日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.02.12 Fri
嬉しいプレゼント届く
傘をさす必要のないぐらいの小雨と霙(みぞれ)が、思いついたように、交互に降ってくる。
もしかしたら、帰りは本格的な雨に合うかもしれないが、今日の職場は近い(駿河台)ので、ルイガノクロス(雨天用通勤車)に乗って出かける(一応、リュックには合羽)。

今日は、雨なので、いつもならそのまま直進する「四ツ木橋南詰」交差点から、雨の日ルートを取るために、右折して、いろは通り・大正通りを走る。

IMG_4035.jpg
(毎日のように通る「四ツ木橋南詰」交差点・前方の坂道が橋へのアプローチ[国道6号線])

IMG_4036.jpg
(かつては、永井荷風も徘徊した「大正通り」)

IMG_4037.jpg
(「白髭橋東詰」の交差点・車列を作る大通りが「墨堤通り」・戊辰では東軍の司令官として戦い、維新後は政府の重鎮となった榎本武揚が晩年に暮らしたのはこのあたりだった)

白髭橋から、首都高高架下の「屋根付」道を走る。

IMG_4038.jpg
(都高高架下の「屋根付」道)

この「屋根付」道、つまりは、隅田川土手に沿って、江戸時代から有名な「三囲(みめぐり)神社」がある。

IMG_4039.jpg
(「三囲神社」の鳥居)

この辺りの風景を広重も描いている。

三囲神社
(広重・東都名所隅田川八景「三囲暮雪」・遠景の山は筑波山であろう)

こうして、私は駿河台の職場に到着し、夕方まで「缶詰」にされて、入試の採点業務に勤しむ。
採点業務は、明日も朝から続くが、今日のところは、暗くなって解散。

ところで、今日は、職場の同僚を通じて、非常に嬉しいプレゼントがさる人から届いた。
それは、このブログにもよくコメントを書き込んで下さる相子さんからのもので、家に帰って開いて見ると、お手製の「ちりめん山椒」であった。

IMG_4043.jpg
相子さんの「ちりめん山椒」・「賞味期限:ご自分で判断」とあるのがいかにもユーモラス)

山椒味の物が大好きな私は、その香りを嗅ぐや、天にも昇りそうな心地である。
それを見た呑ちゃんなぞは、さっそく冷凍ご飯を温めて、ちりめん山椒を振りかけて大食していた。
私は、疲れてすぐにでも床に入りたいので、本格的には、明日の朝食でいただくことにして、ひとつまみ。
山椒の風味は、まるで脳天を刺激するようでスリリングである。
明日を楽しみに、倒れるように床についたのだった。

相子さん、この場を借りて、深く御礼申し上げます。

IMG_4041.jpg
(帰路の隅田川夜景)

走行距離:35キロ(ルイガノクロス)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
小さな旅(自転車)    Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
良かった Posted by 相子
お会いできなくてスキー部長にお願いしました。
刺激になれて嬉しいですね。眠気覚ましに嗅いで下さい。
2010.02.13 Sat 07:59 URL [ Edit ]
Posted by 呑
相子さま
いつも爺やがお世話になっております♪m(__)m
差し入れいただいたちりめん山椒、絶品です★
デザートを食べた後なのに、かぐわしい香りに即!ご飯モードに逆戻り(笑)。
結構なものをいただき、ありがとうございました★
(ネット販売したら絶対ヒット間違いなしですよ!?)
2010.02.13 Sat 09:54 URL [ Edit ]
あっ!懐かしい。 Posted by しゃあ あずなぶる
「白髭橋東詰」交差点。
断腸さんは、たぶんコンビニを背にして、撮影されたのだと思います。
通りの向こう側、写真の真ん中あたりに母の実家「吉野寿司」がありました。
背後の都住建設の為、立ち退いてから・・・30年以上経つのかな?
皆、「シラシゲ」橋と言っていたので、ボクも高校生くらいまで「シラシゲ」
だと本気モードで思っていました。

断腸さん。
このところ採点業務続きで、お疲れ様です。
ボクには到底出来ない事なので尊敬します。(デスクワークは無理っす)
寒い日が続くので、御自愛下さいまし。
一区切りついたら、v-275やりましょう。
2010.02.13 Sat 10:36 URL [ Edit ]
重ね重ね、感謝 Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

今朝、さっそくご飯でいただきました。
絶品でした。
これから数日間は、ご飯さえあれば幸せに暮らせそうです。
重ね重ね、感謝。
2010.02.14 Sun 07:03 URL [ Edit ]
お願い Posted by 断腸亭髭爺
呑ちゃん

あまり食べ過ぎないように注意して下さい。
また、私の分まで食べないようにお願いします。
2010.02.14 Sun 07:04 URL [ Edit ]
しゃあさんの銅像 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

シラシゲとは、江戸っ子らしい発音で、そっちの方が威勢がよくて良いと思います。

そうですか、あのあたりは、しゃあさんの縁の地なんですね。
いずれ、榎本武揚の銅像の隣に、しゃあさんの銅像も建つことでしょう。

採点業務は、誰にでもできるようなものですが、つまらなさという点では、誰もできないようなものです・・・。
2010.02.14 Sun 07:07 URL [ Edit ]
江戸っ子ですか Posted by 相子
「しゃあさん」 と呼ばせて頂きます。
お母様の実家がお寿司屋さんの「吉野寿司」と言いますと江戸っ子ですか。
朝日新聞を「あさし新聞」日比谷を「しびや」と言うようなことと同じでは?
断腸亭さんのお言葉通り威勢が良いですね。
2010.02.14 Sun 09:25 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/496-a1e5821a

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。