日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.12.16 Sun
ショッピングといふものを・・・
快晴。厳寒。強風。

今日は、寒い一日だった。
気温はいざ知らず、風が強いと身に染みる。
朝起きて、ベランダで読書をしようとするが、手がかじかんで辛いので諦める。

朝食後、自転車で亀有に出かける。

女もすなる、ショッピングといふものを、男もしてみむとて、するなり。
以前から買わなければと思っていた通勤用の冬用ズボン(億劫で先延ばしになってしまい、我慢して夏用をはいていたが、ついに我慢しきれなくなったので)。
呑ちゃんの両耳防寒具(自転車に乗ると寒いので)。

常磐線の線路を抜けて、旧水戸街道へ。
中川橋を渡って亀有アリオに到着(約20分)。
寒かったけど、追い風だったので楽ちんだった。

亀有アリオは、我が家の近辺では、最も煌びやかなショッピングスポットである。
数年前、できたばかりの頃、見学にきたきりである。
年末の日曜とあって、相変わらず、人出は多い。

先ずは、アリオに付属するレストランの中でも最高の人気を誇るという、自然食レストラン「野の葡萄」に入る。
この店で昼食を食べるために、わざわざ、開店時間の11時に合わせて来たのだ。
11時少し前に店の前に行ってみると、既に予約帳に10組ほどの客が書き込んでいた。
開店時刻と同時に、予約順に店に招き入れられる。
ここは、いわゆるバイキング式で、木製のトレイに各自好きな食物を取る。
メニューの種類がすごい。
最初に一望した時には、目眩がするほどである。
しかし、種類が多いだけではない。
すべての食材が、無添加無農薬なのである。
以下、多彩な品目を任意に抜粋してみよう。

>鯖の有馬煮
>人参たっぷりファルファーレ
>モズクとわかめの和風パスタ
>こだわりうどん
>スパゲティーナポリタン
>手作り豆腐
>健康卵の茶碗蒸し
>筑前煮
>地野菜と海草サラダコーナー
>いりこと大豆の煮物
>魚のつみれのオーブン焼き
>韓国風肉じゃがグラタン
>ジャガイモそぼろ煮
>秋野菜とソーセージのソテー
>具たくさん昆布の佃煮
>肉じゃが
>煮豆いろいろ
>地元農家さんの白米ご飯
>季節の炊き込みご飯
>薬膳粥
>八穀米
>イソフラボンたっぷりサラダ
>旬野菜の揚げたててんぷら

もちろん、これはほんの一部である。
この他にも、各種野菜料理や、パン類、デザート類、それから有機栽培コーヒーをはじめとするドリンク類も用意されている。
野の葡萄

私も、約20種類ぐらいのおかずを八穀米でいただいた。
特筆すべきは、どの料理も、野菜の美味しさが際だっているということである。
温野菜のサラダなどは、まあ、野菜を水で煮ただけなのであるが、これがウマイ。
無添加無農薬の野菜の力量をいかんなく発揮している証しである。
値段は、1,600円(90分間)である。
決して安いとは言えない値段だが、満足度は高い。
がつがつと食べるような、何というか、焼き肉的な美味しさではなく、しみじみとした美味しさなのである。
野菜の嫌いな子供など、あそこに連れて行って喰わせれば、野菜が好きになって帰ってくること請けあいである。
月に一度は、健康のためにも行きたい店だと思う。
因みに、夜は、宴会もできて、芋焼酎の品揃えもなかなかなものである。

満腹状態で店を出て、よちよちとアリオを見学する。
広大な食品売り場は、私のような田舎者には、びっくりするに十分な規模である。
071216_1211~01

その後、(ユニクロ偵察後)イトーヨーカドーに行って、ズボン2着と両耳防寒具を買い、ついでに、時間セールのウインドブレーカーなどを買うという「ショッピング」行為を堪能する。
(ここだけの話ですが、百円ショップで、またしても、自転車用空気入れ・サドルマット・自転車用フロントランプも買ってしまいました)。

帰り道は、向かい風の寒風であったが、昼の健康食と新品のウインドブレーカーのお陰で、さしたることもなく帰宅できた。

----------------------
本日の走行距離:10キロ(亀有周遊往復)
今月の積算走行距離:275キロ
11月以降の積算走行距離:742キロ
----------------------
----------------------
朝食:コーヒー+トースト+野菜ジュース+リンゴ+シーザースサラダ(家)
昼食:野の葡萄・亀有店(亀有アリオ)
夕食:鶏とカキの水炊き鍋(家)
----------------------
----------------------
メモ;

丹羽隆志『自転車トラブル解決ブック』(山と渓谷社)読了(159ページ)。

----------------------

   Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
美味い野菜。 Posted by しゃあ あずなぶる
好きな野菜は?と聞かれても、スグには出てこないボク。
蓮根、キャベツ、椎茸、かぼちゃ、茄子、きゅうり
後は何だろう。思いついた順番に書いてみましたが
パッと出ないのは、あまり野菜が好きじゃない?
そんなつもりも、ないんですが・・・・。

「鶏とカキの水炊き」は、大歓迎!
最初はビールで、あとは日本酒を冷やで・・・。ですか。
2007.12.17 Mon 03:44 URL [ Edit ]
季節こそ・・・ Posted by 断腸亭髭爺
鶏の水炊きは、普通、モモ肉のぶつ切りを使いますが、夕べは、敢えて、ムネ肉を使ってみました。
ところが、これが案外ウマイんですね。
油っぽくなくて、ポン酢との相性もいいです。
発見です。

鶏肉・ブナシメジ・白菜・ネギを先に入れて、沸いてきたところで、カキと豆腐も入れて。
それぞれの煮えばなを食べる。
京菜があったら、もっとよかったんだけど。

われわれが普段食べる肉はたった3種類しかありませんが、魚と野菜は、その10倍以上も種類が多いので、なかなか思い浮かびませんね。
でも、季節があるお陰で、必ずしも、いつも全部思い出す必要がなくて、鍋の季節になれば、それに相応しい野菜などが舞台に躍り出て、われわれにアピールしてくれます。
お酒の種類と飲み方も、やはり、季節と関係がありますね。

「季節(シーズン)」こそ、最高の「味付け(シーゾニング)」かもしれません。
2007.12.17 Mon 07:58 URL [ Edit ]
Posted by やまびこ
アリオのヨーカ堂は広すぎて迷子になります。
野菜売り場から魚売り場まで遠くて、魚を買い忘れて戻るときなど、子供用の大きすぎるカートの間をかきわけかきわけ、立ち止まっている人々にぶつかりながら大変な運動量を要します。
わたしは四ツ木のヨーカ堂がやっぱり好きです~。

沖縄料理屋の島らっきょうの天ぷらも美味しいよん☆
2007.12.17 Mon 21:32 URL [ Edit ]
目眩効果 Posted by 断腸亭髭爺
やまびこさん、同感です。

大きすぎる店は、やはり、目眩(めまい)を覚えますね。

しかしその目眩効果が、消費者の心理に影響を与えて購買意欲をかき立てるそうで、アメリカのショッピングセンターなどでは、わざと同じ商品を大量に積み上げることで、その効果を狙うそうです。

100円ショップも、たとえ小さな店でも、把握不可能なちまちまとした商品陳列のただ中にいると、つい、買ってしまうのも、似たような効果なのでしょうか。
2007.12.18 Tue 08:07 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/68-264611a9

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。