日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.08.19 Fri
清里サイクリング3~日本一高い駅~佐久往還旧道
2日目

夕べは、夜遅くまで宴会。
と言っても、早寝早起きが根付いている私は、22時には自室に戻って就寝したので、朝4時半には起床(学生たちは4時過ぎまで飲んでいたという)。
朝食は8時なので、それまでの時間、合宿所の周辺を走ってみることにした。

合宿所から国道141号までは、急な降り坂。
早朝でクルマがいないことをいいことに、ブレーキをかけずに下ったら、ペダルを漕いでいないのに時速65キロをマーク。

改めて、重力のすごさを体感した。
われわれの、いわば究極の「乗り物」である地球は、時速1600キロ以上で自転している。
それでもわれわれが宇宙空間に吹っ飛ばされないのは、この強大なる重力のお陰なのである・・・。

国道141号線にぶつかって左折する(地図)や、今度は、急な登りがしばらく続く。

国道141号は、八ヶ岳山麓を北上するいくつかの道の中ではたぶん一番歴史の古いもので、いわゆる「佐久甲州街道(佐久往還)」が下敷きになっている。
この道は、甲州においては八ヶ岳東麓を北上した後、信州に入ってからは千曲川沿いに上がって、岩村田で中山道(国道142号線)と接続し、さらに北上して、小諸で北国街道(国道18号線)ともつながっている。
いずれ、たとえば、碓氷峠を越えて北国街道→佐久往還→甲州街道→笹子峠といった、スケールの大きなツーリングができたらと思う。

IMG_0027_20110816121521.jpg
(国道141号線・山梨長野県境付近)

しばらく走っていると、「JR鉄道最高地点」は右折の標識(地図)があったので、そちらの方へ曲がる。

IMG_0028_20110819064241.jpg
(「JR鉄道最高地点」。1375メートル)

ここには駅がなく、JRの敷地として「最高地点」という意味らしい。
早朝の大気は清涼で、目映いばかりの朝日を浴びている。

IMG_0030_20110819064849.jpg
(「最高地点」近くにあった花壇。遠景には、雲を被った八ヶ岳)

さらに、小海線沿いの気持ちの良い道を北上すると、すぐに野辺山駅が現れる。

IMG_0031_20110819065121.jpg
(日本で一番高いところにある野辺山駅。1,345メートル)

駅前には、レンタサイクル店があった。
清里駅にもレンタサイクル店があったが、ママチャリでサイクリングをするには野辺山駅の方が良いだろう。
野辺山まで来てしまえば、周辺はなだらかな高原になっているからである。
逆に、清里駅周辺は起伏が大きくて、ママチャリだとかなり苦労すると思う。

IMG_0032_20110819065604.jpg
(野辺山駅のレンタサイクル)

そろそろ時間なので、宿に引き返すことにする。
地元の地図を見直すと、国道141号線の旧道(つまりは、佐久往還)らしき道があったので、そちらを行くことにする。

林道風な美しい道だが、知らずに迷い込めば、いったいどこに通じているのか不安になるような曲がりくねった旧道である(笹子峠に雰囲気が似ている)。
やがて、川(大門川)のせせらぎの音がせまってきたかと思うと、古ぼけた橋に出た。

IMG_0033_20110819074622.jpg
(旧道の国介橋・地図

橋の名前からして「国介橋」。
まさに、甲州と信州の国境の橋だった。
家に帰ってからこの道のことを調べてみると、現在では、渓流釣りの人ぐらいしか入らない道だが、やはりこれが旧国道141号線であった。

サイクリングの人は、この区間は、絶対にこの旧道の方を走ることをお勧めする。
大森林の胎内廻りをするかのような高低のある羊腸の小径は、走っていて実に楽しい。

私は、合宿所に戻って、シャワーを浴びて、朝食をもりもりと食べた。

(続く)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
旅(自転車)    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
ぞっとしました Posted by 相子
清里の古い寮は山小屋風で、何処となく暗い感じでした。1963年7月神経症レベルの学生を連れてカウンセリングキャンプに行きました。
何と清里では小海線の線路に入り込み、線路の上を歩きました。途中鉄橋があり、学生や先生方は平気で歩いて行きます。鉄橋の下には川が流れています。下を向きましたら私はもう恐ろしくて、立って歩けなくなりました。線路にしゃがみ込み、這ってやっと渡りました。
犯罪ものですね。誰が言い出したのか思い出せませんが、とてもショックな歩きでした。
近くの飯盛山にも登りましたが、やはり尾根を這って仕舞いました。学生より私の方が鍛えられたような一週間でした。
2011.08.19 Fri 17:21 URL [ Edit ]
ほとんど冒険ですね Posted by 断腸亭
相子さん

それは、すごい!
ほとんど冒険ですね。

旧清里寮には、行ったことがありません。
今はなき信濃学寮なら、何回か行ったことがあります。
あそこは、まるで兵隊の宿舎のようなところでした。

現在は、飯盛山に上るような人もあまりいないようです。
もったいない話しですね
2011.08.19 Fri 23:57 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/651-71c3a77d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。