日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.08.25 Thu
手賀沼まで、キャベツを買いに行き、鰻を食べて、お好み焼きを拵えた話
ここのところ、なぜかお好み焼きが食べたくて仕方がなかった。
今朝(24日)も、起床するや、お好み焼きが脳裏に忍び寄ってきてへばりついている。

ならば、今夜はお好み焼きにしよう。
冷蔵庫を確認すると、キャベツがない。
ならば、キャベツを買いに行こう。
しかしながら、水曜日なので、いつもの「かしわで」(農産物直売所)は休み。
ならば、ちょうど味噌がなくなってきたことだし、この際、以前から我孫子の相子さんが薦めてくれていた「あびこの里・わくわく広場天王台店」にでも行ってみようか。

こうして、「ならば」が3つも重なったのだが、「あびこの里・わくわく広場天王台店」の場所を調べてみると、キャベツを買いに行くには案外遠い(地図)。
近所で買ってしまおうか、どうしようかと思い悩んでいたとき、ちょうど、市川のkincyanさんによる手賀沼の「西周」という鰻屋は美味しいよというコメントを見て、稲妻に打たれたように、瞬時に今日の走行ルートが確立した。

ならば、「あびこの里・わくわく広場天王台店」で、キャベツと味噌を買って、「西周」で昼飯を食べるというのはどうであろうか。

4つの「ならば」が並べば、行動に移す理由付けは充分なので、私はそそくさと着替えて、10分後には「サドル上の人」(新表現です)になっていた(今日はロードバイク)。

つい最近も走ったばかりのルートなので気が引けたが、夏のサイクリングロードは日陰がなくて辛いので、水元公園→二郷半領用水→大場川→流山橋→大堀川という楽なルートを選択。

IMG_0114_20110825180444.jpg
(流山の市野谷付近の農道)

IMG_0115_20110825180630.jpg
(大堀川遊歩道の地図を発見)

久しぶりに手賀沼の北岸に出て、「手賀沼ふれあいライン」を東進して「手賀沼公園」で休憩。

IMG_0119_20110825181907.jpg
(手賀沼公園)

手賀沼公園から国道356号線に出る。
今でこそ3桁国道を拝命しているが、この道こそが、旧水戸街道だったのである。

IMG_0121_20110825212105.jpg
(旧水戸街道=現・国道356号線。右に見えるは八坂神社)

現在は、風情のない道になってしまったが、10年ぐらい前まではもう少し旧街道らしい雰囲気をとどめていたように記憶している。
この旧水戸街道をしばらく東進すると、昔の道標が見えてくる。

IMG_0124_20110825212730.jpg
(水戸街道と成田街道の追分。地図

IMG_0122_20110825213148.jpg
(ゴミのようにごちゃごちゃに寄せ集められた道祖神や道標群。古い物を大切にしない近代の精神がよく現れている)

IMG_0123_20110825213220.jpg
(それでも、ワンカップが供えられている道標)

ここからの国道356号線は旧成田街道となるわけだが、私は北東に分岐する旧水戸街道をさらに辿って、常磐線とぶつかる所で水戸街道と別れを告げ、天王台駅方向へと進む。

IMG_0125_20110825214409.jpg
(交差点の所で不意に現れた「あびこの里・わくわく広場天王台店」

さっそく店内に入ってみる。

IMG_0127_20110825214637.jpg
(広々とした店内には、産直野菜が一杯)

IMG_0128_20110825215014.jpg
(千葉県の地酒がずらりと並んでる)

こうして私は、念願のキャベツ(ずっしりと重くて品質が良い)と味噌(我孫子産)などを購入して店を後にした。

ちょうど昼前ぐらいなので、来た道を戻って、鰻屋「西周」に向かった。

「西周」は「せいしゅう」と読むが、幕末維新期の学者、西周(にしあまね・森鴎外の親戚)と同じ字を書くので、パソコンでは「にしあまね」とキーボードで打つと一発で出る。

IMG_0129_20110825221250.jpg
(鰻屋「西周」)

「西周」は、さきほどの手賀沼公園から国道356号(旧水戸街道)へ登る坂道の途中の左側にある。
地味な店構えなので、うっかりすると見過ごしてしまうかもしれない。

IMG_0130_20110825221536.jpg
(清楚な店内。上がり座敷もあり)

入店してみると、私が口開けだった。
あまり空腹ではなかったので、「竹」(1700円ぐらいだったかな)を注文。
10分ぐらいで、出てきた。

IMG_0131_20110825221803.jpg
(鰻重の竹)

ど真ん中の関東風だが、べたっとした甘みがなくて私好み。
きりりとした風合いで、最後まで飽きない。
肝吸いの肝は、ふっくらと大きくて、口中の楽しみとなる。
良い店を教わった。
アクセスが良いので、手賀沼に来たときには重宝しそうである。

お腹も一杯になって店を出ると、かなり暑くなってきたので、もう帰ることにする。

途中、ハケの道の志賀直哉旧居跡前を通る。
私は、ここに来るたびに、蚊が多くて志賀直哉も大変だったろうなという、実に世俗的な感想が意の一番に浮かんでしまう・・・。

IMG_0133.jpg
(志賀直哉旧居跡・戦前までは、右の道のすぐ脇まで手賀沼が広がっていた)

帰宅して、さっそくお好み焼きの準備をする。
私は、関東で生まれて関東で育ったので、実は、お好み焼きの作り方を知らない。
いや、これには、ちょっと説明が必要である。

15年ぐらい前だろうか。
大阪に行ったときに、地元の友人に頼んで、お好み焼き屋巡りをした。
どんな場末のお好み焼き屋でも、私が関東で食べたどのお好み焼きよりも美味しくて、これまで自分の食べてきたお好み焼きは何だったのだろうかと猛省した。
しかし、地元の友人に言わせれば、やはり、家で作るのはもっとウマイという。
その時、私は、お好み焼きの本質が分かったような気がした。

私は、関東で生まれて、その後もずっと関東で育った。
だから、タコ焼きやお好み焼は、外で食べる物だったのだが、大阪では「家庭料理」だったのである。
家庭料理には、その家の流儀と作り方があるが、そう言う意味では、私は、お好み焼きの作り方を知らないということである。

具を調合したのは私だったが、焼いてくれたのは、粉物を焼くのが得意な家の呑ちゃんだった。

IMG_0139.jpg
(工程1)

IMG_0140_20110825224115.jpg
(工程2)

IMG_0141.jpg
(完成)

いやあ~、ウマイ!
お好み焼きというのは、タコ焼きと並んで、世界に誇れる関西の大発明である。
遠方まで買い求めたキャベツも上物で、独特の歯ごたえに幸せ一杯になった。

本日の走行距離:72キロ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
小さな旅(自転車)    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
困って仕舞います Posted by 相子
お髭先生 もうコメントの中身をどうするかで今朝は食事中も考えておりました。内容が知っていることばかりに見え、一つ一つにコメントをしたいのです。
仕方がありませんから、お好み焼きの感想を記しまーす。
私も偶に猛烈にお好み焼きを食べたくなります。拝見しますと豚バラが何枚も置かれておりますね。矢張り家でこそです。材料も新鮮ですし、熱々が食べられますからね。家では材料が多いので食べすぎます。
2011.08.26 Fri 09:12 URL [ Edit ]
鰻。食いてぇ。 Posted by しゃあ あずなぶる
実は「粉もの」があまり得意ではない私。
いや、目の前にあれば食べちゃいますし、美味いと思っちゃうんですな。コレが。
ただ、自分から食べようとは思わない。
やはり、米国人の父と仏国人の母のDNAだろうか。
しかし、ウナギだきゃあ大歓迎です。
2011.08.26 Fri 10:03 URL [ Edit ]
闖入をお許し下さい Posted by 断腸亭
相子さん

相子さんの「お庭」に勝手に闖入してしまったようで、気恥ずかしい感じです。
「わくわく広場天王台店」は、ずっと気になっていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。
品揃えは「かしわで」よりはるかに良いですね。
野菜類の豊富さには驚愕しました。
ただ、自転車乗りにとっては、「かしわで」には外トイレやベンチがあるのがいささかありがたいかな・・・。
初物の梨が美味しそうでしたが、リュックに収まりきれずに、買うのを断念しました。

天王台駅前から真っ直ぐの道なりに、素晴らしい酒屋さん(ワインの在庫充実していて、店内でもチーズ類をつまみに飲むことができた)があったのですが、既になくなっていました。
以前はよく通ったものですが、残念です。
2011.08.26 Fri 10:52 URL [ Edit ]
粉物と鰻 Posted by 断腸亭
しゃあさん

所々、意味不明でありましたが、何とか解読できました。

確かに、関東の人は麺類以外の粉物は、あまり食べませんね。
私に言わせれば、その理由ははっきりしていて、関東の粉物はマズイからです。
大阪に行くと、一日で考えが変わります。
粉物が家庭料理になるのも、何故、「お好み焼き定食」が存在するのかも・・・。

鰻料理は、たぶん、日本が一番でしょう。
韓国の、鰻の名産地(西海岸)に行ったことがありますが、鰻自体は上等でも、料理法が確立されていない感じです。
欧米に至っては、鰻料理は、実に乏しくてお話しになりません。
ただ、ドイツには、鰻を丸太切りにしてワインで煮込む料理がありますが、鰻である必然性が感じられませんでした
2011.08.26 Fri 10:59 URL [ Edit ]
おこのみやき Posted by kincyan
素晴らしい素早さで西周に行かれましたね。江戸川CRから手賀沼への道は、習得しないといけないと思っております。(いつも苦労しています)

お好み焼きについては、私も大阪生まれなだけに、少しうるさいですが、関東でも大阪風の美味しいお好み焼きを食わせる店があります。大阪の本店の記事は以下の通り。
http://blog.livedoor.jp/liveokubo/archives/51467775.html#comments

「きじ」という店ですが、東京駅の郵便局近くにもあります。一度試してみてはいかがでしょう。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13020110/
2011.08.26 Fri 20:35 URL [ Edit ]
感謝! Posted by 断腸亭
kincyanさん

美味しくて重宝なお店を伺いまして、ありがとうございます。
お陰様で、大変有意義な一日となりました。

なるほど、やはり、本格お好み焼き屋があるんですね。
是非、行ってみます。

江戸川CR(流山橋)から手賀沼までのルートですが、私は、以下をよく利用します(牧歌的ルート)。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=dd82a5819856033d55189e492003fb80

ただ、左岸にお住まいの方は、内陸を斜めに入った方が近いですね。
これについては、道の魔術師、東葛人さんの以下のサイトをご参考に。

http://blog.livedoor.jp/toukatsujin/archives/52754376.html
http://blog.livedoor.jp/toukatsujin/archives/51356545.html
http://park20.wakwak.com/~toukatsu/ootsugawa.htm
2011.08.26 Fri 21:21 URL [ Edit ]
NOB Posted by
どうも~~~です。
鰻・・・美味そうです・・・今年はまだ外では食べてないです。
お好み焼・・・うまそぅ・・・
また、来週の在宅勤務の時にお好み焼にします。
2011.08.26 Fri 23:37 URL [ Edit ]
お好み焼きに反応? Posted by joypapa
こちらの方に来られていたのですね! トライアスロン含めて二度目ですねぇ。 このところ、またまた自転車活動休止状態となっております。

お好み焼きについては、6年程関西で仕事をしている間に親しくなり、そして妻も関西育ちで、我が家では定期的な夕餉の料理の一つとなっております。 関東の方には、想像がつかないようですが、、ね。   

私の場合は、山芋又は自然薯をたっぷりと使い、粉適量(以外と少なめ?)、卵2-3個(二人前時)、キャベツをたっぷり混ぜて、少量の水を使い、柔らか目のふんわりとした感じにします。 

キャベツは、細かく歯ごたえのある程度に四角くみじん切りにします。 だしを出すために干しエビ(桜エビ)を入れたり、お好み焼き用乾燥割きイカを入れたり、ちくわを細かく刻んだものを入れると味に深みが出ます。これらは、どれか一つで良い。 また、青ネギ(九条ねぎ・小ネギ・万能ネギ等)や紅ショウガの刻んだものを入れる場合もあります。  

トッピングは、豚バラが美味しい?カリッとした食感まで焼くと特に美味? 牛バラとのミックスも良し? イカもなかなかです。 冬(10月以降)場は、牡蛎も美味である。 ソースは、ウスター、中濃ソース、ケチャップを混ぜて自分好みに調合し、たっぷりと鉄板がジューと音を立てる程度に塗ります。 そして、専用容器でマヨネーズを細くまんべんなくつけ、青のりをふりかけて食べます。

これと、ビールはぴったりです。 
物足りなければ、お好み焼きを焼く横で、鉄板焼きをすれば豪華な食事になりますね。 ジャガイモの味噌汁と食べるのも良し? 

東京に来てからは、もんじゃも美味しいと感じています。 お店によるのでしょうが、ソースの美味しいのを食べると、これも美味ですね。 粉ものが好きなのかもしれません。 ピザも好きだから、、、、
2011.08.26 Fri 23:53 URL [ Edit ]
お隣同士 Posted by 断腸亭
NOBさん

鰻、ラーメン、トンカツあたりは、自転車で走った後、一番ウマイ食べ物ですね。
水元と三郷というお隣同士ですので、今度、どこかにご一緒しましょう。
ご存知かもしれませんが、最近よく行く三郷のラーメン屋「遊麺」は、なかなか美味しいですよ。
http://r.tabelog.com/saitama/A1102/A110205/11003786/
2011.08.27 Sat 18:05 URL [ Edit ]
経験と嗜好の深さ Posted by 断腸亭
joypapaさん

読んでいるうちに、涎が出そうになっていまいました。
私が求めていたのは、まさに、このような、試行錯誤の末に確立した、家庭料理としてのお好み焼きです。
是非、近い内に拵えてみます。

ジャガ芋の味噌汁とマッチするという一文に、経験と嗜好の深さを感じました。

自転車にも、乗って下さいね。
2011.08.27 Sat 18:10 URL [ Edit ]
こんにちは Posted by jacksbeans
わたしは関西人で、お好み焼きはもう生まれた時からおなじみの食べ物ですが、絶対にお店で食べるほど旨いのは、家ではできませんね。なぜなのか、当り前なのか^^
2011.08.31 Wed 13:19 URL [ Edit ]
なるほど! Posted by 断腸亭
jacksbeansさん

私は、家庭料理としてのお好み焼きを知りませんから何とも言えませんが、それだけ、お店のレベルが高いということですね。
確かに、大阪のお店で食べたお好み焼きは、これまでで最高でした。
あの味を家庭で再現するには、かなりの研究と努力が必要だと思います。
2011.08.31 Wed 15:59 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/655-24a84ac5

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。