日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.02.22 Mon
ルイガノクロスのタイヤを交換~確定申告に行く
昨日の午後、ルイガノクロスで水元公園に出かけたときに、ベンチに座りながら、タイヤ(パナのツーキニスト28c)をしげしげと観察してみると、かなり痛んできている。
所々に大きな傷があるだけではなく、タイヤの側面に小さなひびも入っている。
あと一月ぐらいは使い続けようと思ってはいたが、そろそろ交換した方がよいと判断した。

ルイガノクロスのタイヤの交換は、少々面倒である。
いや、前輪はよいのだが、後輪のハブには内装変速機(シマノ・インター8)が仕込まれているので、クイックレリース方式ではなく、15ミリのボルトで車輪が固定されているからだ・・・。

午前中、やっと重い腰を上げて、タイヤの交換作業を始める。
ルイガノクロスのために、同じパナのツーキニスト28cの新しいタイヤを買っておいたが、気が変わって、28cタイヤは、近々、ホイールごと交換する予定の6速の700cママチャリに使うことにして、押入に眠っていた25cのタイヤを付けることにした。


(パナのツーキニストのシリーズ)

但し、パナのツーキニスト25cは一本しかないので、パンクに強いこのタイヤは、チューブの交換が大変な後輪に付けることにして、前輪は、やはり押入で眠っていたヴィットリアのルビノプロ25cを付けることにする。


(ヴィットリアのルビノプロ25c)

まず、厄介な後輪を15ミリレンチを使って外す。

IMG_4138.jpg
シマノ・インター8がハブに仕込まれている後輪)

IMG_4139.jpg
(ハブに繋がっているのが変速ワイヤーで、これも外さなければ後輪が自律しない)

IMG_4140.jpg
(外された後輪)

シマノ・インター8の搭載されたホイールの着脱については、ルイガノクロスを購入したときに、何の取説も付いてなくて大変苦労したが、このサイト(但し、英語)に大変詳しく載っていて大いに参考になった(ハブの分解法からその原理に至るまで、頭が下がるほど詳述されている)。

こうして、前後のタイヤを交換した。

IMG_4145.jpg
(前輪は、ヴィットリアのルビノプロ25cに)

IMG_4144.jpg
(後輪は、パナのツーキニスト25cに)

ルイガノクロスは、雨の日用の主力車なので、本当は、28cぐらいのがよいかもしれないが、ただでさえ重量級の自転車なので、少しでも走りを軽やかにしたくて今回は、前後輪とも25cにしてみた。

また、この度「使い切った」パナのツーキニスト28cだが、結局、一度もパンクせずにその生涯を終えることになった。耐パンク性という点でも、大変に優れた製品だと思う(グリップも良いし、頑丈なタイヤの割には軽量)。

*交換前後の重量比較(カタログ値による)
前輪:パナのツーキニスト28c(360グラム)→ヴィットリアのルビノプロ25c(250グラム)
後輪:パナのツーキニスト28c(360グラム)→パナのツーキニスト25c(320グラム)
つまりは、前輪は110グラム、後輪は40グラムの軽量化で、合わせて150グラム軽量化できたことになる。

タイヤ周りの150グラムの軽量化は、理論的には大きな差を生むはずである。

今日は確定申告に行かなければならないので、さっそく試乗を兼ねて、ルイガノクロスで出かける。

走り出して、すぐに違いが分かった。
断然に走りが軽い。
でも、雨の日に走ってみないと、本当の使い勝手は分からないが。

葛飾区税務署までは、片道5キロ強ぐらいなので、すぐに着いてしまう。
確定申告の時期なので、税務署内は、人でごった返している。

去年までとやり方が激変していた。
以前は、相談員と面と向かって座って、電卓をたたきながら、書式にペンで記入していたのだが、今年は、大部屋に立ち席が連なっておかれていて、指導員と並ぶようにして、「立ちながら」、各机に設置されたノートパソコンに氏名や住所を打ち込んでいくのだ。

みんなが立ち席にずらっと並んで作業している姿が、まるで、立ち飲み屋みたいで面白く思えたので、カメラを出して写真を撮ろうとすると、係員の人から「すみません、写真はご遠慮下さい」と注意されたので、帰りがけに、やや離れた所から一枚だけこっそり影しておいた。

IMG_4147.jpg
(巨大な立ち飲み屋のように見えた確定申告の様子・ただ、この写真は、場の雰囲気をよく捉えてはいない)

何だかんだで小一時間ほどかかったであろうか。
こんなに苦労して、逆に5万ほど支払う羽目になって、「骨折り損の草臥れ儲け」という言葉は、こんな時のことを言うのだろうなとしばし感慨にふける。

昼食を食べ損ねたので、帰りがけに、最近気に入っている青戸の「光陽楼」で半チャンラーメン(700円)を食べて帰る。

走行距離:17キロ(ルイガノクロス+6速ママチャリ)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ
自転車    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/505-370b6480

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。