日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.03.22 Mon
銚子行2~銚子の古道探訪・屏風ヶ浦の穴場スポット
夕べは、疲れ果てて、お袋が拵えてくれたポークソテーを食べるや、缶ビール一本も飲み切らないうちに床について、10時間ぐらい熟睡した。

朝飯を食べてから、さっそく銚子半島を探訪すべく、自転車に跨って走り始める。

つい10日ほど前に銚子に「イオン・ジャスコ」(銚子店)ができたという話をお袋から聞いたので、126号の抜け道ルートの復習も兼ねて、行ってみることにした。

台地の上のキャベツ畑の中の道を辿って、「イオン・ジャスコ」(銚子店)に到着。

IMG_4584.jpg
(台地の上のキャベツ畑の道・撮影地点地図

IMG_4583.jpg
(旧有料道路・県道286号の橋の上からから見下ろした、美しい高松池・撮影地点地図

「イオン」は、広大な敷地に広がっていた。
この店に来やすいように、周辺の道も整備されていたのには驚いた。

IMG_4569.jpg
(「イオン」の駐輪場)

開店前(9時開店)に着いてしまったので、しばらく入口付近で待つ。
銚子駅からの路線バスが次々と到着して、女子高生と思われる集団を吐き出して行く。
開店直前には、キャピキャピギャル軍団のピーチクパーチクの中で、私は一人ぽつねんと立ちつくしていた。

開店したので、私にとって唯一興味のある店舗「サイクルショップ」に行ってみることにした。

IMG_4572.jpg
(「サイクルショップ」)

かなり大きな店舗で、事実上、現時点では、ここが銚子最大の自転車屋であることは間違いないであろう。
一番正面の入口付近に、開店記念セールのクロモリの700Cクロスバイク19800円が展示されていて、私の心を動かす。

IMG_4573.jpg
(19800円のクロモリクロス)

トップチューブはホリゾンタル。
ボスフリーの6速で、スプロケはたぶん14-28t。
特に金色のチェーンとスポーク(36本組)が気に入った。
銚子に置いておいて、鉄道で来たときに乗ればいいじゃないか。
スタンドとディレーラーガードを外して、タイヤを23Cに交換すれば、かなり軽快に走る自転車になるぞ・・・。
しばらく自転車の前で唸っていたが、「何台買えば気がすむのかね、お前は!」というお袋の声が聞こえてくるような気がした。
「お袋へのプレゼント」として購入するという非常に苦しい口実も考えてみたが、かなり無理があるよなあ~。
また、考えてみれば、銚子に鉄道で来ることも滅多になさそうだと思って、今回は我慢することにした。

この自転車屋、パーツ類の品揃えがかなりよい。

IMG_4574.jpg
(充実したパーツ類・値段はそこそこ安い)

各種のタイヤ(チューブラーもあり)やチューブもずらっと揃っているし、専門的な工具類もきちんと置いてある。
銚子にサイクリングに来て何かトラブルになったときには、ここに来れば、ほとんど解決するに違いない(ただ、ちょっと不便な所にあるのが玉に瑕)。

さて、「イオン」を後にして、126号回避ルートをさらに辿ることにする。
「イオン」の裏手の新しい舗装道を西進して、屏風ヶ浦から海が見える場所で写真を撮る。

IMG_4575.jpg
(屏風ヶ浦の崖上から海を眺める・撮影地点地図

さらに、畑の中の細い農道をくねくねと走って、崖っぷちを目指す。
お~、ここはかなりの穴場だぞ。
屏風ヶ浦を直下に見下ろすことのできる(「火曜サスペンス劇場」風な)ポイントは、(60年代に県道286号が建設されてしまった)今となっては案外少ないのである。

IMG_4577.jpg
(屏風ヶ浦を直下に見下ろす・撮影地点地図

両側に鬱蒼たる常緑樹の繁る切り通しを降りてから、また、登る。

IMG_4582.jpg
(切り通し・撮影地点地図(大体この辺))

以前から気づいてはいたが、この126号回避ルートは、江戸時代以前に遡ることができる旧道にちがいない。

IMG_4581.jpg
(古道であったことを示す庚申塔などの石碑)

IMG_4578.jpg
(庚申塔群・ほとんどが江戸時代のものであった・撮影地点地図

さらに進んで坂を登り詰めると、西安寺に出ることになるが、この道自体が聖域扱いになっているようで、しめ縄が渡されていた。

IMG_4580.jpg
(しめ縄が聖域を仕切る切り通しの坂・撮影地点地図

結局、飯岡までの裏道ルートを辿ってみたが、分かったことは、これがまさしく江戸時代以来の古道であるということ。
ただし、途中は、地形の変化やその後の開墾等のため、道が消滅して雑木林に変わってしまったらしい所があることが分かった。
たぶん、銚子半島には、幹線道路としての古道は2本存在したと思われる。
一つは、利根川沿いの国道356号と平行して通る道(川筋ルート・今回の「駅からサイクリング」で走った道)。
もう一つは、国道126沿いと平行して通る道(内陸ルート)。
前者は、旧道として今も現役だが、後者は、農道としてしか利用されていないようである。

後者の道が、現在の銚子市街地に入るまでどのような道筋であったかは、これ以上は、文献を追わないと分からないが、たぶん、現在の春日小学校付近の三辻から東に延びていて、妙見町に今も残る道標のところで右折して、滑川沿いの道を南下して、その後、いわゆる「ハケ」の道を辿りつつ、渡海神社方面につながっていたものと思われる。

IMG_2983.jpg
(妙見町の道標・撮影地点地図

さて、昼時になって、かなり空腹を覚えたので、市街地に戻って、高校生のときによく通っていた駅前の大衆食堂(「インデアン」)で半チャンラーメン(750円)を食べる。

IMG_4585.jpg
(高校生の頃、よく通っていた大衆食堂のメニュー)

この食堂で食べるのは、30年以上ぶりで、当時と変わらず、旦那さんと女将さんでやりくりしていた。
風貌がすっかり変わってしまった私のことはもちろん覚えているはずもなく、昔話(高校野球のことなど)をしながら、ラーメンを啜る。
ここ銚子では、不況と人口減少で消滅していく店の多い中、よくぞ、「現存」してくれたものだと感心する。

さてその江戸時代以来の古道をさらにたどりつつ、外川まで走ってみることにする。

IMG_2982.jpg
(江戸時代以来の古道を南下・撮影地点地図

IMG_4587.jpg
(外川漁港・撮影地点地図

IMG_4588.jpg
(外川漁港・撮影地点地図

途中で、道を外れて、犬若の埋め立て地に降りる。
銚子マリーナから沖合に延びる堤防の突端まで行ってみることにしよう。
ここからの屏風ヶ浦の眺めは絶景である。

IMG_4591.jpg
(堤防突端から屏風ヶ浦を眺める・撮影地点地図

IMG_4592.jpg
(堤防突端から屏風ヶ浦を遠望する)

「こんにちは」。
この堤防突端で一人で釣りをしていた40才ぐらいの男性に挨拶をする。
「なかなか暖かくなりませんね」と、すぐに返してくれた。
原付バイクで来ていたので、地元の人だろうが、言葉は完全に標準語である。
この辺りの海の水深は、2~4メーターであること、スナメリというイルカの一種がたまに回遊してくること、トンビは渡り鳥の一種で銚子には棲息していないが三日ほど前に銚子に現れたことなど、私の質問に対して、実に矢継ぎ早に、しかも、理路整然と答えてくれた。
う~ん、この人は、たぶん、学校の先生だなと思う(同業者の勘)。

物知りの釣り人に別れの挨拶をして、屏風ヶ浦崖下の遊歩道を回ってみることにする。

IMG_4595.jpg
(屏風ヶ浦崖下の遊歩道・飯岡方面・撮影地点地図

IMG_4597.jpg
(屏風ヶ浦崖下の遊歩道・犬若方面)

以前にも書いたけど、この遊歩道は、途中から半崩壊してしまっていて、通行禁止になっていまっている。

IMG_4598.jpg
(通行禁止になっている遊歩道)

ところが、見ていると、向こうの方から、この危険な道を自転車でやってくる人がいる。
釣り人のようである。

IMG_4599.jpg
(半崩壊した道を自転車で走ってくる釣り人)

こちらまで来たときに、「いやぁ~、すごいですね、よく走れますね」と言うと、いつも走っているとのこと。
ぶったまげたもんだ。
私には、とてもそんな勇気はない。

県道286号線(愛宕山公園線・旧有料道路)の下には、秘密のトンネルがある。
ここも、通行禁止になっていて、地元の人しかしらないが、実際には、釣り人やサーファーが通り抜けている所である。

IMG_4600.jpg
(秘密のトンネル)

私は、このトンネルを抜けて、帰宅した。

夕前に、24インチママチャリに乗って、買い物に行く。
銚子の高校生は、自転車通学の際に、ヘルメットの着用が義務づけられているらしく、ヘルメット姿の高校生をよく見かける。
都会の自転車乗りも、見習ってほしいものである。

IMG_4601.jpg
(ヘルメット姿の高校生)

スーパーで、初鰹や地魚の刺身などを買って、夕飯としてお袋と二人で食す。

走行距離:54キロ(クロスバイク+24インチママチャリ)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
旅(自転車)    Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
笑点2箇所 Posted by たすけ
>何台買えば気がすむのかね、お前は!
>風貌がすっかり変わってしまった私のことはもちろん覚えているはずもなく...
笑わせてもらいました!e-257

それにしていいですねぇ~古道探訪♪ そそられますv-218
いつか企画して頂く銚子ポタを楽しみにしております♪
まぁたぶん1泊2日の行程になると思いますので、土日or連休という日取りになるのでしょうが...
土日の場合は、私は宴会の2次会合流ということで仕事終わり次第輪行で馳せ参じま~すe-257
2010.03.26 Fri 15:38 URL [ Edit ]
銚子サイクリング Posted by 断腸亭髭爺
たすけさん

銚子に根城(実家)があるため、銚子の宿については、ほとんど知りません。
ただ、銚子のホテルはどうも高いので、飯岡か波崎あたりに宿を取ればいいかなあと考えております。

日帰りなら、銚子まで輪行で来て、銚子半島穴場スポットなどをゆっくり回って、お酒を飲んで輪行で帰るというのがよいと思います。
2010.03.28 Sun 09:07 URL [ Edit ]
昨日もお世話になりました。 Posted by しゃあ あずなぶる
ジャッカル・・・ありがとうでした。

ところで、昨日の休憩での会話。
鰯の刺身が気になります。食べてぇ~。
鮪より脂がやさしいかも。
断腸さんは、子供の頃から鰹を食されていたとか。
ボクが鰹の美味しさを分かるようになったのは、30歳を過ぎていたと思います。
やっぱり銚子の魚って、美味いんだろうな。
2010.03.28 Sun 11:27 URL [ Edit ]
断腸亭髭爺さま Posted by nebaneba
銚子半島魅力満載ですね
これは再度銚子サイクリングの企画価値ありですね。
秘密トンネルも公開されましたが
もっと秘密があるみたい
ぜひ公開を。
2010.03.28 Sun 11:57 URL [ Edit ]
アオモノ系が好きです Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

ご返事、遅くなってすみません。

初の手賀沼行き、いかがでしたか。
次は、手賀沼の道の駅発で、印旛沼を走って、佐倉に鰻でも食べに行きましょうか(往復70キロぐらいかな)。

銚子で食卓に上がるのは、圧倒的にアオモノ系です。
ですから、今でも、鮪よりか、鰯、鰺、秋刀魚、鰹の方がはるかに好きです。
私にとって、鮪はいなくても苦になりません。

銚子の地魚はうまいですよ。
2010.03.30 Tue 09:47 URL [ Edit ]
5月の連休頃 Posted by 断腸亭髭爺
nebanebaさん

銚子は、距離も適当ですが、結構奥が深いなあと感じています。
この歳になって、ようやく銚子の魅力が分かってきたようです。
これも、自転車のお陰。

5月の連休頃、また、銚子に行きましょう!
2010.03.30 Tue 09:51 URL [ Edit ]
大変参考になりました Posted by 雑葉
初めまして。
数年前より夏の企画として富津岬から犬吠埼を目指して海沿い
をウォーキング。
毎年夏休みに少しずつ進みつつ、少し期間が開いたり途中から
息子も参加した関係で進度はゆっくりになりましたが、
この夏はとうとう犬吠埼到達となる予定です。
今年は去年の到達点 旭のかんぽの宿付近から出発です。
コース取りの調査をしておりましたらこちらのページに
辿り着きました。
大変参考になりました。
ありがとうございます。
また、ご報告できたらお邪魔したいと思います。
ではでは
2012.08.15 Wed 02:25 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/529-d4196735

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。