日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.06.26 Sat
フジクロス~フロントシングル化のその後
フジクロスをさらにいじってみた。
フロント一枚だけで、どれほどの自転車ができるかというのが課題である。
別の観点から言えば、前後とも、いかにギアを「小さく」できるかという問題でもある。
ギアは小さければ小さいほど、当然のことながら、軽量化できるからである。

ギア比の領域(守備範囲)をいろいろと検討した末に、フロントギアを39tから、いよいよ34tに換えてみることにした。
ところが、ここで問題が発生した。
39tのときは、ソラのトリプルクランク(PCD130ミリ)を使っていたので、外側にチェーンが外れることを防止するために42tを取り付けることができたが、今回は、ソラのダブル仕様のクランク(PCD110ミリ)を利用せざるを得ないので、手持ちの(PCD130ミリの)42tや39tのギア板を「外側の押さえ」として使うことができない。
そこで、メインをティアグラの34t(アルミ製)、外の押さえを、同じ歯数のソラの34t(鉄製)にしてみた(因みに、今回発見したことだが、ティアグラダブル仕様の34tは9・10速兼用で、ソラダブル仕様の34tは8速用と刻印されていた。シマノのフロントギアの仕様がいかに鷹揚であるかが、このことからも分かる。ついでだが、旧105も新105も、コンパクトクランクの34tは、いずれも9・10速兼用と刻印されている)。

IMG_5316.jpg
(内側にティアグラの34t、外側にソラの34t。チェーンは9速用。チェーンウォッチャーも装着)

同じ歯数のギアが、チェーン脱落の防止になるかどうか心配だったが、現在のところ、チェーン落ちもせずに快調に回っている。

さて、フロントギアが小さくなったので、スプロケも小さくしなくてはバランスが悪い。

そこで今回は、シマノのロード用8速の二つのスプロケを分解して、特製のスプロケを拵えることにした。

用意したのは、13-23tと12-25tのスプロケ。

IMG_5287.jpg
(左が13-23t、右が12-25t)

これらを六角レンチで分解する。

IMG_5288.jpg
(それぞれをバラバラに分解する)

現行のシマノのロード用8速のスプロケは、正直言って、あまり良い代物ではない(ただし、HG50シリーズのマウンテンのスプロケは良い)。
成型もメッキも甘いし、肉抜きが不十分で重量も嵩む。
ただ、このシリーズのスプロケが優れているのは、こうして、6角レンチ一本で分解できることである。
現行の9/10速のスプロケは、品質は良いが、スパイダーアームで固着されていて分解できず、融通がきかないので非常に困る。

さて、分解した二つのスプロケを組み合わせて私が拵えたのは、12-13-14-15-16-17-19-25tというかなり変則的な構成のスプロケである。

IMG_5289.jpg
(新たに拵えたスプロケ)

12tから17tまでは1段上がりで、19tで2段上がったあとは、急に6段飛びして25tという恐るべき構成である(かつて、マウンテンにこういうギア構成のスプロケがあって、それを参考にした)。

前が34tなら、通常は、後ろは12-19tぐらいで十分であるが、激坂対策(最後の砦)として、25tがひかえているという発想である。

IMG_5315.jpg
(RDはソラを使用)

クランクがトリプルからダブルになったため、多少チェーンラインが内側に寄ったので、BBの右ワンに1ミリのスペーサーを噛ました。
また、フロントギアが小さくなったので、チェーンを1コマ詰めた。

この仕様で、鴨川の坂を登ってみたが、私の脚力に起因する問題はさておいて、必要にして十分であることが分かった(チェーン落ちもなし)。

しばらくこの状態で乗ってみることにするが、かなりスプロケが傷んできているので、8速のスプロケを使い切ったら、9速に換えるつもりである。

IMG_5367.jpg
(フジクロス。外房線保田駅にて)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ
自転車    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
いやはや、どうにも.... Posted by たすけ
とても参考になります!と言って良いやら
とても真似できません!と言って良いやら

なにかの機会に自転車屋に持って行き、その時の店主の反応がとても楽しみです。

まさか同歯のチェーンリングを脱落防止用だとは誰も考えつかないでしょうから...
「ん?んんん????????」でしょうね(笑)

スプロケのいきなり6段飛びも、MTBでそういう前例があったにしても
「え?えええ????????」でしょうね(笑)

いずれにしてもこんなカスマイズする仲間は、後にも先にも断腸亭さんお一人であるような気がします。
自転車お仕着せ仕様への「果てしなき挑戦」を今後も楽しみにしておりますね(素)
2010.06.27 Sun 02:39 URL [ Edit ]
帯に短し襷に長し Posted by 断腸亭髭爺
たすけさん

メーカーの発売する自転車は、帯に短し襷に長しという点なきにしもあらずですね。

自転車の世界では、メーカーの意向とユーザーの求めるものは、必ずしも一致しておりませんが、幸いなことに、自転車のメカニズムは比較的単純だし、部品をアセンブルしただけのものなので、原寸大のプラモデルよろしく、かなり自由な改変が可能です。

シマノの「メガレンジ」は、今では見向きもされませんが、なかなか良いアイディアだと思います。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/cassette.html#megarange

ただ、前がトリプルのMTBにメガレンジを採用しても、どうしても過重装備になってしまうのと、リアメカに負担がかかりすぎになるので、廃れてしまったのだと思いますが、前がシングルなら、なお大きな存在意義があると思います。
2010.06.28 Mon 02:25 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/562-eb10bf7a

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。