日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.12.23 Thu
この4日間~仕事納めの週の自転車通勤
師走も残すところ、10日ほどになった。
何だか気ぜわしい一週間だったが、職場の行き帰りに自転車が乗れることだけが、私にとって唯一の救いかもしれない。

さて、この4日間(日~水)を簡単に振り返っておこう。

12月19日(日)

昼前に、しゃあさんが自転車で訪ねてくる。
さっそく、昼飯を食べに、水元公園を抜けて、近所の洋風食堂「NAKAMURA」(葛飾区東水元)に出かける。

IMG_0223.jpg
(米沢豚のピカタとフライ。ご飯とサラダとコーヒー付で1300円ぐらい)

ここのランチ定食は、とても上品な味わいで、しかもお手ごろ価格なので、2月に一回ほど食べに来る(お薦めです)。

その後、いつもの「かわせみの里」でカワセミを観察。

IMG_0149.jpg
(水元公園「かわせみの里」)

カワセミの撮影はできなかったが、百舌(もず)の撮影には成功する。

IMG_0224.jpg
(百舌)

百舌を見ると、必ず、秀逸な反戦歌にもなっているこの歌を思い出す。

「もずが枯れ木で」(作詞:サトウ ハチロー、作曲:徳富 繁、1938年作)

もずが枯木で鳴いている
おいらは藁を たたいてる
綿びき車は おばあさん
コットン水車も 廻ってる

みんな去年と 同じだよ
けれども足んねえ ものがある
兄さの薪割る 音がねえ
バッサリ薪割る 音がねえ

兄さは満州に いっただよ
鉄砲が涙で 光っただ
もずよ寒いと 鳴くがよい
兄さはもっと 寒いだろ

「鉄砲が涙で光っただ」というところが特に私は好きだ。
百舌の写真を撮ったあと、このメロディを鼻歌で歌っていたら、傍らにいたオバサンにくすっと笑われた。

IMG_0227.jpg
(フジクロス。水元公園にて)

その後、しゃあさんを送るべく、水元から舎人までの「毛長川ルート」を途中までご案内する。

走行距離:26キロ(フジクロス+6速ママチャリ)

12月20日(月)

午前中、フジクロスで出かける。
ブレーキが甘くなってきている。
ブレーキシューが大分減ってきているので、そろそろ交換しなければならない。

久しぶりに、東向島の激安250円弁当を買って、定位置の隅田川土手で遅めの朝食を食べる。
隅田川土手の桜の木は、すっかり葉っぱが落ちてしまった。

IMG_0228.jpg
(隅田川土手の定位置にて。隅田川上流方面を見る)

IMG_0229.jpg
(牡蠣フライ弁当・250円。きんぴらが付いていたのに驚く。だんだん健康志向に変遷しつつある)

節約のため、コーヒーとお茶は毎日持参。
コーヒーは、プラ製のワンカップに入れて持ち歩いている。

IMG_0230.jpg
(持参したコーヒーとお茶。すぐ前のクリーム色の橋は、桜橋)

仕事が終わって、夜の東京を走る。
中川から月を眺める。
ほとんど満月である。

IMG_0231.jpg
(中川の満月)

家に帰ったら、呑ちゃんが美味しい夕食を拵えていてくれた。

IMG_0234.jpg
(夕食。銚子の薩摩揚げ。鶏胸肉の葱ポン酢のせ。川海老入り卵焼き)

休肝日なので、オーストラリアの偽ビールを飲んでたらふく食べて寝る。

走行距離:35キロ(フジクロス)

12月21日(火)

冬晴れの気持ちの良い日。
フジクロスで出発。
何だか疲れが溜まってきているようで、途中の四ツ木橋の坂を登っただけで疲れてしまい、コーヒーを飲みながら休憩。

IMG_0235.jpg
(左は新四ツ木橋、右は四ツ木橋。荒川。地図

秋葉原の立ち食い蕎麦屋でたぬき蕎麦(朝食)を啜る。

業務終了。

まだ日が残っていたので、帰りは、不忍通り経由で湯島界隈を見て回る。
入園しなくても旧岩崎邸が見える場所がないか、ぐるぐる廻ってみるが、徒労に終わる。

IMG_0237.jpg
(すっかり蓮の葉が冬枯れている不忍池)

その後、浅草通り沿いに東進。
途中で、浅草東本願寺の前を通りかかったので、少しばかり見学していくことにする。

IMG_0238.jpg
浅草東本願寺

はっきり言って、現在では、面白くも何ともない寺になりはててしまっているが、江戸期には、北斎がこの寺を描いていることでも有名である。

東都浅草本願寺
(「東都浅草本願寺」『富嶽三十六景』より)

江戸の東本願寺は、そもそも神田あたりにあったそうだが、明暦の大火(17世紀中期)に焼失後、現在のこの地に建立される。
幕末維新時には、東本願寺が佐幕派であったことから、一時、彰義隊の拠点と化す。
明治初期には、この寺で、最初の地方官会議が開かれたことでも知られているが、その後、震災と米軍の空爆で二度焼失。
1953年に修復再建され今日に至る・・・。

吾妻橋を渡って、隅田川畔の水戸藩下屋敷跡公園で、しばし、コーヒーブレーク。

IMG_0245.jpg
水戸藩下屋敷跡公園。カモメが飛び交っていた)

IMG_0243.jpg
(園内では、誰かが雀に餌をやっていて、まん丸な寒雀が元気よく遊んでいた)

家に着いた頃には既に真っ暗。

身体が冷え切ってしまったので、カレーうどんを拵えて食べる。

走行距離:37キロ(フジクロス)

12月22日(水)

予報通りの雨と風である。
水曜日は、なぜか、雨が多い。
合羽を着て、ルイガノクロスに乗って出かける。
まだ夜明け前なので、辺りは真っ暗。

四ツ木橋を渡る頃に、夜が白みはじめる。
雨の日通勤ルートを経て、桜橋のところに来た頃には、ほぼ、雨が上がって、空が明るくなっている。
良かった。
合羽を脱ぐ。

IMG_0248.jpg
(隅田川土手。雨あがる)

IMG_0250.jpg
(隅田川土手と首都高)

蔵前橋通り→清洲橋通り→靖国通り→一八通りで内堀通りに出る。
いつもの堀端の公園で一服。

IMG_0251.jpg
(気象庁前の堀端の公園)

その後、だらだらと走っていたため、いつもより30分ぐらい余計にかかって職場に到着。

昼下がりに、仕事が終わって、自転車に跨る。
朝の天気が嘘のように、晴れ渡っていて、しかも暖かい。
口笛(高田渡の「生活の柄」など)を吹きながら、地獄の新宿を抜ける。

今日は、四ッ谷から、外堀通りに下ってみる。
四ッ谷から水道橋あたりまでの外堀通りは、結構走りやすいのだが、交差点で左折専用車線が多いのがちょっと困る。
直進したいのに、あの交通量の中、道路の左端から直進車線に自転車で割り込むのは至難の業である。

水道橋から、あまり楽しくないお茶の水坂を登る。

すると、坂の途中(左側)に、以前から気になっていた「元町公園」(文京区)が現れたので寄ってみることにする。

IMG_0258.jpg
元町公園

この公園は、関東大震災後の、いわゆる復興事業の一環として、1930(昭和5)年にこの地に造営されたまま、その当時の姿を保っている珍しい公園である。

また、この辺りは、江戸初期には、お茶の水の名の起こりになった泉の湧く高林寺という大きな寺(明暦の大火で焼失)の敷地だったのだが、それについては既に書いた

IMG_0254_20101224011402.jpg
元町公園

大分老朽化しているものの、古風な趣(アールデコ風)があって、気持ちの良い場所である。

IMG_0255.jpg
(公園からは、外堀通りと神田川が見下ろせる)

最近、ここを管轄する文京区では、この公園の取り壊しを検討しており、それに対する住民の反対運動も起こっているらしい。
これも、見ておきたいのなら、お早めにどうぞ・・・。

吾妻橋を渡る。

IMG_0261.jpg
(吾妻橋から駒形橋を眺める)

その後、枕橋の「茶や」でしばらく油を売ってから帰宅。

IMG_0262.jpg
(枕橋の「茶や」)

さて、暗くなる前に帰宅した私だが、今夜は、職場がらみの忘年会があるので、しばらく休んでから出かける(フジクロス)。
だが、今日の宴会は、何とも嬉しいことに、自宅から目と鼻の先にある柴又でやるという。
柴又には、やや早めに着いたので、夜の帝釈天散歩。

IMG_0272.jpg
(夜の帝釈天参道)

IMG_0268.jpg
(夜の帝釈天参道。ほとんどの店は、もう閉店していた)

IMG_0267.jpg
(夜の帝釈天山門)

IMG_0270.jpg
(夜の寅さん像)

そして、今夜の会場の「ゑびす家」。

IMG_0271.jpg
(「ゑびす家」)

15人ぐらいの忘年会だった。
ものすごい料理でびっくりしたが、「底ぬけ」という新潟長岡の日本酒が大変に美味しくて、私一人で1升ぐらいは飲んでしまったかもしれない。

IMG_0277.jpg
(「底ぬけ」)

お陰で、翌日は二日酔いで、せっかくの休みだというのに、一日中ごろごろしていた。
要猛省。

走行距離:68キロ(ルイガノクロス+フジクロス)

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
ゴチになりました! Posted by しゃあ あずなぶる
NAKAMURAゴチでした。

250円弁当。最近はご無沙汰でしたね。
お茶、コーヒーは買うのは勿体無い気がします。
2010.12.24 Fri 04:52 URL [ Edit ]
節約 Posted by 断腸亭
しゃあさん

お礼をいただく筋合いではありません。
いつもクルマ等でお世話になっているので、気になさらないで下さい。

昼食(外食)は、400円以内と決めています。
お茶とコーヒーをこまめに節約すれば、1年分のタイヤ&チューブ代ぐらいが浮きますね。
2010.12.24 Fri 09:07 URL [ Edit ]
記事とは無関係のコメントですみませんm(_ _)m Posted by たすけ
>八潮のパキスタン料理店
抜け駆けはなしよ...なんて私言っておきながら、一人で行ってしまってすみませんでした^^;

アルカラムもカラチの空も断腸亭さんの為にあるようなお店です!
あれからkashiwanさんにコメント(アドバイス)を頂き拙ブログに追記しましたが...

是非、是非、アルカラムの*マガズマサラ(脳みそカレー)!
いっちゃってくださ~い^^
2010.12.24 Fri 13:54 URL [ Edit ]
何時も一緒な気分です Posted by 相子
断腸亭さまの走る所を一緒に眺めているような気分でおります。
難しく真面目且つ面白い。ためになります。
「えびす屋」さんでの忘年会納得です。部長さんもご一緒でしたか。
2010.12.24 Fri 20:55 URL [ Edit ]
ハートに火をつけて! Posted by 断腸亭
たすけさん

別に抜け駆けなぞとは思ってませんよ。
こういうことは、誰かがきっかけを作ってくれると、火がつくものです。
たすけさんのブログを読んで、俄然、行きたくなりました。
アルカラムの脳みそカレー、効きそうですね。
身震いします!
2010.12.25 Sat 16:09 URL [ Edit ]
いつもありがとうございます。 Posted by 断腸亭
相子さん

いつも、くだらない記事を丹念に読んで下さり、ありがとうごいます。
今回は、一般部50周年記念の忘年会ということで、もちろん、部長さんもいらっしゃいました。
皆さん、大変な飲み助で、ついつい私も行き過ぎてしまった次第です。
ゑびす家の若旦那さんにも、とてもよくしていだきました。
2010.12.25 Sat 16:14 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/587-701095fd

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。