日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.05.22 Sat
本佐倉城趾を訪ねる
横山さん企画の本佐倉城趾見学会に参加する。

今日も、フジクロスで出かけることにする。
最近はもっぱらフジクロスばかりに乗っている。
自分で一から組み直した自転車は、かわいくて仕方がないのに加えて、フロントギア一枚でどこまで通用するかを試してみたいと思っているからでもある。

そもそもは、39tと13-23t(8速)のスプロケで、駿河台に通勤するためのギア比にした。
家から駿河台までは、ほとんど城東の低湿地帯を走るだけで、坂らしい坂と言えば、最後に駿河台を登るぐらいなので、39t×23tで十分であることが分かった。

その後、銚子半島を走るに当たって、坂が厳しいかもしれないと思って、スプロケを13-26t(8速)に変更した。
銚子半島や下総台地のような洪積台地を登るなら、39t×26tで十分であることも分かった。
堆積でできた台地なら現在のギア比でも大丈夫だけど、夏に走る予定の、造山運動によってできた東北の長く険しい坂となるとやはりこれでは無理だろうなあ。
39tの内側に30tを予備的に取り付けておいて、長い坂が現れたら、自転車を止めて、素手でチェーンを移動(変速)させて登るのもありかもしれない(再度フロントメカを着けて重くしたくないので)。
いやいや、そんな頓狂なことはせずに、やっぱり素直にロードバイクで行くべきだよな。
ただせめて、フロント130ミリの36tのギアがあれば(シマノでは存在せず)、36t一枚でかなり有効性のあるギア比を実現できるんだけど・・・。

IMG_5016.jpg
(なおさら愛着が増しつつあるフジクロス・水元公園)

さて、松戸から五香十字路経由で八千代道の駅近くの新川沿いへ走るルートは、横山さん東葛人さんという二人の「道の達人」に導かれて、気持ちの良い道を先導していただいたわけだが、最後の桑納川沿いの道以外は、どのあたりを走っているのかほとんど分からなかった(464号→船橋県民の森。あとは???)。

新川から印旛沼サイクリングロードに入ったあたりから、愚兵衛さんとの待ち合わせ時間に間に合いそうにないと分かって、風車の公園(佐倉ふるさと広場)まで、ずう~っと全力疾走でこぎまくったので、くたくたになってしまう。
公園から本佐倉城趾までは、愚兵衛さんに先導してもらって、倒れ込むように現場に到着(最後はバリバリの未舗装路)。
現地で、kaccinさんとしゃあさんとも合流。

本佐倉城趾に来るのは、これが初めて。
遺跡を目の前にして、その大きさにまずびっくりした。

IMG_5194.jpg
(城郭東側の「東山馬場」)

この城は、15世紀後半に築城され17世紀初頭に廃城となったというが、詳しい説明は、以下のページをご参照のこと。
http://www.asahi-net.or.jp/~ju8t-hnm/Shiro/Kantou/Chiba/Motosakura/

われわれは、ボランティアのガイドさんにしたがって、たっぷり90分間、城趾一帯を歩きながら解説をしていただいた。

IMG_5211.jpg
(城趾を歩き回る)

IMG_5198.jpg
(「虎口」[大手門]付近。前に広がる水田は、当時は印旛沼の水域であった)

本佐倉城
(本佐倉城趾全貌図)

IMG_5224.jpg
(本佐倉城趾復元予想図)

こうして、圧倒的な新緑の中で、戦国期の城跡を堪能したわれわれは、愚兵衛さん(赤いクロモリバイクがすごく良かった)のご案内で、佐倉市街地のトンカツ屋(「おかやま食堂」・95点)でお腹を満たす(飢えていたので、写真を撮り忘れる)。

ボリュームたっぷりのトンカツのお陰で飢餓状態を脱したわれわれは、さらに歴史的興味を満たすため、「国立歴史民俗博物館」に赴いた。

みんなでああだこうだと言いながら博物館を見学するのは、宴会と同じぐらい楽しいことである。

IMG_5215.jpg
(箸墓古墳)

IMG_5214.jpg
(弥生人と縄文人。正面のヘルメットの人は現代人のようである)

かくして、われわれの歴史的興味は満たされ「過ぎ」となって、再び、へとへとになる。

佐倉城趾公園で解散。

私は、京成佐倉駅→高砂駅輪行で帰宅した。

まことに楽しい一日であった。

IMG_5212.jpg

走行距離:72キロ(フジクロス)

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
お世話様でした。 Posted by 正面のヘルメットの人
本佐倉城址・・・自販機も無いってのは驚きでした。
「実際にはココで戦闘は無かった」との事でしたが、城って攻められたら厳しいですね。
耐えて退けるか、負けるかって事ですよね?勝ちは無い感じかな。
歴史の知識が全く無いボクはそう思いました。
そんなボクでもガイドさんの説明は興味深く
「小学生の時、こんな先生だったら、歴史って教科が好きになったかな」と思いました。
2010.05.25 Tue 08:35 URL [ Edit ]
兵(つわもの)どもが夢の跡 Posted by 断腸亭髭爺
正面のヘルメットの人さん

『七人の侍』の勘兵衛(志村喬)も、「攻むるより守るのが難しいでのう・・・」と言ってました。
城は、堅固であればあるほど、囲まれたら弱いですからねえ・・・。

「いつかは一国一城の主になりたい。若いときは誰でもそう思うものだ。でもそう思っているうちに・・・」と言って勘兵衛は禿げ上がった頭をさする。

兵(つわもの)どもが夢の跡・・・でした。
2010.05.25 Tue 08:52 URL [ Edit ]
フロント1枚 Posted by kaccin
断腸亭さん、楽しい記事有難う御座います。
文章を書きなれた人の洒脱な構成いつもながら楽しませてもらっています。 持論は輪行する自転車はメカをシンプルにするためフロント1枚が良いと考えています。そのため私の輪行車は46X28で坂対策をしているのですが、ロードの軽さが輪行車の出番を殆どなくしているのが現実です。 さて、30日の件、了解です。また、暗号の件は、当日ご披露します。
2010.05.25 Tue 09:45 URL [ Edit ]
Simple is best Posted by 愚兵衛
断腸亭さん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。印旛地区は日帰りではもったいないですよね。
私は、自転車はSimpleがBestだと思っています。変速は無し、ブレーキはロッド(故障は少ないし、調整・修理は簡単だし。歴博にもありました、お気づきでしたか)。とは言うものの体力の衰えを補うべくやむなく(?)変速つきに乗っています。
近いうち、立石か金町をご一緒しましょう。
2010.05.25 Tue 22:14 URL [ Edit ]
次なるは・・・ Posted by 断腸亭髭爺
kaccinさん

私も、フロント一枚でどこまでできるかを、この際、試してみようと思ってます。
で、次なるは、フロントはコンパクト(110ミリ)の34tに付け替えて、スプロケは、3種類のものをバラして、12-13-14-15-16-17-19-26t(8速)を拵えるということを考え中。
ロー側の19tから26tは、一段で、何と7歯飛び!です。
右クランクの付け替えとスプロケのバラし作業があるので、ちょっと面倒くさいですが・・・。
30日までにできるかな?

2010.05.26 Wed 02:41 URL [ Edit ]
また、よろしく Posted by 断腸亭髭爺
愚兵衛さん

初めてお会いしたのに、そんな気がしませんでした。
愚兵衛さんから、今後も、印旛方面の道を教えていただきたいと思っております。

ロッドブレーキの実用車、ありましたね。
私のお爺ちゃんも、あんなのに乗ってました。
あれなら、頑丈で壊れないですね。
懐かしいです。

最近の自転車は、パーツの構成が複雑化して、鶏を割くのに牛刀を振り回しているようなところがありますね。
私も、シンプルな自転車に憧れています。
ピストのようなフレームで、フリーギアの自転車が一台欲しいなあと思っているところです。

立石、了解しました。
いずれ、ご連絡します。
2010.05.26 Wed 02:57 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.06.01 Tue 22:46 [ Edit ]
了解 Posted by 断腸亭髭爺
愚兵衛さん

了解しました。
PCにメールを致しました。
よろしく。
2010.06.02 Wed 09:35 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/557-160d3ae9

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。