日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.01.16 Sun
東京の雪に寄せて
朝起きて窓を開けると雪が降りしきっていたのでびっくりする。
玄関のドアから外に出てみると、強い北西の風に雪が舞っていて、北側のベランダに置いてある自転車のサドルにうっすらと雪が積もっていた。

今日は、奇しくも、旧暦の12月13日に当たる。
約300年前の元禄15年12月13日(旧暦)も、東京は雪だった。
赤穂浪士が討ち入りを行ったのは、翌12月14日未明だったのだが、この時点では既に雪はすっかりやんで、空は晴れ渡っていた(満月の夜だった)という(映画などで討ち入りの当日に雪が降っているように演出されているのは後世に於ける脚色)。

日中に雪が降って夜になって晴れたということは、放射冷却現象のため、江戸の街は凍てつくように寒かったに違いない。
槍先に掲げられた吉良の首は、零下の中、6時間近くも外気温に曝されていたわけで、泉岳寺に着いた頃には、ほぼカチンコチンの冷凍状態になっていたのではなかろうか。

余談だが、東京に於ける大事件は、何故か、雪の日が多い。
桜田門外の変(安政7年旧暦3月3日)
二・二六事件(1936年)
いずれも、暗殺がらみの血なまぐさい事件で、白雪に飛び散る鮮血のイメージがつきまとう・・・。

去年は、2月中に何回か雪の日があって、2月2日に雪が降った際には、喜び勇んで水元公園に写真を撮りにいった日記が残っている

雪国の人には笑われるかもしれないが、雪とは縁がない地域で育った人間は、雪が珍しいので、雪が降ると嬉しいのである。

今日も、公園に行ってみようと思って、簡単な朝食を食べて、着替えをしているうちに、あら不思議、雪はすっかりやんでしまって、青空が見えてきたではないか。

私は急いで6速ママチャリに飛び乗って、水元公園に出かけた。

しかしながら、うっすらと地表を被っただけの雪は、陽光に照らされて、みるみる消滅しつつあった。

IMG_0099_20110117081701.jpg
(水元公園の雪)

IMG_0097_20110117081843.jpg
(陽がさしている水元公園。対岸は三郷公園)

IMG_0102_20110117082007.jpg
(水元公園から流れ出る水路沿い)

そして、これは面白い光景だなあと思って撮影した写真。
杭の陰になった部分の雪だけが、解けずに棒状に残っている。

IMG_0094_20110117083941.jpg
(面白い残り方をしている雪)

たった30分ぐらい、自転車で水元公園のあちこちを廻っているだけで、身体が冷え切ってしまったので、家に帰って鍋焼きうどんを拵えて食べる。

午後からは、フジクロスに乗って、あちこちを散策。

水元公園→三郷界隈→お花茶屋など。

IMG_0104_20110117082350.jpg
(三郷の水路沿いには、早咲きの梅の花が咲いていた)

IMG_0106_20110117082502.jpg
(水元の乗馬教室の練習模様を見学)

IMG_0108_20110117082622.jpg
(葛西用水路にて。葛飾区)

夕飯は、牛肉をしこたま買い込んで、ビーフシチューを拵えて食べた。

走行距離:36キロ(フジクロス+6速ママチャリ)

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
雪は怖い Posted by 相子
暖国育ちの人間には雪は幻想的でもありますが、近づくには怖いような気がします。
初めて草津で吹雪にあった時には心まで凍てついたような気分でした。
昨日は本当に泡雪で終わりましたね。景色に見とれて転んだら大変です。老婆は本当に怖いです。
雪って止むと後は無残にもなりますね。雪国の人の苦労が偲ばれます。
今は住む所は暖かく感謝をしています。
ところで乗馬教室で並んだ最後の馬の姿はロバではありませんでしょうか。
2011.01.17 Mon 22:14 URL [ Edit ]
Posted by oboekan
こんばんは。
こちら(千葉県柏市)でも雪が降りました。
少し積もりましたが、昼にはほとんど溶けてしまいましたが。

杭の影の部分に雪がのこっている写真、面白いですね。
2011.01.17 Mon 23:40 URL [ Edit ]
雪国は大変です! Posted by 断腸亭
相子さん

ずいぶん以前のことですが、一月ほど、真冬の豪雪地帯に暮らしたことがあります。
1階部分は完全に雪に埋もれて、一日中、部屋は真っ暗。
洗濯物も、室内に干すしかなくて、しかも、1週間に一回は玄関先から道へ出るルートの雪かきと屋根の雪下ろしをしなければなりません。
雪かきという仕事も手伝いましたが、非常にハードで、汗だくになりますが、寒いのですぐに身体が冷えます。
お陰で、高熱を発して3日ほど寝込みました。
本当に大変な暮らしだと思い知りました。

ロバではなかったと思いますが、指導役の人が乗っている馬よりも小型でした。
2011.01.19 Wed 21:53 URL [ Edit ]
局地降雪 Posted by 断腸亭
oboekanさん

この日の雪は、局地的だったようですね。
少なくとも、隅田川より西は降らなかったようです。
どうも、北区、足立区、葛飾区、松戸、流山、柏、我孫子あたりで降ったようで、翌日職場で雪が降った話をしたら、え~、降ったの?と驚かれてしまいました。

雪が解ける様を見て、改めて、太陽の偉大さを思いました。
2011.01.19 Wed 21:59 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/597-77e0938d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。