日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.02.19 Fri
ハブクイックレリースの比較~その重量と価格について
昨秋、事故に遭ったとき、前輪が激しく歪んで廃棄処分になったことは既に書いた。
リムやスポークが使い物にならなくなったのはもちろん、ハブの軸であるクイックレリースも内部で曲がってしまったらしく、引っ張っても抜けない状態だった。

IMG_3217.jpg
(事故で激しく歪んだ前輪)

ハブクイックレリース」というのは、車輪(ホイール)の軸を構成する部品で、比較的良い自転車は、車輪の着脱が容易になるようにこの部品が着いている(「レリーズ」という最後の母音が濁音になる表記が見られるが、正しくは「レリース」だと思う)。

IMG_3993.jpg
(ハブクイックレリース・この写真例は、WH-6700の前輪用のもの・レバーを立てると「開」、倒すと「閉」になる構造)

この事故とは別に、先日、急いでクイックレリース(WH-R500)を締め込もうとして、シャフト側のネジ山をダメにしてしまった。
私は、ホイールを複数組持っているので、使っていないホイールのクイックレリースを外して付ければそれで事足りるのだが、それでは何とも心許ないので、新たにこの部品だけを一本購入することにした。

ところが、調べてみると、クイックレリースだけを購入すると、割合として、すごく高価であることが判明した。

たとえば、有名なタキザワサイクルだとシマノ純正のクイックレリース(ロード用)の値段は、以下のとおりである。

D/A 7900 Front  4,800円
D/A 7900 Rear  4,800円

ULTEGRA 6700 Front  2,150円
ULTEGRA 6700 Rear  2,150円

105 5600 Front   2,230円
105 5600 Rear  2,230円

TIAGRA 4500 Front  1,380円
TIAGRA 4500 Rear  1,380円

SORA 3300 Front  900円
SORA 3300 Rear  900円

一点買いでも、これに送料が加算されるので、えらく高くつくことになる。

ところで、シマノの完組ホイールに使われているクイックレリースは、上記の値段表の製品とどう対応しているかがよく分からない。
でも、たぶん・・・、

WH-R500→ソラ(SORA)
WH-RS20→ティアグラ(TIAGRA)

という感じなんだろうなと予想する。

よし分かった!
私の所有するホイールのクイックレリースを外して、その重量比較をしてやろう。

ホイールからそおっと一本一本クイックレリースを抜き取って、量りに載せてみた。
その結果は以下。

WH-R500前 73グラム
WH-R500後 77グラム

WH-RS20前 59グラム
WH-RS20後 64グラム

WH-6700前 58グラム
WH-6700後 63グラム

なるほど、そういうことであったか。

WH-R500とWH-RS20の差は、前後で27グラム。
WH-RS20とWH-6700の差は、前後で、わずか2グラム。
105及びデュラエイスクラスの製品が手元にないが、たぶん、ソラのクイックレリースだけがやや重くて、ティアグラ以上の製品はほとんど差がないであろうと推測できる。

ということは、その強度はいざ知らず、重量という点からだけ見れば、ティアグラのクイックリリースを買うのが、耐費用効果としては一番効率がよいことになる。
しかし、これとて、「WH-R500→ソラ(SORA)及びWH-RS20→ティアグラ(TIAGRA)」が正しいとしての話で、実際は、よく分からない(というか、シマノ社は、このあたりのことを意図的に曖昧にしているキライがある)。

そうこうして考えあぐねているうちに、シマノの純正品以外の製品も調べてみることにした。

やはり、ありました!
様々なクイックレリースが。
しかも、サードパーティの製品は、軸にチタン、レバーにカーボンという組み合わせの軽量タイプのものがほとんどである。

その中で、あまりに軽量化を目指した結果、危険な事例の報告も見つかった。
そのなかで、比較的安価で、しかも、安全面でも評判が良い製品はこれである。


(ディズナ スティック チタン ハブクイックリリーズ 前後セット・税込4,258 円)

前後セットの重量は、何と43グラム!
アルテグラのクイックレリースの約三分の一の重量で、しかも、ほぼ同じ価格。
どうしようかなぁ~。

まあ、しばらく悩んでから買うか買わないか決めることしよう。

走行距離:9キロ(6速ママチャリ)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ
自転車    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
レリースはシマノ Posted by 横山
 ホイールはマビックであれEASTONであれ、レリースだけは付け替える前のシマノ製を使いなさい(新ホイールのレリースは飾っておくように)。というのが平均的なプロショップの指導です。
 ウェイトはともかく、剛性と固定力に差があるようです。とくに固定力で頼りになる、という感じは確かにありますね。命にかかわることだけに。
2010.02.21 Sun 21:40 URL [ Edit ]
構造的な欠陥 Posted by 断腸亭髭爺
横山さん

ハブ用のクイックレリースについては、危険な事例がたくさん見つかります(特に前輪)。

どうも、これは、かなり昔からある構造的な欠陥のようで、レバー側のカムが一体型のものは問題がないようですが、分離型のものは、そもそも問題があるようです(軽量タイプのほとんどがこれ)。
http://sheldonbrown.com/skewers.html

この手の製品は、危険を承知で使用する覚悟が必要ですね。

お彼岸の銚子、一緒に走りませんか?
2010.02.22 Mon 06:31 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/501-ad67d0a1

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。