日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.12.17 Fri
隅田川の橋を梯子する
所用があって、八丁堀に行かなくてはならない(フジクロス)。

両国橋まで出てから、赤穂浪士討ち入り後の退却ルートを追いかけようとするが、地図を忘れたので諦める。
仕方がないので、隅田川左岸の本所深川あたりを目的もなく走り回るが、これと言って興味を引くものなし。
隅田川左岸の下流域は、震災と戦災によって、ほぼ完全に破壊されてしまったので、古い物で残っているのは、いくつかの橋と神社仏閣の痕跡のみだが、江戸中期以来の道筋自体は、現在でもほとんど踏襲されているようだ(今でも、元禄期の赤穂浪士の退却ルートを追跡できるのも、そのお陰である)。

新大橋(蜜柑色)を渡って、右岸に渡ることにする。

IMG_0158.jpg
(モダンデザインの新大橋。深川方面を見る)

IMG_0155.jpg
(新大橋より上流を眺める。首都高が交差している)

徳川期において、隅田川に最初に架けられた橋は、「千住大橋」(1594年架橋。奥州街道筋)。
それから75年後の1659年に、「両国橋」が架橋される。
さらに、それから34年後の1693年に、日本橋と深川を結ぶ「新大橋」が架橋されることになる。
因みに、新大橋のやや下流の「永代橋」が架けられたのは、5年後の1698年。
上記四つの橋を「隅田川四橋」と言うが、元禄期において、下流域に立て続けに二本の橋が造られた(架橋ラッシュ)のは、新開地深川の人口が急増していたことの証しであろう。

元禄期はまさに、江戸の街が、東郊へ拡大する時期だったわけだが、因みに、その当時深川に住んでいた人で、われわれにも馴染みのある人物が、吉良上野介であり、松尾芭蕉である。

その芭蕉は、自分の家の近くで建設中の「新大橋」のことをこう詠んでいる。

初雪や かけかゝりたる はしのうへ

また、「新大橋」の完成に際しては、

ありがたや いたゞいて踏む はしの霜

という句を残している。

新大橋の橋柱には、巨大なレリーフ(浮き彫り)が嵌め込まれていた。

一枚は、明治末期の新大橋の絵図。

IMG_0156.jpg
(明治末期の新大橋のレリーフ)

そして、もう一枚は、有名な広重の「大橋あたけの夕立」を原画とするレリーフ。

IMG_0157.jpg
(広重の「大橋あたけの夕立」を原画とするレリーフ)

ついでに、このレリーフの元になった広重の画像も貼っておこう。

新大橋広重
(広重「大橋あたけの夕立」。ここで言う「大橋」とは、新大橋のこと。「あたけ(安宅)」というのは、現在の森下あたりを示す古地名。)

新大橋を渡ってから、右岸の川筋を追いかけながら、次の橋「清洲橋」も渡ってみる。
清洲橋は、隅田川に架かる橋の中で、私が一番好きな橋である。

IMG_0159.jpg
(清洲橋)

IMG_0160_20101219070952.jpg
(清洲橋の橋上。ランタンに趣がある)

IMG_0161.jpg
(清洲橋より下流を眺める)

面倒臭くなってきたので、後は、駆け足で。

IMG_0162_20101219071452.jpg
(隅田川テラスの公園で休憩)

IMG_0163.jpg
(永代橋)

IMG_0164.jpg
(いつ見ても幻想的な佃島の摩天楼住宅群)

IMG_0165.jpg
(月島の商店街を抜けて)

IMG_0166.jpg
(月島の水路を眺めて)

IMG_0167.jpg
(月島埠頭まで走る。遠景の橋が、いわゆる「レインボーブリッジ」)

こうして私は、八丁堀に引き返して用事を済ませる。

帰りは、夜の新大橋通り→清澄通りをしゃかりきにぶっ飛ばして金町駅前へ。

呑ちゃんと待ち合わせて、居酒屋で一杯。

IMG_0170.jpg
(つまみのレンコンチップス)

年末の金曜夜とあって、居酒屋は、犇めくような常時満席状態であった。

走行距離:59キロ(フジクロス+ロードバイク)

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
好きです。 Posted by しゃあ あずなぶる
本日も、またまたゴチになりました。
あざ~っす。

橋とかダムって好きです。
ところで、レインボーブリッジは封鎖できそうですか?
2010.12.19 Sun 16:02 URL [ Edit ]
レインボーブリッジは無縁です Posted by 断腸亭
しゃあさん

橋って、面白いですねえ。

封鎖?ですか。
レインボーブリッジは、クルマはもちろん、徒歩でも渡れますが、自転車(と原付)は通行禁止ですので、私にとっては、事実上、「封鎖」されているのと同じです。

今日の毛長川ルートですが、以前に簡単に書いたことがあります。
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-553.html
そのうち、きちんとまとめたいと思います。

そうそう、フルカーボンロードですが、これなんかどうでしょう(車重8キロ。コンパクトクランクに換えることもできます)。
http://item.rakuten.co.jp/artcycle/897201

アルミ(フォークはカーボン)なら、9キロ台で、あと10万ほど安く買えます。
http://item.rakuten.co.jp/artcycle/c/0000000111

私だったら、クロモリ(鉄)のこれを買いますが・・・(9キロ)。
http://item.rakuten.co.jp/artcycle/c/0000000108
2010.12.19 Sun 17:17 URL [ Edit ]
レインボーブリッジ Posted by
しゃあさんはきっと、「踊る大捜査線」的な回答を求めてたんだと思う。。。
しゃあさん、ごめんねっ!!(@_@)
2010.12.19 Sun 19:05 URL [ Edit ]
参考になります Posted by 相子
今思うと恥ずかしいことですが、昔々東京の橋がこんなに美しいとは知りませんでした。55年ほど前になりますが学生を吾妻橋のアサヒビールの工場見学に連れて行きました。
ビールもさることながら橋も見せるべきでしたね。
2010.12.19 Sun 21:47 URL [ Edit ]
「レインボーブリッジを自転車で突破する会」 Posted by 断腸亭
しゃあさん、呑ちゃん

なるほど、そうでしたか。
「踊る大捜査線」シリーズは、私の苦手とする映画なので、よく知りませんでした。
それにしても、この手のアクション巨編を作らせると、日本人はものすごく下手くそですねえ。

いずれ、「レインボーブリッジを自転車で突破する会」を結成しましょう。
2010.12.20 Mon 21:45 URL [ Edit ]
あちこちから橋を見ると面白いです Posted by 断腸亭
相子さん

東京の橋が、ことさら美しいとは思いませんが、総じて、古い橋ほど趣がありますねえ。
橋は、そこを渡っているだけではなかなか分からなくて、河岸や隣の橋から観察してみてはじめて全貌が掴めるようです。

現在の本社ビルの最上階にビールを飲ませるスタンドがありますね。
あそこからの隅田川筋は絶景です。

毎日通っていると、だんだん橋にも関心が持てるようになってきました。
2010.12.20 Mon 21:51 URL [ Edit ]
「BRIDGE」と赤穂浪士退却ルート Posted by フリー
11日(土)、「BRIDGE」というイベントに参加してきました。
蔵前橋からのスタートでや20km位のゆるいポタリング。参加者は40名強。ロードやピストに混じって、昭和30年代の実用車やママチャリもチラホラ。いくつか、橋も渡ったんですけど、それがなんていう橋かはわかりません。下町はローカルな商店街なんかがあって、とても楽しかったです。
赤穂浪士の退却ルート!「最後の忠臣蔵」のパンフレットにも地図が載ってましたねえ。ごくごく簡単なものですけど。今度行ってみようかな。
2010.12.21 Tue 14:51 URL [ Edit ]
赤穂浪士の退却(引きあげ)ルート、やりましょう! Posted by 断腸亭
フリーさん

面白いイベントですね。
私も知っていれば、参加したかもしれません。

赤穂浪士の退却(引きあげ)ルート、一緒に廻ってみませんか?
討ち入りがあったのは、新暦で言えば、1月30日に当たりますので、本当は、来月の下旬に「決行」するのが正しいと思います。

1月29日(土)か30日(日)などいかがでしょうか?
雪が降っていればなお良いのですが、雪の場合は中止かな。
2010.12.21 Tue 20:32 URL [ Edit ]
1月30日でしたらOKです。 Posted by フリー
断腸亭さん。
「BRIDGE」は今回で3回目になるんですが、いつもは80人集まるそうです。クイズ形式で下町をまわるイベントで、全問正解の人の中からじゃんけんで一等賞をきめます。一等賞の賞品は自転車のフレームです! 走る距離は短かかったけれど、とても楽しい集まりでした。次回は春。しゃあさんと御一緒にどうぞ。

赤穂浪士退却ルート、年末年始に一人で走ろうかと考えていたところなので、御一緒できるなら願ってもない話です。ただし29日は都合悪く30日なら大丈夫です。最後に皇居に行きましょう。赤穂浪士と、8月25日に皇居をあおいで自決した兵士とは同じメンタリティでしょうから。(なんか凄い話をしているなあ、笑)
2010.12.22 Wed 11:22 URL [ Edit ]
やりましょう! Posted by 断腸亭
フリーさん

是非、ご一緒しましょう!

別に、1月末でなくてもいいですねねえ。
メールしますね。
江戸城趾内の松の廊下跡から出発してもいいですね。
2010.12.23 Thu 20:03 URL [ Edit ]
松の廊下!了解です Posted by フリー
距離が短いので、時間が余ってしまうかも知れませんねえ。当日の状況次第ですが、下記自転車スポットに寄り道してもいいですか?赤穂浪士と関係ないんですけど。

「KUHNS BAR」浅草橋駅近く。イベント「BRIDGE」を運営するお店。

「イーストリバー サイクル」都内で唯一の「ビバロ」販売店。こんな高価な自転車、とても買えないんですけど目の保養にしたい!!森下駅近くです。
2010.12.24 Fri 09:44 URL [ Edit ]
楽しみです Posted by 断腸亭
フリーさん

もちろん、了解です。
ビバロの販売店が東京にもあったんですね。
楽しみです。
2010.12.25 Sat 16:17 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/585-4d9c8db5

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。