日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.08.22 Mon
「手賀沼トライアスロン大会」観戦記
毎年この時期は東京にいないことが多くて、手賀沼トライアスロン大会は一度も見たことがなかった。
今日は、やっと念願が叶って大会の観戦をすることができた。

朝、出かけようとすると、案の定、雨が降っていた。
リュックに合羽(上下)を詰め込んで出かける(ルイガノクロス)。

「ルイガノクロス」(私の勝手な呼称で、正式にはLGS-TR8)は、主として雨の日用の自転車として使っている。
泥除け付・内装変速機(8速)・ハブダイナモ仕様のクロスバイク(アルミ製)。

シートポストやステムは軽量化のために交換したが、駆動系はまったくいじっていない。
一番苦労したのはタイヤだった。

購入したときに付いていたタイヤは、ノーブランドの32C
太すぎて、もさっとした走行感が気に入らず、3000キロぐらい走ったところで、ヴィットリアのザフィーロ28C(格安だったため)に交換した。
ヴィットリアのルビノプロ(23C)は、ロードバイクで愛用しているタイヤで気に入っていたが、同じメーカーなのにザフィーロは最低である。
走りは重いし、雨の日なぞは、カーブで後輪が2~3メートル滑るのは当たり前、しかもパンクも多い。
そこで、いっそのことうんと細くして、ヴィットリアのルビノプロの23Cを着ければどうなるか。
試してみたが、これはやはりダメであった((因みにルビノプロに28Cというのはない)。
ホイール(クラシカルな36本組)がロード用ではないので、リム幅が太くてタイヤが広がってしまうせいか、ただでさえ極太フルアルミフレームなので、乗り味が悪すぎる。
そこで、定評のあるパナのツーキニスト28Cに交換してみた。
これは良いタイヤで、雨の日の吸い付きもよいし、重さの割に走りも軽やかだったので、ノーパンクで寿命まで使い切った。
しかしながら、28Cでは、やはりやや重いような気がしたので、今度は、パナのツーキニスト25C(黒しかない)にしてみた。
意外なことに、ツーキニスト25Cはダメだった。
走行感は、28Cに較べてさして軽くならない割に、パンクが多いし、よく滑る。
ただ、これまでの経験で、23Cより太くて28Cより細いタイヤが良さそうだということが分かったので、この3月に、今度はパナのツアラー26C(茶色)に交換してみた。
既に雨の日だけで20日以上走ったことがあるが、これまでで最良のタイヤである。
走りは軽く、耐パンク性もあるし、乗り味も良い!
やっと辿り着いた!という感じである。

画像 039
(パナのツアラー26Cを装着)

それにしても、タイヤというのは、サドルと同様、結構難しい。
ホイールや車体や乗り手の体重などによって使用感が変わってくるからで、誰かにとって良いタイヤが、他の人にとって良いタイヤとは限らない。
各人がいろいろと試してみるほかはないだろう・・・。

閑話休題。

話しが逸れてしまった。

大した雨ではないだろうと思って合羽を着ないで出かけたが、いざ走り始めると、結構な本降りなので、水元公園の東屋で合羽を着込む。

IMG_0090_20110822060242.jpg
(水元公園の東屋で合羽を着る)

水元公園→二郷半領用水→大場川→流山橋→大堀川で手賀沼に到着。

IMG_0112_20110822070906.jpg
(三郷の二郷半領用水)

IMG_0108_20110822070814.jpg
(雨の手賀沼)

私が到着したときには、既に大会は始まっていて、水泳1.5Km・自転車40Km・マラソン10Kmのうち、水泳はほとんどの選手が終わっていて、自転車の部門に入っていた。

IMG_0104_20110822071801.jpg
(手賀大橋の下に、大会本部と自転車待機所が設けられていた)

私は、手賀大橋の下に自転車に停めて、土手の下つたいに歩いていくと、雨にもかかわらず、多くの人が観戦していた。
「頑張れ~」という声援も上がっている。

IMG_0097_20110822072108.jpg
(雨中、多くの人が観戦)

サイクリングロード上を次から次へと、猛スピードの自転車が通り過ぎていく。
自転車部門も周回なので、往きは追い風で帰りは向かい風(北風だった)。
往きは快走するが、帰りはもがきながら走っている(今回のコースマップ)。

IMG_0095_20110822072747.jpg
(激走する自転車たち)

側で見ていると、高圧タイヤのコオ~~という唸りや、シフトチェンジするクリック音や、ぜいぜいと喘ぐ息づかいが聞こえてきて、観戦しているこちらまでが興奮してくる。

車種としては、一台だけクロスバイクを見かけたが、ほぼすべて700Cのロードバイク。
ひと頃のように、トライアスロンに650Cという時代は終わったのであろうか・・・。
フレーム種の比率は、ちゃんと数えたわけではないが、カーボン製6、アルミ製3、クロモリ製1という感じで、二割ぐらいの選手がDHバーを装着していた。

自転車部門を走り終わって、マラソン部門に移行する選手が出始めたので、自転車待機所の方へ移動。
本部のアナウンスによると、今年は涼しいので、大変に良い記録が出そうだということだった。

私が驚いたのは、クロモリのダブルレバーの選手を目撃したことだ。
しかも、私が見た中では、一番美しい自転車(ブリジストン)だった。

IMG_0102_20110822074045.jpg
(クロモリ、ダブルレバー、チューブラー、トゥークリップの自転車。結構早い順位でマラソンへ)

マラソンは、片側車線が観戦者に開放されていたので、私は急いで自転車に飛び乗って、走者と併走するように走ってみることにする。
さすがに、箱根駅伝の選手(時速23キロ)ほどは速くなくて、大体時速15~17キロぐらいで走っていた。

IMG_0107_20110822074603.jpg
(マラソン部門を走る選手たち)

マラソンコースの突端まで併走して、私は、そのまま帰路に着くことにした。

白米が枯渇していたことを思い出して、途中、いつもの農産物直売所「かしわで」に寄って、米3キロ、蕪、トウモロコシなどを買う。

IMG_0109_20110822081413.jpg
(買い出しした農産物)

三郷まで来て、腹が減ったので、私のお気に入りの「豚骨醤油ラーメン 一郎」で博多ラーメンを啜る。

IMG_0111_20110822075659.jpg
(「豚骨醤油ラーメン 一郎」のラーメン。600円)

水元公園に着いた頃には、雨も弱くなって、霧雨のようになっていた。

IMG_0113_20110822075809.jpg
(霧雨の水元公園)

帰宅して靴を脱ぐと、靴の中からどばっと雨水が出てきた。

本日の走行距離:53キロ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ
小さな旅(自転車)    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by フリー
昨日は雨だったので、かみさんの運転で我孫子へ。
見かけたロードの人達はトライアスロン大会参加者だったんですね。断腸亭さんとも、どこかですれ違っているかもしれません。

人気店らしい「湖庵」という蕎麦屋は11:30開店ということで(早く着いてしまった)、向かいの「TATAN」というパスタのお店に。期待してなかったが、安くて美味しくて驚いた。これから流行るでしょうね。もうちょっと、曇り空の我孫子の街を楽しみたくて、近くの「コーヒーの店 倉嶋」ヘ移動。昔ながらのコーヒー屋で、ダッチコーヒーがこれまた美味しかった。

白樺文学館にも、久しぶりに行きたかったんだけど、かみさんは興味なし。しょうがなく帰宅しました(寂)。





2011.08.22 Mon 10:21 URL [ Edit ]
いずれご案内下さい Posted by 断腸亭
フリーさん

トライアスロンを見ていると、こちらも何かしなければと感じます。

大いなる休日の過ごし方ですね。
ご紹介のお店、知らない所ばかりですが、いずれご案内下さい。
2011.08.22 Mon 18:05 URL [ Edit ]
ラーメン美味そう。 Posted by しゃあ あずなぶる
一郎・・・美味いですよね。
また、一緒に行きましょう。
2011.08.23 Tue 04:18 URL [ Edit ]
鰻屋に行きましょう Posted by 断腸亭
しゃあさん

一郎ラーメン、50円値上げしましたね。
今度、たすけさんご紹介の鰻屋に行きましょう。
2011.08.23 Tue 05:34 URL [ Edit ]
鰻行くなら Posted by たすけ
流山中政の上品鰻も良いのですが...
野田愛宕神社交差点の文政元年(200年前)創業
の川村にご一緒してください!
http://www.unagidaisuki.com/kawamura.html
おすすめは、1000円ランチorうなぎとろろ丼
今なら、コアラテレビの番組見ました♪
の一言でサービス小鉢一品ついてきます。

あ!でも断腸亭さんには敵地でしたっけ?(笑)

※2011年は平日ランチ1200円 並みセット1700円になってましたm(_ _)m
2011.08.23 Tue 09:20 URL [ Edit ]
甲乙つけがたし Posted by 断腸亭
たすけさん

なるほど、どちらも甲乙つけがたいですね。
行くときは、たすけさんにも、ご連絡します。
直前になるかもしれませんが・・・。

「敵地」と言えば、今、マレー作戦の、いわゆる「銀輪部隊」のことを調べています。
1万2千台の自転車に乗った日本兵が、約千キロを行軍したんですね。
たぶん、史上最大の「自転車ツーリング」だったと思います。
2011.08.23 Tue 20:28 URL [ Edit ]
ウーナーギ~! Posted by しゃあ あずなぶる
昔、「ウーヤーター」って、あったよね。

あ~。もう。
こんな記事読んじゃったから、頭の中は、もう、鰻ですよ。
断腸さん。たすけさん。
鰻、行こう!
2011.08.24 Wed 04:42 URL [ Edit ]
きっかけ Posted by 断腸亭
しゃあさん

一番暇なのは私のようで、一番忙しそうなのはしゃあさんのようなので、しゃあさんからきっかけをもらえば、いつでもOKですよ。
2011.08.24 Wed 05:19 URL [ Edit ]
鰻食べたいですね Posted by kincyan
すごい、手賀沼って泳げるんですね。水質は良くなったといってもあそこで泳ぐのは大変だろうと思います。若い人中心というわけではなかったんでしょうね。50代のおじさんもいましたか?

手賀沼の鰻ということでは西周という店も美味いですよ。
http://blog.livedoor.jp/liveokubo/archives/51811113.html#more
2011.08.24 Wed 05:23 URL [ Edit ]
さっそくいただいてきました Posted by 断腸亭
kincyanさん

朝、ご紹介の鰻屋「西周」(手賀沼)の記事を拝見して、コメントの返信も書く間もなく、自転車に飛び乗って食べてきました(即実行です!)。
今夜あたり、ブログに書きますね。

手賀沼が「泳げる」かどうか、私には分かりませんが、皆さん「泳いでいた」のは確かです。
でも、私は泳ぎたくはありません・・・。

でも、昭和30年代までは、銚子の中学校の水泳大会は、利根川横断(約1キロ)だったそうです。
また、先日、地元の人に聞いたのですが、汐入あたりでも、やはり昭和30年代までは、隅田川で学校の水泳の授業をやっていたそうです。
そう考えると、われわれの失ったものは、実に大きいですね。
2011.08.24 Wed 17:30 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/654-ef41c39c

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。