日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.03.23 Tue
銚子行3~少年時代の家の周辺を訪ねてみる
北からの微風。
今回も、利根川ルートで帰ることにする。
朝食を食べて、8時過ぎに出発。

市街地を抜けて、国道356号沿いに走る。
途中、10歳ぐらいまで住んでいたあたりがどんな風になっているかを見て見たいからである。

私が当時住んでいたのは、現在の国道356号沿いであるが、東京オリンピック頃までは、ここに国道は存在せずに、いつも土埃を上げている未舗装の田舎道が通っていただけだった。
それが、いつの頃か、突然ブルドーザーがやって来て有史以来の大工事が始まり、道路が拡幅されて、立派な舗装路ができあがっていった。
その国道建設に伴って、私の住んでいた界隈にも上下水道が設置されたわけだが、もちろんそれまでは、飲み水は庭の井戸から汲んでいたわけだし、下水はスコップで掘ったような溝に垂れ流していた(ここにはミミズがたくさんいたので、これを捕まえて釣りの餌にしたものだ)。

かすかな記憶を手がかりに国道を辿っていく。
当時の面影を残す道筋の農家の塀に見覚えを感じて自転車を止めた。
そうだ、この辺りにちがいない。

IMG_4605.jpg
(私の住んでいた家があった場所・現在は、ご覧のように、保険会社のビルが建っている)

当時、ここに、木造平屋(畑付)の公務員住宅が建っていて、私はそこで、10歳ぐらいまで過ごしたのである。
道筋から横道に入ると、当時は、一面の田畑が広がっていたが、現在は住宅街になっている。

懐かしくなって、周辺も走ってみた。
唯一、近所の子供たちとベーゴマなどをやって遊んでいた小さなお社の一角だけが、ほぼ当時のまま、残っていた。
子供の頃は、もっと広い場所だと思っていたが、案外狭いので不思議な感じがする。

IMG_4603.jpg
(当時のままだった小さな社)

いつだったか、友だちとここの地面を掘っていたら、大きな馬の骨が出てきて、大騒ぎになったことがあったっけ・・・。

夏休みになると、毎朝、ラジオ体操に通った熊野神社は、ほとんど変わっていなかった。
ランニングシャツに半ズボン姿のかつての私が大木の影から現れても驚かないぐらいに・・・。

IMG_4606.jpg
(熊野神社・松本町)

そして、私の少年時代の自転車生活に欠かせなかった「塚本輪業」(自転車屋)も、国道沿いに健在。

IMG_4602.jpg
(開店前の「塚本輪業」)

40年の時間経過は、凄まじいほどに一帯を変貌させてしまってはいたが、神社仏閣だけは、当時の姿を残しているものである。

旧道に戻って、西進する。
いつも気になっていた笹本町の旧道沿いの美しい藁葺きの山門を見学するすることに。

IMG_4609.jpg
(藁葺きの山門)

寺の名前も分からなかったが、帰ってから地図を調べてみると「薬師堂」(地図)らしい。
そう言えば、小さなお堂が建っている。
かなり古い寺のようだが、沿革など一切不明。

宮原町(銚子市)から利根川サイクリングロードを走って、いつものように、小見川大橋を渡って左岸(北岸)に渡る。
いつもの「横利根閘門ふれあい公園」で休憩。

IMG_4614.jpg
(レンガ造りの閘門)

IMG_4615.jpg
(「横利根閘門ふれあい公園」・コブシの花が咲いていた)

もう11時も過ぎて、大分腹が減ってきたので、このあたりで昼飯でも食べたいなあと思って、「横利根閘門ふれあい公園」から小さな集落(香取市北佐原・北岸だが香取市の飛び地になっている)に降りてみたが、食堂らしきものも、弁当屋もないので、仕方なく、水郷大橋を渡って、佐原で昼飯を食うべく再び右岸に出る。
佐原の街に出るのは億劫なので、今日は、川筋の「麻生屋本店」で鰻を食べることにする。

IMG_4617.jpg
(利根川土手から見える「麻生屋本店」)

麻生屋本店」は、街中(まちなか)の支店の方には行ったことがあるが、ここ本店は初めてである。
ほとんど開店と同時に入ったので、私が口開けである。

座敷に上がり込んで、1500円のうな重を注文する。

IMG_4618.jpg
(「麻生屋本店」はすべてお座敷席である)

麻生屋本店」は、市中から利根川に流れ込む小野川の河口にあるので、舟運が栄えた頃にはさぞかし賑わったと思われる。

IMG_4620.jpg
(うな重・味は支店の方がうまかったような・・・)

IMG_4621.jpg
(「麻生屋本店」はむしろ、佃煮類が有名である)

こうして私は、手賀沼→江戸川(流山橋)→二郷半領用水→水元公園で帰宅。

IMG_4625.jpg
(江戸川土手の菜の花)

IMG_4627.jpg
(二郷半領用水のコブシ並木)

これにて、早春の銚子への旅の記録を終わりとする。

走行距離:136キロ(クロスバイク)

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報
旅(自転車)    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
ひょっとしたら・・・ Posted by たすけ
>神社仏閣だけは、当時の姿を残しているものである。

私もポタでこうしたところを好んで巡るのは、郷愁を求めているからなのかもしれませんね~
子供の頃、寺社の軒下にはたいてい蟻地獄があって、わざわざ蟻を捕まえては、すり鉢に落として様子を眺めていました。
なんで、子供の頃ってそういうことが平気で出来たのでしょうかね?^^;
2010.03.31 Wed 10:18 URL [ Edit ]
子供独特の残酷さ Posted by 断腸亭髭爺
たすけさん

かつての場所に行くと、様々なことが思い出されます。
その場所に実際に立ってみないと分からない感覚ですね。

虫たちに対しては、私も実に殺生をしました。
カエルやトンボを、爆竹を使って、どれほど爆殺したかわかりません。

サム・ペキンパーの映画『ワイルドバンチ』の冒頭に、子供たちが蟻を焼くシーンがありますが、あれを見たとき、子供独特の残酷さは世界共通のものなのかもしれないと思いました。

とにかく、子供は、モデルガンにしろ、生物にしろ、バラバラにするのが好きなんですね・・・。
2010.04.01 Thu 08:26 URL [ Edit ]
まさしく Posted by 103
ボクも昔住んでいた団地を見るとまるで自分が巨大になったような気がします。ま、実際デカくなっているわけですが(笑)

昆虫や小動物の殺生は誰でも通る道ですね。手塚治虫も言っていましたが、そういう経験をして生命の尊さを知るのでしょうね。
ボクはトンボにヒモをつけて、遊び飽きたらバラすのが好きでした(苦笑)
2010.04.01 Thu 08:33 URL [ Edit ]
Posted by nebaneba
麻生屋本店の白焼きは本店支店とも味わう機会がありましたが、街中の支店のほうが旨かった記憶があります。
本店の仲居さんがおしゃべり好きの印象が強いかな。
ところで
断腸亭さんご案内で「断腸亭想いで三昧と銚子旨いもの三昧」を企画しましょうよ。
走行距離はゼロ
自転車は漕ぎ手が運ぶ
これで企画しましょう。
賛同者は私一人でも可です
2010.04.01 Thu 20:26 URL [ Edit ]
極小極大 Posted by 断腸亭髭爺
103さん

ご無沙汰してます。

スウィフトの『ガリバー旅行記』が子供たちに人気があるのは、主人公が小人の国に行ったり、巨人の国に行ったりする時に体験するサイズ感の変化にあると思います。

子供時代の縁の土地を訪ねると、自分が巨人になったような錯覚を受けますね。

銚子半島は、子供の頃の私にとっては、まるでそれが全世界であるように広大に感じましたが、今は、自転車で回っても実に狭い領域に感じます。

しかし、その土地の持つ深い意味合いは私の中で大きく広がりはじめて、とても捉えきれない巨大さを感じています。
2010.04.02 Fri 06:30 URL [ Edit ]
是非、やりましょう Posted by 断腸亭髭爺
nebanebaさん

やっぱり、支店のが旨く感じられましたか。
支店のが100円高いのですが、味も上のような気がします。

>自転車は漕ぎ手が運ぶ

それは面白い企画ですね。
腹が減って、何でも美味しく食べられそう。
是非、やりましょう。
2010.04.02 Fri 07:21 URL [ Edit ]
グルメ旅? Posted by しゃあ あずなぶる
ボクも参加したいなぁ。
銚子の適当な場所まで車載v-448したいッス。
2010.04.02 Fri 08:26 URL [ Edit ]
鉄道輪行 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

この際、是非、鉄道輪行を覚えて下さい。
眠りながら移動できるので楽ですよ。
クルマだと、帰りに酒が飲めないし、駐車した場所に縛られるので。
明日、具体的にお教えします。
2010.04.02 Fri 17:53 URL [ Edit ]
みなさんのコメントで安心 Posted by 相子
アップがないので、若しやまた転倒かしらと心配しておりましたが、日付で安心しました。でもチョッと変ですね。旅人をされたいるのでは?
2010.04.03 Sat 11:14 URL [ Edit ]
気が「転倒」 Posted by 断腸亭髭爺
相子さん。

ご無沙汰してすみません。
何だか、いろいろと忙しくなってきて、気が「転倒」しておりました。

4月は、残酷な季節です・・・
2010.04.04 Sun 17:39 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/530-1b26c9a2

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。