日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.09.23 Fri
大変だった台風の日の自転車通勤~および、翌日江戸川筋と国府台の惨状など
雨の中を自転車で走るのが好きな人はいない。
もちろん、自転車に限らず、徒歩だって、バイクだって、鉄道だって、クルマだって、雨の日は移動するのが億劫なのは同じであろう。

台風15号が関東に到来しつつあった水曜の早朝、私は、いやいやながら出かける準備をしていた。
通勤の際、普段は、面倒なのでほとんど平服のまま自転車に乗って行ってしまうのだが、合羽を着込む場合は蒸れるので、下に自転車服を着る。
だから、職場で着る平服一式をリュックに別に詰めてわざわざ持って行かなければならない。
その他に、靴がぐちょぐちょになるのは必至なので、替えの靴下や手袋(帰路用)、さらには、ヘルメットの下に被る雨帽(100円ショップ製だが)などを用意する(職場で履く靴はロッカーに常備)。
だから、雨の日は、どうしても、重装備となる。

しかも、雨の日は通勤時間がかかるので、いつもより早めに出なければならない。
路面は濡れているし、視界も悪いのでスピードが出せないし、雨の日に限ってクルマの交通量も多いし、さらに、職場に着いてからも、始業までに、濡れた合羽や靴を干したり、着替えをしたりする時間も必要だからである。

玄関の外に出て、雨の日用の自転車(ルイガノクロス・参照)に跨る。
風は大したことはないが、雨がすごい。
10分もしないうちに、靴の中は金魚鉢のようになって、私の足は、その靴の中でちゃぷちゃぷと気だるい音を立てている。

四ツ木橋を渡った時、う~ん、やっぱり、台風の場合は、普通の雨とは違うと感じる。
頬に雨が当たると痛いのである。
水滴のショットガンを連発被弾しているような感じ。

「四ツ木橋南」交差点からは、「雨の日通勤ルート」に寄るべく、当然の如く右折。

ちなみに、この日の勤務先は、杉並区永福。
途中、上記「雨の日通勤ルート」を介したものの、全体の基本ルート地図は、これをご参照。

隅田川筋の首都高下まで来て、疲れてしまって休憩。

IMG_0362.jpg
(「屋根付き」の首都高下で、携えてきた缶コーヒーを飲みながら休憩)

駿河台付近で、一端、雨が小降りになる。
外濠沿いの台地を登って、法大前の公衆便所で休憩。
雨中走行は、大変に疲れやすい。

IMG_0363.jpg
(法大前の公衆便所で休憩)

四ッ谷を過ぎあたりからまた激しい雨が降ってきたが、どうにか無事に走り抜いて杉並区永福の職場に到着。
いつもより、40分近く余計にかかった。
着替えをし、濡れた物などをエモンカケなどに干して、コーヒーを飲んで、煙草を吸って、どうにか始業に間に合う。

午前中の業務が終了して、昼休みになったのだが、台風接近のため、午後からの業務は全部中止になったという。
構内放送でも「すみやかに帰宅するように」とのお達しである。
接近することは、昨日から分かっていたのだから、朝から終日休みにしてしまえばよかったものを・・・。
担当事務に電話をして、事情を聞くと、交通機関が乱れる恐れがあるのだという。
交通機関がどんなに乱れても、私は自転車なので全然関係ないが、それよりも、朝からまともな物を食っていないので、腹が減って耐えられない。
いつもの店に電話をして出前を頼もうとするが、台風なので今日だけは勘弁してくれと断られてしまった。

仕方がないので、帰ろうとするが、外を見るとものすごい雨である。
今出れば、またすぐに濡れ鼠になってしまう。
でも、インターネットのナウキャストで調べてみたら、巨大な台風雲がもくもくと接近中で、今出ても、もう少し後に出ても同じであることが分かったので、売店でサンドイッチを買って食べる。

少し腹もおさまったので、身支度をする。
合羽や靴は、当然、まだ乾いていない。
ずぶぬれの靴に足を通すことほど不快なことはない。
完全武装姿で廊下を歩いていると、同僚とすれ違う。
「ま、まさか、今日も自転車ですか?気をつけて下さい」と言われる。
「はい、電車が止まると嫌なので、今日だけは自転車で来ました」と嘯(うそぶ)く。

走り出してすぐ、建物のビル風に車体がよろけ、豪雨が合羽に当たって、ものすごい音を発する。
これは半端ではないぞ。
とにかくすごい雨で、前がよく見えない。
まるで、黒澤映画の雨みたいだ。

新宿は、いつも地獄なのだが、今日は、ことさらに地獄だった。
ビル風がすごい。
背後から突風が来たかと思えば、次は前から、そして、横からと絶えず風向きが変わるので、常にハンドルを強固に保持していなくてはならないし(そのため上半身が疲労する)、クルマの交通量もいつもより多くて、車間を擦り抜けながら走るのが一苦労。

しかも、雨の日は、街路全体が途轍もなく「うるさい」。
クルマのタイヤと路面の摩擦音は、幹線道路はいつもうるさいのだが、路面が濡れていると、さらに数倍うるさくなる。
道路全体がうるさいため、後ろからのクルマの接近の具合がつかめないので、しょっちゅう、後方確認をしながら進まなければならない(困ったことに、雨の日は、路駐も多いのだ)。

やっと駿河台まで辿り着いて、疲れてもきたし、再び腹も減ったので、立ち食い蕎麦屋に入る。
合羽姿だと、普通の店に入るのが億劫なので、どうしても、立ち食い系になる。
暖かいたぬき蕎麦(290円)を啜る。
ものすごくウマイ!

蕎麦屋から出ると、ほんの15分間ぐらいだったのに、さらに雨風が凶暴化したようだ。
街のあちこちから、パトカーや救急車のサイレンの音が聞こえてくる。
駿河台を下って城東までくれば交通量も少なくなるが、低地なので、所々に大きな水溜まりができている。
最初のうちは、ペダルから足をはずして、両足を上げるようにして水溜まりの中を走っていたが、そうか、既に靴がずぶぬれであることを思い出して、そんな無駄なことをしなくなった。

一番怖かったのは橋。
体勢を15度ぐらい傾けるような感じで進まないと横からの強風に対処できない。
でも、途中で、さっと風向きが変わったりするので、よろけて倒れそうになる。

IMG_0364.jpg
(厩橋の近くの首都高下で休憩・このあたり、典型的な「カミソリ堤防」である)

こうして私は、四ツ木橋、中川大橋などの難関を突破しながら、やっとのことで家に辿り着いた。
何から何までずぶぬれで、玄関で素っ裸になる必要があった。
疲労困憊!

着替えをして、もう水を見るのはたくさんだったのでシャワーは浴びずに、ソファーで一息ついて、焼酎を飲んでいると、呑ちゃんからメール。
電車が全部止まってしまって帰れないという。
やはり、すごい台風だったのだと改めて自覚した。

そして、翌日。
台風一過で、素晴らしい日和になった。

夕べ、呑ちゃんは、結局、大手町から6時間ぐらいかかって帰宅
それを考えれば、自転車は楽なものだと思う。

私は休みだったので、買い物等のため、朝から自転車(フジクロス)で市川方面に出かけた。

予想はしていたものの、台風の傷跡が至る所に残っていた。
以下、それらを簡単に、写真にて紹介しておこう。

IMG_0369.jpg
(江戸川にすっかり呑み込まれてしまったゴルフ場・矢切付近)

IMG_0370.jpg
(途中から折れてしまったゴルフ場の立木。しかも幹は水没している)

IMG_0374.jpg
(折れて階段を塞ぐ樹・国府台)

IMG_0375.jpg
(水没する江戸川サイクリングロード)

昔から「地震・雷・火事・親父」と言われてきたが、昨今は、音(おん)は合わないが、「地震・原発・台風・津波」こそが本当に恐ろしいものであると思い知った。

水曜日の走行距離:60キロ(獲得標高:45メートル)
木曜日の走行距離:47キロ(獲得標高:不明)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
小さな旅(自転車)    Comment(15)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
痛勤ですね。 Posted by しゃあ あずなぶる
お疲れ様です。
都心部を自転車で雨中移動するのは、だいぶ怖いのでは?
車の側からも視認しづらいですからね。
これからの季節、風邪にも注意ですね。
2011.09.23 Fri 09:45 URL [ Edit ]
無事戻れて Posted by joypapa
よかったですねぇ。 軟弱なわたしにはとてもとても真似できません。 くれぐれも気をつけてジテ通してくださいね。 

江戸川CRの利用を止めて、みのり台→20世紀の丘を経由して国府台へ向います。 まぁ、この道の方が近いのですが、時々方向音痴になってしまうときがありますので、、、それでは、明日ご無事な姿を拝見させていただきます。
2011.09.23 Fri 17:00 URL [ Edit ]
決め手は、どっちが楽かでしょうか Posted by 断腸亭
しゃあさん

台風の中、自転車で移動するのは確かに大変ですが、でも、私にとっては、ラッシュ時の都心の鉄道で移動するよりは、苦痛の度合いが少ないと思います。
また、帰りの交通機関が止まってしまい、右往左往することを思えば、自転車のが楽でもあります。
ただし、仕事の日でなければ、自転車には乗らないでしょう。
2011.09.23 Fri 18:07 URL [ Edit ]
明日の風向きは絶好ですね Posted by 断腸亭
joypapaさん

ツーリングに行ったときには、天候を選べない状況もありますので、そのための練習という側面もありますし、まあ、何だかんだ言っても、総じて「楽しい」ことでもあるので、大雪以外は、自転車で通勤してます。

江戸川CRの破壊度は大したことはありません。
もし傷んでいても、自転車を引っ張って、その区間だけ歩けばいいだけの話です。
真夏のCRは地獄ですが、涼しくなってきたので、CRもよいのではないでしょうか。
とりわけ、明日は、午前中は北風、午後からは南風で、風向きは絶好です。

明日は、久しぶりにお会いできますね。
2011.09.23 Fri 18:17 URL [ Edit ]
凄いですね Posted by 相子
お髭先生の気力、体力も凄く、また道中の風雨も凄く、はたまた江戸川の河川敷も凄い。凄いずくめですね。
仕事が午前で終えたのは良かったですね。
そして今日もお出掛けですね。これも凄いです。
若者言葉の凄いを連発。失礼をばお許しください。
2011.09.23 Fri 22:07 URL [ Edit ]
火事は、やっぱり怖いです。 Posted by しゃあ あずなぶる
14年前、隣が火事で大騒ぎしました。
地震、原発、台風、津波はみんなに降りかかりますが、火事はそれぞれのミスで簡単に個人に起こります。

ウチは消防の努力と風向きと運で、何とか無事でしたが、焦げ臭さは一か月ほども残りました。
命があって良かったと思いました。
2011.09.24 Sat 05:18 URL [ Edit ]
ちょっとパニック気味です・・・ Posted by 断腸亭
相子さん

いつも丹念に読んでいただき、ありがとうございます。

私としては、「凄い」ことをしているつもりはありません。
自分にとって一番「快適」なことをしているつもりです。

私の同僚にも、自転車通勤を始める人が出てきました。
最初は大変ですが、慣れると楽しくなってきます。
楽しくなるまで続けられるかどうかが鍵ですね。
他の習い事と同じですね。

嘘のように涼しくなって、出かけたい所がたくさん出てきて、ちょっとパニック気味です・・・。
2011.09.24 Sat 06:28 URL [ Edit ]
火事は怖いです Posted by 断腸亭
しゃあさん

私も、子供の頃、隣家が燃えて大変でした。
類焼は免れましたが。

確かに「津波」は地震がなければ起こりませんから、項目は一緒ですね。
火事は、地震(自然)によっても発生しますが、単なる個人の過失や戦争や原発事故によっても発生するので、一番頻繁に起こる「身近」な災禍と言えると思います。

たとえば、東京直下型が来た場合、やはり一番恐ろしいのは火事かもしれませんね。
2011.09.24 Sat 06:35 URL [ Edit ]
ちょっと得な気分でした Posted by kincyan
あの台風の日は、凄いことになっていたんですね。私は1時半に退去命令が出たので、さっさと溝の口から帰ってきました。それでも、タッチの差で東西線が止まる寸前でした。皆さん大変でしたが、私は無事に家に帰りつけて、少し得な気分がしましたよ^^;。
2011.09.24 Sat 07:42 URL [ Edit ]
Posted by NOB
どうもです~!
あの台風の日に自転車通勤ですか? すごすぎです! 確か、風速は20mpsを越えていたはず
ご無事で何より。
それにしても、電車は脆いものですね
2011.09.24 Sat 08:56 URL [ Edit ]
空振りに終わったとしても・・・ Posted by 断腸亭
kincyanさん

東西線は、原木のあたりの強風でよく止まりますからね。
こういう場合、「帰ってもいいよ」という曖昧な指示ではなくて、kincyanさんの会社のように退去「命令」でなければなりませんね。
大きな災害が起こったとき、各職場がどう対処するかというのは、かなり重要なことだと思いました。
たとえ空振りに終わっても、より安全な指示をだせるかどうかにかかっています。
2011.09.25 Sun 07:10 URL [ Edit ]
結構オモロイですよ Posted by 断腸亭
NOBさん

NOBさんの会社は、非常に対応が的確で感心しました。
http://nob-weekend-life.blog.so-net.ne.jp/2011-09-21
風速10メートルを超えると、自転車は厳しいですが、結構オモロイですよ。
2011.09.25 Sun 07:31 URL [ Edit ]
限度を超えると楽しい?? Posted by 103
遅コメ失礼します。

なんと!アノ風の中をジテツウ!
正直、雨はどんなに強くても限度を超えれば楽しくなっちゃいますが、風だけは別物では?
ちょっと間違えれば命の危険があったかもしれません。なにより無事に帰宅されたようでなによりです。

ところで、MTBなら雪の日も楽しめますよ♪
2011.09.27 Tue 19:54 URL [ Edit ]
問題は風 Posted by 断腸亭
103さん

おっしゃる通り、問題は風です。
台風の風は、普通の強風とは違って、一定方向に吹かないことが分かりました。
また、橋とビル風にも要注意です。
太い道より細い道を選択した方がよいようです。

実は、マウンテン、欲しくなってきてます。
でも、置く所がないので、クロスバイクに35Cぐらいの太いブロックタイヤを装着して、マウンテンもどきを作ろうかと画策中です。
2011.09.28 Wed 05:25 URL [ Edit ]
断腸亭「日報」 Posted by 断腸亭
日々の短い記録は、断腸亭「日報」の方に書くことにしました。
http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs
掲示板形式です。
2011.09.28 Wed 05:27 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/664-e96093ee

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。