日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.02.25 Thu
ステムを交換する~今回は成功
暖かいというより、生温い南風が吹き荒れた一日だった。
関西の方では、春一番が吹いたとか。
いよいよ冬も終盤を迎え、これから春までは、雨の日が多くなる模様。

今朝、通販で注文しておいたロードバイク用の「ステム」が届いた。


(ディズナ カトロア ステム 6°/84°ブラックボディ)

ステムという部品は、ハンドルと前輪部をつなぐstem(柄)のことで、それ自体が稼動する部品ではないので、一定の強度さえあれば何でもよいのだが、難しいのは長さと角度である(ステムのサイズについてはここをご参照)。

私のロードバイクのステムは、購入したときのままのステム(100ミリ長で84度・SATORI社製)が着いている。
このサイズのステムは、自転車本体のトップチューブ(上管)長に加算して理論値を計算してみると、私の身長にはぴったりのもので、特に問題はなさそうに思えた。

しかし、ロードバイクを購入して乗り始めた頃は、ハンドルが遠過ぎて、非常に乗りにくく感じて、サイズが間違っているのではないかと思って、自転車乗りのベテランの人に聞いてみても、現状でまったく問題ないということだった。
なるほど、身体の方が「慣れて」いないだけかと思って、我慢して乗っている内に、先達の言うとおり、そのサイズに馴染んできて、まったく問題がなくなった。
それどころか、ロードに乗った後にクロスバイクに乗ると、ハンドルが近すぎて乗りにくくさえ感じるようになって、クロスバイクのサドルを後にずらしたり、ハンドルの角度を下げたりしたものである。
ロードバイクに乗ることで、自転車に乗る体勢そのものが「矯正」されたと言ってもよいだろう。

ところが、昨夏東北をツーリングしたときに、変な現象に気づいた。
疲れてくると、STIの瘤(こぶ)の1センチぐらい手前のところに手を置いていることが多いということに。
まあ、そもそもが、ドロップハンドルというものは、状況に合わせてハンドル部の様々な箇所を掴んで操縦するためにあみ出された部品なので、どこを掴もうとつべこべ言うべきことではないにしても、決まって1センチぐらい手前に手が移動しているということは、やはり、ステム長が長すぎるんじゃないだろうかと思ったりもした。
しかし、宿で一泊して元気を取り戻すと、ちゃんと所定の位置に手が来るわけで、やはり、疲れていたせいだということで納得していた。

ところが、最近、人の自転車に乗せてもらう機会があって、はっとした。
身体サイズが私と同じぐらいの人の自転車に乗ったとき、非常に乗りやすいので、どうしてだろうと考えて、やはり、ハンドルへの距離が微妙に短いことが分かったのである。

そういうわけで、急遽、10ミリ短い90ミリの上記ステムを取り寄せて、交換してみることにした。

因みに、ステムの交換は、比較的簡単である。
サイズ(コラム径・ハンドルクランプ径・コラム高)さえ間違わなければ誰にでも交換できるが、コツ(注意点)としては、垂直に差し込むプレッシャープラグをきつく締め込みすぎないという点だろうか。
プレッシャープラグを締め込み方は、ステムが固定するのに一番弱く絞めるぐらいがちょうどよくて、しかる後に、コラム(フォーク管)の固定ネジ2本をきつく締める(この順番は逆であってはならない)。

さて、ステムを交換したので、さっそく水元公園で試乗してみよう。

試乗に当たっては、「基本型」に戻したくて、再度、前のサドルに付け替えてみた。

IMG_4181.jpg
(前のサドルに戻す)

因みにこのサドルは、「【VELO】 Pronto-SP SL-VL-040」というもので、私のお尻にはかなり相性が良い。


(「【VELO】 Pronto-SP SL-VL-040」)

乗ってみて、びっくり。
たった10ミリステムのサイズが変わっただけで、自転車自体が身体に非常に馴染んでいるような気がする。
もっと早く交換すべきだった・・・。

IMG_4179.jpg
(90ミリの新ステム・「it's Dixna style」という意味不明なロゴにはお許しあれ)

水元公園や三郷界隈を走り回ってみる。

IMG_4175.jpg
(園内の梅も大分咲いてきた)

今回の部品交換は成功だったと言えよう(10ミリ短くなった分、24グラムの軽量化というおまけも付いてきた)。

走行距離:12キロ(ロードバイク)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ
自転車    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
質問です Posted by 相子
大学の運動部っていろいろとあるようですが、自転車部とかサイクリング部ってありますか。部長か顧問をされておいでですか。お聞きしたいことの一つです。
2010.02.26 Fri 08:59 URL [ Edit ]
楽な位置が正しい位置? Posted by しゃあ あずなぶる
正しい姿勢って、疲れてくるとシンドイですよね。
クルマを運転していても、朝と夕ではルームミラーの角度が変わります。
ジープみたいに運転席でもリクライニング機構の無い(ボクが乗っていたのはJ57)
ヤツはミラーの角度もあまり変わりませんでした。まぁ、強制的に「気を付け」姿勢ですから。

最近、疲れた時は疲れた時の姿勢があるような気がします。
筋力もヘタってきてる訳ですしね。
視界が狭くなるのは困りますが、その分速度も落ちてるからいいかな。
やっぱり危ないかな?
2010.02.26 Fri 15:01 URL [ Edit ]
奥が深い Posted by のんだくれ
1cmでも影響があるのですね
サドルはちょこちょこ高さ変えますが、良くなったとかはあまりわからなかったりします(苦笑

本当はハンドルの高さもちょっと低くしたいのですが、カゴが邪魔で無理です


リンクの件ありがとうございます
早速張らせていただきました
2010.02.26 Fri 17:33 URL [ Edit ]
残念ながら・・・ Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

自転車部などの部長(ないしは顧問)なら喜んで引き受けたいと思いますが、ご存知の通り、そうは行きません(現在は、ピアノとアニメの同好会の顧問をしております)。

大体が、体育会の場合は特に、「弟子筋」に機械的にバトンタッチするので、その種目が好きだからという理由で部長になる人は極めて稀だと思います・・・。

2010.02.27 Sat 05:18 URL [ Edit ]
たくさん走っているうちに・・・ Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

近所に買い物に行くような短距離の移動ならどんな体勢で乗っても同じですが、長距離を走ってみると分かります。

「正しい=効率の良い」体勢で漕いでないと、途端にバテてしまいます。

でも、あまり深刻に考えずに、たくさん走っているうちに、自然と出来てくるものだと思います。
まあ、最初のうちは、筋力ができてないので、あちこちが痛くなるのは仕方ありませんが・・・。
2010.02.27 Sat 05:22 URL [ Edit ]
まだまだです Posted by 断腸亭髭爺
のんだくれさん

1センチの違いが分かるようになったのはつい最近のことです。
自転車から離れている間に、センチ単位でサドルやハンドルをいじられたら気づくと思いますが、多分、ミリ単位の違いは分かりません。

ハンドルの件。
実車を拝見していないので何とも言えませんが、ステムの逆付けは、カゴが干渉して無理かと思いますが、コラムスペーサーの移動なら可能かもしれません。
http://ysroad-shiki.com/2009/01/post-77.html

リンク、ありがとうございました。
こちらも、リンクさせて頂きました。
http://eafeels.blog48.fc2.com/
今後とも、よろしくお願いします。
2010.02.27 Sat 05:34 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/508-05b658f7

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。