日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2000.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2003.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.05.26 Wed
幻想の新川
所用があって、中央区の「新川」に行ってきた。
地下鉄「八丁堀」駅で降りて、高橋という橋を渡って「鍛冶橋」通りを東へと歩いた先に、私の目的地のビルがあるのだが、2時間も早く着いてしまったので、この界隈をとぼとぼと歩いてみることにした。

IMG_5225.jpg
(「高橋」から亀島川を見る。この川はこの先で右に曲がって、日本橋川と合流する)

このあたりを散策していて、何となく歯がゆい思いというか、ふわふわしたような気分になってしまうのは、この土地がそもそも埋め立て地であるばかりではなくて、その地名の心許なさが原因ではあるまいか。

現在のこのあたりの町名は、「新川」(1丁目と2丁目しかない)であるが、地形としては島である。
ここ新川から隅田川を南に渡った先が佃島だとすれば、むしろ、「新川島」とでもするのが相応しい。

IMG_5231.jpg
(周辺地図。新川は、隅田川と日本橋川と亀島川によって囲まれた島である)

亀島川という長さ約1キロにも満たないくの字形の川が印象的である。
あるいは、この亀島川の亀島こそが、この新川という島の古名ないしは通名だったのかもしれないと、歩きながら考えた。
そんな風に考えると、「新川」という島の形が、何となく、水辺にだらしなく身を沈める亀の形に見えてくる。

私は、「鍛冶橋」通りを歩いて隅田川に出てみることにした。

IMG_5228.jpg
(新川から、幻想的な佃島を眺める)

この「鍛冶橋」通りの名の由来となっている鍛冶橋にしても、戦後、米軍の空爆によって生じた残骸で外堀が埋められた際に消滅して今は存在しないのだが、実は、新川という川ももはや存在しないことを隅田川の川辺に建っていた石碑によって知る。

IMG_5234.jpg
(昭和20年代に埋め立てられてしまった新川跡の石碑)

IMG_5233.jpg
(新川跡の説明板)

家に帰ってから、この辺りの江戸時代の地図を開いてみた。
なるほど、新川に相当する運河がはっきり描かれていて、三つの木橋が架かっている。
それはともかくとして、江戸時代の町名も混乱していることが分かる。
この小さな区域に、10ほどの町名が付されていて、しかも、統一性がない。
川口町、長寿町、東湊町、銀町、富島町、四日市町、川端町、濱町、塩町、南新堀町などの、実に小さな区画の町名が互いに争うように犇めきあっていて、その真ん中に、松平越前守の屋敷がどかんと鎮座する。
こんな狭い区域にこれだけ多くの町名が乱在するのは、埋め立て地が、継ぎ足し、継ぎ足しされて新開地として誕生するたびに新たな町名がかなり行き当たりばったりにあてがわれた結果ではなかろうか。

新川河岸
(問屋や酒蔵が並び立つ江戸期の新川河岸)

私は、さらに隅田川を下って、中央大橋を渡って、佃島に「上陸」してみた。
新川の側から見ると、実に幻想的な佃島だが、来てみると案外つまらない。
お洒落なレストランや摩天楼が並び立つだけで、やはり、摩天楼は、遠くから見た方が良いようである。
それにしても、面白いもので、遠くから見ていると、そこに行ってみたくなるものだが、行ってみると案外つまらないというのはどうしたことであろうか。

ただし、この島から隅田川の風景は見るに値するかもしれない。

IMG_5232.jpg
(隅田川。水色の橋は永代橋。遠景には、墨田の新電波塔も見える)

生憎にも、雨が落ちてきたが、この風景を見ていたら、ご多分に漏れず、永代橋の方にも行ってみたくなった。

IMG_5235.jpg
(永代橋)

この橋は、美しいとされているが、私はあまり好きではない。
どこが美しいのだろうか。

ついでに、日本橋川の河口まで歩いてみる。

IMG_5236.jpg
(日本橋川が隅田川に流れ落ちる河口付近)

かつてこのあたりは、方々から日本橋河岸を目指して夥しい小舟が航行していた所であるが、現在は、何艘かの船が寂しく係留されているのみ。

IMG_5238.jpg
(日本橋川の一番下流に架かっている豊海橋)

雨あしが強くなってきたので、私は、鞄から帽子を出して被って、足早に来た道を戻る。

隅田川土手を歩いていると、艀にぶら下がるようについている、不思議な階段を発見する。

IMG_5229.jpg
(途中から水没する階段)

江戸期に埋め立てられて出現した「新川」は、その後、新川が開削されたものの、その新川は現在は埋め立てられて存在しない・・・。
この階段は、そうしたこの島の存在の有り様を象徴しているようにも思えた。

走行距離:2キロ(単速ママチャリ)

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報
小さな旅    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
水辺は変わる Posted by やまびこ
ウォーターフロントの開発すごいですよね。
亀島、昨年行ってみましたが、6~7年ほど前とはまた変容してしまってビルの林立でした。

>それにしても、面白いもので、遠くから見ていると、そこに行ってみたくなるものだが、行ってみると案外つまらないというのはどうしたことであろうか

殆どの場合、そうですね。
期待が大きすぎるのかな?
2010.06.03 Thu 15:50 URL [ Edit ]
万華鏡 Posted by 断腸亭髭爺
やまびこさん

水辺というのは、実に不思議な場所で、違う方角から見ると、まったく趣が変わりますね。

特に、中央区の隅田川沿いは、事実上の島が点在する地形なので、万華鏡のように風景が変化します。

今度は、早朝に行ってみることにします。
朝日の中ではどう見えるのかが楽しみです。
2010.06.04 Fri 10:29 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/559-ea4b5d4d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。