日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.02.20 Mon
久しぶりの多摩~外苑クリテリウム観戦など
職場の同僚が、齢50にして、一軒家を新築したというので、そのオープンハウスパーティ(まあ、平たく言えば、引越祝いの飲み会)に招待された。
しかも、庭が広いので、BBQをやるという。
しかも、広島から10キロも牡蠣を取り寄せるという。
しかも、仔羊の脚一本を丸ごと焼くという(これは、私の提案だが)。

ただ、ちょっと遠い。
多摩の稲城市(東京都)だという。

組み上がったばかりのFUNAKUBOの試走にはおあつらえ向きかもしれないと思った。
でも、酒を飲んだ後で多摩くんだりから夜間走行をして葛飾まで帰ってくるのは無謀なので、当夜は泊めてくれるよう事前に頼んでおいた(というより、「オレ、泊まるからね」と一方的に通告)。

ところが当日(土曜)、朝起きてみると、雪が積もっていた。
これは困った。
非常に気温が低いので、家の前の道路を見てみると、至る所で路面が凍結。
ニュースでは、環七の青戸橋が路面凍結のため全面通行止であることを報じていた。

ロードでは無理だなあ。
23Cのタイヤでは滑って危ないだろうし、翌日は、雪が融けて水溜まりだらけにもなるだろう。

仕方なく、泣く泣く、雨の日通勤用の、太いタイヤ(26C)で泥除け付のルイガノクロス(重いんだなあ、この自転車)で出かけることにした。

朝8時に出発。
路肩が凍結しているので、おそるおそる走る。
場所によっては、スケートリンクのような「鏡面」仕上げになっていて、そういう所は、足を着きながら進む。
これではスピードが出せそうもないので、同僚にやや到着が遅れる旨をメールで伝える。

しかも、強風で恐ろしく寒いので、例によって、度々コンビニで暖を取る。
立ち食い蕎麦を食べる。

ところが、墨田・台東を抜けたあたりから、あ~ら不思議。
全然雪の痕跡がないではないか。
武蔵野台地より西では、全然雪が降らなかったのである。

お陰でスピードを出すことはできるようになったが、冷たい北風が吹き荒れているため殺人的な寒さで、度々休憩をしないと手足の指先が痺れてくる。

やっと永福(杉並区)あたりまで来て、やや身体が温かくなってくる。
甲州街道(20号線)をぶっ飛ばして、鶴川街道を走って多摩川に出る。

NEC_0206.jpg
(久々の多摩川)

多摩川というのは、江戸川や荒川と較べると、水量が少なくて、何だか迫力がない。
だが、その割には、河川敷が広い。

2時間半で着くはずのところ、3時間半もかかって同僚宅に到着。
距離は、55キロ。
でも、100キロぐらい走ったように疲れた。

さっそく、先発隊の私の他数名で、BBQの準備を始めるが、先ず驚いたのは、同僚宅の庭からの眺め。
まるで、隠居生活を送らんとするような立地なのである。

NEC_0198.jpg
(庭の前。まったくの里山の風景である)

買い出しや火起こし作業をしている内に、続々とメンバーが到着。
だが、その半数近くは、道に迷って遅れてきた。

私が担当のBBQも焼き始める。

NEC_0197.jpg
(広島の牡蠣)

NEC_0200.jpg
(仔羊の脚)

NEC_0196.jpg
(九十九里特産の背黒鰯の一夜干し)

NEC_0199.jpg
(寒さを堪えながら、10人ほどのオジサンたちがBBQ中)

生牡蠣、牡蠣の残酷焼き、牡蠣の炊き込みご飯、牡蠣鍋、牡蠣のニンニクバター炒めなどを次々と拵えたので、料理人を自称していた私は、飲む前から多少疲れてしまう。
私以外、誰も牡蠣の殻を剥けないので、仕舞には、左手が真っ赤になる。
しかも、3時過ぎには風もさらに強くなって、寒くて外にいられなくなり、室内に移動。

NEC_0205.jpg
(室内に移動して宴会中)

朝の自転車の疲れも相まって、私は、焼酎を5合ほど飲んだだけで、早々と寝込んでしまったのだった・・・。

翌、日曜朝。
薄い毛布にくるまって目覚める。
傍らでは、何人かの同僚が二日酔いで唸っていた。
そんな連中をたたき起こして、後かたづけをする。
二日酔いがひどい人がいたので、試しに向かい酒を始めたが、飲んだらもっと悪くなったようだ。
私は早く出かけたくていそいそとしはじめる。
結局、昼前まで同僚宅で、過ごすことになった。

今日は、都心で日本学生自転車競技連盟主催の「明治神宮外苑大学クリテリウム」(自転車競技会)を見に行くつもりだったので、自転車に跨ると、猛スピードで東進する。

NEC_0207.jpg
(多摩川河川敷)

甲州街道は、仙川より西は非常に走りにくいので、帰路は、多摩川筋から環八を経由して甲州街道に出た。
新宿を抜けたあたりで、103さんからメールが入る。
bunaibuさんと一緒に観戦中なので、合流しませんか」とのこと。
私は、大急ぎで外苑西通りを爆走して絵画館前に到着。
電話で連絡を取って、お二人と合流する。

IMG_0055_20120220115808.jpg
(絵画館前のDE ROSAの試乗コーナー。クロモリ車が一台あったので、乗ってみたかったが、観戦に忙しくてそれどころではなかった)

IMG_0056_20120220120106.jpg
(大学対抗レース・男子)

IMG_0058_20120220120209.jpg
(たぶん、時速40キロ以上で激走)

チェーンが回る音。
ギアチェンジする小気味よい音。
風を切る音。
見ているこちらも、だんだん興奮してくる。
自転車が壊れるのではないかと思うほどの力道感である。

IMG_0059_20120220164234.jpg
(男子大学対抗戦は大迫力)

こうしてレースを観戦していると、後ろから私の肩をたたく人がいた。
振り返れば、何とemoさんがそこに立っていた。
別に申し合わせたわけではなく、偶然、われわれの姿を発見したのである。
観戦する沿道は長く人出も多いので、探そうとしても見つかるものではない。

最終レースも終了。
ゴール付近に行ってみると、選手たちが互いの健闘を讃え合っていた。

IMG_0066_20120220174102.jpg
(明治大学の選手が見える。お疲れ様!)

この最終レースの総合結果は以下(入賞校8位まで)。

第1位 日本大学
第2位 早稲田大学
第3位 中央大学
第4位 The University of Melbourne(豪州からの招待チーム)
第5位 明治大学
第6位 立教大学
第7位 鹿屋体育大学
第8位 順天堂大学

レースの観戦を終えたわれわれは、しばらく熱心に自転車談議にふける。

103さんとbunaibuさんは、スレッド式Wレバーのロードに乗ってこられたので、私も興味津々で、細部まで見せていただいた。

IMG_0068_20120220174836.jpg
(自転車談議中。前輪ハブの特性について)

IMG_0070_20120220175130.jpg
(自転車談議中。ブレーキレバーについて)

IMG_0069_20120220175244.jpg
(すべて廃盤部品でまとめられた、bunaibuさんのロードの駆動系。クランクセットはタカギ製だとか。美しい!)

さて、3時も回って少し寒くなってきたので、帰路に着くことにする。
emoさんは、鉄道でいらしたので、ここでお別れ。

103さんとbunaibuさんと私は、自転車を連ねて走る。
bunaibuさんとは、水道橋付近でお別れ。

こうして、103さんと二人で不忍通りと蔵前橋通りの交差点(「妻恋坂」)で信号待ちをしていると、後ろから肩をたたく人が。
振り向けば、何とemoさんがそこに立っていた。
変だなあ~、先ほど外苑で別れたはずなのに・・・。
聞けば、電車で秋葉に出てきて、歩いていたら、目の前でわれわれが信号待ちをしていたというのだ。
こんな偶然はそんなにあるものではない。
みんなして、大笑い。

103さんとは、水元公園でお別れ。
大変に長い一日だったが、楽しく有意義な一日でもあった。

土曜の走行距離;55キロ
日曜の走行距離:65キロ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
小さな旅(自転車)    Comment(16)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
いいですね。 Posted by しゃあ あずなぶる
BBQが出来る庭なんて、最高ですね。
2012.02.20 Mon 04:01 URL [ Edit ]
Posted by kincyan
私は土曜日のサイクリングはギブアップでした。路面が凍結しているのを見て恐れをなしましたよ(^_^;)。神宮外苑は素晴らしい天気でしたね。
2012.02.20 Mon 07:22 URL [ Edit ]
早く続きが見たい Posted by 相子
何を焼かれたのか、どう食べたのか気になりま~す。
家の主は何をされたのでしょうか。(昔々相談室でジンギスカン鍋をしました。某先生はただt使わない入れ物などを手に持ちうろちょろするばかり)皆さんの振る舞いも気になります。
2012.02.20 Mon 08:17 URL [ Edit ]
Posted by 103
お、引っ張りますね。

それにしても、牡蠣の殻むき一人でするのは大変でしたね。
クリテのレポートも楽しみにしています(ボクは今晩アップ予定。あくまでも予定ですが 笑)
2012.02.20 Mon 12:51 URL [ Edit ]
赤提灯はありません Posted by 断腸亭
しゃあさん

BBQはできますが、赤提灯はありません。
どちらを選ぶか迷うところです。
2012.02.20 Mon 18:15 URL [ Edit ]
外苑 Posted by 断腸亭
kincyanさん

土曜は泣きそうなほど寒かったですね。
外苑のあたりは、あまり行かないのですが、日曜はクルマが進入できないようになっているんですね。
今度、改めて、走りに行ってみます。
2012.02.20 Mon 18:17 URL [ Edit ]
鋭いですね Posted by 断腸亭
相子さん

さすが鋭いですね。
約半分のメンバーは、ただ皿を持ってうろうろしてるばかりでした。
主は、まだチョンガーなので、家も建てたのだから頑張れ!とみんなから発破を掛けられていました。
ただ、私は、料理が忙しくて、ちょっと疲れました。
2012.02.20 Mon 18:20 URL [ Edit ]
emoさんの意表をつく出現 Posted by 断腸亭
103さん

今回の牡蠣はかなり大型だったので、剥くのに苦労しました。
牡蠣はしばらく見たくありません。
クリテリウム観戦と自転車談議、楽しかったです。
emoさんの意表をつく出現には、本当に驚きました。
2012.02.20 Mon 18:23 URL [ Edit ]
クリテリウム Posted by bunaibu
選手が近づいて来る時の空気感、走行音とギアチェンジの音…身近での観戦は迫力があって面白いですね。

私の自転車はフレームもパーツも国産のちょっと古いマスプロ車で何の特徴もありませんが、少しでも永く乗りたいと思っています。でも、エンジンの老朽化の方が早そうです(笑)
2012.02.20 Mon 22:10 URL [ Edit ]
やり貝、想定貝 Posted by たすけ
やり甲斐のある任務も、他人任せが多すぎると・・・
やり貝がなくなる...という事ですかね?
無事の遭遇を祈ってましたが、そんな想定外の遭遇までは、想定貝でしたわ。

ん~~...イマイチだなぁ。座布団取り上げだな。
やっぱり、ボケはしゃあさんの方が上手だ(苦笑)
2012.02.20 Mon 22:12 URL [ Edit ]
第二次接近遭遇 Posted by emo
二度目はビックリしましたね。
お茶の水で下車して御徒町まで歩いている途中で、気が変わって秋葉原に寄ってからにしようと進路を変えて信号待ちをしてたら、さっき見た人たちがまた居た。
いやー、愉快愉快。
2012.02.20 Mon 22:26 URL [ Edit ]
全体的な「均整」 Posted by 断腸亭
bunaibuさん

部品一つ一つの性能は現行品のが上ですが、フレームと全体的な「均整」は、昔の自転車のがはるかに上だと思います。
マスプロ車とは言え、職人の技量は、かなり高かったのではないでしょうか。

朝のNHKの番組で、自転車文化センターの矢田貝氏が出てました。
ママチャリの歴史を研究中だとか。
興味があります。
2012.02.21 Tue 05:20 URL [ Edit ]
貝の殻 Posted by 断腸亭
たすけさん

富士は登り甲斐がある。
甲斐の国だけに・・・。

たすけさんは、だんだんしゃあさん化してますね。

タコは、貝類の殻を簡単にこじあけて食べてしまうと言いますが、どんな風にやるんでしょうか。
いつも不思議に思っています。
2012.02.21 Tue 05:28 URL [ Edit ]
背後霊 Posted by 断腸亭
emoさん

あの後、隅田公園でコーヒー休憩したのですが、またしても、背後からemoさんが現れるのではないかと、何回も後方を確認してしまいました。

水元公園の梅が咲き始めましたよ。
2012.02.21 Tue 05:31 URL [ Edit ]
Posted by テガ
あの寒い週末を爆走していたとは鉄人です!

emoさんが再三現れるくだりには爆笑しました。そういう事ってあるんですよねぇ。
私は趣旨替えで週末浴室のシャワー混合栓の交換をしていました。
不慣れなので苦戦、しゃあさんに思わずSOSを出しそうになりましたよ。
何とか結線完了、不思議な達成感があります。
自転車の組み立てに似ている気がします。(やったことないくせに・・・)
2012.02.21 Tue 12:30 URL [ Edit ]
やればやるだけ上手に Posted by 断腸亭
テガさん

混合栓の交換、私もずっと前にやったことがあります。
家庭用のスパナのサイズがうまく合わなかったりして、苦労した記憶があります。

自転車の組み立ても、思わぬ所に「難所」があったりして、よく似ていると思います。
でも、やればやるだけ上手になることは間違いないようです。
2012.02.21 Tue 20:51 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/719-09bb4b58

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。