日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.03.03 Wed
新105の正体やいかに~5700シリーズ
以前から巷で囁かれていたシマノ社のロードバイクのコンポ「105(5700シリーズ)」が、いよいよその全貌を現しつつある。
と言っても、私が実際に見たのでもなく、触ったのでもなくて、以下はほとんど、英国の自転車総合サイト「バイクレイダー」の記事の受け売りである。

新105シリーズの発売は、英国では、ダブル仕様が五月、トリプル仕様が六月頃だというので、お膝元の日本では、やや早くて、四~五月頃になるのではないか。

新105は、上記記事を読む限り、多くの自転車乗りが予想していた通り、先行のデュラの79シリーズアルテの67シリーズをほぼ踏襲した仕様と機能を備えたものになりそうである。

・左右の表裏のある新チェーンの採用。
・従来STIから飛び出ていた変速ワイヤーをバーテープに巻き込む新タイプの採用など。

ハンドル
(変速ワイヤーをバーテープの下に巻き込めるので、フロントバッグの選択肢が広がるであろう)

デザインも新上位機種の流れを踏襲。
但し、105では、シルバーとブラックの二種類が出るという。

shimano-105.jpg
(新105シリーズ)

shimano-105_20100304195958.jpg
(新アルテのそれよりもやや丸みを帯びたデザインの新105クランクセット)

さて、気になる互換性だが、先行のアルテ67シリーズとほとんど同様で、旧10速シリーズとは半分は互換性を保ち、もう半分は互換性を失う格好である。
とりわけ、フロント周りは、新チェーンの採用に伴い、複雑かつ悩ましい互換図になる。

互換
(新アルテと新105をめぐるフロント周りの互換図)

しかし、新デュラとはほぼ互換性があり、新アルテとは完全に互換性があるようだ。

新アルテ以降のこの度の改変では、フロントの複速ギアの間隔がやや広くなったのに伴い、変速レバーの引き代が変更されたため、新STIと旧チェーンリング、旧STIと新チェーンリングとの相性が悪くなることが予想される。

また、甚だ疑問なのは、新チェーンである。
先にも書いたが、新チェーンは、世間のように、表と裏があるという。
ロゴのある方が表(右側)で、ロゴのない方が裏(左側)。
しかも、「チェーンの右側は前変速に最適化され、チェーンの左側は後変速に最適化されている」のだという。
そんな、あんた、ホンマかいな・・・?

新チェーン
(新変速機に最適化された新チェーン)

チェーン
(新アルテのチェーン取説)

今回のシマノ社の改変は、もしかしたらチェーンを売りつけるためではないかとさえ疑ってしまう。
新コンポの駆動部品のすべてがチェーンとの適合性と関連づけられている以上、みんなが新チェーンを買わなければならない。
コンポのその他の部品はそう壊れるものではないので、なかなか買い換えることはないが、チェーンだけは、比較的頻繁に交換し続けなければならない。
しかも、ただでさえ10速チェーンは、細いので当然耐久性がないし、しかも、高価である(私が9速チェーンに拘る理由もこのへんにある)・・・。

新105の重量は、2481グラム。
旧105が、2559グラムだったので、約80グラムほどの軽量化である。

また、気になる値段だが、現行の105よりも1割ほど安くなる見込みだという。

なお、105のホイールについては、上記記事には触れられていなかった。

いずれにせよ、新105の発売が楽しみである(と言っておこう)。

走行中
(新105で組まれた、疾走する完成車見本)

走行距離:27キロ(ロードバイク)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ
自転車    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
むむむ Posted by のんだくれ
先の話ですが、僕はFD・RD・クランクを105の黒に換えようと画策していました。(9速スプロケで)
単純にロードコンポを黒で揃えて交換したいという不純な理由ですが(笑

新型でフロントの引きしろが変わるならフラットバーシフターも新型になるということなのか…
新型になるとしても出るのは後回しですよね

チェーンのところもなにかひっかかりますね。
車体色に合わせてKMCの金色のやつにしようと思ってましたので、今のうちに現行105を買っておいたほうが無難のような気がしてきました。



2010.03.05 Fri 19:36 URL [ Edit ]
悩ましき互換性 Posted by 断腸亭髭爺
のんだくれさん

新型仕様のフラットバーシフター&ブレーキレバーが出ていない(或いは、後まわしである)というのは、使用者の疑念を深くするものです。

フロント周りの互換表によると、新型と旧型では、旧ディレーラーと新クランクだけが、まったく互換性がないことになっています。
しかし、これ自体、不思議です。
旧シフター・新ディレーラー・旧クランクに互換性(点線)があると言うのに・・・。
これは価格の高いSTIとクランクセットを購入させるための「誘導」でなければいいのですが・・・。

新チェーンも、何だか曲者(くせもの)ですね。
10速チェーンは、ただでさえ耐久性がないのに、軽量化のためプレートを肉抜きしてしまったので、さらに耐久性が落ちてしまうことが予想されます(スポンサーの付いているプロはいいけど、ホビーユーザーには酷です)。

ただ、多段システムの互換性を徹底的に比較分析している以下のページなどを読む限り、のんだくれさんの計画しておられる改造は、完全にOKですし、たぶん、新型105でも大丈夫(少なくともリアに関しては)だと思いますが、やってみないことには分かりません(アルテも105も、新型のが安価であるところがまた悩ましい)。

http://www.sheldonbrown.com/speeds.html

と言いながら私も、一応、旧アルテのRDと現行105のクランクセット(いずれも9速チェーンで動きます)を確保しました。
2010.03.06 Sat 06:42 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/514-9340daba

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。