日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.12.12 Wed
パンクという問題
快晴。

ゆうべ、自転車で銚子に行くために、どんな装備品を携帯するか考えてみた。

一番悩んだのは、パンク対策。
パンクが町中で起これば、自転車屋まで引いて行けるけど、町から遠い所でパンクすれば万事休すである。

そう考えて、やはり、パンク修理セットと空気入れは持って行くことに。

ただ、パンクを自分で直したことがことがないので、本の知識だけでは不安である。

しかしながら、困ってしまうのは、自転車がパンクしてくれないことには練習ができないということ。

出発までに「うまく」パンクしてくれればいいのだが、そうもいかないので、パンクした「つもり」で、タイヤからチューブをはずす練習をしておかなくては・・・。
空気入れ

(パンク修理セットと携帯小型空気入れ・いずれも100円ショップで購入)

----------------------
本日の走行距離:32キロ(駿河台往復)
今月の積算走行距離:224キロ
11月以降の積算走行距離:691キロ
----------------------
----------------------
朝食:コーヒー+野菜ジュース+バナナ+ヨーグルト(家)
昼食:きつね蕎麦(神保町「小諸蕎麦」)
夕食:ポークカレー(神保町)
----------------------
----------------------
メモ;

岸本孝『自転車の事典~走るクスリ』(文園社)読了(214ページ)

これまで読んだ8冊の自転車関係の本では、これがベスト。
自転車そのものの解説もさることながら、非常に広い視野から自転車を捉えている。
志賀直哉が、かなりの自転車狂だったこと。
ロンドン留学時代の漱石が自転車と格闘した話。
明治時代の世界的なオペラ歌手三浦環(たまき)が、自転車で上野音楽学校に通学し、注目の的になったことなど。
キュリー夫人の新婚旅行がサイクリングだったというのも、面白い事実である。
----------------------

自転車    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
むかしむかし。 Posted by しゃあ あずなぶる
ボクが中学生の頃、パンク修理用のスプレー缶ってのが、ありました。
パンクの機会がなかったので実際には、試せませんでした。
パンクの穴を塞いでしまうのと同時に、空気まで入ると言うスグレモノでした。
今でもあるのかなぁ。
2007.12.13 Thu 03:46 URL [ Edit ]
あります、あります Posted by 断腸亭髭爺
今でもありますよ。
100円ショップで売ってます。
ただ、液体がタイヤ内に残留すると、タイヤを劣化させてしまうそうです。
緊急避難的には使えますね。

スプレー式の空気入れは、いいですね。
あれは、買っておこうと思います。
2007.12.13 Thu 07:26 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/64-21ad6ffe

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。