpg
(店内)

IMG_0169_20120314204959.jpg
(店内)

「ついに登場、レバニラ炒め」はまだ良いとして、写真には映ってないが、「携帯メール禁止 写メール可」とか「携帯電話 使用可」というような、どうしたら良いのか迷ってしまうような注意書きもある。
ランチタイムは、禁煙だが、その他の時間帯は「全面喫煙可」というのも、私のような、「ある種の葉(ハーブ)を燃やしてその薫煙を吸引すること」を好む御仁にはありがたい。

さて、メニューは?

IMG_0171_20120314210438.jpg
(メニュー)

ラーメンや焼きそばから丼物や定食類まで、力量のある食堂らしく実に幅広い。
もちろん、酒類も置いてある。

私が頼んだのは、「元祖・純レバ丼」(750円)と一品で「ハムカツ」(300円)。

IMG_0174_20120314213929.jpg
(「元祖・純レバ丼」。名称がまた良い)

小さく切ったレバーをレアーで甘辛く炒めたものがご飯にかかっている丼で、レバーがプリプリしていて面白い食感である。
私は、丼を持ち上げて、わさわさと口に頬張りながら食べる。
ハムカツも、香ばしくてジューシーで、大変に美味しかった(揚げ物全般がうまそうだった)。
他の客が食べていたチャーハンや焼きそばやラーメンも美味しそうだったが、一度にそんなに食べられないのが残念。
通勤の際にも、ちょっと大回りして、何度も来ることにしようと決意して、帰路に着く。

荒川サイクリングロード→木根川橋→四つ木・立石。

IMG_0202_20120315043803.jpg
(荒川河川敷では、お約束の自転車談議)

IMG_0203_20120315043932.jpg
(daiさんのご案内で、立石路地ツアー)

水元公園に戻ってから、「ハンナリ」へ。
ママさんを交えて、20日の件を相談。
ママチャリの参加者もいることだし、距離は谷中と同じぐらいながら、より走りやすいルートを取れる「砂町銀座」へと行き先を変更することにする。

今回の戦利品。

IMG_0206_20120315044126.jpg
(苺大福と煮卵)

IMG_0207_20120315044221.jpg
(アサリ。これで200円)

で、夕食は、ボンゴーレ・スパゲッティと煮卵という変な取り合わせ。

IMG_0208_20120317041159.jpg
(ボンゴーレ・スパゲッティと煮卵)

というわけで、前の記事でお知らせした3月20日(火・祝)の「ハンナリ・サイクリング倶楽部」のサイクリングは行き先を「砂町銀座」に変更することにしました。

3月20日(火・祝)「砂町銀座探訪~水路の旅」
集合時間場所:9時「ハンナリ」前
ドタ参・途中参加・途中離脱可

詳細後日

この日の走行距離:58キロ(FUNAKUBOロード)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
小さな旅(自転車)    Comment(18)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
ダブルのダブルレバー Posted by kincyan
続きは楽しみですが、とりあえずコメント。私のホームグラウンドにようこそ。臨海公園は東側の森も素敵です。いつも土の道にロードバイクで乗り入れております。daiさんの車と並べると、ダブルレバーやシンプルなハンドル回りが美しいですね。
2012.03.14 Wed 12:50 URL [ Edit ]
なんでぇもんしじゃん! Posted by たすけ
ホント!なんでぇもおいしいじゃん!
なんでぇも(ある)しじゃん!!
店頭にトッポキが並んでいてもおかしくないしじゃん...ってしつこい?(^^;)

いいですねぇー ますます行き隊!
道行、真っ平だし、momoさんタンデムリカンベント夫妻をお誘いしてもいいカンジですね?(^-^)

2012.03.14 Wed 19:16 URL [ Edit ]
Posted by あ・ち・ち
焼き鳥屋さんが随分とありますねぇ~。。
電車で行って 缶ビール片手に 充分酔えそうですね!
2012.03.14 Wed 20:23 URL [ Edit ]
「砂町銀座」に変更 Posted by 断腸亭
kincyanさん

「江戸川下流域総督」のkincyanさんのクニへ無断で侵入してしまいました・・・

Wレバーは、案外、慣れるのが簡単でした。
でも、こまめに変速しなくなるのは事実。
長旅の場合は、その分、足にくるかもしれません。

3月20日(火・祝)の「ハンナリ・サイクリング倶楽部」のサイクリングは行き先を「砂町銀座」に変更することにしました。
kincyanさんには近くて申しわけありませんが、よろしかったら、ご参加下さい。
2012.03.15 Thu 05:11 URL [ Edit ]
是非、ご参加を Posted by 断腸亭
たすけさん

谷中に行くより、橋の数が少ない分、坂も少ないと思います。
是非、ご参加を。
たすけさんのいかにも好きそうな場所ですよ。
当日は、タッパやビニール袋を準備なさると良いと思います。
2012.03.15 Thu 05:15 URL [ Edit ]
「東京の銀座巡り」サイクリング Posted by 断腸亭
あ・ち・ちさん

たとえば、まだ、有名な戸越銀座には行ったことがありません。
そのうち、「東京の銀座巡り」サイクリングをやってみたいと思っていますが、1日二つぐらいが限界かなあ。
時間もかかりますし、お腹も一杯になってしまうでしょうから・・・。
2012.03.15 Thu 05:17 URL [ Edit ]
参加希望 Posted by ジャズの紳
久々の江東区
行くしかないでしょう。
今度はパンクしないよう注意します。
2012.03.15 Thu 07:49 URL [ Edit ]
すごい! Posted by RossoBianchi
こんにちは。
「砂町銀座」初めて知りましたが凄いですね。
おでん&焼き鳥に甚くそそられております。
南砂町等の駅付近だったら絶対に仕事帰りに寄ってしまう
ところですね。

また行先が増えました。情報ありがとうございます。
2012.03.15 Thu 16:44 URL [ Edit ]
大賛成 Posted by kincyan
断腸亭さん

私もこの商店街には行ったことがありませんでした。ぜひ行きましょう。水本公園から葛西臨海公園までの道は、私のルートなのでぜひ先導させてください。私の家の前を通ることになります。

しかし、実際のところ自転車抜きで飲みにも行きたい場所です。大島と南砂町の間ですので、電車でいくのは少し大変ですけどね。
2012.03.15 Thu 20:05 URL [ Edit ]
靴にご注意! Posted by 断腸亭
ジャズの紳さん

そうでした。
この時↓ですね。
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-606.html
あんな「芸術」的なパンクを見たのは初めてです。

当日は、商店街を歩きますので、靴にご注意!
2012.03.16 Fri 06:42 URL [ Edit ]
断トツのベスト Posted by 断腸亭
RossoBianchiさん

RossoBianchiさんも確か江戸川沿いでしたね。
なので、ここにはあっという間に着いてしまいます。

私が知っている都内の商店街では、今のところ、断トツのベストです。
近くに引っ越したいぐらいです。
自転車の置き場に多少困りますが、是非、いらしてみて下さい。

よろしければ、20日にもどうぞ。
2012.03.16 Fri 06:57 URL [ Edit ]
青戸・立石経由の最短ルート Posted by 断腸亭
kincyanさん

実は、当日は、距離が嵩んでしまうとママチャリのメンバーが大変なのと、赤羽のメンバーと「木根川橋」で途中合流するために、水元から荒川までは、青戸・立石経由の最短ルートを取るつもりです。
kincyan総督のクニへは、また、別の機会にお願いします。
そのかわり、立石総督のdaiさんによる、立石路地探索をできるかもしれません。

週間予報によると、20日の天候は曇り。
どうにか快晴になって欲しいです。
2012.03.16 Fri 07:09 URL [ Edit ]
息が切れそうで~す Posted by 相子
一緒に出掛けたような気分が続き、息切れがしそうな位でした。旧大石家住宅のことはとても良かったです。
私はゴチャゴチャが好きですから楽しませて頂きました。
2012.03.16 Fri 17:26 URL [ Edit ]
青戸・立石経由の最短ルート Posted by dai
女優の新垣結衣さんが主演 フジテレビ系の月9ドラマ「全開ガール」のロケ地でもある立石を案内いたしましょうv-14
2012.03.16 Fri 18:40 URL [ Edit ]
「ピース・オブ・マインド」 Posted by 断腸亭
相子さん

いつも丹念に読んでいただき、ありがとうございます。

以前、知り合いのアメリカ人を案内して、下町の路地や商店街を廻ったことがあります。
アメリカの、巨大で雑駁な風景に慣れた人が、果たして喜んでくれるかどうか、ちょっと心配でしたが、意外にも、非常に感心してくれました。
日本の猥雑な路地には、「ピース・オブ・マインド」があると・・・。
この感想を聞いて、私も、何かを発見したような気がしたものです。
2012.03.17 Sat 08:06 URL [ Edit ]
大まかな経路図 Posted by 断腸亭
daiさん

「全開ガール」、寡聞にして存じませんが、帰路に、立石裏路地探訪をお願いします。
一応、大まかな20日の経路図を描いてみました。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=18dd0d72b67229e826e4644ed65736f7
2012.03.17 Sat 08:09 URL [ Edit ]
輪行研究に夢中になり、 Posted by joypapa
こんな企画があるとは、気がつきませんでした。 このところ、徘徊していなくって、、、

体調が良ければ、20日カールトン君で参加させていただきます。 自宅から自走で、ハンナリ9時。 初めての、ハンナリ詣でとなりますねぇ。 場所分かるかなぁ?! その時はその時?!

お天気に恵まれると良いのですが、、、、

2012.03.17 Sat 21:02 URL [ Edit ]
是非、ご一緒に! Posted by 断腸亭
joypapaさん

はい、お待ちしておりました。
是非、ご参加下さい。
とてもまったりのポタです。
joypapaさんがご存知の方としては、ジャズさんやTCR-Nさんもご参加予定。

ハンナリの場所(9時集合)ですが、桜土手沿い(一通路)です。
次の地図をご参照。
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.52.28.4N35.46.38.5&ZM=13
午後3時半には、ハンナリに戻って来られるようにいます。
2012.03.18 Sun 05:03 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/729-f750461e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。