日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.04.18 Sun
吉見百穴まで走る~トライアスロン野郎N君のこと
朝7時に、お隣のDAI’Sさんとロードバイクで出発。
ロードに乗るのは久しぶりなので、早起きして各所を点検。

通勤路を走って、待ち合わせ場所の四ツ木橋右岸のサイクリングロードへ。
そこに、今日の先導役の、私の高校時代の同級生がロードバイクに乗って、さっそうと現れる。

この同級生N君とは、小学校から高校まで同じ学校に通った仲である。
数年前、彼が偶然私のブログを見つけて書き込みしてくれたのがきっかけになって、その後、一緒に酒を飲んだりするという付き合いが再開した。
その際に、彼がトライアスロンをやっていることを聞いて、私は少なからず「衝撃」を受けたことを覚えている。

たとえば、彼の出場完走した宮古島のトライアスロン大会では、水泳3キロ・自転車150キロ・マラソン42.195キロを一気に走破するという壮絶なもので、御茶ノ水の居酒屋でこれを聞かされたときに、私は心底びっくりすると同時に、自分も何かをしなければと、心がザワザワする思いがしたものである。
今考えれば、これが、私の自転車熱に拍車をかけた一因だったかもしれない。
そして、これを機に、N君は、私の中で、ポン友から畏友に変わった。

とは言え、N君と自転車で走るのは、今日が初めてである。
会うたびに、近いうちに銚子あたりまで一緒に走ろうと言い合うのだが、なかなかその機会がおとずれなかった。

そして、埼玉県吉見まで荒川を走るが同行しないかというN君からの誘いを受けて、今日の吉見(埼玉県比企郡)往きと相成った。

写真を撮り損ねたのが悔やまれるが、N君の自転車は、トレックのフルカーボン(ステムやハンドルもカーボン)のフルデュラエース組で、50ミリぐらいのリム高のボントレガーのホイール。
いかにも戦闘的な容姿の自転車である。

案の定、向かい風の北風が吹く中、N君の先導で、さっそく出発。
こういう、川筋の向かい風の場合、私の場合、20~25キロの速度域で走るのがせいぜいなのだが、N君は、とにかく早い!
25~30キロですいすいと走り始める。
いや、実は、これとて、N君は加減して走ってくれているわけなのだが、お陰でDAI’Sさんと私は、付いていくのだけで大わらわである。

しかも、トライアスロンの選手らしく、ほとんど休憩しない。
もちろん、われわれのために、1時間に一度ぐらい休憩を入れてくれたが、私のように、「休憩する合間に走っている」ようなのんびりモードではないのだ。

それにしても、秋が瀬公園から中流の荒川河川敷の風景は素晴らしい。
折からの若葉の芽吹きが、森林に見事なグラデイション(色調)を添えている。
加えて、流山のそれをはるかに凌駕する菜の花ロード&桜並木の美しさには、溜息が出るほどであった。

IMG_4733.jpg
(桜並木に菜の花の土手)

荒川河川敷と言っても、下流域ののっぺりと閑散とした感じとはちがって、ここ中流域では、川幅が極端に小さくなって、サイクリングロードを走っていても、どこに本流が流れてるのか分からないほどで、道の付き方もくねくねしていて、エドガー・ポーの『ランダーの別荘』の主人公になったような陶酔感を覚える(場所によっては、小貝川界隈にちょっと似ている)。

吉見運動公園管理棟
で大休止。
ここは、川筋に位置していて、トイレや自販機もあるので、自転車乗りたちがわんさかとたむろしている。

ここから、県道を西に走り継いで、今日の目的地である「吉見百穴(よしみひゃくあな)」(埼玉県比企郡吉見町)に到着。
出かける前は、地図上で、概算60キロと踏んでいたが、実際には80キロ弱もあった。
道理で疲れたわけだ。

吉見百穴(よしみひゃくあな)」は、6~7世紀の200基余の横穴墳墓群である。
小高い洪積台地の斜面に直径1~2メートルの横穴が掘られていて、見たところ、まるで巨大な蜂の巣のようで、まさに奇景である。

IMG_4716.jpg
(「吉見百穴(よしみひゃくあな)」)

IMG_4717.jpg
(「吉見百穴(よしみひゃくあな)」の説明板)

また、これと同じ台地には、太平洋戦争中に掘られた地下軍需工場跡もある。
松代大本営跡に較べると、かなり小規模ながら、入りくんだ壕の中にはいると、ひんやりとしていて、岩肌の陰影が不気味である。

IMG_4720.jpg
(戦時中に、朝鮮人労働者を酷使して掘られた地下軍需工場跡の内部)

IMG_4723.jpg
(地下軍需工場跡の入口)

時代は前後するが、この同じ台地には、中世の城跡(松山城)もある。
低湿地帯を見下ろすような台地上に築かれていたという。

IMG_4728.jpg
(台地の上からの眺望)

われわれ三人は、「吉見百穴(よしみひゃくあな)」の前のうどん屋で昼飯を食べる(うどん定食・900円)。

さて、N君はこの後、上記「吉見運動公園」でクラブチームのサッカーの試合に出場するという。
80キロ以上も自転車で走ってからサッカーの試合に出るという。
しかも、試合終了後は、また、自転車で東京の自宅まで帰るわけなので、今日の彼のスケジュール自体が、もはや、トライアスロン並である・・・。

DAI’Sさんと私も、N君のサッカーの試合をしばらく応援・観戦する。

IMG_4732.jpg
(試合中のN君・背番号1)

こうして、DAI’Sさんと私は、帰途に着くが、お見事に、風は南風に変わっていて、帰りもまた、向かい風の中を走ることになった。

途中、泣きそうになりながら荒川を下って、家に帰り着いた時には、あたりは薄暗くなっていた。

IMG_4737.jpg
(豚の接吻・帰途に立ち寄った榎本牧場にて)

走行距離:159キロ(ロードバイク)

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(18)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
百穴掘れば、ざくざく採れます(笑) Posted by たすけ
あれま、結構ハードなツーリングだったんですね、一緒に行かなくてよかったぁ(笑)

私は船橋界隈をブラブラして、潮干狩りの穴場を見つけてきました。今度の日曜はGW前の潮干狩りでもしませんか?
自転車では持ち帰りに難儀なので、車でお迎えに行きますよぉ^^

PS.吉見百穴懐かしいです。娘が小学生の頃にドライブで立ち寄りましたが、例によって家内&娘は早々に車に戻り、「さっさと見てらっしゃい(--;)」との指令を言い渡されました(苦笑)
2010.04.19 Mon 12:42 URL [ Edit ]
Posted by DAI’S
昨日はお疲れ様でした、あの距離を走ったのは二十代以来でしたので、今はここち良い痛み中です。
ちなみに、とん八では、半寝していました。
潮干狩り私も混ぜて下さい、車も出します宜しく御願いいたします。
2010.04.19 Mon 15:28 URL [ Edit ]
あっぶねぇ~。 Posted by しゃあ あずなぶる
一緒に走っていたら死んでましたね。

トライアスロンVs電動アシスト・・・って、ハナから勝負にならないです。
2010.04.19 Mon 16:44 URL [ Edit ]
お疲れ様でした! Posted by kaccin
行きも帰りも向かい風だったんですね。
こちら、まったり都内ポタ80キロ楽しみました。
そちらの職場前も通り、あ~ここで自転車止めてるんだなんて納得してました。また、ご一緒するの楽しみにしています。
2010.04.19 Mon 18:32 URL [ Edit ]
ふぇ~ Posted by 棚倉 樽
お誘いいただきありがとうございました。
でも、やはり私がお付き合い出来るポタではありませんでしたねぇ(笑)。

花見の絵をお渡ししたいので、ご都合の良い「夜半」をお知らせ下さいませv-15
2010.04.19 Mon 23:50 URL [ Edit ]
行きたいです Posted by 断腸亭髭爺
たすけさん

日曜日は、すれ違いになってしまい、申し訳ありませんでした。

まあ、速度の方は、お願いすれば緩めてもらえたと思いましたが、予想以上に距離があった(地図を「目視」しただけでしたが)ので、参りました。

日曜日、潮干狩り、行きたいです。
クルマに同乗させて下さい。
2010.04.20 Tue 07:53 URL [ Edit ]
ご主人様も、いかがですか? Posted by 断腸亭髭爺
DAI’Sさん

私も、「豚八」でトンカツを食べて家に帰ってから、約5分後にはいびきをかいていました。
相当に疲れました・・・。

今度の日曜、潮干狩り、是非、ご一緒に。
呑ちゃんも行くと言ってます。
ご主人様も、いかがですか?
2010.04.20 Tue 07:56 URL [ Edit ]
地獄になったことでしょう Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

そうですね。
80キロまでしか電池が持ちませんから、帰りは地獄になったことでしょう。

道々、DAI’Sさんと、今日は、しゃあさんは欠席で正解だったかもしれないなあと話していたところです。

今度の日曜日、しゃあさんも潮干狩り、ご一緒にいかがですか?
2010.04.20 Tue 07:59 URL [ Edit ]
近いうちに是非! Posted by 断腸亭髭爺
kaccinさん

直前のお誘いになってしまって、申しわけありませんでした。

アースデイのイベントに行かれたんですね。
日曜の都内は、走っていて気持ちがよかったと思います。

最近、学生の自転車通学も増えてきて、止める場所に困ることがあります。
結構すごいロードで来る奴もいて、他人事ながら、盗まれないか心配になります。
2010.04.20 Tue 08:08 URL [ Edit ]
明日以降、ご連絡します Posted by 断腸亭髭爺
樽さん

確かに距離はありましたが、先日銚子に行った暴風雨の日よりは楽でした。

今週の金曜夜なぞ、どこかで一杯やりながらという感じでいかがでしょうか?
明日以降、ご連絡します。
2010.04.20 Tue 08:11 URL [ Edit ]
25日× 29日○ Posted by たすけ
す、す、すみませ~ん!潮見表を確認したらhttp://sio.mieyell.jp/select?po=21218
25日は不適でした。29日ならば11:14分の干潮に合わせて出かけるとちょうどいいと思いますので、29日に変更させてください。

2ヶ所のうち1ヶ所は、梯子なしで浜に下りることができますが、もう1ヶ所は梯子がないと下りることができません。もし、しゃあさんがご参加できればアルミの梯子をご用意頂ければ幸甚です。
2010.04.20 Tue 10:04 URL [ Edit ]
恐縮しております Posted by トライアスロン野郎N井
断腸亭殿、DAI’Sさん、大変申し訳ありませんでした。
四つ木橋の出発地点で“大体25kmペースで”という言葉を忠実に、任務遂行してしまいました。
お友達の方々から、コメントが多々あり、“イカンことしたー”と恐縮しております。
今度は速度に十分注意しますので、またご一緒してください!
2010.04.20 Tue 17:06 URL [ Edit ]
なるほど Posted by 断腸亭髭爺
たすけさん

なるほど。
干潮の時間が関係あるんですね。
面白いサイト教わりました。
ただ、私は、老年性早起き症なので、25日の8:38でも大丈夫ですが・・・。

29日、私はOKです。
梯子も持ってます(しゃあさんにもらった物)。
2010.04.20 Tue 21:05 URL [ Edit ]
光栄でした Posted by 断腸亭髭爺
ライアスロン野郎N井君

いやいやこちらこそ恐縮至極です。
一緒に走ってもらっただけで、光栄であります。

大兄にしてみれば、あれでも大分加減してくれたわけですし、こちらも、良い訓練になりました。

是非、次も、同じペースで願います。
東松山界隈、走ってみたいですね。
2010.04.20 Tue 21:10 URL [ Edit ]
Posted by たすけ
断腸亭さん
いえ...25日は中潮なので遠浅の三番瀬ならいくぶん干潟が出ますが
穴場は干潮でもおそらく水没していると思われです^^;
2010.04.20 Tue 23:50 URL [ Edit ]
29日ということに Posted by 断腸亭髭爺
たすけさん

私には、よくからくりが分かりませんが、そういうもんなんですね。
了解しました。
29日ということに。
2010.04.21 Wed 12:58 URL [ Edit ]
ボクは欠席です。 Posted by しゃあ あずなぶる
残念。仕事っす。
断腸さんの脚立より、少し大きいモノもありますよ。
必要であれば、当日の朝までに届けます。
指示下さい。
2010.04.22 Thu 06:08 URL [ Edit ]
それは残念! Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

それは残念!
脚立、もし必要のようなら、ご連絡しますね。
2010.04.23 Fri 04:12 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/538-ab0a7ec5

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。