日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.01.25 Mon
番町皿屋敷の呪い・出勤途上でパンク~横山さんの新著のこと
今日の職場は、杉並区永福。
往復60キロ。
通勤で60キロを走るとなると、やはり、クロスバイクよりは、ロードバイクの方に乗っていきたいような気分になる。
そういうわけで、少しでも楽をしたくて、ロードバイクで出かける。

私学会館の近くの立ち食い蕎麦屋(「小諸蕎麦」)で朝食を済ませて、いつものように、平川門近くの小公園で小休止。

IMG_3871.jpg
(江戸城趾堀端で休憩・この場所も定点観察になりつつある)

最近は、比較的よく走っているので、筋力も心肺力も、完全に事故前の状態に戻って、何だか非常に調子がよい。

代官町通りを登って、千鳥ヶ淵の交差点で信号待ち。
代官町通りの上り口から、私の後に一台のロードバイクが付いて来ているのに気づいていた。
英国大使館横の坂を降りて、信号待ち。
ここで、そのロードバイクは、私の横に付いた。
メーカーは分からないが、なかなか渋い焦げ茶色のクロモリのバイクである。
私は、ちょっと右手を上げて、挨拶をする。
向こうも、同じようにちょっと手を上げた。

青になったので、私が先に発進して、坂を登り始めて20メートルぐらい走ったとき、後輪がザァ~っと音を立てたかと思いきや、急にペダルが重くなった。
すぐに分かった。
パンクだっ!
後を走っていたロードバイクの男は、私の後輪を見ながら、走り去っていった・・・。

ここは、千代田区一番町。
一説によると、番町皿屋敷縁(ゆかり)の地らしい。
もしかして、お菊の呪いが、私の自転車の後輪に悪さをしたものか。

自転車で通勤するときには、いつも30分以上余裕をもって出発するので、遅刻の心配はないが、何とも運が悪いことよ。
私は、表通りから一本裏の路地に逃げ込んで、さっそくチューブの交換をすることにした。

IMG_3872.jpg
(チューブの交換中)

そう言えば、数日前の日記に、そろそろ後輪タイヤが交換時期にきていると書いたばかり。
今回のパンクの直接の原因は分からなかったが、タイヤ(ヴィットリアのルビノプロ)を見ると、3センチぐらいカッターで切ったような跡が付いていたので、何か刃物状の鋭い物を踏んだのかもしれない。
この自転車で、前回にパンクした(やはり後輪)のは、南東北ツーリングの最終日(8月末)、茨城県日立市あたりの国道6号線(陸前浜街道)上だった。
今週中にも、新しいタイヤに交換しよう。

仕事が終わって、家に帰り着くと、横山さんの新著『合戦場の女たち』情況新書/世界書院刊・ISBN978-4-7927-2105-3)が郵便受けの中に入っていた。
たぶん、横山さんが自転車で届けてくれたのであろう。

IMG_3873.jpg
横山茂彦著『合戦場の女たち』[情況新書/世界書院刊]のカバー・イラスト;鈴木隆之)

まだ、ぱらぱらとしか拝見していないが、戦国時代の合戦に於いては、何と三人に一人は女性戦士だったという事実を踏まえて、新説を展開した本らしい。

いずれ熟読して、この日記の中でも詳しくご紹介したいと思う。

走行距離:60キロ(ロードバイク)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ
小さな旅(自転車)    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
パンクは・・・ Posted by しゃあ あずなぶる
よくある事なんですか?
チューブ補修ではなく、交換って大変そう。
でも、事故や怪我でなくて良かったi-229
2010.01.26 Tue 05:56 URL [ Edit ]
下り坂だったら危ないです Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

パンクの頻度は、当たり前ですが、走った距離に比例します。
対距離比では、ママチャリと同じぐらいじゃないでしょうか。

チューブの穴をふさぐ方が、はるかに大変です。
第一、バケツと水がありません。
下り坂の途中で急にパンクしたら危ないかもしれません。
2010.01.26 Tue 19:18 URL [ Edit ]
パンクの確率。 Posted by しゃあ あずなぶる
う~ん。30年以上クルマに乗って、その間Jeepで無茶もしましたが、パンクの経験はあまりありません。

しかし、チューブの穴の位置を特定する事は確かに難しいですね。
ボクはチューブレスタイヤに救われた感もあるのですが、自転車にもソレがあるといいですね。
修理工具を携行しなくて済みますからね。

Jeepのテクでグリップを得る為に「タイヤの空気圧を下げる」ってのがありますが
自転車の方が応用が利きそうです。空気圧の復旧も簡単そうだし・・・。
でも究極、チューブを使わない(現行のチューブレスでなく)タイヤが理想ですね。
出来るのかなぁ・・・。
2010.01.26 Tue 19:56 URL [ Edit ]
タイヤは難しいです Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

クルマのタイヤは頑丈ですね。
自転車のタイヤも分厚くして頑丈にできないことはありませんが、何せ人力で動くので、重くて漕げなくなってしまいます。

チューブレスタイヤは、自転車にもあります。
マウンテンバイクではかなり普及していますが、ロードバイク系はやっと出始めたばかりです。
しかし、チューブレスの場合は、替えタイヤを携行しなくてはならず、チューブよりも持ち物が重くなってしまいます。
あと、着脱が難しいという問題もあるようです。

空気圧とグリップとの関係は、自転車もまったく同じで、高速で走りたい場合は高圧に、雨の日などはグリップ力増すために低圧にする人もいます。
ただ、総じて、自転車の場合、空気圧を下げると、パンクの危険性が高まるようです。
2010.01.26 Tue 21:11 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/478-f4f3312a

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。