日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.07.30 Fri
華麗なる自転車野郎たち
世は自転車ブームらしいが、そういう一時的なブームをはるかに越えた、華麗なる(あるいは、苛烈なる)自転車野郎と出会うことがあって、そんな時は、自分まで嬉しくなって、オレも頑張らねばと思ったりする。

先日、手賀沼の道の駅に行ったとき、周辺案内の看板のところに、ものすごい自転車が止まっていた。
先ずは、その自転車のハンドル周りをご覧いただきたい。

IMG_5461.jpg
(その自転車のハンドル周り)

一見すると、配線類が剥き出しの改造バイクのように見えるが、実はこれ、歴とした自転車なのである。
GPSナビゲーターやスピーカー(どうして?)も搭載されているが、左右のシフター(変速操作機)が見えることから、かろうじて、自転車だということが分かるであろう。

あまりの「すごさ」に、前後左右からその自転車を観察していると、その所有者が現れた。
真っ黒に日焼けした30歳ぐらいの青年である。

聞けば、伊勢のあたりからやって来たという。
数年前に既に海岸沿いの日本一周を済ませたので、今回は、「この時季は暑いので」涼を求めてのんびりと東北方面に北上中とのこと。
梅雨の長雨と機材トラブルで、富士周辺に足止めを食らって、ここ我孫子から陸前浜街道(国道6号)沿いに、とりあえず、福島あたりを目指すという。

この自転車、見れば見るほどすごい。
ベースは、ジャイアント社製のマウンテンバイク(アルミフレーム・ディスクブレーキ・27段変速[3×9速])。

完全なキャンプツーリング(自炊・野宿)なので、テントや寝袋や食器類はもちろん、一切合切の生活用具一式を携えている。

IMG_5459.jpg
(前から見たところ)

IMG_5462.jpg
(後から見たところ。左のステーにくくりつけてあるのは発電機)

極め付きは、駆動系の改造である。

驚くべきことに、このマウンテンは、自作電動自転車なのである。

IMG_5456.jpg
(電動アシスト車として改造された駆動系)

この写真をとくとご覧あれ。
フロントギアは、ノーマルの3枚の外側にロード用のギア板がさらに1枚取り付けられていて、サドルの後に配置されているモーターとチェーンを介してつながっている(?)ということなのだろうか。

IMG_5458.jpg
(左側から見たところ)

電動であるために、通常のキャンプツーリングの装備のほかに、モーター、バッテリー複数、発電機、(発電機を動かすための)ガソリンなども積んでいるので、装備込みの車重は、何と90キロだという。
それかあらぬか、後輪のスポークが5本も切れていて、ガムテープで簡易補修が施されていた。

電動車でなければ、あと20キロは軽量化できると思うのだが、それでも、たとえば、積んでいる発電機のお陰で、携帯電話機やライトやナビや夜中の電源の確保もできるわけで、重くなっても、それなりの利点がないでもない(まあ、真似したいとは思わないけど・・・)。

これは、もはやモーターバイク(原付)に近いとも言えるが、じゃあ何故、バイクで旅をしないのですかというのは、バイクで旅する人にどうして4輪車で旅をしないのですかと尋ねたり、徒歩旅行の人にどうして鉄道を使わないのですかと聞いたりするのと同様、愚問であろう。
自転車乗りなら誰でも納得できるように、彼にとっては、移動手段自体が、旅(移動)の目的であるからだ。
いや、少なくとも、重要な、旅の構成要素であるのだから。

IMG_5457.jpg

この自転車野郎は、きっと今頃は、奥羽山脈の山中あたりを走っていることであろう。

ついでに、もう一人、華麗なる自転車野郎をご紹介しておこう。
この人には、今年の4月、桜咲く上野公園で出会った。
出会ったと言っても、その彼は、公園で大道芸の最中だった。

IMG_4662.jpg
(大道芸人でもある自転車野郎・上野公園にて)

彼(立松正宏氏)は、自転車に打楽器一式を積んで、オーストラリア、韓国、台湾、北欧を走破した経歴をもつ。
日本にいるときは、都の大道芸人の免許証を持っているので、主として上野公園を中心に活動しているという。

IMG_4669.jpg
(KHSのマウンテンバイクをベースに、ドロップハンドルに改造した自転車を使用)

木琴や簡易ドラムセットで、面白い口上を混ぜ込みながら楽しい演奏を聴かせてくれる。
この夏は、東京にいるらしく、上野公園や浅草六区で彼の姿を見ることができるだろう

是非、華麗なる自転車野郎の野外公演に出向いて、ふんだんなる投げ銭をしてほしいと思う。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ
自転車    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
驚きましたね。 Posted by しゃあ あずなぶる
ただ一言「驚いた」に尽きます。
「ここまでやるか」って感じです。

4WDを楽しむ時は「極力少ない装備派」だったボクが
自転車では「電動アシスト派」って矛盾ですね。
ボクも法律を曲解してでも、電動でラクチン走行を目指そうかな。
2010.07.31 Sat 08:22 URL [ Edit ]
お元気とわかり安心 Posted by 相子
長くアップが無く心配しておりました。矢継ぎ早にアップですね。
この一番上の写真。私にはどちらが前なのか後ろなのか全く分かりませんでした。でも良く眺め何となく分かりました。
2010.07.31 Sat 09:10 URL [ Edit ]
自転車の可能性 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

これは、今後発展していくかもしれない自転車の「ひとつ」の姿だと思います。

モーターを搭載したからと言って、その分、車重と装備が増してしまうため、結局は楽になるわけではないにもかかわらず、安楽を犠牲にしてまで自分の「趣味」に徹した伊勢の自転車野郎に乾杯!

しゃあさん、現状では、電動車は楽ちんではないと思いますよ。
ただ、楽ちんさだけを追求すれば、人力で進む自転車という選択肢は真っ先に消えるでしょうから、それを自転車という条件の中でやり尽くすことはすごいことです。
2010.07.31 Sat 09:16 URL [ Edit ]
あっぱれ!!! Posted by 電動自転車ナビぃ
いやぁ~、ただただすごいの一言です。

特に北上中のパワフル&エネルギッシュ自転車野郎には脱帽です。

僕も自転車に乗るのが好きでポタリングをしますが、あくまでポタリングなのでちんたらぽんたら走る程度で、ここまでの重量の自転車に乗るのは相当しんどいでしょうし、この暑さ。なぜに一番○ソ暑いこの時期を選んだのか…

…すばらしい~

と言わざるを得ないでしょう。
2010.07.31 Sat 11:43 URL [ Edit ]
ご無沙汰しました Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

いつもご心配をおかけしてすみません。

あの自転車、最初に見たときは、どっちが前なの?と思うぐらいどっさりと荷物を満載していました。

普通の人だと、車体が重すぎてバランスをとるのがちょっと大変だと思います。
2010.07.31 Sat 16:31 URL [ Edit ]
気負いのない自転車野郎たち Posted by 断腸亭髭爺
電動自転車ナビぃさん

書き込み、ありがとうございます。

この手の自転車野郎には、昨夏、東北を旅したときにも何人かお会いしました。
彼らに共通しているのは、全然、気負い(ないしは悲壮感)がないということ。
まるで、近所のスーパーに買い物に行くような感覚で旅をしているということです。
彼らにとっては、旅が日常化してしまっているので、本人にしてみれば、ごく普通のことをしているという感覚なのかもしれません。

そういう意味でもすごい人たちだと思います。
2010.07.31 Sat 16:48 URL [ Edit ]
自転車野郎 Posted by DAI’s
手賀沼の道の駅で出会った青年にもう一度会って飯でもと思い、手賀沼から福島までの全道の駅に訪ね人のメールを出したところです。
僕の周りには、彼のような生き方をしている友人が、何人かいて、いつの日か真似ができたらなーと思っています。
よくよく考えるとあの自転車は公道×タイプなんだけどなー?
2010.08.02 Mon 23:05 URL [ Edit ]
ご無沙汰です。 Posted by nebaneba
髭断腸節の復活ですね。
自転車海苔、いろいろな味付けがあるんですね
これは超重量級のちゃんこ味ってエとこですかねえ。
2010.08.03 Tue 02:05 URL [ Edit ]
激しく同感 Posted by 断腸亭髭爺
DAI’s さん

道の駅に尋ね人のメールを出すなんてことできるんですね。
私も、彼が関東に来たら、もう一度会ってみたいです。

あそこまで装備を肥大化させてしまうと、輪行という手段を断ったも同然なので、厳しい旅行になるだろうなあと想像します。

>いつの日か真似ができたらなーと思っています。

私も同感です。
生活があるのでなかなか真似ができませんが、人間というのは、何かあの種のことをするために生まれてきたような感じがしています。

今頃、どの辺りにいるんでしょうねえ・・・。
2010.08.03 Tue 04:58 URL [ Edit ]
うずうずしてます Posted by 断腸亭髭爺
nebanebaさん

ご無沙汰してました。
四万温泉に行かれてたんですね。

私も、早く旅に出たくてうずうずしていますが、宿題(仕事)が終わらずに、机にしがみついているところです。

今年は、北信(野沢温泉あたり)と東北(バードの道)を走る予定です。
2010.08.03 Tue 05:09 URL [ Edit ]
見てみたい~ Posted by 103
ご無沙汰しております。

ウチの近所にこんな猛者が来ていたのですね~。悔しい。見たかった。
たぶん、カミさんが一緒だったら『あんなの真似しないでね』の一言で終わりでしょうが、断腸亭さん同様、なぜかアノ種のことをしたくなるんですよね・・・
2010.08.05 Thu 12:43 URL [ Edit ]
小さいなあ・・・ Posted by 断腸亭髭爺
103さん

すごかったです!
お天道様に休日をいただいて、日本一周をやってみたいですねえ。

最近、遠乗りをしていないので、むずむずしてます。
とりあえず、明日から一泊で銚子に行くつもり。
小さいなあ・・・。
2010.08.06 Fri 11:17 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/565-7304f947

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。