日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.01.30 Sat
のんびりと過ごす~やはりパン屋「アトリエ ダーシャ」(水元)は良い
朝は、家でゴソゴソと仕事をするが、なかなか捗らない。
外が明るくなってきたので、自転車で出かけようかとも思うが、案外寒いので止めて、洗濯をする。
腹が減ったので、カップ焼きそばを食べる。

今日は、午前中、呑ちゃんと足立の温泉「明神の湯」に行くことに(6速ママチャリ)。
先ずは、近所のパン屋「アトリエ ダーシャ」(葛飾区南水元)で朝食。
以前にも書いたが、ここは、店内とベランダにテーブルがあって、コーヒー(無料)を飲みながら食べることができるので便利である。

私は、パンが少々苦手で、普段はほとんど食べない(40才ぐらいまではまったく食べなかった)。
小学校の6年間、米国から「下賜」されたメリケン粉で拵えた、学校給食の不味いコッペパンを毎日毎日食べさせられたお陰で、今でもパンには恨みがあって、パンと聞くだけで、身体が強ばる思いがする。
それでも、西欧に行く機会があったりするたびに、世の中には美味しいパンもあるものだということを知って、少しずつ食べ始めるようになったが、今でも、簡単な外食は、立ち食い蕎麦屋一辺倒で、ハンバーガー店には、よっぽど困った時、それも年に数回しか入らない。
そんな私にして、このパン屋さんのパンは美味しくて、月に一度は、自発的に食べに来るようになったのである。

IMG_3900.jpg
(「アトリエ ダーシャ」店内)

中川を飯塚橋で渡る。
飯塚橋については、以前の日記にも書いたことがある。
この橋は、上流側に立派な歩道が付いているものの、中川に架かる橋のなかでも、橋桁が一番高いためにかなりの急坂で自転車泣かせである。
でも、えっちらおっちら登り詰めると、高い分だけ眺望がよいので、多少は報われる。

IMG_3903.jpg
(飯塚橋から中川上流方面を眺める・6速ママチャリ)

こうして、われわれは、「明神の湯」でゆっくりと湯に浸かって帰宅。

IMG_3902.jpg
(「明神の湯」では、男湯と女湯が別れている・当たり前でしたぁ~)

その足で、すぐに自転車(ルイガノクロス)で水元公園に散策に出かけた。

水元公園のベンチで、遅めの昼食。

IMG_3905.jpg
(饅頭と玄米ブラン)

水元公園では、昨日書いたように、紅梅(桃かもしれない)が花を付けているだけではなく、蝋梅(ロウバイ)は強い香りを放っているし、猫柳も、そのかわいらしい産毛を冬空に突き立てていた。

IMG_3906.jpg
(蝋梅)

IMG_3907.jpg
(猫柳)

もう、すぐそこまで春は来ているのだと思った。

そう思うと、何だか無性に腹が減ってきて、近所のトンカツ屋で、トンカツ定食大盛りご飯をもりもりと食べてしまったのであった。

IMG_3910.jpg
(三郷公園とルイガノクロス)

走行距離:18キロ(6速ママチャリ+ルイガノクロス)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ
小さな旅(自転車)    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
同感! Posted by kaccin
パンについて全く共感します!私もパンと云うだけで身体こわばり、海外に行くようになり恐怖が無くなっていきました。最近はパンが逆に食べたいときがあるのに我ながら驚いています(笑)
2010.01.31 Sun 12:20 URL [ Edit ]
伝聞の伝聞で恐縮ですが。 Posted by しゃあ あずなぶる
諸般の事情により、半ば拉致されたように労働を強いられる「タコ部屋」での話です。

低賃金で働かされて、さらに法外な食費も取られる作業員。
楽しみのビールは3~5,000円/本だとか・・・。借金は一向に減りません。
それでも、文句の一つも言えない彼らが「売り切れ」と言われて、本気で怒り出すのがパンだそうです。
もちろん法外な値段が、付いているそうですが、そんなモンなんですかね。

ボクも給食のパンは苦手でした。
娘は給食が好きで「おいしい」と言います。時代なのかな。
2010.02.01 Mon 11:10 URL [ Edit ]
パンも好きです Posted by 相子
子どもの頃固いドイツパンやロシアパンを食べて、その味に馴染み、良く食べました。
帰国後の戦後のパンはそれは酷くて嫌で仕方がありませんでした。でも自宅では小麦粉にいろいろと混ぜて川口の鋳物製の丸いパン焼器で焼くのです。戦後の食生活はパンがどうのこうのと言えることではありませんでした。
ですが今の日本のパンは世界で一番美味しいパンだと言う気がします。
薄く切った食パンを確りと焼き、美味しいバターと自家製マーマレードを付けて食べると言う幸せを感謝しております。
2010.02.01 Mon 12:30 URL [ Edit ]
だんだん Posted by 断腸亭髭爺
kaccinさん

kaccinさんもそうでしたか。
私も年々、パンが好きになりつつあります。

パンは、粉物なので、すぐにエネルギーになるのも、自転車乗りにとってはありがたいですね。
2010.02.01 Mon 20:38 URL [ Edit ]
不思議ですね Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

われわれの頃と違って、今の給食は美味しいですよ。
娘さんも、当時の給食を食べさせたら、きっと「不味い」と言うと思います。

その「タコ部屋」で、どうしてご飯じゃなくて、パンがないと怒るのでしょうか・・・?
2010.02.01 Mon 20:42 URL [ Edit ]
お米が食べたかった小学生 Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

なるほど、子供の頃に、既に本格的な洋風のパンを召し上がっていたんですか。

私の小学校の給食では、結局、6年間、一粒のお米も出ませんでした。
それでいて、数年後、政府は、米が余るので減反政策を始めたので、子供ながらに変だなあと思いました。
米国の麦を買うように圧力を受けていたのではないかと思います。
2010.02.01 Mon 20:46 URL [ Edit ]
どうもと思っています Posted by 相子
断腸亭髭爺さま このメリケン粉の問題が今日の学校給食問題の発端ではないかと思っております。
2010.02.02 Tue 09:36 URL [ Edit ]
えらい目に会いました Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

なるほど、やはりそうでしたか。
米国と日本政府の思惑で、えらい目に会いました。
2010.02.02 Tue 20:30 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/483-aada6df1

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。