日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.01.28 Fri
この5日間の日録~「四ッ谷見附から上野公園までの抜け道ルート」など
この5日間(月~金)のことを手抜き簡略版にて書き留めておこう。

1月24日(月)

フジクロスで出勤。
いつもの隅田川土手で休憩。

IMG_0227_20110129084320.jpg
(隅田川土手にて)

対岸の「今戸」付近の写真を撮る。

IMG_0228_20110129084441.jpg
(対岸は「今戸」)

江戸後期に広重が、この写真を撮影した場所より100メートルほど下流から、こんな絵を描いている。

東都名所 真土山之図
(「東都名所 真土山之図」。山谷堀の河口には今戸橋が見える)

「真土山」というのは、「待乳(まつち)山」のこと。
浅草近辺に古来存在する低い台地で、その上には「待乳山聖天」がある。
広重の絵では、高々と添え立つように見える待乳山だが、今では、高いビルに隠れてまったく見えなくなっている。

同じ広重の描いた雪景色の今戸橋と待乳山の絵もある。

今戸橋真乳山
(「今戸橋真乳山」)

待乳山は、吉原に通うため(だけでもなかったんだろうが)の「日本堤」を築くために削られて小さくなってしまったとも言われている。

よし原日本堤
(広重「よし原日本堤」)

帰路、久しぶりに雨に降られる。
大した降りではなかったので、ウィンドブレーカーで凌ぐことができた。

本日の走行距離:38キロ(フジクロス)

1月25日(火)

フジクロスで出勤。
昨日、お湿りがあったせいか、空気が柔らかい感じがする。

IMG_0065_20110129094257.jpg
(隅田川土手にて。人道橋の「桜橋」)

帰りに、神田川筋を下って、柳橋に寄る。

IMG_0134.jpg
(柳橋の袂の船宿「小松屋」)

その後、両国橋を渡って、森下の自転車屋「イーストリバーサイクル」に行ってみるが、本日休店にて残念!

本日の走行距離:43キロ(フジクロス)

1月26日(水)

早朝に出発(フジクロス)

いつもの堀端の小公園で休憩。
今日は、気温が低い割には、濠に氷が張っていない。

IMG_0229_20110129104832.jpg
(堀端の小公園にて)

帰路は、以前によく使っていた四ッ谷駅あたりから上野に抜けるルートを走ってみる。
何となく「面倒くさい」経路のような気がして、最近は使っていなかったが、今回走ってみて、なかなか良いルートかもしれないと見直す。

地図を描いてみた。


(自転車の抜け道ルート~四ッ谷見附から上野公園まで(駿河台登坂回避))

四ッ谷駅から外堀の内側沿いの道を辿るルートで、交通量も少ないし、景色が良いのがありがたい。
その反面、幹線道路ではないので、そんなにスピードを出せないところが「面倒くさい」と感じさせていたわけだが、気が急(せ)いている出勤時ではなくて、復路として走れば、のんびりできて、かえって良いかもしれない(ただし、桜の頃は人で一杯になる)。

IMG_0230_20110129110210.jpg
(「東京中華学校」脇のこんな細道に入って、あとは道なりに。地図

やがて、「市ヶ谷駅」の交差点に出るので、道を斜めに渡って、「市ヶ谷プラザ」の裏の道(地図)に入って、道なりに進む。

IMG_0231_20110129110919.jpg
(「新見附」交差点付近。地図

IMG_0232.jpg
(左の堀堤の上には、気持ちの良い遊歩道が通っているが、自転車は通行禁止)

自転車を降りて、新見附橋を歩いてみる。
この橋からの外堀の眺めは、江戸期の風景画家たちが好みそうな絶景である。

IMG_0234_20110129111258.jpg
(新見附橋から外堀を眺める。右には、中央線が見える。中央線は、ハケの道に敷設した路線であることが分かる)

水道橋駅まで来たら、外堀沿いの道は駿河台を登る(あまり楽しくない)急坂(「皀角(さいかち)坂」)になるので、私は、「小栗坂」から駿河台下に抜ける道(「錦華通り」・地図)を南下する。

駿河台は、本郷台地の南の末端で、舌状台地を形成しているので、南に回り込んで昌平橋あたりに出てしまえば、ほとんど登坂を回避できるのである(この地形図を見ると、そのことがよく分かる。舌先を切断しているのが神田川)。

昌平橋→不忍通りで湯島。

久しぶりに、不忍池を散策する。

IMG_0236.jpg
(私の大好きなホール、上野水上音楽堂)

IMG_0237_20110129113300.jpg
(不忍池。二棟の醜いビルが邪魔)

因みに、ほぼ同じアングルから広重が描いた「不忍池」。

不忍池
(広重「不忍池」)

こうして、千住経由で帰路に着いたのであった。

本日の走行距離:64キロ(フジクロス)

1月27日(木)

白米が底をついたので、いつものように「かしわで」(柏市)に買い出しに出かける(フジクロス)。

往路:水元→葛飾橋→松戸(和名ヶ谷・紙敷)→五香→大津川筋→手賀沼→大堀川→「かしわで」。

途中で、腹が減ったので、「松戸南部市場」でラーメンを食べる(62点)。

IMG_0244.jpg
(「松戸南部市場」)

IMG_0245_20110129205354.jpg
(春木川冬景)

このところ、都心ばかり走っていたので、広々とした田園風景の中を走るのは、大変に気持ちがよい。
何と言っても、クルマに追い立てられて走らなくてもいいので、全然、疲れ方が違う。

IMG_0246.jpg
(手賀沼到着)

やっぱり手賀沼はいいなあ~。

手賀沼から大堀川沿いの道を走っていると、交差点で、ロードバイクに乗った人から声を掛けられる。
何と「三連勝(シクロウネ)」のクロモリにトゥークリップという昔ながらの自転車乗り(駆動系とホイールは現行品だが)のようだ。
大分年長の方とお見受けしたが、聞いてびっくり。
78歳だという。
毎日、手賀沼周辺を30キロ走り、ロードレースにも参戦しておられるそうだ。
年に何回か、日帰りで銚子往復もなさるという。
「私も、50代の頃なら、どんなに走っても大丈夫だったんですがね、最近はダメですなあ」と言って笑っておられた。
すごい人である。
しばらく併走しながらお話しをして別れる。
果たして私は、78歳になっても自転車に乗り続けることができるだろうか。
いや、先ずはその前に、その歳まで元気に生きながらえなければならないけど・・・。

「かしわで」で買い出しを済ませる。

IMG_0247.jpg
(買い出しした品々)

こうして私は、「かしわで」→流山橋→江戸川サイクリングロード→大場川→水元公園という道筋で帰ってきた。

IMG_0248_20110130051820.jpg
(リュックに満載した買い出し品。水元公園にて)

家に着いて、着替えをしていると、印旛の愚兵衛さんから電話。
いま、堀切(葛飾区)で飲んでいるから来ないかという・・・。

30分後、私は、堀切菖蒲園駅近くの「哈爾濱餃子(ハルビンギョウザ)」のカウンターで餃子をつまみながら、愚兵衛さんと紹興酒で乾杯していた。
以前、私は堀切に住んでいたので、この店にはよく来たものだ。
少なくとも、葛飾では一番ウマイ餃子を出す店である。
ハルピンから日本に移住した年配のご夫婦が、ここに店を開いて13年。
小さい店(カウンター6席のみ)ながら、地元の人々に支持されて頑張っておられる。
こちらも、見上げたものである。

IMG_0249.jpg
(今や、堀切の顔と言ってもよい「哈爾濱餃子(ハルビンギョウザ)」)

酒を酌み交わしながら愚兵衛さんとしゃべっていると、次々にサイクリングの計画が湧き出してきて、今年もたくさん一緒に走りましょうということになった。
楽しみである。

本日の走行距離:67キロ(フジクロス)

*1月28日(金)の日録については、呑ちゃんが詳しく書いてくれたので、そちらに任せることにした。

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
あれは嫌です Posted by 相子
不忍池から見えるあのビル 本当に嫌ですね。
最初目に入った時、何だろうと思いましたが、どうもマンションらしいですね。
2011.01.29 Sat 13:43 URL [ Edit ]
買出しの米は Posted by しゃあ あずなぶる
なるべく軽い3キロにしましょう。
2011.01.30 Sun 06:50 URL [ Edit ]
今年も Posted by 愚兵衛
27日は突然のお声掛けにお付き合いいただきありがとうございました。
今年も印旛ポタ、葛飾ナイトご一緒しましょう。
2011.01.30 Sun 15:28 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.01.30 Sun 18:03 [ Edit ]
醜の時代 Posted by 断腸亭
相子さん

江戸時代のことを知れば知るほど、当時は、「美」を基本に街ができていたように思うようになりました。
ところが、明治からは、「利」が基本となって、次第にそれに「戦」が乗りかかり、戦後になると、ついに「醜」が基本となってしまったかのようです。

不忍池の景色を独占するために、他の多くの人たちに不快を押し付けるこの現象こそ、「醜」の見本のようです。
2011.01.31 Mon 21:52 URL [ Edit ]
精米仕立ての米 Posted by 断腸亭
しゃあさん

今度は、しゃあさんも、お土産にお米を買って帰ったらいかがですか。
「かしわで」の精米仕立ての米は美味しいので、株が上がりますよ。
2011.01.31 Mon 21:55 URL [ Edit ]
さっそく2月下旬あたりに・・・ Posted by 断腸亭
愚兵衛さん

私でよろしければ、いつでもお誘い下さい。

手始めに、2月の下旬あたりに、サイクリングに行きましょうか。
印旛沼から飯岡の手前あたりに抜けられるルートが開拓できたらいいんですが・・・。
2011.01.31 Mon 21:58 URL [ Edit ]
拝聴致します Posted by 断腸亭
相子さん

重大なお知らせ、ありがとうございました。
是非とも、拝聴致します。
2011.01.31 Mon 22:00 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/604-46ad84c5

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。