日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.11.28 Sun
モンティ・パイソンと自転車
モンティ・パイソンという名を聞くだけで、私と同じ世代の人は、自然と懐かしさと可笑しさがこみ上げてきて、こんなコントもあった、あんな面白いコントもあったなどと話に花が咲いて、サントリーレッドの水割りとアタリメでもあれば、一晩中でも、さんざん馬鹿笑いしながら、ああだこうだと語りあかせるのではないだろうか。

モンティ・パイソン
英国のお笑いグループ(現在は解散)。
1969年から、英国国営放送(BBC)でテレビ番組「モンティ・パイソン~空飛ぶサーカス」という番組を製作・空前の大ヒット。
日本でも、1976年よりテレビ東京で放映(司会進行:タモリ)。

モンティ・パイソンの、その度肝を抜く面白さを何と表現したらよいのだろうか。
途方もない諧謔精神?
一切の意味付けを拒否するナンセンス?
飽くなきパロディ精神?
その攻撃の対象には、タブー(聖域)はない。
皇室、警察、政治家、官僚、宗教、芸術、マスコミ、身障者、階級、偉人、家族、外国人(特に米ソ仏独中日)、貧乏人、金持ち、愛、死・・・。
とにもかくにも、社会の通念として仮面のように張り付いた「らしさ」や「押しつけ」への激烈な攻撃と痛罵を、すべて「笑い」という坩堝に(るつぼ)に溶かし込んで、鋭い批評的炸裂弾を放ち続ける・・・。

私は、以前からこのモンティ・パイソンのテレビ番組が大好きで、たまにレンタルビデオで借りてきては見ていたのだが、ついに我慢しきれなくなってしまい、つい最近、清水の舞台から飛び降りるようなつもりで、全番組の収められたDVD集を購入してしまったのである。


(空飛ぶモンティ・パイソン 40thアニバーサリーBOX)

IMG_0162.jpg
(購入したDVD集パッケージとおまけの人形)

このDVD全集は、グループ結成40周年記念版ということで、「シリー・ウォーク」(「馬鹿な歩き方省」というコント・この動画をご覧になりたい人はココをクリック)に登場する「役人」の、変な歩き方をしている人形がおまけに付いている。

ワクワクしながら、包みを開けて、先ずは、私の一番好きな「恐怖の殺人ジョーク」(動画はココ)を見る。
本当に可笑しくて、腹がよじれるようだ。

とにかく、全部で45回番組分、ちゃんと数えたわけではないが、収められたコント(英語では「スケッチ」という)の数はざっと500以上。
見続けると、あんまりにも可笑しくて、顎と腹筋が痛くなってきて苦ジ~~~・・・。

しばらく見ているうちに、自転車がテーマ、というより、自転車が出てくるエピソードがかなり多いことに気づく。

今日は、そのうちの何本かをここにご紹介しておこう。

モンティ・パイソンのコント作品は、言語と身振り(アクション)が一体になっているので、ものによっては言葉で説明するのが難しいが、ネット上に日本語版動画があって、比較的説明しやすいのは、「自転車修理マン」というコントである。
まずは、ご覧になっていただきたい。



「自転車修理マン」の世界では、全員が(米国製漫画とそのテレビ化作品に由来する)スーパーマンである。
街を歩いている人も、バスに乗っている人も、とにかく、全員がことごとくスーパーマンなのである。
ところが、可笑しいことに、超人的能力を持っているはずのスーパーマンが、自転車に乗っているどころか、壊れた自転車も直せない。
そこで、スーパーマンからにわかに変身した「バイシクル・リペアー・マン」が、さっそうと「徒歩で」登場して自転車を見事に修理する。
それを見ていたあまたのスーパーマンが驚いて、彼こそが英雄「バイシクル・リペアー・マン!(自転車修理マン!)」であると認知する。

面白いのは;
・このエピソードに登場するスーパーマン(常人)たちが、わざとらしい米国英語をしゃべり(米国人の単純さを皮肉っているのか)、自転車修理マンが、すぐそれと分かる英国労働者の英語を話しているところ。
・また、エピローグで、「共産主義者」を罵っている人物が出てくるが、これも、根拠もないのに共産主義者を過度に毛嫌いする米国人的特性を揶揄しているものと思われること。

次にご紹介するは、「ピカソの自転車レース」(英語版)。



これは、自転車レースに参加したパブロ・ピカソがレース中に、自転車に乗りながら新作を描くという馬鹿らしい設定。
しかしながら、レースの実況中継中にも、なかなかピカソの姿は現れず、カンディンスキー、ブラック、モンドリアン、シャガール、マックス・エルンスト、ミロ、デュフィ、ベン・ニコルソン、ジャクソン・ポロックといった名だたる20世紀の画家たちの自転車が通り過ぎるのみ。
結局、実況中継中にピカソの姿は現れずに、「落車」して「自転車における国際的な名声を得ようとしたピカソの企ては失敗しました」というアナウンサーの報告で終わるというもの。

最後に、これはかなり長編の「サイクル野郎危機一髪」という作品。
ネット上には英語版しかなかった。
しかも、4分割。
埋め込みをすると、ページが重くなるので、URLのみを記しておこう。

1.http://www.youtube.com/watch?v=Grad9m2K5g0
2.http://www.youtube.com/watch?v=jQsPenSt3x0
3.http://www.youtube.com/watch?v=BuO274cd7Y0
4.http://www.youtube.com/watch?v=ipOQmAF2c8U

これまたハチャメチャな物語。
自然と人間との暖かな交流を求める、いかにもお人好しで、時代(1969年)の割にはノンポリの青年が北コーンウォールをサイクリングしている(ランドナーで)。
鼻歌を歌いながら、田舎道を走っていると、トップチューブの空気入れにズボンが引っかかって転倒。
同情を得ようと、土地の人にその顛末を陽気にしゃべってみせるが、握手もしてくれなかったり、無視されたりする。
ところが、ドジなことに、そのあとも、数回、空気入れにズボンが引っかかって転倒。
詳細を書くのが面倒になったので、以下、簡略に。
その後、どうしたことか、というか、いつの間にやら、気がついてみると南仏まで来てしまう。
それだけならまだしも、(自分のことをトロツキーだと思いこんでいる)変な連れと出会って、二人乗りで、ついには、ソ連まで来てしまうのだが、スパイ容疑で銃殺刑を宣告されるという危機的な状況に陥る・・・というような筋書きだ。

私が文章で書くと一向に面白くないが、是非、動画をご覧になっていただきたい。
英語が分からなくても十分に楽しめるはずである。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
自転車    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
やっと見つけました Posted by alf
先日(今月の12日)荒川でお会いした者です。
検索してもなかなか見つからなかったのですが、執念で辿りつきました。
すばらしいブログですね。
ちょっとわたしのような低レベルでは付いていけそうにありませんが、これも何かのご縁、これからも拝見させていただこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
2010.11.29 Mon 16:32 URL [ Edit ]
何かのご縁 Posted by 断腸亭
alfさん

書き込み、ありがとうございました。

最近、寄る年波のせいか、めっきり記憶力が低下して、数日前のことでもすぐに忘れてしまう私なので、一生懸命、11月12日の記憶を辿ってみました(その日のalfさんの記事も拝読)。
その結果、私はどうもその日には、荒川には行っていないことが判明致しました。
せっかく「執念」でいらしていただいたのですが、別人ではないでしょうか。

ブログも拝見させていただきました(木々の写真が素晴らしい!)。
猫がお好きなんですね。
私も、猫が好きで、以前は複数匹飼っておりましたが、今の住居だと無理なので、現在は、ペットはいませんが。
私の家の近所に、水元公園という大きな公園がありますが、そこにも、推定30匹以上の野良猫が暮らしています。
そのうち、いらっしゃいませんか。
休みの日には、これらの猫とカワセミを見に行くのが日課になっています。
猫の仕草を見ているだけで、何だか、幸せな気分になりますね。

おっしゃるとおり、「これも何かのご縁」。
今度は、私がブログに書き込ませていただきます。

今後とも、よろしくお願いします。

2010.11.30 Tue 07:02 URL [ Edit ]
どうも失礼いたしました Posted by alf
とんだ早とちりで、申し訳ありませんでした。
まず、その方と出会った日付は12日というのは誤りで、その記事を書いた前日ですので11日ということになります。でもいずれにしても、その日当たりに荒川のロックゲートで(いかにこちらが印象の薄いおばさんであろうと)女性に会った記憶がご本人様にないとすれば、やはり人違いだったのですね。
その方は60代と思われ、颯爽としたサイクリング姿で新品の自転車に乗っておられて、記事に書いたようなやり取りがあり「ひげじじい」というキーワードで検索してもらえればわかる、「主に自転車のことを書いている」とおっしゃっておられましたので、こちらのブログを拝見して「あっ、この方だ!」と思い込んでしまった次第です。お顔のお写真も「こんな感じだったかな」と。
人の記憶なんて当てにならないものですね。

わが稚拙なブログを見ていただいたようで恐縮です。
どうかお気遣いなさらないよう。
水元公園は、名前はよく聞いておりますが、行ったことがありません。野良ちゃんがたくさんいると伺えば、こちらもおのずと食指が動いてしまいます。
そのうち行ってみたいと思います。
お優しく対応していただいてありがとうございました。
本当に失礼を致しましたことをお許しください。
2010.11.30 Tue 10:07 URL [ Edit ]
見つけちゃったかも!? Posted by
alfさんへ

こんにちは、断腸亭の同居人の呑と申します♪
おせっかいとは思ったのですが、、、
「ヒゲジジイ」とはこちらの方↓では?^^
http://blogs.yahoo.co.jp/tys8jp/archive/2010/11/11
2010.11.30 Tue 13:52 URL [ Edit ]
あ~~~ありがとうございます! Posted by alf
呑さま、ありがとうございます。
さっそく覗いてみましたが、そう、この方ですぅ、今度こそ間違いなく。荒川のこと書いてありますから。
ヒゲジジイってカタカナだったんですね。
わたしって何てアホなんでしょう!
よく見つけてくださいました。
ホントにありがとうございます。
取り急ぎお礼まで。
2010.11.30 Tue 22:07 URL [ Edit ]
一件落着 Posted by 断腸亭
一件落着ですね。
「ヒゲジジイ」さんのブログも拝見しました。
2010.12.01 Wed 04:45 URL [ Edit ]
よかった。 Posted by しゃあ あずなぶる
一件落着でホッとしました。
今夜はゆっくり眠れます。
2010.12.01 Wed 06:38 URL [ Edit ]
ほんとにありがとうございました Posted by alf
断腸亭さま、呑さま、しゃあ あずなぶる さま、ありがとうございましたぁ。
何だか大変お騒がせしてしまって。
みなさま、ご親切に気にかけていただき、本当にうれしくなってしまいました。
まだまだブログ初心者なもので、今後も断腸亭さまのブログを見て勉強させていただこうと思います。
ありがとうございました。
2010.12.01 Wed 08:53 URL [ Edit ]
なつかすぃ~♪ Posted by たすけ
あ!コメント順が逆になっちゃった^^;
だめですよぉ~ こういう面白い動画紹介しちゃ、おかげで動画に見入っちゃって、コメントすること忘れてました(苦笑)

私はモンティ・パイソンを知る前にタモリのファンでした。まだ有名になる前に、深夜ラジオで、タモリがゲストで出た時に、ハナモゲラ語や四ヶ国語マージャンの面白さに嵌りました。

やがてタモリがオールナイトニッポンのレギュラーとなり、ことあるごとに「モンティ・パイソン」を話題にしていたので、TV放送開始をとても楽しみにしてましたが、どういう事情か忘れましたが、実際にはTVであまり見ていなかったので、今回30数年ぶりにいくつか見ることができて抱腹絶倒です♪

>エピローグで「共産主義者」を罵っている人物が出てくるが、これも、根拠もないのに共産主義者を過度に毛嫌いする米国人的特性を揶揄している。

あ~~!!!そういう事だったんですね!
なるほどぉ~ 断腸亭さんいっそ解説本出版してください!(笑)

2010.12.03 Fri 14:13 URL [ Edit ]
昔のタモリ Posted by 断腸亭
たすけさん、返信し損なっていて、すみませんでした。

今はまったく「芸」をやらなくなってしまいましたが、昔のタモリは面白かったですねえ。

モンティ・パイソンも、滅茶苦茶な外国語や、外国語なまりの英語を駆使するコントもあって、もしかしたら、ハナモゲラ語や四ヶ国語マージャンのヒントになったのかもしれません。

モンティ・パイソンのコントの特徴としては、「落ち」がないことが挙げられます。
「落ち」がないと、見る者が「考えさせられる」のかもしれなくて、ここに、批評的な作用があるように思います。
2010.12.08 Wed 03:45 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/577-bc2c2c96

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。