日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.12.22 Thu
VIVALO DRESSCODEの走行感と諸設定について
今日は、走行感とハンドル周りの設定をチェックするために、組み上がったばかりのVIVALOのDRESSCODE(ドレスコード)で通勤してみることにする。
走行感をチェックするには、路面の窪みや段差や傾斜などを知り尽くしている通勤路を走るのが一番よく分かるからである。

朝まだきの6時前、自転車を玄関口に出していざ出発という段になって、フロントライトが付いていないことに気づき、慌てて別の自転車からはずしてVIVALOのハンドルに取り付ける。
外はまだ真っ暗。
身体が瞬時に凍り付くのではないかと思うほど寒い。

様々な変速パターンを試したり、前後のブレーキの効き目を見ながら走ってみる。
四ツ木橋を登るところで、フロント周りの不調に気づく。
変速自体は良好なのだが、アウターギアとFDプレートがかすかに擦れる音がする。
前後変速機の様々な組み合わせを試して走ってみた結果、これは、FDの左右のズレではなく上下のズレではないかと推測する。
そう言えば、FDは、仮止めした後、ボルトを本締めするのを忘れていたような気がする。
FDが下にずり落ちてきているのではないだろうか?
ただ、まだ辺りが暗いので、とにかく隅田川まで走ってからよく見てみよう。

今年は、12月22日が冬至で、今朝も夜明けがかなり遅いとは言っても、隅田川まで来れば、さすがに明るくなる。
ここ隅田川堤には、既にたくさんの人々がジョギングに勤しんでいる。

IMG_0118_20111222034355.jpg
(隅田川堤。但し、この写真は帰路に撮影したもの)

隅田川堤に自転車を止めて、フロント周りをチェックする。
ただ、静止状態でクランクを逆転してみても、ギアとチェーンの接触音は確認できなかったが、目視では、やはり予想通り、FDがややずり下がって来ているように見えた。
一応、そのままの状態で、FDのボルトを増し締めするだけで、出発。

IMG_0086_20111222065726.jpg
(聖橋から眺める茗渓)

やはりFD付近からかすかな音鳴りが聞こえて、気になって仕方がない。
そこで、いつもの法大前の外濠公園公衆便所まで来た所で、再び自転車を止めて、FDの位置を直すことにする。
先ず、フロントをインナーに落として、FDのボルトを緩めて、1ミリほど上げてボルトを固定する。

それでもって、法大前の道を試走する。
音鳴りは解消。
変速も、至って良好。
案の定、FDのボルトの締め方が甘かったのである。
これでやっと気持ちよく走れるようになった。

市ヶ谷から四ッ谷に抜ける坂道を登る。
う~ん、登坂は、もう一台のロードよりかなり楽である。
これは車重の差のなせるところか。

旧ロードバイクの車重は、10.5キロ(ペダルなし)
VIVALOのそれは、8.6キロ(ペダルなし)
その差は、1.9キロ。
ただ、自転車というのは、人が乗らないと走らないので、現実にはこれに体重が加わる。
私の体重は、65キロ。
だから・・・、
旧ロード:65+10.5=75.5キロ
新ロード:65+8.6=73.6キロ
その差は、もちろん、1.9キロだが、全体としては、わずか約2.4%ほど(消費税の約半分)軽量化されたにすぎない。
1.9キロと言えば、冬服の重さぐらいであろうか・・・。

したがって、この程度の僅かな差異では、平地での走りに格段の違いはあるはずはないのだが、発進時や加速や登坂においては、かなりはっきりと感じることができる。

事実、VIVALOに乗って一番に感じたのは、その加速の良さである。
旅行車的なフレーム(クロモリ)の旧ロードは、ホイールベースが長く、フレームも柔らかいので、長距離を走るのは楽だけど、加速が弱い。
VIVALOは、シート角が立っているので速度の乗りが良くて、フレームもやや固いので乗り味が機敏である。
走っていて、大変に気持ちの良いフレームで、自転車で走っていることの幸せを感じることができる。
やはり、VIVALOのフレームを選んでよかったと思う。

杉並の職場に到着して、ビルの前で、ブレーキをいじっていたら、同僚に目撃されて、冷やかされる。
「今日も朝から、自転車のご研究ですか~」。
「はい、そうです!・・・」。

昼下がり、やっと業務が終了して、帰路に着く。
往きは、フロント周りのことばかりが気になっていたので、肝心のハンドル周りの設定に気が回らなかった。
帰りは、ハンドルの設定に留意して走ってみよう。

う~ん、やっぱり、現在の設定では、何だか下ハンの操作がやりにくいなあ。
新宿中央公園で自転車を止めて、六角レンチを取りだして、いじってみることにする。
まだ、バーテープを巻いていないので、ハンドルの角度やSTIの位置は変えることができる。
ハンドルをやや前のめりにして、STIを少し後ろに引いてみる。
これで、新宿から四ッ谷まで走ってみる。
かなり良くなったが、まだ下ハンの姿勢がしっくりこないので、もう少し微調整が必要だな・・・。

IMG_0120_20111222051008.jpg
(ハンドル周り。まだダメ!)

日没までには、まだ時間があるので、墨田の「イーストリバーサイクルズ」に寄ってみることにする。
組み上がった自転車を店長に見せたいし、ちょっとバーテープを見たいと思ったからだ。

久々に靖国通りをぶっ飛ばす。
暮れの都心は、クルマの運転が荒っぽくて、イライラする。

店長に見せると、「できましたか!」と言って、私の自転車を見てくれた。
その上、店先の路上にスタンドを立てて、自転車の写真撮影までしてくれた。
私は、自分自身が撮影されているような気がして、何だか恥ずかしかった。
店に展示されている自転車のことなどを話してお暇する。

帰路も、隅田川堤で休憩。
ここでも、多少ハンドル周りをいじってみるが、ビニールテープとハサミがないので、うまく作業ができない。
また明日にでもじっくりやることにしよう。

IMG_0119_20111222051205.jpg
(夕暮れの隅田川堤)

反省点;
1.ハンドルの設定をもっと追い込むこと。
2.たぶん、ハンドルの設定をすることで、シフトワイヤー及びブレーキワイヤーのアウターをもっと短くしなければならないだろうから、ワイヤー類はすべてやり直すことになるだろう。
3.フロント周りの確認とボルトの増し締め。BBも、再度、締め直すこと。

走行距離:65キロ

「チーム東葛」のメンバー、ザンコーニさんのロードバイク(KLEIN Q-Elite・ホワイト・67アルテグラ組み)が松戸市内で盗難にあわれました。お気づきの方はご連絡を。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
自転車    Comment(18)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
塩・醤油・味噌 Posted by たすけ
まさに「手塩にかける」自転車D.I.Yですねー
シート角が立っているので速度の乗りが良くて...
そうなんですか!?せうゆうことも初めて知りました。

断腸亭さんの自転車「さしすせそ」はホントに勉強になります!

これからもVIVALO-DRESSCODE号の「手前味噌」記事
のアップを楽しみにしていますね~♪
2011.12.22 Thu 10:01 URL [ Edit ]
残るはバーテープ Posted by emo
ポジション決めてバーテープ巻いて完成ですね。

ステム長以外の調整は昔は楽でしたね。
高さはスレッド式だからアナログで調整できるし、
シフターはダウンチューブ、ブレーキワイヤーもハンドルに沿わせないから、
ケーブル長の調整もラフでよかった。

今のアヘッドはハンドル周りを調整しようとすると、
ワイヤーを4本とも調整しなければならなかったり、
短くするならまだしも長さが足りない時は取替え…。
つい「まあいいか」になってしまいます。
できるのは、ちょっとだけ送ったりしゃくったり。
私はひっくり返して立てる時地面にサイコンが当たらないように
輪行のときだけちょっと送ってます。

バーテープは、ドライヤーで温めながらゆっくり解けば巻き直しできました。
2011.12.22 Thu 12:33 URL [ Edit ]
素晴らしい! Posted by テガ
ポジションを決めるプロセスはここまで追い込む事が可能なのか!とビックラしています。
拝読していて、どう考えてもバーテープをまだ巻いていないよなぁ、と感じていましたが果たして当たりでした (笑)
水元公園でお逢いした時ポケットからアーレンキーがボロボロ出てきて締め直す様子に、実は感動していたんです。
断腸さんのバイクライフのひとこまを垣間見て、「幸せなオーナーに巡り逢えたね」と。

私ももう少しメカをいじれるように努力する目標が出来ました。




2011.12.22 Thu 13:10 URL [ Edit ]
カッコイイですね! Posted by bunaibu
クロモリチューブのVIVALO、素敵ですね。
しなやかでいながら、パリッとした乗り心地とでもいうのでしょうか?
機会があったら是非試乗させてください!!
2011.12.22 Thu 21:04 URL [ Edit ]
自転車の乗り味の難しさ Posted by 断腸亭
たすけさん

フレームのジオメトリーによる乗り味の違いのことは、実は、私もよく分かりません。たくさんの実車に乗ってみないと、こればかりは、本当には感知できないことなのかもしれません。
しかも、実際には、乗り味は、タイヤとホイールとサドルの違いによっても大きく左右されるので、同じ条件で乗り較べないと、分からないことだとも言えますね。

自分で組まなくても、フレームからの注文組み立ての場合、好きな部品を選択できるので、捨てる部品が出ないからいいですよ。

たすけさんも、一台、いかがですか?
2011.12.23 Fri 07:51 URL [ Edit ]
ケーブルの設定は面倒です Posted by 断腸亭
emoさん

確かにおっしゃる通りで、ケーブルの長さに気をつかわなければならなくなったのは、STI+アヘッドの導入が原因ですね。

結局、今日も、4本のケーブルすべてをやり変えました・・・。

それとはちょっと違いますが、私は、非常にこまめに変速をしながら走る方なので、Wレバーは使えないと思いますが、スレッドはいいなあと感じています。
実は、今回も、スレッドにしようかどうか悩みました。
結局、ハンドル選択の幅が狭まってしまうので、アヘッドにしましたが・・・。
2011.12.23 Fri 08:01 URL [ Edit ]
案外簡単ですよ Posted by 断腸亭
テガさん

メカと言っても、タイヤの交換、変速の調整、ブレーキシューの交換、チェーンの交換といった通常のメンテができればよいわけで、それ以上のメンテはその時期がやってきた時に一つずつゆっくりと挑戦すれば何とかなります。
やってみると、案外簡単なことですよ(もちろん、失敗することもありますが)。
2011.12.23 Fri 08:14 URL [ Edit ]
是非、乗ってやって下さい Posted by 断腸亭
bunaibuさん

先日、手賀沼でお会いしたときも、やはり、bunaibuさんのブルーのクロモリに見入ってしまいました。
いつ見ても、美しいですね。

たぶん、bunaibuさんのロードよりやや乗り味が固いのではないかと思います。
是非、試乗なさって感想を聞かせて下さい。
2011.12.23 Fri 08:18 URL [ Edit ]
ありがとうございます! Posted by Sueっち
VIVALO DRESSCODEをお買い上げ頂きまして
ありがとうございますm(__)m
貴重なインプレッション是非参考にさせて頂きます!
漕ぎだしの軽さは、シートアングルも関係あるのですが
もう一つDRESSCODEにはBBハイトに特徴がございます。
コレまで製作してきたフレーム全てのデータを基にこの度
のDRESSCODEのジオメトリーを決定いたしました。
今後ともVIVALOをよろしくお願いいたします。
2011.12.24 Sat 04:23 URL [ Edit ]
すばらしい Posted by kincyan
さすが、さすがですね。通勤時間も自転車チューニングに使われるなんて。クロモリなのに私のアルミより軽いというのは魅力です。ぜひぜひ一度触らせてください。一度、イーストリバーサイクルさんにもお邪魔しないといけませんね。
2011.12.24 Sat 07:08 URL [ Edit ]
Posted by dadashin
ほぼ完成しましたね。ツーリング向けというよりクイックな走りのバイクのようなフレームスタイルなのですね。私もハンドルまわり含めてポジション出しをもう少し真剣に取り組んでみようと思いました。いろいろと大変参考になりました。
2011.12.24 Sat 12:55 URL [ Edit ]
なるほど・・・ Posted by 断腸亭
Sueっちさん

VIVALOの代表の方にお出ましいただけるとは誠に光栄です。
>DRESSCODEにはBBハイトに特徴がございます。
>コレまで製作してきたフレーム全てのデータを基にこの度
>のDRESSCODEのジオメトリーを決定・・・
なるほど、そういう意味では、VIVALOの精髄とも言えるジオメトリーなのでしょうか。
BBハイトは、旧ロードは65ミリ(DRESSCODEは68ミリ)です。
見て、触って、乗って・・・。
非常に幸せになれる自転車です。
こちらこそ、今後とも、よろしくお願いします。
2011.12.25 Sun 14:59 URL [ Edit ]
「刻苦研鑽他念無し」です Posted by 断腸亭
kincyanさん

自転車に関してだけは、「刻苦研鑽他念無し」です(あとのことは、「雪の朝は乞食の洗濯」ですが・・・)。
組んだばかりの自転車は、ネジが緩みやすいので、しばらく乗ったら増し締めなどをする必要があります。
「イーストリバーサイクルズ」、年内は、29日まで営業のようです。
機会があれば、一緒に行きましょうか?
2011.12.25 Sun 15:04 URL [ Edit ]
明日には完成です Posted by 断腸亭
dadashinさん

ほぼポジションが決まったので、明朝にはテープを巻いて、完成です。
バーテープがないと、手袋をしていても、だんだん手が冷たくなってしまいかないません。
明日からは、暖かく走ることができそうです。
2011.12.25 Sun 15:07 URL [ Edit ]
とても参考になりました Posted by ナカタケ
インナー×トップの問題を調べていてこちらのサイトへたどり着きました。
いまではリアは65アルテ14-28T、フロントはアウターをシクロ用の46Tとまるパクリな仕様です(笑)
自分にもとても使いやすいギア比で目から鱗です。

ここからは参考までに自分の体験談ですが、自分のクランクはFSAでして、インナーにスペーサーだと音鳴りは解消できるのですが、BBの右側にスペーサーを入れる方法では音鳴りを解消することは出来ませんでした。ギアの間隔がシマノとは違い狭いのでしょうか?
FDの位置はボトルケージのボルトが干渉してしまうので、上下に調整幅のある直付け用のバンドと直付けFDで対処しました。

あまり発言することは無いと思いますが、これからもちょこちょこ拝見させていただきます。
2012.01.20 Fri 16:43 URL [ Edit ]
アウター46tはいいですよね Posted by 断腸亭
ナカタケさん

はじめまして。
私の拙いブログを読んで下さり、ありがとうございます。

アウター46tはいいですよね。
私もいずれ、全部のクランクのアウターを46tにするつもりです。

FSAのクランクは、使ったことがありませんが、確か9/旧10速兼用だったような。
とすれば、シマノ9速やシマノ現10速のクランクよりもアウター・インナー間の幅が若干狭いのではないかと推測されます。
また、FSAのギア板は、シマノのそれとは形状も違うようです。
これについては、私の自転車仲間が書いたこの↓記事が参考になるかもしれません。
http://emo-desu.blog.so-net.ne.jp/2011-11-19#more

言わずもがなですが、いっそのこと、シマノのクランクに交換するのが良いと思います。
コストパフォーマンス的には、CX70(46t×36t)か現105のクランク(50t×34t)がお勧めです。

なお、シマノのカタログには載っていないのですが、知らないうちに旧ティアグラの新スプロケ(9速)12-27tが出ていました。
しかも、この歯数だけが、なぜか安い!(¥2,261)
http://www.cb-asahi.co.jp/item/18/79/item100000007918.html
2012.01.21 Sat 08:39 URL [ Edit ]
やはり・・・ Posted by ナカタケ
シマノクランクがベストですよね。

だがしかし、盗難対策のために組んだ普段使いのためのロードなので、あえて安い完成車についているFSAをオークションにて落札したのでもう少し頑張ってみようと思います。
友人の方の記事、とても参考になりました。チェーンがはまってしまうことはないのですが、スカることがあるのはこういう事も影響しているんですね。
インナーもシマノに交換しようと思い注文しようとしましたが、欠品で105のチェーンリングに関しては在庫限りとなっていました。モデルチェンジでもするのでしょうか?
旧ティアグラのスプロケも注文しようと思いましたが、14-28が本当に使いやすいので、また同じものを注文してしまいました。(笑)
2012.01.21 Sat 22:00 URL [ Edit ]
34tギア Posted by 断腸亭
ナカタケさん

盗難対策のためというのが面白いですね・・・。

105の34tは、ただ単に欠品ということだと思います。
57の105の34tはなぜか安いので、売り切れているのではないでしょうか・・・。

インナー34tは、新旧105、新旧ティアグラ、現ソラのすべて互換性がありますが、ソラのそれは鉄製で重いので、やめた方がよいと思います(デュラとアルテはネジ止めの仕組みが違うのでダメだと思います。アルテの34t、安いんですけどね)。

アウター46tにしたら、後ろ13tトップあたりも欲しくなって、12-27tを買ってしまいました。
2012.01.22 Sun 06:58 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/686-a07e6452

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。