日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.01.03 Mon
行く年来る年~「なんちゃって箱根駅伝サイクリング」や初詣など
年末年始というのは、その人によって、決まった過ごし方(習慣)のようなものがあるものだが、仕事などの義務とは違って、それをこなすのが結構楽しかったりする。

ここ数年、私の年末年始の過ごし方の定番としては・・・(この度、実行済みは、それ以外は ×)、

1.年末に自転車で銚子に行く ×
2.年末に西新井大師の「ミートショップセキヤ」のローストビーフを買いに行く
3.除夜の鐘が鳴る頃に、近所の葛飾水元の「南蔵院(しばられ地蔵)」および「香取神社(水元)」に初詣に行く
4.元旦に早稲田の「穴八幡宮」に初詣に行く
5.柴又帝釈天に初詣に行く

・・・などが挙げられる。

今年の年末はやや忙しくて、1は実行できなかった。
2~5は、既に実行した。

そして、新たに、(毎年の恒例になるかどうかは分からないが・・・)今年は、「なんちゃって箱根駅伝サイクリング」という、ちょっと面白い企図が加わって、それも実行した。

来年になって、去年の今頃何をしていたのかを振り返る縁(よすが)になりそうなので、この4日間(12月31日~1月3日)を簡単に記録しておこう。

12月31日(金・大晦日)

午前中は、玄関先で昨日交換したRD(旧105)のさらなる変速調整(フジクロス)。
その後、水元公園で試乗しながら調整を追い込む。
止まった状態でどんなに完璧に変速調整しても、走ってみると、変速がもたつくことがある。
その場合、RD本体のワイヤー絞り込みのつまみを4分の1回転ぐらい反時計回りに絞ってやると、大抵の場合、ドンピシャになる。
走っているときは、チェーンに猛烈なテンションがかかるため、チェーンが大きい方のギアに登っていく際のRDの横動きが阻害されるので、結果として、静止状態よりワイヤーを張った方が円滑に作動するという理屈なのではないか・・・(なお、ワイヤーが新品だと、走っている尻からワイヤーが伸び出すので、最初のうちは、何回も絞りつまみを絞って調整し続けることが肝要である)。

その後、年末恒例の「ミートショップセキヤ」(足立の西新井大師)へ向かう(ロードバイク)。

IMG_0469.jpg
(荒川土手にて。右手に見えるは千住新橋・現奥州街道)

先ずは、西新井大師にお参りする。
今夜の初詣客の殺到に備えて、あちこちで準備作業が行われていた。

IMG_0471_20110104074607.jpg
(西新井大師南門)

IMG_0472.jpg
(南門より本堂を眺める)

界隈には、師走大晦日の忙しさと賑わいが溢れていて、歩いているとものすごく楽しい。

IMG_0475.jpg
(「ミートショップセキヤ」の店構え。大正10年創業。環七に入る手前で、クルマの交通量が多くて、歩道から斜めに撮影)

店先に自転車を止めていると、店内からセキヤ先輩(学校の先輩)が出てきて、笑顔で迎えてくれた。
先輩のお顔は、多少無精髭を帯びている。
年末の忙しさの中、髭を剃る暇もないものと拝察。

店内には、「アドマチック天国」他のTV番組で取り上げられた際の写真も飾られている。

IMG_0477.jpg
(店内の展示物)

IMG_0476_20110104081323.jpg
(ローストビーフ。100グラム730円)

決して贔屓目に言うのではなく、ここのローストビーフは、私に言わせれば、世界一美味しい
イギリスで食べた最高級のローストビーフすら、ここの自家製ローストビーフには負ける。
但し、大変に人気があるので、大晦日は要予約(普段は予約しなくても大丈夫)。
もちろん、コロッケや焼き豚も絶品だが、大晦日は揚げ物はやっていない。

先輩としばらく談笑して、「良いお年を」のご挨拶を交わして店を後にする。

IMG_0478.jpg
(帰路、綾瀬の公園で休憩)

帰宅後、呑ちゃんと水元公園を散策。

IMG_0500_20110104085335.jpg
(水元公園へ。6速ママチャリ)

IMG_0480.jpg
(ハクセキレイを発見)

IMG_0496.jpg
(水元公園内バードサンクチュアリで「アウトドアライフ」を送る野生の鶏)

夕ご飯は、ローストビーフや七面鳥のハムや自家製のナムルや糠漬けをつまみに一杯。

除夜の鐘が鳴り出す前に、お隣のダイさんも誘って、近所の神社仏閣に初詣に出かける。

南蔵院(しばられ地蔵)」では、大晦日の夜に、これまで願掛けのために多くの参拝者が縛った細縄を全部解いてお焚きあげにする。

IMG_0050_20110104094319.jpg
(普段は、このように緊縛状態の地蔵様)

IMG_0509_20110104094558.jpg
(それが大晦日には、全部取り外されて、地蔵様の「裸身像」を見ることができる)

外した願掛け縄は、焚きあげるために、境内の中央に集められる。

IMG_0507_20110104095522.jpg
(集められた縄。まるで、巨大なざる蕎麦のようだ)

古式音曲(おんぎょく)の流れる中、住職によって火が点けられて、大きな炎が上がる。

IMG_0513_20110104095131.jpg
(しめ縄に火が点され、大きな炎が上がる)

こうして、「南蔵院(しばられ地蔵)」の除夜の鐘が鳴り始めるのを聞きながら、われわれは、次の初詣をするために「香取神社(水元)」に徒歩で向かう。

この「香取神社(水元)」が、われわれの町内の鎮守様である。

ここでは、お参りを済ませると、全員に(無料で)御神酒と味噌田楽が振る舞われる。
これを巨大な篝火の前で食すのが楽しみなのである。

IMG_0007 (7)
(お参りをする人々)

IMG_0003 (3)
(御神酒と味噌田楽が振る舞われる)

二つの初詣を済ませたわれわれは、何だかさっぱりした気持ちで帰宅。
呑ちゃんと新年の杯を交わしたのであった。
今年も良い年でありますように・・・。

走行距離:28キロ(フジクロス+ロード+6速ママチャリ)

1月1日(土・元旦)

元旦は、ここ数年、身内の人々と「穴八幡宮」(新宿区)に初詣に行く慣わしである。
例年は、列車で皆さんと一緒に行くのだが、今年は、自転車で行ってみることにした(ロードバイク)。
クルマが空いてる元旦の都心を走ってみたかったからである。

経路は、先ずいつもの通勤路を走って、お茶の水橋から外堀通り→大久保通り(神楽坂)→早稲田通りで「穴八幡宮」。

いくら元旦だと言っても、国道6号線は結構込んでいた(普通の日曜日よりやや空いているぐらいかな)。
隅田川土手で小休止。

IMG_0012_20110105063146.jpg
(1週間ぶりぐらいの隅田川。ちょっと懐かしい感じがした)

浅草業平橋界隈は、普段の10倍ぐらい人が出ていて、吾妻橋などは人混みで渡りきるのが大変なぐらいだったが、隅田川より西の道路はがらがらで、時が止まったかのように静かだった(東京も、年中こうだと走りやすいんだけどなあ)。

穴八幡宮」に到着。

IMG_0013 (2)
(穴八幡の流鏑馬像)

電車で来た他の皆さんと合流して、一緒にお参りをする。

IMG_0017 (6)
(お参りを済ませて、参道脇で休憩)

夜は、美味しい日本酒と数々のご馳走を囲んで新年会。

新年会ご馳走
(新年会のご馳走。寿司、蟹、ローストビーフなど)

明日が早いので、私は、帰宅してすぐに床に入ってぐっすり寝てしまった。

走行距離:44キロ(ロードバイク)

1月2日(日)

箱根駅伝


今日はいよいよ「なんちゃって箱根駅伝サイクリング」の日である。

箱根駅伝の出走前の、交通規制が敷かれる前に、自転車で同じコースを走ってしまおうという企画で、去年は、午後から用事があったので、他のメンバーを大手町で見送ることしかできなかったが、今年は全行程(と言っても平塚まで)を走ることができた。

朝まだき、真っ暗な中、家を出る(ロードバイク)。
いつもの通勤経路を走って、本郷通りで大手町に出る。
寒いのは当然だが、去年よりは温い感じがした。

神田橋の立ち食い蕎麦屋で蕎麦を食べるつもりだったが、正月とあって、閉まっていた。
仕方がないので、日本橋川畔で、途中のコンビニで買っておいたおにぎりを食べる。

大手町の集合場所に到着すると、横山さん・ゆるさんがツーリング装備の自転車を並べて既に待っていた。
しばし歓談していると、Spiritさん(+お見送りの奥様)が地下鉄の駅から上がって来た。
Spiritさんと、樽さんの絵についての話などをしていると、今度は、xiaoxiongさんが現れる。
その後、次第に明るくなるに連れて、我が身の周辺にて、今回のメンバーの姿が続々と発見せられる。
この度の主催者nicさんヤマグチさんE-ponさんまっちさんBoostさん、emoさん。
それに、この私を含めて総勢11名(男10、女1。ロードバイク10、クロスバイク1)。

IMG_0020.jpg
(大手町の集合場所)

さて、箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)について、私はほとんど知識がなかったので、今回、少しだけ勉強してみた。
今年で87回目を迎えるという。
第1回大会が行われたのは、1920(大正9)年というのだから、関東大震災(1923年)よりも前のことである。
第1回大会の参加校は、たった4校(明治大学、早稲田大学、慶應義塾大学、東京高等師範学校)。
しかも、現在の箱根駅伝は、新暦正月の2日と3日両日に行われるが、1955年の第31回大会までは、旧暦の正月(2月の中下旬)に行われていたというのだから、今よりも悪天と厳寒に悩まされたことだろう(入試はどうしたのだろうと私などは要らぬ心配をしたりする・・・)。

箱根駅伝のコースは、現在の東海道(国道15号・国道1号)をほぼなぞるものだと言ってもよいが、たとえば、藤沢から国道1号線を離れて海岸道路(国道134号線)を通るところなどは大きく異なる(因みに、東京~箱根区間の、江戸時代以降の旧東海道と現東海道が同一経路を辿る距離は約3分の2ぐらいだろうか)。


(箱根駅伝のコース)

しかしながら、過去の駅伝コースがどうであったか、その後、どんな変遷があったのかということは、あまりにややこしくて、私には、ここでつまびらかにする力はない。

さて、この現東海道(国道15~1号)だが、比較的長距離に限って言えば、小田原、鎌倉、横浜までそれぞれ1回ずつ走った(往復した)ことがある(+小田原~箱根間の旧道なら走ったことあり)。
お世辞にも、自転車で走って楽しい道ではない。
大型車の交通量も多いし、大きな街の付近では頻繁に渋滞する。
できれば、走りたくない道である。

ところが、今日だけは違う!
まさに、これから箱根駅伝が繰り広げられる「戦場」としての道だというただ1点において、われわれにとって、今日だけは、走ってみたい輝かしい街道なのである・・・。

われわれの出発時間(7時)まで、各大学の応援本部を見て回るが、去年より、準備時間が遅めのような気がした。

IMG_0021 (10)
(リハーサル中の明治大学応援団・大手町)

そして、いよいよ出発の時間。
気を引き締めるために、全員で記念撮影。

出発
(さ~て、頑張って走るぜ!)

われわれは、朝日に照り映えるビル群や東京タワーを見ながら、東海道を西進した。
正月の早朝とあって、道は空いているのだが、信号機は普段通り生きているので、どんなに飛ばしても信号の停車で帳尻が合ってしまう。

交通規制がかかってしまうと、それ以上先へは進めなくなってしまうので、今日は時間との競争である。
そのため、絶えず全速力に近いスピードで走り続けなければならないので、普段のように、途中で名所旧跡に寄ったり、腹が減ったから肉まんでも食べていこうというわけにはいかないのである。
途中、六郷橋を渡ったところで、一回だけ、トイレ休憩をとるのみ。
従って、その間の写真もなし。

横浜までは、大体において、道は平坦だが、横浜を過ぎて、三浦半島の付け根のあたりに差し掛かると、結構応えるアップダウンが始まる。
権太坂、標高56メートル。
不動坂、標高69メートル。
5区(箱根)の870メートルからすれば大した標高ではないのだが、大手町から一気に走ってきた足には厳しい。
因みに、われわれが普段走っている松戸市や市川市の最高標高はせいぜい30メートルあまりである。

藤沢で国道1号線から離れて、湘南新道(県道30号線)に分岐して、小和田浜で国道134号線(海岸道路)に入ると、眼前に(普段は江戸川から見ている私には)信じられないぐらい大きな冠雪富士の山容が望める。

IMG_0036 (24)
(富士山。茅ヶ崎付近より)

新相模大橋(相模川)を渡り切って、「高浜台」(平塚市)の交差点まで来たところで、警察の交通規制がかかっており、ここでわれわれの「なんちゃって」駅伝は終了となった。

IMG_0022_20110106072636.jpg
(「高浜台」で先頭ランナーの到来を待つ人たち)

われわれは、134号線沿いの湘南海岸公園あたりから、今度は「本物」の駅伝の観戦をすることにした。

IMG_0024_20110106073134.jpg
(沿道で先頭ランナーの到来を待つわれわれ)

IMG_0035_20110105094839.jpg
(サドルの後に小旗を着けた私の自転車)

IMG_0025 (14)
(旗坊、発見)

ラジオの実況放送を聴きながら待っていると、沿道の観客からどよめきがおこった。
先頭のランナー(早大)がついに現れたのである。

相当なスピード(時速23キロぐらい)で走っているので、カメラに収めるのに難儀する。

IMG_0028_20110105094718.jpg
(激走する明治大学のランナー)

IMG_0029 (18)
(白バイや中継車輌が随走)

IMG_0032 (20)
(この中継車輌は、バイクを改造した物。ドイツ軍のバイクを連想。乗ってみたいと思う)

こうしてわれわれは観戦も済ませて、国道134号線を東に戻って、街道筋のファミレスで昼食(私はジャンボステーキセットをぺろり)。

その後、せっかくだからということで、のんびりと走って、茅ヶ崎海岸に寄ってみた。

IMG_0039_20110106081224.jpg
(茅ヶ崎海岸)

IMG_0038 (26)
(遙か東方には、江ノ島と三浦半島も見える)

IMG_0042 (30)
(青々とうねる相模湾。占領時代、米軍の射撃訓練の標的となった烏帽子岩が見える)

そして、C形のオブジェの前で記念写真。

茅ヶ崎
(はい、よく頑張りました!)

その後、茅ヶ崎駅まで走って、輪行。
電車が思っていたよりも混んでいて、多少難儀する。

私は、旧品川宿沿いの旧街道を走ってみたくて、品川駅で皆さんとお別れした。

IMG_0047 (34)
(旧品川宿入口。「従是南 品川宿 地内」の標柱が見える)

IMG_0048_20110106083859.jpg
(旧品川宿説明板・後日、ゆっくりと再訪しよう)

IMG_0046_20110106083943.jpg
(旧東海道中品川宿)

品川界隈の旧街道については、ここで書くと、また長くなってしまうので、他日に期することにする。

私は、ある種の達成感を感じながら、国道15号→国道6号を走って帰宅した。

nicさんをはじめとするメンバーの皆さん、どうもありがとうございました。

走行距離:111キロ(ロードバイク)

1月3日(月)

冬晴れの長閑な正月。

この日のことは、既に、あらまし、呑ちゃんがブログに書いているので、簡単に。

IMG_0052 (2)
(「南蔵院(しばられ地蔵)」で鐘を撞く私)

その後、柴又帝釈天に向かう(フジクロス)

IMG_0059 (8)
(初詣客で賑わう帝釈天本堂)

IMG_0063 (11)
(参道の飴屋さんでは、軽快な音を立てて飴を切っていた)

IMG_0066_20110106102123.jpg
(柴又の洒落た蕎麦屋で食事)

IMG_0073 (21)
(山本亭では、獅子舞の一団と記念撮影)

IMG_0076_20110106102413.jpg
(江戸川で、矢切の渡し舟を見送る)

その後、江戸川サイクリングロードを走っていると、変わった自転車とすれちがったので、声を掛けて、しばし歓談。

IMG_0077 (25)
(自転車草創期の、いわゆる「オーディナリー」型自転車。もちろん、固定ギア)

40年ほど前に、ブリジストンで販売されていた物を改造整備しなおして乗っているのだという。
前輪ホイール(28インチ)も交換して、最初は付いていなかったキャリパーブレーキを装着。

IMG_0078_20110106102913.jpg
(後付のブレーキ)

綺麗に再塗装されて、実に美しい自転車だあった。

多少、長くなってしまったが、これにて、年末年始の記録をお仕舞いとする。

走行距離:18キロ(フジクロス+6速ママチャリ)

この項、了。

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(16)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by
年内掃除すると約束してたのに、最後の最後まで手をつけなかったのは反省してね。
今年の年末こそは是非きちんと早めに手をつけて、銚子へ行ってください。
2011.01.03 Mon 23:42 URL [ Edit ]
ごめんにゃしゃい。 Posted by しゃあ あずなぶる
呑ちゃん。
男の子は、基本的に掃除が出来ない生き物なんです。
何だかボクも一緒に怒られている気分。
まぁ、怒られるのは慣れてるから、平気なんだけどさ。

断腸さん。
そば。美味かったっすねぇ。
今度、二人で「呑ちゃん接待」して許してもらおうね。
2011.01.04 Tue 07:13 URL [ Edit ]
西新井大師 Posted by oboekan
こんにちは。
拙ブログに訪問していただきありがとうございます。

西新井大師は、厄除けの時に行きました。
家族3人で行きましたが、すごい人出でした。

ローストビーフは気づかなかったです。
ミートショップセキヤさんは大師前駅のすぐ近くみたいですね。知っていたら行きたかったです^^;
次に行く機会があったらぜひローストビーフを買いに行きたいです。

2011.01.04 Tue 15:36 URL [ Edit ]
事柄が別なんです Posted by 断腸亭
呑ちゃん

掃除をすることと銚子へ行くことは、私にとっては、まったく別の事柄なので、無関係なものなのです。
ですから、掃除をしていたから銚子に行けなかったとは、思ったこともありません。
むしろ、銚子に行かなかったことで、その分、じっくりと自転車の整備ができたので、それはそれで良かったことだと思っています。
2011.01.06 Thu 09:36 URL [ Edit ]
今年もよろしく Posted by 断腸亭
しゃあさん

掃除に関する感じ方は十人十色なので、実は、私にもよく分からないのですが、掃除が「できない」というよりは、掃除するということを「思いつかない」と言った方が、私には正確なような気がします。

改めで、新年会をやりたいですね。
2011.01.06 Thu 09:39 URL [ Edit ]
いずれどこかで・・・ Posted by 断腸亭
oboekanさん

oboekanさんのブログ、何だかのほほんとしたところ好きで、よく拝見してました。

ミートショップセキヤのローストビーフ、一度、騙されたと思って召し上がってみて下さい。

生肉や焼き豚は、通販でも買えるのですが、ローストビーフはやってないようです。

いずれどこかでご一緒できますね。
2011.01.06 Thu 09:45 URL [ Edit ]
今年もよろしくお願いします Posted by xiaoxiong
なんちゃって箱根駅伝は楽しかったですね。
お正月に相応しいイベントでした。
自転車で多摩川を渡ったのは初めてお上りさん気分できょろきょろしてました。

ところで「オーディナリー」型自転車?日本で販売してたなんてまったく知りませんでした。
40年前かー、いい時代だったんですかね。

では、またよろしくお願いします。
2011.01.06 Thu 12:43 URL [ Edit ]
思い出深い一日。 Posted by しゃあ あずなぶる
縛られ地蔵や希少自転車を見られるなど、貴重な一日でした。
2011.01.06 Thu 15:04 URL [ Edit ]
Posted by ヤマグチ。
駅伝、お疲れさまでしたー!
晴天、海、富士山...ある意味日本のお正月を満喫できたような気がしてます^^
おかげ様でいい年明けとなりました。
ありがとうございました。
2011.01.06 Thu 17:34 URL [ Edit ]
ブリジストンのオーディナリー Posted by 断腸亭
xiaoxiongさん

確かに、われわれにとって、多摩川はやや遠い存在ですねえ。
でも、江戸川の方が、私は好きですが・・・。

ブリジストンのオーディナリー、やはり、1970年代に発売されていたようです。
http://aucfan.com/aucview/yahoo/d108679514/
いわゆる実用車だけではなく、こんな復刻的な自転車を生産していたとは、余裕のある時代だったんですねえ。

今年も、自転車生活を存分に楽しみましょう!
2011.01.07 Fri 06:55 URL [ Edit ]
八潮の本格脳味噌カレー Posted by 断腸亭
しゃあさん

この次は、八潮の本格脳味噌カレーを食べに行きましょう。
2011.01.07 Fri 06:57 URL [ Edit ]
大きな富士 Posted by 断腸亭
ヤマグチ。さん

ホント、普段は、江戸川から富士山を見ているので、平塚あたりで富士山が突然眼前に現れると、その大きさに度肝を抜かれますね。

ヤマグチ。さんのオレンジのロードに朝焼けが照り映えて、非常に美しかったです。
2011.01.07 Fri 07:00 URL [ Edit ]
面白かった! Posted by 相子
断腸亭さま いろいろと見せて頂き、とても面白かったです。特に掃除の件の追跡コメントも何だかニヤニヤして仕舞いました。実は私は掃除嫌い、片付け嫌い。どの部屋もあんたのかと何時も呆れられております。
2011.01.07 Fri 19:05 URL [ Edit ]
元の木阿弥 Posted by 断腸亭
相子さん

掃除をしてからもう10日以上になりますが、そろそろ部屋は、「本然に復し」つつあります。

正月2日は、国立のラグビーと人員を分け合わなければならかったのか、沿道の明大の応援は、他校に較べて少なめでした。
あれでは選手たちもかわいそうなので、学生部に進言するつもりです。

明日から、本格的に、仕事が始まります。
憂鬱ではないと言えば、嘘になります。
2011.01.10 Mon 05:30 URL [ Edit ]
Posted by まっち
お疲れ様でした。
品川宿、なんだか面白そうですね。
そのうちクロスバイクでのんびり訪れてみたいと思います。

正月3日は、僕も帝釈天に行きましたよ。
江戸川サイクリングロードで断腸亭さんにそっくりな人がいて思わず声をかけたところ、全くの別人でした(笑)

今年もよろしく~
2011.01.10 Mon 08:07 URL [ Edit ]
旧品川宿のあたり Posted by 断腸亭
まっちさん

駅伝ルートは、年の初めから、爽快でしたね。
茅ヶ崎の海が見られたのもよかったです。

旧品川宿のあたりは、旧東海道筋で、都内で唯一、いくらかでも当時の風情を残している場所です。

千住界隈の旧(日光)街道筋とやや似たような雰囲気ですが、品川の方がややお上品な感じです。

まさに同じ日に、帝釈天に行かれたんですね。
私に「そっくり」な人は、この世に何人かいるようで、これまでにも、何回か間違って声をかけられたことがあります。
私にそっくりな人々には、ご迷惑をおかけしております。

こちらこそ、よろしくお願いします。
2011.01.10 Mon 08:29 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/592-fb58c8e1

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。