日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.01.27 Wed
ロードバイクのメンテをする~主として後輪部
午前中は、家で「宿題」をする。
なかなか捗る。

お昼を食べてから、懸案のロードバイクのメンテをすることに。
暖かい南側のベランダで作業をする。

IMG_3881.jpg
(ベランダで作業)

今日の目標は;
1.チェーンの交換
2.リア変速機の分解掃除
3.後輪タイヤとチューブの交換
4.トゥークリップの交換
5.チェーンを外したついでに前後スプロケの掃除

前回、比較的大がかりなメンテを行ったのは、何と去年の4月のことなので、10ヶ月もメンテを怠っていたことになる(「日記」を付けていると、こういうことが分かって便利だなあ)。
我がロードバイクよ、赦(ゆる)せ!

現在のチェーンは、たぶん、5千キロ以上は使っていると思う。
チェーンは、駆動系の部品の中では一番の消耗品であると同時に、一番安価な部品でもあるので、できれば頻繁に交換したいとは思っていても、ついつい面倒臭くて延び延びになってしまうことが多い。
摩耗したチェーンは、(より高価な)スプロケをいたずらに摩耗させてしまうので、ケチらないで早めに交換した方が得でもある。

私のロードバイクは、9速仕様なので、もちろん、9速用のチェーンを使っている。
今は亡きフジクロスは8速だったが、9速チェーンを使っていた(まったく問題なし)。
理由は、大安売りの時に、9速チェーン(1本千円ぐらい)を何本も買い溜めしてしまったためで、押入には、まだ、地球を一周できるぐらいのチェーンが備蓄されている。

シマノの9速チェーンには、複数のグレードが揃っている(もちろん、マウンテン用9速と互換性あり)。
どれも材質と重量は同じで、違うのは、表面の仕上げのみ。
これまでの経験では、確かにハイグレードのチェーンは錆びにくいが、錆びてしまう前に交換期をむかえてしまう場合には、結局のところ、どれだって同じだということになる(知らないうちに他のグレードの製品と交換されても誰も気がつかないに違いない)。
そのことに気づいてからは、ほとんどの場合、一番安い「HG53」ばかりを使っている。


(シマノHG53・9速用チェーン)

一年ぐらい前から、なかなか評判のよいKMCの「ミッシングリンク」なるものを使用しているお陰で、チェーンの交換は、以前よりかなり楽になったと言える。
この連結用リンクがあれば、チェーン切りがなくても外したり結合したりできるので、たとえば、チェーンの通し方を間違ってつないでしまったときのような「絶望感」を感じなくてもすむ(但し、新しいチェーンを装着する際は、余分なコマを切るためにチェーンカッターが必要だが)。
一応、お薦めである。
こうして、100円ショップで買ったミシン油を差して、チェーンの交換は終了。


(KMCの「ミッシングリンク」・私が購入した頃はゴールドはなかったのに!)

次に、リア変速機を掃除する。
プーリーを2個外して、洗浄スプレーを吹きかけると、信じられないぐらいの砂と油がどぼどぼと落ちてきた。
こんなに汚れていたんだ!
道理で、どんなに注油しても、キュルキュルシャカシャカとうるさかったわけだ。

IMG_3882.jpg
(綺麗になったリア変速機周り)

そして、一昨日パンクした後輪タイヤとチューブ(ヴィットリアの「ウルトラライト」)を交換。


(ヴィットリアの「ウルトラライト」・名前の割には軽くなくて、ごく普通の80グラム)

古いタイヤを新タイヤ(同じヴィットリアのルビノプロ)と比較すると、大分くたびれているのが分かった。
新タイヤの鮮やかな赤が、後輪にぱっと灯ったような新鮮さである。

IMG_3883.jpg
(新タイヤの鮮やかな赤に感激)

そして、最後に、トゥークリップの交換。
今までは、1連(ゲート)式のジュラルミン製トゥークリップを使っていたが、ペダルを「拾い」にくいので、クロスバイクで使っているのと同じタイプの2連式のプラスティック製のものに交換した。
実は、金属製の2連式のものを探してみたが、どうも見つからなかった。


(三ヶ島製「トゥークリップ」)

ストラップは、そのまま、古い革製のものを流用。

IMG_3884.jpg
(プラ製2連式トゥークリップ)

約3時間ほどかけて、以上のようなメンテを終了。
次回は、BBハンガーやブレーキ関係をメンテしよう。

こうして、試走するため、近所の水元公園に繰り出す。
トゥークリップのストラップ調整をしながら、公園を周回。
やはり、2連式のトゥークリップの方が、断然使いやすい。
もっと早く交換すべきだった。

ギア周りを掃除したので、すごく静かかつ滑らかになった。
いつも、こういう状態にしておけば、私も嬉しいし、自転車も嬉しいはずである。
何だか、墓参りを済ませた後のように、さっぱりとした気分になった。
これからは、季節に一回ぐらいはメンテを行うことにしようと(以前にも)思ったのだった。

走行距離:8キロ(ロードバイク+ママチャリ)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ
自転車    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/480-d93d7d51

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。